1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 23歳だけど早く結婚したい!早めに結婚するメリット・デメリットまとめ
最終更新日: 2021-11-20

23歳だけど早く結婚したい!早めに結婚するメリット・デメリットまとめ

23歳で婚活するのは、決して早くはありません。若いうちに結婚すると、ライフプランに余裕ができたり妊娠・出産のリスクが減少したりと多くのメリットがあります。今回は23歳の結婚事情やおすすめの婚活方法を紹介しますので、ぜひ参考にして幸せな結婚生活を手に入れましょう。23歳で早く結婚したい人が後悔しないためのポイントも、婚活に役立ててみてください。

早く結婚したい!23歳で結婚するのは早い?

晩婚化の進む現代でも、20代前半で結婚する人はいます。
若い年齢で結婚することにはメリットもありますが、経済的な不安から籍を入れるのを躊躇する人も多いです。

そこで今回は23歳で結婚する場合のメリット・デメリット、早めの結婚でもうまくいくケースについて解説します。
23歳での結婚を迷っている人はこの記事を参考に、結婚についてもう一度よく考えてみましょう!

男女の平均初婚年齢は30歳前後

男女の平均初婚年齢は、年々上昇傾向にあります。
ここで、厚生労働省の発表しているデータを見てみましょう。

男性 女性
平成7年 28.5歳 26.3歳
平成17年 29.8歳 28.0歳
平成27年 31.1歳 29.4歳
平成29年 31.1歳 29.4歳
令和元年 31.2歳 29.6歳

参照元:厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の結果の概要」

平成7年と令和元年を比べると男女ともに約3歳年齢が上昇しており、晩婚化が進んでいることがわかります。
つまり30歳前後が平均初婚年齢となっている現代では、23歳は未婚者の割合が多いのです。

婚姻の変化の要因

晩婚化が進んでいる要因として、結婚に対する世間の意識が変化していることが挙げられます。
女性の社会進出や医療の進化により、「20代は自分のやりたいことを優先したい」と考える人が増えているのです。

ここで結婚意識の変化について、詳しく見ていきましょう。

女性の社会進出

晩婚化の特に大きな要因となっているのが、女性の社会進出です。
現代では大学・専門学校へ進学する女性が大多数を占め、高学歴化が進んでいます。

卒業後は知識を活かせる職業に就くことも多く、20代前半は仕事に一生懸命な時期です。
そして仕事に慣れてきた20代後半は、キャリアアップを目指してやりがいを感じ始める年代でもあります。

実力があれば女性でも相応の役職に就けるため、やりたいことがある人ほど結婚の優先順位が下がってしまうのも無理はありません。

医療の進化

医療の進化によって、妊娠を急がなくても良くなったことも晩婚化の要因の1つです。

不妊治療が普及したこともあり、30代後半・40代で出産する人が昔より増加しています。
不妊治療には多額の費用がかかりますが、助成金の制度ができたことで利用する人も増えました。

高齢出産が珍しくなくなったことで、「若い年齢で出産したい」と考える人が減少しているのです。

23歳で結婚相手を見つけようとするのは早くない!

晩婚化が進んでいるとはいえ、23歳で将来を見据えて結婚相手を探すのは決して早くはありません

恋愛をすると、より深く相手の人柄や考え方が見えてきます。
恋愛・結婚における相性は、実際に交際してみなければ分かりません。

出会ってから交際し結婚に至るまで、通常の恋愛結婚であれば「3年~5年かかる」と言われています。
つまり23歳で交際がスタートしても、結婚を決意するときには20代後半の可能性大。

23歳の今から出会いを探すことは、納得できるパートナーを見つけるためには早いわけでも遅いわけでもないのです。

↑目次に戻る

23歳で早く結婚する4つのメリット

23歳から婚活して早めに結婚すると、メリットが多いのでおすすめです。
ここで4つのメリットを紹介しますので、内容を把握して婚活のモチベーションを高めましょう!

ライフプランに余裕ができる

23歳で結婚すると、出産や住宅購入などの大きな変化をもたらす出来事も余裕を持って計画できます。

高齢出産が増えたとはいえ、出産できる年齢には限りがあるもの。
30代で結婚をすると、年齢的な理由から妊娠に焦りを感じがちです。

また住宅の購入は、年齢が上がると定年後もローンの返済に追われてしまう可能性が高まります。
借りられる金額を制限されてしまうこともあり、希望通りに住宅を購入できないケースもあるのです。

若い年齢で結婚すると2人きりでの新婚生活を楽しめる期間が長くなり、望んだタイミングで妊娠や住宅購入を決めやすくなります

難産や子育てのリスクが少ない

出産は年齢を重ねると妊娠に至る可能性が低くなるだけでなく、子育てをする身体的負担が増します

  • 流産
  • 難産
  • 妊娠高血圧症

などのリスクも、年齢とともに増加していくのが現実です。
若い年齢で妊娠・出産することは様々なリスクを減らし、体力があるうちに子育てができるメリットにもつながります。

幸せな家庭を早く築ける

幸せな家庭を早く築けることも、若いうちに結婚するメリットの1つです。

独身の場合好きなように時間やお金を使えますが、結婚で得られる安心感や充足感は得られません
誰かに必要とされる喜びや家族が増えていく幸せを早くに感じることができるのは、結婚ならではの良さです。

若いうちに結婚すると、そのような幸せを早くから感じることができます。

失敗してもやり直しがきく

現代では、離婚率の上昇も社会問題となっています。

結婚後はともに生活の基盤を築かなければならないため、お互いの考えが合わず喧嘩をしてしまうこともあるものです。
性格や価値観の相違によりすれ違い、歩み寄る努力をしてみたものの関係修復が難しい場合も珍しくありません。

婚活市場には離婚経験のある男女も多くいますが、再婚できる確率は年齢が上がるにつれて減少していきます。
万が一離婚してしまったとしても、早くに結婚しているとやり直しがきく年齢の場合が多いです。

↑目次に戻る

23歳で早く結婚する3つのデメリット

離婚率が上昇していることから、若い年齢での結婚を心配する両親も多いです。
若いうちに結婚するとどのような大変さがあるのか、ここでデメリットを押さえて心構えをしておきましょう

自由に使える時間が少なくなる

結婚すると、仕事からの帰宅後や休日は家族で過ごす時間になります。

子どもが産まれると、なおさら友人と会う機会や趣味に費やせる時間は減少。
家事・子育てに費やす割合も増えるので、自分の時間や休める時間が減ります。

23歳で結婚すると未婚の友人が多いので、独身で自由な姿が羨ましく思えることもあるものです。
気分転換がしたいときはパートナーに相談し、友人と遊びに行く時間を作ったりたまには1人になれる時間を設けたりとストレスを溜め込まない工夫をしましょう。

気持ちを分かり合える夫婦関係を築くと、結婚生活が窮屈になってしまう心配が減ります。

キャリア形成が困難

23歳は、社会に出てまだ経験が浅い年代です。
仕事で覚えることも多く、キャリアを築くためには勉強しなければなりません。

結婚によって自分の時間が減ると、十分にキャリアアップのための時間が取れない可能性があります。
特に女性は家事や育児を担う割合が多くなりがちなので、キャリアアップが困難になるケースも多いです。

もしあなたがキャリア形成を重要視しているのなら、家事の分担や妊娠のタイミングなどをしっかりパートナーと話し合っておきましょう
そうすることで、結婚していてもキャリア形成がしやすくなります。

お金の面で苦労する可能性がある

23歳は社会人経験が浅いため、収入が低い傾向にあります。

結婚すると、出産や挙式などで多くの資金が必要です。
時には生活費の捻出が難しく、節約生活を余儀なくされることもあります。

若いうちに結婚すると、収入が安定するまでは経済面で苦労する可能性があることを理解しておきましょう。
子どもが産まれるまでは共働きで貯金をして、計画的に金銭管理をするのがおすすめです。

↑目次に戻る

早く結婚することに対しての周囲の意見は?

早く結婚することに対し、世間はどのようなイメージを抱いているのでしょうか?
ここで、ネット上の意見をご紹介していきます。

実際に早く結婚した人の意見も紹介しますので、併せて参考にしてみてください。

いい人がいればすぐにしちゃっていいと思います。
ただ、仕事はもう少し続けてください。
会社というのは大切な勉強の場です。

(中略)
そうすれば、後々専業主婦になっても、旦那さんの仕事の苦労を理解してあげられる奥さんになれるでしょう。
また、結婚すると周りのお友達と夜遊びなどはあまりできなくなります。
その覚悟はしたほうが良いと思います。
私も4大卒で24歳で結婚しましたが、本当に幸せです。

こちらは、大学卒業後24歳で結婚した女性の意見です。
 
結婚によって友人との時間は制限されたものの、幸せを感じていることがわかります。

また「社会人経験があると働く苦労が分かる」との意見も、印象的でした。
思いやりは夫婦円満の秘訣でもあるので、相手の仕事の大変さを理解できることは結婚生活においてプラスになります。

最近では珍しい、若いのに堅実な人生を歩んでらしゃるかただと思います。
できちゃった婚でない限り、お幸せに♪って言いたいですね。
これから元気な子供も産めそうですし、若いお母さんでうらやましいです。

「決意したタイミングで踏み切る場合は、覚悟ができているので23歳でも問題はない」との意見もありました。

しっかりと覚悟ができていると、結婚生活に苦労を感じても乗り越えていきやすくなります。
年齢よりも、きちんと結婚に対する覚悟を持てているかどうかが重要なポイントなのです。

その人の経歴による。
まだ学生している身分なら早過ぎ。
大卒の社会人1年目でもまだ早い。
中卒や高卒で5〜8年社会人していたなら適齢期〜遅め。

一口に「23歳」と言っても、人によって社会人歴は異なります。

社会人経験が長ければある程度仕事にも慣れており、結婚に踏み切りやすいです。
しかし社会人1年目だと、まだ家庭を養う覚悟が持てない人が多い傾向にあります。

↑目次に戻る

23歳で早く結婚したい人が後悔しないためのポイント

23歳で結婚する前に、後悔しないためのポイントもチェックしておきましょう。
パートナーとの結婚生活を、より具体的にイメージしてみることが大切です!

将来設計を念入りに立てる

23歳で妊娠・出産やマイホーム購入などに焦る必要はありませんが、今のうちに将来の計画は立てておきましょう。

  • 子どもはいつ頃欲しいか
  • 何人欲しいか

などをイメージできていると、貯金に対する意識が高まります。

現代では出産に伴い助成金を受給できますが、自己負担になる検診でも出費はかさみます。
マタニティー・ベビー用品代も高額になりやすいので、妊娠・出産に必要な費用について大まかに把握しておきましょう

またマイホームの購入は、タイミングが重要です。

子どもが小さいうちは、不動産屋に通うのも引越し作業も一苦労。
就学後の引っ越しには、転校の問題も出てきます。

その都度問題が出てくる可能性は少なくないので、パートナーと一緒に将来設計をしておくと後悔のない結婚生活を送りやすくなります。

誠実なパートナーを選ぶ

23歳に限らず言えることですが、パートナーの誠実さを見分けることは幸せな結婚生活を送るために最も重要なことです。

いつの時代も不倫は、離婚原因の上位に挙がります。

20代前半は独身の友人が多いため、遊びに誘われることも多いです。
パートナーの不倫によって結婚を後悔する事態にならないよう、誠実な人かどうか冷静に見極めましょう。

憧れだけで結婚しない

早く結婚したい人は、結婚に対して憧れを抱きやすい傾向にあります。
しかし幸せなイメージばかりを描いていると、理想と現実のギャップに絶望してしまう可能性が高いです。

  • 共働きなのに家事を手伝ってくれない
  • 過度の潔癖症だった
  • 価値観が違った

などの理由で、結婚後に後悔してしまう人もいます。

既婚の友人や先輩などからリアルな結婚話を聞き、本当に今結婚して後悔しないかよく考えてから踏み切りましょう

婚活のコツを紹介しているこちらの書籍に書かれている言葉も、ぜひ胸に刻み込んでおいてください。

「結婚」とは、「運命の人」と一生をともにする、なんてファンタジーめいたものではありません。
「自分がどういう人生を歩みたいのか」という長期ビジョンを描いたうえで、じゃあ「自分に必要な人はどんな人だろう」と考えていく作業が、結婚までの道筋です。

引用元: www.amazon.co.jp
  • 『結婚したい女子のためのハンティング・レッスン』
  • 著者:川崎 貴子
  • 発行年月日:2015/11/20
  • 出版社:総合法令出版

↑目次に戻る

23歳で結婚してもうまくいくケース・大変なケース

23歳で結婚し、うまくいくケースと大変なケースにはどのような違いがあるのでしょうか?
ここでそれぞれの特徴を紹介しますので、自分の状況と照らし合わせてみてください

うまくいくケース

交際期間が長く相手のことをよく理解しているカップルは、結婚してもうまくいく確率が高いです。
 

結婚相手とは育った環境が異なるので、価値観やライフスタイルの違いが生じてしまうもの。
しかし関係性が深いと、話し合いながら歩み寄れるメリットがあります。

またキャリアアップに対して、ある程度の折り合いがつけられるかどうかもポイントです。

女性は子どもが生まれたら、仕事よりも家事・子育ての割合が増えます。
お互いのライフプランが明確ならしっかり相手の意見を聞き、それに併せて仕事の割合を調整できるかどうかも考えてみましょう。

大変なケース

23歳で結婚して大変なケースは、キャリアアップに折り合いがつけられない場合です。
もし人生において仕事を重要視しているのなら、結婚後も仕事に重きを置きたい気持ちをパートナーに伝えておきましょう

特に女性は話し合わずに結婚してしまうと、家事や育児で協力を得られず仕事をセーブしなければならなくなってしまいます。
男性も残業やスキルアップのための勉強に時間を費やすことで、「仕事ばかりで夫婦の時間が少ない」とパートナーを不安にさせてしまいかねません。

相手がキャリアアップを応援してくれない場合、結婚後に我慢した生活を強いられてしまう可能性が高いです。

↑目次に戻る

23歳で早く結婚したい人におすすめの婚活方法

「23歳で早く結婚したいけれど、出会いがない」と悩んでいる人は、これからおすすめする婚活方法を試してみてください。

これらの方法では恋活・婚活目的に利用している人と出会えるので、恋愛に発展しやすいことがメリットです。
それぞれの特徴を見ながら、自分に合った婚活方法を探してみましょう!

マッチングアプリ・婚活アプリ

マッチングアプリ・婚活アプリは料金が比較的安いので、23歳で婚活する際に利用しやすいサービスです。
20代も多く利用しているため、日常で出会いのない人は試しに始めてみてはいかがでしょうか?

マッチングアプリや婚活アプリは、1人で活動するのがメインとなっています。

  • 「マイペースに進めたい」
  • 「手軽に婚活を始めたい」
  • 「たくさんの人と出会いたい」

と考えている人には、特におすすめです。
真剣度の高いマッチングアプリを紹介しているこちらの記事も、ぜひご覧ください。

Omiai

Omiai

Omiai

  • 累計会員数は600万人突破
  • 名前はイニシャルで表示され、実名が載ることはない
  • お互いがFacebookアカウントで登録している場合は、相手の検索結果に表示されません
  • 24時間365日の厳重な監視体制あり
  • 利用料は月1,950円(12ヶ月プラン)から、登録は無料でできる

↓詳しくはこちら↓

Omiai をインストールする



Omiaiは会員数600万人以上で、真剣度の高い会員が多いマッチングアプリです。
婚活目的で利用している人が多いので、マッチングアプリでも結婚を見据えた出会いが期待できます。

ビデオ通話ができる「オンラインデート機能」は、多忙な人や会う前にフィーリングが合うか確かめたい人におすすめです。
イニシャルかニックネームで活動できるため、身バレしたくない人も登録しやすくなっています。

Omiaiを利用するなら、理想の会員をピンポイントで探せる「キーワード検索」も活用してみてください。
こちらの記事では、Omiaiについて詳しく解説しています。

↓Omiaiのインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Omiai を使ってみる!

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

  • 会員数1,500万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

アプリを無料ダウンロードする



Pairs(ペアーズ)は、会員数1,000万人以上の利用率No.1マッチングアプリです。

出会いの母数が多い上に条件検索機能で詳細に項目を設定できるので、自分好みの相手に出会える可能性が高まります。
毎日約8,000人が新規登録しており、アクティブユーザーが多い点も魅力です。

約10万以上のコミュニティがあるため、趣味や興味関心が近い相手とも簡単に出会えます
アプリの操作もシンプルで分かりやすくなっているので、初心者もぜひ気軽に試してみてください。

こちらの記事では、Pairs(ペアーズ)の攻略法をご紹介しています。

↓Pairs(ペアーズ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

結婚相談所

短期間で成婚を目指したいなら、結婚の本気度が高い人と出会える結婚相談所がおすすめです。

マッチングアプリや婚活アプリで出会いをつかめなかったとしても、結婚相談所ではアドバイザーのサポートが得られるのでチャンスをつかむ確率が高まります。
メイクやファッションなどの魅力を引き出す講座が充実している結婚相談所もあり、お見合いに自信を持って臨めるようになることもメリットです。

マッチングアプリと比べて料金が高い傾向はありますがその分サービスが手厚いので、経済的に余裕がある人はぜひ試してみてください!
こちらの記事では、結婚相談所の選び方をご紹介しています。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

パートナーエージェントは、成婚率業界No.1の実績がある結婚相談所です。
入会から1年以内の交際率は93.1%と、会員の多くが出会いをつかんでいます。

「サポートが手厚い」と定評のあるコンシェルジュが個々の価値観や性格を考慮して婚活をサポートしてくれるので、初めての婚活でも安心です。
また会員限定のイベントやパーティーもあり、積極的に参加すれば日常での出会いがアップします。

3ヶ月以内に出会いがなければ登録料を全額返金してもらえる「出会い保障制度」もあるため、安心感があることも魅力です。
パートナーエージェントについてもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

↓パートナーエージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント を使ってみる!

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費14,300円
  • 1か月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

エン婚活エージェントは、圧倒的な低価格で利用できる結婚相談所です。
婚活費用は登録料10,780円・月会費14,300円のみの、始めやすい料金設定が魅力。

エン婚活エージェントでは、

  • 登録
  • コンシェルジュへの相談
  • 講座の受講

など、活動の全てをオンラインで完結できます。
結婚相談所に通う必要がないので、仕事が忙しくて婚活をうまく進められていない人にもピッタリです。

オンライン講座「自分磨き学習」で自分の魅力やパートナシップを向上させて、出会いをつかむ確率を高めましょう。
こちらの記事でも、エン婚活エージェントについて詳しく解説しています。

↓エン婚活エージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント を使ってみる!

↑目次に戻る

まとめ

今回は、23歳の結婚事情やおすすめの婚活方法をご紹介しました。
最後にポイントを再確認してみましょう。

  • 令和元年の平均初婚年齢は男性が31.2歳、女性が29.6歳
  • 女性の社会進出や医療の進化によって、結婚の優先順位が下がっている
  • 恋愛結婚は3年~5年ほど時間がかかるため、23歳から将来を見据えて婚活するのがおすすめ
  • ライフプランに余裕を持てること・出産におけるリスクが少ないこと・やり直しがきくことが早くに結婚するメリット
  • 自由が少なくなること・キャリア形成が困難なこと・経済面で苦労しやすいことが早くに結婚するデメリット
  • 出会いがない人は、婚活アプリや結婚相談所を利用するのがおすすめ

23歳のうちから婚活すると、結婚生活におけるメリットが多いです。
また恋愛結婚の場合入籍に至るまで長い期間が必要なので、早めに婚活を始めると焦ることなくパートナーを探せます。

おすすめの婚活方法を参考に、自分に最適な方法で将来を見据えた出会いを探してみてください

公開日:


タグ:
婚活のコツ 20代の婚活

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

婚活バスツアーのおすすめ会社5選!上手な選び方とツアーの流れまとめ
婚活バスツアーのおすすめ会社5選!上手な選び方とツアーの流れまとめ
【体験談付】婚活バスツアーがひどいと言われる理由とは?参加する前の注意点まとめ
【体験談付】婚活バスツアーがひどいと言われる理由とは?参加する前の注意点まとめ
婚活バスツアーに一人で参加する4つのメリット!うまくいくコツまとめ
婚活バスツアーに一人で参加する4つのメリット!うまくいくコツまとめ
クラブツーリズムに婚活バスツアーはある?参加する方法とおすすめ婚活方法
クラブツーリズムに婚活バスツアーはある?参加する方法とおすすめ婚活方法
婚活に潜む地雷男女の特徴とは?見極め方・注意点まとめ
婚活に潜む地雷男女の特徴とは?見極め方・注意点まとめ

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

23歳だけど早く結婚したい!早めに結婚するメリット・デメリットまとめ
23歳だけど早く結婚したい!早めに結婚するメリット・デメリットまとめ
結婚相談所WISH(ウィッシュ)の口コミ・特徴とは?横浜のハイクラス婚で評判
結婚相談所WISH(ウィッシュ)の口コミ・特徴とは?横浜のハイクラス婚で評判
結婚相談所ロイヤルマリッジの評判まとめ!ハイクラス層との婚活におすすめ
結婚相談所ロイヤルマリッジの評判まとめ!ハイクラス層との婚活におすすめ
逆プロポーズで後悔する理由5つと後悔しないために準備すること
逆プロポーズで後悔する理由5つと後悔しないために準備すること
年下嫁は羨ましい?それとも後悔する?メリット・デメリットと結婚する方法まとめ
年下嫁は羨ましい?それとも後悔する?メリット・デメリットと結婚する方法まとめ

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら

Twitter