1. 婚活パーティー検索 >
  2. 結婚相談所 >
  3. 結婚相談所の入会方法とは?入会資格・条件と審査に必要な書類まとめ
最終更新日: 2022-02-09

結婚相談所の入会方法とは?入会資格・条件と審査に必要な書類まとめ

結婚相談所での婚活に興味があっても、どのように入会をすれいいのか分からず、なかなか足を踏み出せないものですよね。また必要書類も必要で、入会をしたことがない方にとっては不明点も多いです。そこで本記事では、結婚相談所の入会方法や入会資格、必要な書類などをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

目次

結婚相談所に入会するには審査がある

結婚相談所で相手を見つけようかな」と考えても、利用したことがない人にとっては未知の部分が多く、なかなか1歩を踏み出しにくいですよね。
そこで本記事では、結婚相談所の入会方法について詳しく解説していきます!

手厚いサポートを受けながら相手を見つけたい場合は、ぜひ参考にしてください。

ただ前提として、結婚相談所に入会を希望しても全ての人が入会できるわけではありません。
結婚相談所には入会の審査が設けられており、適切と認められた場合にのみ入会できるようになっています。

審査の基準は結婚相談所によって異なるため、既に気になる相談所がある場合は事前に確認をするようにしましょう。

まずは一般的な結婚相談所の入会について紹介していきます。

入会審査がない結婚相談所のリスク

入会審査があるために、結婚相談所への入会に抵抗感を持っている人は少なくありません。
中には自分が審査をされることが「不快」と感じる方もいます。

しかし入会審査がないことによるリスクを知ると、その必要性が分かります。
入会審査がない場合には、例えば以下のような問題が起こる可能性が高いです。

起こり得る問題

  • せっかく入会しても、結婚まで辿りつけずお金を無駄にする
  • 独身でない人も結婚相談所に紛れ込んでしまう
  • 相手が収入的に安定しているのか不安になる
  • 結婚の意思がない相手と交際し、時間を無駄にしてしまう
  • 詐欺目的で騙されて、精神的・金銭的な損害を負う

入会審査がないと、入会者自身が相手の素性に注意を払わなければいけません。
入会したにもかかわらず、相手が本当に独身かどうか懸念を持ちながら活動をするのも、入会者にとって余計な負担です。

このようなリスク・デメリットを被らないためにも、結婚相談所には入会審査が設けられています。
反対に入会審査があるからこそ、結婚を希望する人たちが効率よく活動を進めることができるといえます。

↑目次に戻る

一般的な結婚相談所の入会資格

ここからは、一般的な結婚相談所の入会資格について解説していきます。

入会資格は結婚相談所によって多少異なりますが、どの相談所も基本的な部分は同じです。
会員同士が安心して活動ができるように設けられたものであるため、さほど難しい条件はありません!

健全な結婚生活を送れるくらい心身ともに健康であること

結婚後、パートナーと長く結婚生活を維持していくためには、お互いが健康であることは重要なポイントです。
せっかく結婚をしても、寝たきりや病院生活が待っていては誰でも苦痛に感じます。

また身体的だけではなく精神的な健康も大切であり、心の病気があるかどうかも入会審査の対象となります。

持病があったら入会できない?

心身ともに健康であることが判断のポイントとなりますが、持病がある人が全て入会できないわけではありません

問題のない持病

  • 結婚生活に不自由がない程度の持病
  • 回復が見込まれる一時的な病気
  • 結婚生活とは関係のない病気

このような持病であれば、申告し健康に暮らしていくことが「可能」と判断されれば問題はありません。

男性は安定した収入があること

男性の場合は、安定した収入があることが審査の基準となるケースが多いです。

収入による審査といっても、ハイクラス向けの結婚相談所ではない一般的な結婚相談所への入会については、それほどの高収入を求められているわけではありません。

年収300万円、または年収250万円ほどでも収入が安定していれば加入できる傾向にあります。
貯金額は確認の対象外である点も、覚えておきましょう。

正社員じゃなくても入会できる

収入額と同じく気になる雇用形態についてですが、入会できる基準は正社員に限られていません

・自営業
・契約社員
・派遣社員
・フリーター

どのような雇用形態であっても、一定の収入が確保されていれば入会できます!

年収・収入が少なくても入会できる

結婚相談所の入会にあたっては、一般的な平均と比較して年収・収入が多少少なくても、安定していれば入会できることがほとんどです。

学歴も重視されない場合が多く、中卒や高卒だからといって、それが原因で入会を断られることはありません。
もし学歴のことで不安を抱えているのであれば、安心して相談所を利用してみましょう。

独身であり結婚に対して意欲があること

当たり前にはなりますが、結婚相談所に入会する必須の条件は独身であることです。

他の入会者にも、有意義な出会いを提供し、時間やお金に関する損害を与えないために、独身であるかどうかは最も大切な条件になります。
また結婚に対しての意欲があることも重要です!

ほとんどの結婚相談所では独身証明書の提出、契約書のサインにより、入会者が独身であることが保証されています。

↑目次に戻る

結婚相談所の入会審査に必要な書類

結婚相談所では入会審査と同時に、必要書類の提出を求められることがほとんどです。
書類は審査確認のために必要で、申請した内容が事実かどうかという証明書の役割を果たします。

実際に手続きをする際には、入会したい結婚相談所での手引きと一緒に、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

本人確認書類

結婚相談所に限らずですが、多くの入会手続きには本人確認のできる書類が必要になります!

結婚相談所で提出する本人確認書類は、下記のような一般的な身分証明書です。

主な身分証明書

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 写真付きの社員証
  • 住民基本台帳

独身証明書

独身証明書は、結婚をしていないことを証明する公的な書類です。

本籍のある役所で入手が可能で、郵送でも取り寄せることができます。
代理人による申請もできますが、手続きは各自治体によって異なるため、入手の際は本籍地の役所へ問い合わせましょう。

収入証明書

収入について入会審査がある場合には、収入証明書を提出します。

収入を証明できる書類は下記のようなものです。

収入証明書

  • 直近の源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細
  • 納税証明書

会社員である場合、源泉徴収票の写しで証明できることは覚えておいて損はありません!

資格証明書

ハイクラス向けの結婚相談所、またはプロフィールに職業や資格を掲載する場合は、資格取得を証明する書類が必要です。

資格が要る職業

  • 医師
  • 弁護士
  • 税理士
  • その他医療職・士業

上記のような職業は資格を有していることが前提となるため、資格の合格証書、免許のコピーなどを提出します。

学歴証明書

学歴証明書は、その名の通り学歴を証明する書類です。
主に最終学歴について提出を求められます。

学歴証明書

  • 卒業証明書の原本
  • 卒業証書の写し
  • 学位記の写し

このようなものが証となるため、しっかり用意しておきましょう!

↑目次に戻る

入会できない!?一部の結婚相談所の厳しい入会条件とは

一般的な結婚相談所は、多くの場合結婚を希望する健康な独身の男女であれば入会は可能です。
しかしハイスペック・ハイクラス向けの結婚相談所には、厳しい審査基準が設けられているため、入会が難しい場合もあります。

ここでは、ハイスペック・ハイクラス向けの相談所の入会条件を紹介するので、気になる方は参考にしてみてください。

年齢

ハイクラス向けの結婚相談所では、男性は「ハイクラス」の名に似合った職業・収入が入会の条件となります!

一方女性の場合は収入に関する規定は緩い、または設けられていないこともあります。
その反面、「年齢」が厳し目の条件になっている場合がほとんどのため注意しましょう。

女性の年齢は40歳未満や45歳未満など、40代が1つの目安となっているケースが多いです。

職業が「医師・弁護士・公務員・大企業」と限定されてる

ハイクラス向けの結婚相談所の入会にあたっては、特定の職業に限定されている場合も少なくありません。

ハイクラス向けの職業

  • 医師・歯科医師
  • 弁護士
  • 公認会計士・税理士

難関な職業はそれだけ収入が多いことが予想されるため、ハイクラス向けとなっています。
ただ資格職でなくても公務員や上場企業などで、一定以上の収入があれば入会は可能です。

高収入・高学歴

ハイクラス向けの結婚相談所では、主に男性側に高収入・高額歴が求められています!

基準としては、学歴は四大卒以上がほとんどです。
収入面においては結婚相談所ごとでかなり異なります。

平均より少し高い500万円や600万円、中には800万円~1,000万円以上といった高い基準を設けている結婚相談所もあるほどです。

↑目次に戻る

入会拒否されることはないの?入会を断られるときの理由・原因

一般的な結婚相談所の入会審査はさほど厳しいものではありませんが、基準を満たさなければやはり入会を断られることもあります。

ここからは、結婚相談所への入会をお断りされてしまう理由・原因について紹介していきます。
少しでも不安がある方はぜひ参考にしてください。

その結婚相談所が設けてる入会条件をクリアしていない

最低限の入会基準を満たしていない場合は、残念ながら入会ができない場合が多いです。

明確な基準が設けられているにもかかわらず、条件を満たさない人を入会させてしまっては、結婚相談所としての信頼を失いかねません!
誠実な対応をするためにも、結婚相談所は基準を満たさない人の入会は覚悟を持って断っています。

申告内容と証明書の内容が違う

申告内容と証明書の内容が異なる場合には、事実確認の後に断る場合もあります。
もちろん単なる記載ミスであれば、ミスを証明することで入会できることもありますが、故意に実際と異なる申告をすることは許されません。

他の入会者に不信感を抱かさせてしまったり、不適切なマッチングを行ったりしてしまわないためにも、嘘をつくような人は当然排除されます。
申告内容と証明書の内容が異なる場合には、理由次第によっては入会を断られることもあるため注意が必要です。

過去他の結婚相談所で問題を起こした

過去に他の結婚相談所で問題を起こしてしまうと、別の結婚相談所に行っても入会をお断りされるケースがあることは知っておきましょう。

結婚相談所は、結婚相談所連盟と呼ばれる会員やノウハウを共有するグループを作っています。
大手の結婚相談所は独立しているところもありますが、中小の結婚相談所はネットワークを通して情報が共有されていることがほとんどです。

そのため以前に他の会員との間で、何かしら重大な出来事が起こった場合には入会を拒否されることがあります!
なお相談所と会員間のトラブル程度であれば、問題にはなりにくいです。

↑目次に戻る

結婚相談所の入会金はいくらかかる?

結婚相談所の入会にあたって気になるのは、「初期費用がいくらかかるか」ということです。

結婚相談所によって入会時にかかる費用は異なります
また項目も様々で、下記の名目で徴収されたり別の部分で費用がかかったりするケースも少なくありません。

かかる費用・項目

  • 登録料
  • 初期費用
  • 入会金

大手6社を比較!平均入会金は「11万円」

先述のように入会金や初期費用は、結婚相談所ごとで異なります
下記の表は、大手結婚相談所6社の入会金・初期費用をまとめたものです。

入会金・初期費用(税込)
ツヴァイ 115,500円
パートナーエージェント 137,500円
楽天オーネット 116,600円
IBJメンバーズ 252,450円
ゼクシィ縁結びエージェント 33,000円
エン婚活エージェント 10,780円

入会金は非常に幅があり安価であれば1~2万円、通常は3~5万円くらいとなっています。
ただ入会金が安くても、オプションや成婚料が高い相談所もあるため初期費用だけで全てを判断することは控えましょう。

サポートの厚いプランは、10万~30万円になります。
サポートプランは、入会者が「どのようなスタンスで婚活をやっていきたいか」によって内容が変わっていくことが多いです。

入会金や初期費用は、「安いから良い」「安い方がお得」というものではありません。
何よりも自分に合ったプランを選ぶことが大切です!

入会金や初期費用についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

キャンペーンやプランによっては入会金無料になるケースは多い

入会金は、キャンペーンやプランによって無料となるケースもあります。
特に年齢が若い場合は、「20代向けプラン」が設けられていたり、成果報酬型で入会金・初期費用がかなり格安になっていたりする場合が多いです。

キャンペーンは、イベント前や結婚相談所が特に力を入れたいシーズン前に組まれやすいです。
入会金は数万円以上かかるため、自分が入会したい時期とキャンペーンが重なりそうな時はぜひ利用しましょう。

入会金以外にもかかる結婚相談所費用

結婚相談所で活動すると、初期費用以外にも様々な費用がかかるケースがほとんどです。
ここでは入会者の多い大手結婚相談所、「パートナーエージェント」を例に、活動にかかる費用を紹介します。

コンシェルジュライトコース コンシェルジュコース
登録料 33,000円 33,000円
初期費用 33,000円 104,500円
月会費 14,300円 18,700円
成婚料 55,000円 55,000円

結婚相談所では、入会時に「入会金」「登録料」「初期費用」がかかります。
登録料については、入会金や初期費用の項目に含まれていることもあるためよく確認しておきましょう!

金額は入会金(登録料)・初期費用合わせて10万円前後が相場ですが、結婚相談所のコンセプトによってかなり幅があります。
また同じ結婚相談所でも、プランによっては費用が変わるケースがほとんどです。

多くの結婚相談所は月ごとの会費制であり、パートナーエージェント同様、月額1~2万円が相場になります。
成婚退会時には「成婚料」がかかる結婚相談所も多く、相場は約5~30万円ほどと覚えておきましょう。

入会から成婚退会までかかる費用ですが、パートナーエージェントの「コンシェルジュコース」では半年間活動した場合約30万円です。

結婚相談所によっては、オプション料金を設けている場合があります。
下記が代表的なオプションで、それぞれでかかる目安は5,000円~2万円ほどです。

代表的なオプション

  • 相談料
  • アレンジメント料
  • ファッションコーディネート料
  • プロフィール写真撮影料

結婚相談所での活動にかかる費用について、より詳しく知りたいという方はこちらの記事をチェックしてみてください。

↑目次に戻る

結婚相談所に入会してから活動までの流れ

いざ結婚相談所に入会しても、「どのように動いていけばいいのか」不安に感じる人は少なくありません。
ここからは、入会前から成婚までの過程をご紹介していきます。

結婚相談所の流れについては、こちらの記事もおすすめです。

無料の入会カウンセリング

多くの結婚相談所では、無料の入会前カウンセリングの機会が設けられています!
カウンセリングでは結婚相談所のサービス内容の説明や紹介はもちろん、入会者が成婚まで辿り着けるためのヒアリングをするケースがほとんどです。

こちらがカウンセリングの主な内容になります。

カウンセリング内容

  • 入会希望者の理想の結婚のイメージ
  • 今度のスケジュールのすり合わせ
  • 活動に関して不安に思うことの相談

入会審査・入会手続き

結婚相談所のサービス内容や方針に納得できた場合は、入会の審査・入会手続きへと移ります。
もちろんこの際、相談所から無理に勧誘されることはありません。

不明な点はどのような些細なことでも質問し、利用する相談所が自分に合っているかしっかりと確認することが重要です。

オンライン型結婚相談所では書類を全てデータで送付

結婚相談所は対面式だけではなく、全てがオンラインで完結する「オンライン型結婚相談所」もあります。
オンライン型の結婚相談所では、書類はデータ送付で行われます。

都合が悪く相談所に足を運べなかったり、「オンラインの方が気楽」と感じたりする場合はオンライン型結婚相談所を利用してみましょう!

入会審査時に手土産は必要?

入会審査時に、結婚相談所に対する手土産は不要です。
結婚相談所における手土産のやり取りは、お見合い時にお見合いのお相手や仲人に対して持ってくる人が多少いる程度です。

そもそも仲人・結婚相談所へは既にサポート料として契約が発生しているため全く必要なく、お相手に対しても同様に持っていく必要はありません。

プロフィール作成

結婚相談所では、必ずと言っていいほどプロフィールを作成します。

プロフィールは、入会者の人間性を知ってもらう上で非常に大切なものです。
内容によってはその人の良さがうまく伝わらないこともあるため、よく吟味し丁寧に作成するようにしてください!

プロフィールの作成は相談所の人が代行してくれたり、自分で作ったりと様々です。
どちらにしても1人で魅力的なものを作成するのは難しいため、必ず相談所と二人三脚で行いましよう。

お相手探し・紹介

プロフィール作成が終わると、いよいよお相手探しの段階です。
専用のツールを利用し、条件によるお相手検索やマッチングで感性や価値観の合う人を探すことができます。

スタッフ・コンシェルジュの紹介サポート付きの場合は、経験豊富な視点から見た相性の良いお相手を紹介してもらいやすいです。

最初は入会バブルで相手探しやすい!短期集中で自分に合った人を探そう

入会当初は「入会バブル」が起こりやすく、お見合いの申込者が集中するケースが少なくありません
入会時は結婚相談所によって異なりますが、下記のような理由から申込者が殺到しやすいです。

入会バブルの発生理由

  • 新規入会者は登録順で上位になり目立つ
  • 「お見合いのチャンスが高いかも」と期待される
  • 新規入会者に申し込みをする一定の層がいる

もし多くの申込者の中に気に入った相手がいれば、お見合いをしてみましょう。

入会直後は、自分自身も結婚相談所での活動に意欲的です。
入会バブル自体もそう長くは続かず1度しかないチャンスのため、短期集中で自分から動き、良い出会いを見つけていってください!

お見合い

良さそうな相手が見つかり、「会ってみたい」と感じたらお見合いの申し込みをします。
場所や日程の調整はコンシェルジュや専任カウンセラーが行う結婚相談所が多く、ほとんどの場合相手とのやり取りで心配になる必要はありません。

結婚相談所やプランによって、お見合い後のフィードバックや次回に向けてのアドバイスがあります。
成婚させるためにも、素直に聞いておきましょう。

仮交際・真剣交際

何人かのお相手とお見合いやデートを経験しながら、お相手を見定めていきます

お見合い後に両者が「また会いたい」「デートをしてみたい」と思った時は、結婚相談所を通じて次回の予定が組まれます。
その後の交際は「仮交際」と呼ばれ、初回のデートから2~3ヶ月間は、3人くらいまで同時進行でデートをするケースが多いです。

一方、結婚を前提としたお付き合いは「真剣交際」と言います。
2人で結婚後のイメージのすり合わせを行い、成婚へ向けて進んでいきましょう!

成婚退会

お互いの意思が固まりプロポーズを経て、無事に成婚退会となります。

結婚相談所によっては、成婚後も結婚式に向けての相談やプロデュースサービスを行っている場合もあるため利用しましょう。
式場選びや両家の親への挨拶サポートがある相談所も珍しくありません。

多くの人たちの助けを借りることで、成婚後の不安を取り除くことが可能です。

↑目次に戻る

結婚相談所に入会するベストなタイミング・入会時期はある?

「結婚相談所にいつかは入会してみたいが、いつ入会するのが良いのか」と悩む人も多いです。
悩んだ時は、人生で一番若い「今すぐ」の入会が最もおすすめになります!

ただイベントが近そうな時期は、一旦入会を待つのも1つの手です。
キャンペーンが組まれる可能性もあるため、希望の結婚相談所のキャンペーン内容をチェックしてみてください。

しかしキャンペーンは自体は、必ずあるかどうかは分かりません。
あまり長く待つことは避け、どこかで見切りをつけて入会するようにしましょう。

結婚相談所の入会が増える時期は春・お盆明け・年末が多い

結婚相談所の入会者が増える時期は、ある程度決まっています。
多い月としては3月、8月、12月頃で、お盆明けや年末頃です。

結婚相談所の入会も新しいことへの挑戦のため、長期間の休み明けに始めたり、物事を新しく始めやすい春に入会したりする人がいます。

年末にかけて入会者数が増えるのは、クリスマスの存在が大きいです。
冬は人肌恋しくなり、クリスマスが近づくとどうしてもパートナーを求める気持ちも高まりやすくなります。

↑目次に戻る

結婚相談所に入会してから結婚するまでどのくらいの期間がかかるの?

結婚相談所に入会するにあたって、「活動期間はどれくらいかかるのか」も知っておきたいところです。

ここからは、各大手結婚相談所でどのくらいの活動期間で成婚を果たしているのかをご紹介していきます!
今後の自身の予定を考えた上で、参考にしてください。

平均は6か月程度

パートナーエージェントの成婚退会者のうち、65.6%の人が1年以内の活動でお相手を見つけています。
またその中で成婚を迎えるピークとなるのは、活動開始から4ヶ月となっています。

IBJメンバーズの成婚まで期間で最も多いのは、活動開始から6ヶ月目です。
会員の半数以上は、入会から半年強で成婚(婚約)をしているというデータもあります。

エン婚活エージェントの平均活動期間は6.7ヶ月で、そのうち90%の会員が1年以内に成婚を実現しています。

以上から平均活動期間は6ヶ月程度であり、長くても1年程度を想定しておきましょう。
ある程度目標を持った方が効率よく活動ができるため、1年を期限として活動に集中することをおすすめします。

在籍可能期間は2年間までが多い

在籍できる期間を定めている結婚相談所もあります。
大手の結婚相談所ではあまりありませんが、中小の結婚相談所では会員期間を2年までとしているところも珍しくありません。

平均的な活動期間が6ヶ月程度と考えると、2年は十分な期間であり長すぎるという印象もあります。
あまり長期間在籍をしていても活動内容が滞ってきてしまうため、一度退会し婚活方法を見直してみることも大切です!

↑目次に戻る

結婚相談所の入会に迷う人へ!結婚相談所だけの婚活サポート・メリット

結婚相談所への入会は、入会審査や入会金がかかることもあり他の婚活方法と比較して「ハードルが高い」と感じやすいです。
しかし結婚相談所には、入会時の不安を払拭するほどのサポートやメリットがあります。

結婚相談所のメリット

  • 出会う前から成婚までサポート
  • なんでも相談できる体制が整っている

ここでは上記2点について解説していくので、ぜひ参考にしてください。

出会う前から成婚まで全てサポートされる

結婚相談所は出会う以前の準備段階から、成婚までのフルサポートを提供するサービスです。
同じ婚活サービスでもマッチングアプリは出会うまでの環境の提供、婚活パーティーは出会う場所のみを提供するため大きな差があります!

出会うまでの準備や、出会ってからどうするのかといったサポートは結婚相談所特有のものです。
このようなきめ細やかな対応は、他の婚活サービスにはありません

分からない・困ったことがあれば相談できる

結婚相談所では、分からないことや困ったことがある度に相談することができます。
専任カウンセラー制であれば、自分自身の性格や理想の相手像を共有しているため、心配事があればすぐに相談が可能です。

またプランやオプションによっては、以下のような細かい部分も対応してくれます。

主な対応項目

  • プロフィール写真の撮影方法・プロによる撮影
  • プロフィール用ヘアメイク
  • ファッションコーディネート
  • ショッピングの同行
  • デートプランの作成
  • デートシミュレーション
  • 特別講師による個人面談

上記に加え、成婚後も結婚式のことまで相談できる結婚相談所・プランもあります。

婚活に際し「何から始めたらいいのか分からない」という方も、手取足取りフォローをしてくれる体制が整っているため、安心して動くことができるのは大きな魅力です。

↑目次に戻る

まとめ

今回は結婚相談所の入会方法について解説しました。
最後に本記事の重要ポイントをまとめます。

重要ポイント

  • 結婚相談所への入会には一定の審査基準がある
  • 男女共に「独身者」が必須の条件
  • 入会時に各証明書が必要なため用意しておく
  • 男性は高収入、女性は年齢が重要となるハイスペック向けの相談所もある
  • 虚偽の申請をした場合は、入会を断られるケースが多い
  • 相談所の平均入会金は11万円
  • 入会する場合は早い方がいい
  • サポート面が充実している点が、結婚相談所の大きなメリット

結婚相談所へはなかなか足を踏み込みにくいですが、いざ入ってしまえば後は相談所のスタッフに任せるだけで済みます。
相談者の味方としても心強いため、ぜひ利用して幸せな結婚を手に入れてください!

公開日:


タグ:
結婚相談所

記事に関するお問い合わせ

「結婚相談所」に関する記事

結婚相談所についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

IBJの成婚率は約26%!成婚率の算出方法と成婚退会者の口コミまとめ
IBJの成婚率は約26%!成婚率の算出方法と成婚退会者の口コミまとめ
結婚相談所のIBJで申し込みが来ないのはなぜ?6つの理由と申し込みを増やす方法
結婚相談所のIBJで申し込みが来ないのはなぜ?6つの理由と申し込みを増やす方法
IBJのモテるカジュアル写真とは?5つのメリットと申し込みが増える写真のポイント
IBJのモテるカジュアル写真とは?5つのメリットと申し込みが増える写真のポイント
結婚相談所のIBJを休会したい!休会方法と料金・期間まとめ
結婚相談所のIBJを休会したい!休会方法と料金・期間まとめ
IBJの結婚相談所には入会バブルがない?申し込み来ない理由と婚活成功の6つのコツ
IBJの結婚相談所には入会バブルがない?申し込み来ない理由と婚活成功の6つのコツ

「結婚相談所」に関する記事

結婚相談所の記事は他にも多数!

パートナーエージェントオンラインとは?特徴と成婚率が高い7つの理由まとめ
パートナーエージェントオンラインとは?特徴と成婚率が高い7つの理由まとめ
エン婚活エージェントは会えないしマッチングしない?成婚率と利用者の口コミ評価
エン婚活エージェントは会えないしマッチングしない?成婚率と利用者の口コミ評価
エン婚活エージェントにサクラはいない!安心して婚活できる6つの理由
エン婚活エージェントにサクラはいない!安心して婚活できる6つの理由
IBJ加盟店に入会するメリットとは?最優秀賞受賞のおすすめ加盟店7選
IBJ加盟店に入会するメリットとは?最優秀賞受賞のおすすめ加盟店7選
【取材付き】結婚相談所ウェルスマの評判・特徴とは?口コミ・インタビューから強みを徹底解説
【取材付き】結婚相談所ウェルスマの評判・特徴とは?口コミ・インタビューから強みを徹底解説

結婚相談所の人気の記事

「結婚相談所」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら

Twitter