1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 母子家庭は結婚できない理由やあなたが努力するべき4つのこと
最終更新日: 2021-08-03

母子家庭は結婚できない理由やあなたが努力するべき4つのこと

母子家庭で育ったことが原因で、結婚できないと悩んでいませんか?実際に母子家庭を理由に結婚を断られて「結婚は諦めるべきなのか……」と考えている人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、母子家庭で育った人が結婚できない理由や否定されやすい家庭環境を紐解きながら、どういった努力をすべきか詳しく解説していきます!

母子家庭だから結婚できないということはない

大前提として、「母子家庭で育ったから」と言って結婚できないわけではありません
しかしそう言われても実際に母子家庭で育ったことが原因で、交際中の相手や相手の親族に結婚を断られたり歓迎されていなかったりして悩んでいる人にとっては納得できませんよね。

そこで今回は、母子家庭育ちの人が結婚できないと言われる理由や婚活のコツについて解説していきます!

まずは「母子家庭だから結婚できないわけではない」とは一体どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

母子家庭は今どき珍しくない家庭環境

母子家庭で育った人は周りにはそんなに多くないものですが、世間ではどのくらいの割合でいるのでしょうか?

厚生労働省の調べによると、

  • 平成24年時点では「約6.8%」
  • 昭和63年から比較すると、1.5倍に増加

との結果が出ています。

両親がいる家庭の方が圧倒的に多いことは、現代でも変わりません。
しかし離婚率含め年々母子家庭の世帯は増加しており、今どき珍しくない家庭環境でもあるのです!

>> 厚生労働省「ひとり親家庭等の現状について」

母子家庭が理由ではなく経済面の心配が問題

たしかに母子家庭であることから、婚活でより厳しい状況に陥っている人もいますよね。

しかし厳密には「母子家庭だから」ではなく、経済面が心配で結婚を不安視される場合がほとんどです。
「母子家庭=経済的に余裕がない」と想起される状況が原因となっているだけなので、母子家庭だからと結婚を諦める必要はありません!

ただ事実がどうであれ恋人やその家族が不安に感じているようであれば、理解を得るためのコミュニケーションは必要になりますよ。

こちらの記事では母子家庭と同様に経済面を不安視される無年金の親を持つ人の婚活法について紹介しているので、併せて参考にしてみてくださいね。

↑目次に戻る

母子家庭が理由で結婚を否定される理由

母子家庭に対し主に経済面の心配があることはお伝えしましたが、具体的にどのようなイメージを持たれているのか気になりますよね。

ここでは母子家庭育ちの人が経済面以外で結婚を拒否されがちな理由について、詳しく解説していきます!

結婚生活が続くか良いイメージがない

母子家庭育ちの人の場合、「結婚生活が続かないのではないか」と不安視されることがあります。
両親の離婚を見ているため、「仲の良い夫婦生活がイメージできず離婚につながるのでは」と思われがちなのです。

特に夫婦仲の良い両親に育てられた人は、「自分の両親が理想の夫婦像」と考えることが多いもの。
育った環境と同じような家庭になるイメージを持っているので、離婚した家庭で育った人はその親と同じようになるのではないかと心配になるのです!

親離れ・子離れしていない

親離れしていなかったり親が子離れしていなかったりと、「どちらかもしくは両者が依存しているのではないか」と思われるケースも少なくありません!

マザコン気質だけでなく、幼い頃の離婚により父親に甘え足りずその反動でファザコン気質になる可能性も懸念されがちです。

そのため、結婚生活を想像した時に、

  • 自分の母親ばかり優先しそう
  • 母親が夫婦のことに口出ししてきそう
  • 依存されそう

などのマイナスイメージにつながります。

親の介護や面倒を見るのが大変そう

両親がいる環境で育った場合その子どもが結婚しても夫婦間で助け合って生活していけますが、1人親の場合はそうもいきませんよね。
特にその母親に兄弟がいない場合は、将来的に子どもによる介護が必須になります。

結婚後に相手の母親も同居することになったり、結婚相手が母親の身の回りの世話で手いっぱいになったりして大変そうなイメージがあるのです。

ただし親の介護や面倒については母子家庭の状況よりも兄妹の人数で決まるので、説得次第で解決できる問題と言えますよ!

世間的なイメージが悪いと思い込んでる

母子家庭が珍しくなくなっているとは言え、世間的に良くないイメージを持っている人がいるのも事実。

特に大企業や政治家の御曹司・令嬢は、世間体や付き合う相手の家庭環境を気にするので結婚することを否定されやすくなります。
相手は気にしなくてもその両親に反対されるケースも多く、育った環境に関する価値観は分かり合うのが難しい問題なのです。

↑目次に戻る

こんな家柄は結婚できない?結婚が難しい相手側の家系の特徴

母子家庭に対して良くないイメージを持っている人は先祖代々特殊な家柄であるケースが多く、そのほとんどが世間体を気にします

特に一人娘の令嬢だった場合、結婚相手には婿になってもらいたい考えから、母子家庭である時点でふるい落とされるケースも少なくありません!

結婚するための説得も大切ですが、価値観が異なる家柄の人とはそもそも折り合いがつきにくいことを覚えておきましょう。
ここでは、母子家庭との相性が良くない家柄をご紹介しますね。

大企業を経営する家系

まずは大企業を経営する家系で、将来的に自分の息子や娘婿に経営を継がせるつもりでいる場合です。

息子の場合、結婚相手となる女性に求めるのは「サポート力」で

  • 家事が得意かどうか
  • 取引先への挨拶時にうまくコミュニケーションが取れるか

など、しっかり息子をサポートできそうかどうかを重視します。

その点母子家庭で育った女性だと、妻が夫を支える姿を見て育っていないので不適任と判断されやすいです。

一方娘の場合、結婚相手となる男性には自分達の経営が良くなるような相手を求めるケースが多く、取引するとメリットになる企業経営者の息子や代々名の知れた家柄の人などを理想としています。

しかし母子家庭でそういった経営家系のケースは稀ですし、「父親がいなかったため働く男性像がイメージできないのではないか」との不安から結婚が認められにくいのです。

政治家の家系

政治家の場合は家族で人前に出る場面も多いので、より慎重に結婚相手を選ぶ傾向にあります。
息子の場合も娘の場合も、結婚相手に求めるのはコミュニケーション能力の高さと社会的地位です。

選挙活動で政治家である夫または妻と共に挨拶周りをするためコミュニケーション力は必要不可欠ですが、この点では母子家庭はあまり影響しません。

問題となるのは、社会的地位です。
政治家は社会的な信用が命なので、ハイステータスな環境で育った人を配偶者にすることで国民や市民の信頼をより得やすくなります。

ただ自分達が認めればいいわけではなく、支援者や国民・市民からも信頼を得られる存在が好ましいのです。
しかし一般的に母子家庭に対して良い印象を持たない人もおり自分達の信用ダウンにつながりかねないので、結婚を否定されやすくなります。

有名な医者や弁護士事務所の家系

医者や弁護士との結婚に憧れる人は多いですが、政治家同様社会的信用を重要視しているため、この家系も母子家庭との相性が良いとは言えません。

母子家庭に対する世間一般のイメージを気にしていることもありますが、そもそも結婚相手には同業者を理想とする傾向があり、結婚することで自分達の経営にプラスになるような環境を望んでいます。

同業者であることが必須ではないとしても教養があるかどうかは重要で、経歴やその家系のステータスを気にしがち。
しかし実際、母子家庭の母親が医者や弁護士などのハイステータスであるケースは稀ですよね!

さらに離婚により夫婦で協力する姿を見て育っていないため、「結婚後協力し合って業績を上げていくのは難しいのでは?」と思われてしまうのです。

↑目次に戻る

母子家庭が理由でパートナーが結婚を躊躇してたらどうしたらいい?

母子家庭であることを伝えた途端に結婚を躊躇されたら、諦めるべきか説得をし続けるべきか悩みますよね。

今のパートナーと結婚するのが当然と思っていた場合には、視野が狭くなっている可能性が高いので一度冷静になりましょう!
対処法として主に2つの選択肢があるので、それぞれ詳しく解説していきますね。

本当に結婚したいなら「諦めない」

自分の素直な気持ちとして、本当に今のパートナーと結婚したいと思うのなら諦めない姿勢が大事です。

まず具体的に、相手がどういった面で不安を感じているのかを聞いてみましょう。
イメージによる勘違いの可能性もあるので、その不安に対して対策できることをしっかり伝えるのです。

例えば相手が懸念しているのが経済面であれば、結婚しても自分も仕事を続けることでその懸念を払拭できますよね。
もちろん結婚後の仕事や家事の割合は相手の理解も必要ですが、なるべくパートナーに頼らず一緒に頑張っていく姿勢を見せましょう!

相手と価値観が合わない・努力しても難しいなら「諦める」

場合によってはこの結婚を諦めた方が、結果的に幸せになれる可能性もあります。
上述したように世間では母子家庭に対して偏見を持っていたり、自分達の家系を守るために結婚相手の家庭環境を重要視したりする人がいるのも事実です。

相手の本気度にもよりますが、どれだけ話し合っても分かり合えないこともあります。
その場合根本的な価値観が合わないわけなので、仮に結婚したとしてもすれ違いが起きてしまう可能性は高いです。

視野が狭くなっていると自分にとって良い選択ができなくなるので、諦める選択肢も念頭に入れておき広い視野で考えましょう

何を基準に考えたらいいのか分からなくなってしまった人は、結婚相手に後悔する理由をまとめているこちらの記事も併せてチェックしてみてくださいね。

もし諦める決断をしたらやみくもに新しい出会いを探すのではなく、価値観の合う相手を探すことで効率良く婚活を進められますよ!
価値観の合う相手探しにおすすめの婚活サービスもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらの記事では、短期間で運命の相手と出会う方法について紹介していますよ。

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費13,200円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

本気で結婚したい人には、エン婚活エージェントをおすすめします。
エン婚活エージェントは、オンライン完結型結婚相談所なので、利用登録も相手探しなども全て自宅でできます!

結婚を考えていた相手との破断は、心に傷を負うもの。
そんな時には、「店舗に出向いて婚活する気になれない……」と思う人も多いですよね。

エン婚活エージェントであれば家にいながら婚活できるので、気合を入れて結婚相談所に足を運ぶことなく自分のペースで活動できます。

また結婚相談所の中でも特に低価格なので、収入の一部を家庭に入れていることの多い母子家庭の人も利用しやすいですね。
費用は安くてもサポートが手厚いため、利用者の満足度は非常に高くなっていますよ!

↓エン婚活エージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント を使ってみる!

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

  • 会員数1,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

アプリを無料ダウンロードする



まずは恋愛から始めたい人には、マッチングアプリPairs(ペアーズ)がおすすめです。

マッチングアプリは遊び目的だと思っている人もいますが、最近ではマッチングアプリで出会って結婚する人が増加しています。
アプリによっては真剣な利用者も多いため、今や立派な婚活手段の1つです!

母親と同居している母子家庭の人でも、スマホ1つで出会いが探せるので効率的。
一緒に画面を見ながら相手探しをするのも良いですね。

このPairs(ペアーズ)は、コミュニティ機能によって趣味や価値観の合う人と出会いやすいマッチングアプリです。
条件面や育った環境よりも趣味・価値観の相性を重要視できる相手であれば、長く続く結婚生活で良い関係を築ける可能性が高まりますよ!

また会員数が1,000万人以上と、業界最大級の規模を誇っていることもPairs(ペアーズ)の魅力です。
会員は20代~30代が中心で、恋活・婚活のどちらでも真剣に活動している人が多い傾向にありますよ。

↓Pairs(ペアーズ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

↑目次に戻る

母子家庭で結婚できない人が結婚するために努力すること

母子家庭だからと言って結婚できないわけではありませんが、パートナーやその家族の考え方によっては母子家庭であることを理由に結婚を躊躇されるケースもあります。

しかし反対されても、すぐに諦めることはできませんよね。
またただやみくもに間違った努力をしても結果が出ず疲れてしまうだけなので、正しい方向で努力をすることが大切ですよ!

ここでは、母子家庭で結婚できない人に意識してほしいことをお伝えします。

パートナーと密にコミュニケーションをとる

最も重要なのは、パートナーとのコミュニケーションです。
結婚は家族の意思も大事ですが、まずは本人同士が同じ方向を向かなければ始まりません。

付き合ってるだけならまだしも、結婚を考えるのであればラブラブな関係だけでは不十分なのです。
大切なのは、意見が異なったり価値観の違いが生じたりした時にお互いにしっかり向き合えるかどうか。

ずれが生じていると感じた時こそ、関係性が崩れるのを恐れずにパートナーと密にコミュニケーションを取るようにしましょう!

いかに自分の今の欲求を、相手が「攻撃された」と思わないような形で伝えられるか。
それが、ケンカにならないスキルです。

引用元: www.amazon.co.jp
  • 『結婚したい女子のためのハンティング・レッスン』
  • 著者:川崎 貴子
  • 発行年月日:2015/11/20
  • 出版社:総合法令出版

親から離れて自立する

自分自身の環境にも、目を向けることが大事です。
もし今母親と同居していたり、親離れ・子離れできず依存していたりするようであれば、

  • 1人暮らしをする
  • 収入を安定させる
  • なんでもかんでもすぐに母親に頼らない

など、自立するところから始めましょう。

あなた自身が自立できていないように見えることが、結婚を躊躇される原因になっている場合もあります。
母子家庭に限らず親から自立できていない人は結婚できにくい傾向にあるので、まずは自立することを目指しましょう!

親が子離れできるように説得すること

もし母親が子離れしていない状態であれば、しっかりと説得しましょう。
少しずつ会う日や連絡の頻度を減らしたり自分でできそうなことはやってみるように促したりして、徐々に子離れできる環境にしていくことが重要です。

その際にはパートナーとの結婚やパートナーの親から言われたことを理由にせずに、自分達の問題として向き合うようにしましょう!

母子家庭で育ったメリットを見せる

母子家庭には、母子家庭にしかない良さもたくさんありますよね。
しかし両親がいる環境で育った人にその良さが分からないのは当たり前なので、

  • お互いを大切にしている
  • 倹約家である
  • 家事や育児(兄弟がいる場合)ができる
  • 親の苦労を知っている

など、積極的にメリットを伝えましょう。

母子家庭だからこそ得られた経験を結婚生活に活かせることが伝われば、理解してもらえる可能性も上がりますよ!

できるだけ理解が得られる相手・家系を選ぶ

婚活を行う上では価値観が似ている人、または理解が得られる相手や家系を見極めることも重要です。
いくら話し合っても母子家庭であることを受け入れない相手や家系とは、無理をして付き合い続ける必要はありません。

あなた自身や育った環境をそのまま受け入れてくれる人は必ずいますよ!
「私にはこの人しかいないから」などと決めつけずに、できるだけさまざまな人とお付き合いをして相性の良い人を見極めましょう。

こちらの記事では運命の人を探す方法についてまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

↑目次に戻る

まとめ

今回は母子家庭育ちの人が結婚を躊躇される理由や、その対策法についてご紹介しました。
母子家庭で結婚できないと悩んでいた人も、この記事を読んで解決策が見えてきましたか?

結婚を反対されたとしてもすぐに諦める必要は全くなく、自立したりパートナーと向き合ったりとまずは努力することが大切ですよ!

ただ世の中には話し合っても分かり合えない人も存在するので、諦める選択を取るのも1つの方法です。
分かり合えない人がいる分理解してくれる人もたくさんいるので、広い視野で考えて自分が本当に幸せになれる選択をしてくださいね

公開日:


タグ:
40代(アラフォー)の婚活 30代(アラサー)の婚活 婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

逆プロポーズを年上彼氏にしたい!おすすめの言葉やタイミング・やり方まとめ
逆プロポーズを年上彼氏にしたい!おすすめの言葉やタイミング・やり方まとめ
代理婚活とは?お見合いするデメリットや親から勧められた時の対処法
代理婚活とは?お見合いするデメリットや親から勧められた時の対処法
逆プロポーズしたら断られた!失敗談から学ぶ男性心理とその後の対応まとめ
逆プロポーズしたら断られた!失敗談から学ぶ男性心理とその後の対応まとめ
彼女にプロポーズを断られた理由とは?その後の行動・選択肢まとめ
彼女にプロポーズを断られた理由とは?その後の行動・選択肢まとめ
婚活で「身の程を知れ」と言われる人の特徴と原因とは?男性・女性の高望み条件
婚活で「身の程を知れ」と言われる人の特徴と原因とは?男性・女性の高望み条件

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

42歳の独身女性でも結婚を諦めない!40代の婚活事情や成功体験談を完全網羅
42歳の独身女性でも結婚を諦めない!40代の婚活事情や成功体験談を完全網羅
女性美容師は結婚できない?結婚が早い職業なのに結婚が遅い時の原因とは
女性美容師は結婚できない?結婚が早い職業なのに結婚が遅い時の原因とは
41歳からの婚活は遅くない!41歳独身女性が今すぐ婚活サービスに登録するべき理由
41歳からの婚活は遅くない!41歳独身女性が今すぐ婚活サービスに登録するべき理由
婚活で「女余り」が起きてるのは本当?男性不足になる理由と嘘の真偽まとめ
婚活で「女余り」が起きてるのは本当?男性不足になる理由と嘘の真偽まとめ
MR(製薬会社勤務)と結婚したい人におすすめの出会い方は?結婚相手に選ばれる方法
MR(製薬会社勤務)と結婚したい人におすすめの出会い方は?結婚相手に選ばれる方法

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら

Twitter