1. トップ >
  2. 恋愛・マッチングアプリ >
  3. パパ活 >
  4. 【絶対ダメ】中高生のパパ活はサイポリの補導対象!サイポリの見分け方は無い
最終更新日: 2020-12-18

【絶対ダメ】中高生のパパ活はサイポリの補導対象!サイポリの見分け方は無い

中高生のパパ活は「サイポリ(サイバーポリス)」の補導対象です。「サイポリなんて簡単に見抜ける」「どうせ出会わない」などと考えている女子もいるでしょう。しかしサイポリは巧妙に一般人のふりをして捜査しています。見分け方はないので、いつかは必ず補導されてしまいますよ。この記事ではパパ活のサイポリについて解説します。

パパ活のサイポリ対策を考えている方へ

パパ活 パパ活のサイポリ対策を考えている方へ

サイポリとは「サイバーポリス」の略で、簡単に言えば、

ネットを捜査している警察

のことを指します。
18歳未満の中高生がパパ活に手を出すと、サイポリに補導される可能性があるので絶対やめておきましょう。

そもそも、パパ活自体が危険を伴う行為です。
補導を避けるためにサイポリの見分け方や特徴を調べる人は多いですが、一番危ないのはパパ活アプリに潜む悪質な男性ですよ。

最悪の場合、事件に巻き込まれてしまう恐れもあります。

この記事も参考になります。

中高生のパパ活は禁止されている

すべてのパパ活アプリは、利用規約で中高生のパパ活を禁止しています。
中高生という身分でパパ活してしまえば、

  • パパ活アプリ上の利用規約違反
  • サイポリによる補導

このような事態が発生するので注意してください。
特に補導されると確実に親や学校にバレます。

退学処分の対象になる恐れもあるので気をつけてください。

中高生はパパ活アプリが使えない

パパ活アプリは運転免許証など公的書類での年齢確認が必須なので、中高生はパパ活アプリが使えません。

そうなると、Twitter(ツイッター)などSNSでパパ活をするしかありません。
しかしTwitter(ツイッター)は業者も多く、無料であることから悪質な男性も多いです。
詐欺被害に遭ってしまう可能性もあるので、絶対にやめておきましょう。

パパ活をするとどんなリスクが発生するの?

他にも、パパ活するとこのようなリスクが発生します。

  • 性被害に遭う可能性
  • 詐欺被害に遭う可能性
  • 退学処分
  • 家族や友人との人間関係が壊れる
  • 金銭トラブル

実際にパパ活では性被害・詐欺被害が多発しており、一部では殺人事件も発生しているほどリスクが高い行為なのです。

事件に巻き込まれなかったとしても人間関係が壊れてしまいます。
若くしてすべてを失ってしまう可能性も十分考えられますよ。

↑目次に戻る

パパ活におけるサイポリの活動内容

サイポリは単なる都市伝説や噂などではありません。
具体的な活動をおこなっています。

  • サイポリが怖いのを知った
  • 友達が今日会った人がサイポリだった
  • サイポリに補導されたら、DM見られて、アカウント削除され、親に連絡される
  • 待ち合わせ場所で観察していたら、周りを何人かで張っていた

SNS上にも「サイポリに遭遇した」という口コミがたくさん見られます。
ここから、サイポリの活動内容を詳しく紹介しますね。

TwitterなどのSNSで直接注意喚起

サイポリはTwitterなどSNS上の「パパ活募集」などといった投稿に対して、警察が直接リプライを送って注意喚起しています。

ただ中にはなりすましの警察アカウントもいるので注意してください。
いずれにせよ、Twitterはパパ活に向いていません。

サイバー補導

警察はネット上であえてパパのふりをして「おとり捜査」をすることもあります。

「パパ活募集」に釣られてメッセージしてきた中高生を、ネット上で補導するのです。

実際の待ち合わせ場所で補導

警察側もパパ活アプリを使うことがあります。
パパ活で男性と会ってみたら警察で、待ち合わせのタイミングで補導されるというパターンということです。

「警察なんてすぐに分かるでしょ」などと甘く考えるのは正しくありません。
中高生の安全を守るために巧妙に変装しているので、プロフィール・メッセージのやりとりの段階では「警察かどうか」が判断できないのです。

↑目次に戻る

中高生のパパ活に関するよくある質問

最後に、中高生のパパ活に関するよくある質問をまとめます。

中高生は絶対にパパ活しないよう心がけてくださいね。

中高生のパパ活が禁止の理由って何?

将来的に人間関係が壊れる可能性があるからです。

どれだけ時間が経っても、「過去に未成年でパパ活をしていた」という事実は変わりません。

万が一、ネットで顔写真をさらされてしまっているとしたら一生残ります。
「デジタルタトゥー」という言葉があるように、消したくても消せないのです。

将来、どこかで後悔することになりかねません。
結婚を考えるタイミングにおいては、過去にパパ活をしていたことがバレると、うまくいかなくなる可能性があります。
就職活動時にパパ活していた事実がバレると、やりたい仕事ができなくなってしまうのです。

自分の人生を台無しにしたくなければ、パパ活は控えましょう。

警察に逮捕されないって本当?

補導はされますが、基本的に逮捕されることはありません。

中高生は「保護される立場」にあるからです。

しかし学校中に噂が広がったり、今後の人生に影響が出たりするのは間違いないでしょう。
一緒にいパパは確実に逮捕されてしまいますよ。
逮捕されなくても、周りに影響が出ることは言うまでもありません。

Twitterにいるサイポリの見分け方はある?

警察側も対処方法をコロコロ変えてくるので、見分ける手段はありません。

たとえば、「こういった特徴の相手に気をつけよう」と心がけても、その特徴を変化させて捜査することが多いわけです。
いつかはサイポリに見つかってしまうと心得ておきましょう。

↑目次に戻る

中高生のパパ活は絶対にダメ

中高生のパパ活についてまとめます。

  • 中高生のパパ活は補導される可能性が高い
  • 補導されると親や学校にバレる
  • 退学や人間関係を壊してしまうリスクがある
  • 「パパ活していた」という事実は消えない
  • 中高生のパパ活はやめるべき

成年以上になれば補導されることはありませんが、安全性が見るとパパ活はおすすめしません。
パパ活のリスクをしっかり把握しておいてくださいね。
中高生の方は、絶対にパパ活をしてはいけません。

タグ:
パパ活

記事に関するお問い合わせ

恋愛・婚活の悩みを相談したい方へ!

Lineトーク占い

LINEトーク占いではいわゆる「占い」だけではなく、恋愛や結婚に関する「人生相談」もLINEから気軽にできます。
「当たった!」「気が楽になった!」「解決策が見つかった!」という口コミも多数!
ぜひお試しください。

「パパ活」に関する記事

パパ活についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

港区女子はみんなパパ活してるの?現実と関係性まとめ
港区女子はみんなパパ活してるの?現実と関係性まとめ
パパ活サイトDROSY(ドロシー)の評判・口コミとは?会員層と使い方まとめ
パパ活サイトDROSY(ドロシー)の評判・口コミとは?会員層と使い方まとめ
今話題の兄活について徹底解説!安全な兄活ができるアプリ・サイトまとめ
今話題の兄活について徹底解説!安全な兄活ができるアプリ・サイトまとめ
鹿児島県のパパ活完全攻略!相場・おすすめデートスポット・太パパに会うコツ
鹿児島県のパパ活完全攻略!相場・おすすめデートスポット・太パパに会うコツ
千葉県のパパ活完全攻略!相場・おすすめデートスポット・太パパに会うコツ
千葉県のパパ活完全攻略!相場・おすすめデートスポット・太パパに会うコツ

「恋愛・マッチングアプリ」に関する記事

恋愛・マッチングアプリの記事は他にも多数!

振られた後でも逆転ができるかも!ポイントを押さえて恋を掴む5つの方法
振られた後でも逆転ができるかも!ポイントを押さえて恋を掴む5つの方法
振られた後なのにLINE(ライン)が続くのはなぜ?相手の心理と対処法まとめ
振られた後なのにLINE(ライン)が続くのはなぜ?相手の心理と対処法まとめ
好き避けと嫌い避けの違いとは?勘違いしがちなポイントと5つの見分け方
好き避けと嫌い避けの違いとは?勘違いしがちなポイントと5つの見分け方
職場で好き避けしてしまう女性の心理と特徴|嫌い避けとの見分け方と対応方法
職場で好き避けしてしまう女性の心理と特徴|嫌い避けとの見分け方と対応方法
好き避けをやめたい人必読!片思いの相手からの印象を上向きに変える6つのコツ
好き避けをやめたい人必読!片思いの相手からの印象を上向きに変える6つのコツ
おすすめマッチングアプリランキング
デートスポット特集

おすすめマッチングアプリ

人気の記事

人気のキーワード

専門家一覧

LINE@

LINE@はこちら

Twitter