1. 婚活・恋活 >
  2. 結婚相談所 >
  3. 婚活のコツ >
  4. 結婚相談所で年収が低い人は結婚できる?入会している人の平均年収とは

結婚相談所で年収が低い人は結婚できる?入会している人の平均年収とは

これから婚活しようと思っている人の中で、自分の年収に自信の無い人はいませんか? 婚活は、高収入でなければ不利なのでは?と思うと、始める前から気が重いですよね。 本記事では、結婚相談所で年収の低い人が結婚できる可能性や、平均年収について、ご紹介していきたいと思います。

結婚相談所の婚活で年収は低いと不利なの?

婚活のコツ 結婚相談所の婚活で年収は低いと不利なの?

結婚相談所に入会する際、結婚相手に求める条件を提示することができます。
容姿、価値観、趣味など様々ありますが、多くの人が重要視するのが「年収」です。

高収入な男性は女性からの人気が高いですが、年収が低い男性は、「女性に相手にされないのではないか」と不安になりますよね。
はたして、年収が低い人にとって婚相談所での婚活は不利なのでしょうか。

高収入な職業というと医者や弁護士などが挙げられ、年収にして約800万円~1,000万円をイメージする人も多いでしょう。

しかし、800万円~1,000万円は日本人男性の平均年収を大きく上回っています。
高収入限定の結婚相談所でない限り、会員の半数以上が平均年収の方であると考えられるため、尻込みする必要はありません。

さらに近年では、「共働きでも構わない」「キャリアを目指したいので、専業主夫になってほしい」という女性も増えてきています。
年収が平均以下だという男性も、結婚相手を探すチャンスはあります。

派遣社員や契約社員で年収が低いという女性でも、「結婚後は専業主婦になってほしい」「自分が稼ぐので結婚相手低収入でも構わない」という男性を探すことも可能です。

結婚相談所での婚活を検討している男性も女性も、「年収が低いから婚活は不利だ」と諦める必要はないのです。

収入以外の自分の魅力を精一杯アピールし、あなたにないものを補ってくれるパートナーを探しましょう。

結婚相談所については下記の記事を参考にしてください

女性にとって年収は婚活における重要項目

結婚相手に高収入を求めるのは、男性よりも女性が多いです。

その理由の一つとして、女性は出産・育児期間は働くことができず、結婚相手に安定した収入を求める人が多いためです。

近年では出産後すぐに働きたいという人や、夫婦で育児を協力し合う家庭も増えていますが、女性は出産までの一定の期間、必ず休職する必要があります。
その間、男性に家計を任せることで、安心して育児に専念することができるのです。

また、専業主婦を希望している女性も高年収の方を選ぶ傾向があります

もちろん、結婚後も働きたいという女性は、自分と同じくらいの年収、または自分以下の年収の男性でも構わないという考えの方もいらっしゃいます。

ですが、共働き世帯が増えたといっても、専業主婦を希望している女性は一定数いるのが現状です。

専業主婦になりたいと考える女性であれば、男性の年収が低いと共働きを希望する可能性も高まりますから、自然と高収入の男性を選ぶ傾向が強くなります。
「年収600~800万以上の男性を紹介してほしい」「年収は高ければ高いほどいい」という具体的な条件を提示する人もいらっしゃいます。

高年収や安定した年収を条件としている女性に対して、「お金がなくても愛があればいいじゃないか!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
恋愛結婚なら当然そうですし、婚活で出会ったカップルの中には、そのような考えをお持ちの方も少なからずいます。

しかし、「結婚=生活」である以上、結婚相手の年収によって余裕のある生活を送ることができるかどうかが決まります。

また、恋愛結婚と違い、スタート地点である程度の条件を選べるのが婚活です。
「安定した収入のある人と結婚したい」という条件を提示するのは結婚相談所でしかできないことです。

結婚相談所に年収制限はあるの?

結婚相談所に入会する際、年収が低い人は入会拒否されるのではないかと不安になりますよね。

正確には、「年収が低い人」というよりも、「収入が安定していない人」が入会拒否される可能性があります。
そこで気になるのは、派遣社員や、アルバイトで生計を経てている方です。

例えばA社という結婚相談所では「一定の安定した職業に就いている方」と明記されていたとします。
その場合は非正規雇用者でも一定の収入があれば入会できる可能性があります。

別のBという結婚相談所では「一定の安定した企業にお勤めの方」と明記されている場合、
正社員でなければならないという可能性が高まります。

さらには高収入の方限定の結婚相談所など、厳しい年収制限を設けている相談所もあります。

年収制限を設けている相談所では、主に「年齢×10万」が望ましいようです。
例:30歳×10=300万円、45歳×10=450万円、50歳×10=500万円

特に気を付けなければならないのは、収入はあるが、年収が安定していない場合です。
例えば株式の売買で生計を経てている人は、結婚相談所の入会時は収入がよくても、その後どうなるか分からず、不確定な要素が多いと捉えられることが多いようです。

年収制限の線引きは結婚相談所によって異なるため判断が難しいですが、決して低収入だからといって結婚相談所に入会できないということではありません。
また例え入会はクリアできても高年収で自分とは釣り合わない人ばかりが入会している結婚相談所ですと、出会える可能性も低くなります。

自分が入会できるかどうかの判断だけでなく、自分の収入に見合った相手がいるのかどうかも、結婚相談所選びのポイントなのです。

↑目次に戻る

女性が男性に希望する年収は500万円以上!

婚活のコツ 女性が男性に希望する年収は500万円以上!

女性は結婚相手に対してどのくらいの年収を希望しているのか、男性の方は気になりますよね。
「アニヴェルセル」が行った調査結果をもとに、結婚相手に望む年収を、男女別に見ていきましょう。

女性が男性に望む年収

順位 相手に望む年収 割合
1位 500万以上 36.2%
2位 300万以上 30.0%
3位 好きになったら収入は関係ない 15.1%
4位 700万以上 13.1%
5位 1,000万以上 4.3%
6位 1,500万以上 1.3%

出典:http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/report19.html

1位を見てみると、36.2%もの人が、500万以上を希望していることがわかります。
高年収とまではいかなくても、平均年収よりも上回る年収を希望している人が多いようです。

2位の300万円以上が30.0%ですので、1位、2位合わせても、平均年収で構わないと考えている人が6割以上いらっしゃるようです。

4位の700万円以上は、女性のスペックにもよりますが、少し背伸びしすぎではないかと思われます。
5位の1,000万円以上、6位の1,500万以上は平均の倍以上ですので、高望みかもしれませんね。

男性が結婚相手に望む年収

順位 相手に望む年収 割合
1位 好きになったら収入は関係ない 50.1%
2位 300万以上 34.3%
3位 500万以上 11.9%
4位 700万以上 2.1%
5位 1,000万以上 1.3%
6位 1,500万以上 0.4%

出典:http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/report19.html

男性は「好きになったら収入は関係ない」との回答が実に半数以上で、ダントツで1位ですね。
安心して家計を任せられる頼もしい男性が多く、女性には嬉しい結果ですね。

2位が300万以上、3位が500万以上ですので、4割以上の方が女性と同じく平均年収であれば問題ないと考えているようです。
4位から6位の数値を見ても、男性は女性に比べて高収入の人を求めていないようです。

この2つの表から、男性は結婚相手の年収は気にしていない人が多く、女性は平均年収の方と結婚したいと考えていることがわかります。

男女の賃金格差は未だに社会全体で根付いているのが現状です。
「好きになったら収入は関係ない」と答えた頼もしい男性には、格差がなくなるまで、ぜひ頑張って頂きたいですね。

↑目次に戻る

結婚相談所に登録している男女会員の人の平均年収とは

婚活のコツ 結婚相談所に登録している男女会員の人の平均年収とは

結婚相談所に入会した場合、どれくらいの年収の人と知り合えるのか気になりますよね。
そもそも平均年収とはどれくらいの額なのでしょうか。

民間給与実態統計調査(平成27年度)によると、男女別、年代別の平均年収は以下の通りとなります。

性別 20代前半 20代後半 30代前半 30代後半 40代前半 40代後半 50代前半 50代後半
男性 271万円 383万円 451万円 510万円 567万円 626万円 670万円 652万円
女性 233万円 306万円 307万円 299万円 294万円 292万円 296万円 278万円

出典:https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2015/pdf/001.pdf

男性は20代が250万~450万、30代は450~500万、と歳を重ねるにつれ年収が増えているようです。
女性は一定して200万~300万円のようです。

それでは、結婚相談所に入会している男女の平均年収を、パートナーエージェントを参考に見てみましょう。

パートナーエージェント会員の平均年収

性別 ~200万円 ~400万円 ~600万円 ~800万円 ~1,000万円 1,000万円~
男性 0.3% 20.4% 42.8% 23.7% 8.1% 4.7%
女性 15.9% 43.7% 28.8% 8.2% 2.5% 0.9%

※2017年4月現在
出典:https://www.p-a.jp/introduce/

男性は400万円代~600万円が42.8%、女性は200万円代~400万円の方が43.7%とトップですね。

民間給与実態統計調査と比較してみても、結婚相談所の入会者は、日本の平均年収とほぼ同じである人の割合が多いことがわかります。

あくまで平均値ですので、年収が平均を下回る人にはつらい結果かもしれません。

結婚相談所には共働きを希望している人や、年収にこだわらない方も多く入会しています。
数値はあくまで参考にして、自分の努力や工夫で補えるよう、婚活に力を入れていきましょう。

どれくらいから高望みなの? 

高収入な人を条件に挙げる場合、人によっては高望みだと思われることがあります。
実際にどのくらいの年収から高望みと判断されるのでしょうか。

一般的な年収別の職業を見ていきましょう。

  • 年収1,000万以上…医師、大学教授、弁護士
  • 年収600万円以上…国家公務員、教師、歯科医師、銀行員
  • 年収500万円以上…上場企業勤務者、薬剤師、システムエンジニア
  • 年収400万円以上…看護師、大工、デザイナー
  • 年収300万円以上…栄養士、販売店員、派遣社員
  • 年収200万以上…非正規雇用社員

※同じ職場でも勤務先によって大きく変わる場合もありますので、参考程度に留めておきましょう。

このように、高年収の方は特別な職業に就いている人が多く、どの結婚相談所でも知り合える可能性があるとは言い切れず、高望みと思われることもあります。

また、先述した通り、男性は20代が250万~450万、30代は450~500万が平均年収です。
「平均以上」を求める姿勢は、高望みと捉えられることがほとんどです。

もちろん高年収な人を条件にしても、「容姿が抜群に優れている」「際立った才能や特技がある」など、人にはない魅力を持った人でしたら釣り合う可能性は高まります。
高望みなのか、そうでないのかは、自分の市場価値をわきまえているかどうかにも左右されるのです。

自分の市場価値を理解せず、高望みな条件を提示し、無理な希望ばかりを押し付けていては、紹介される相手も限られ、出会いの可能性を狭めることになります。

高望みはなるべく控え、出会いの幅を広げ、自分に見合った相手を選びましょう。

女性は年収を非公開にすることがある

女性が結婚相談所に登録する場合、年収を非公開にすることや、年収を低く設定することを推奨されたりするケースがあります。
年収が平均より高い場合、お金目当ての男性が寄ってきたり、「自分一人でやっていけるのではないか」とあしらわれたりする可能性があるためです。

しかし、男性は女性ほど、相手の年収にこだわっていません。
男性は、どちらかというと年齢や容姿、価値観を重要視する傾向が高いようです。

また、「自分がしっかり稼いで家庭を守りたい」という強い信念のある方は、自身より年収が多い人を避けることもあります。

年収を非公開にするよう推奨されても、ありのままを知ってほしいという方は、自分の年収にこだわらず、自分らしいプロフィールを公開しましょう。

↑目次に戻る

年収をごまかす、嘘をつかれることはあるの?

婚活のコツ 年収をごまかす、嘘をつかれることはあるの?

年収に自信のない人が年収をごまかし、嘘をつかれることはあるのでしょうか。

まず、「年収」という言葉をよく使いますが、どういう意味なのでしょうか。

「年収」は1年間の収入の合計を指し、税金、社会保険料を含めた総額を表します。
手取りは「手取り年収」と呼びますので、覚えておきましょう。

「年収800万円と聞いていたのに、結婚後に手取りを見たら少なかった」というような勘違いが起きないよう注意しましょう。

それでは、婚活で年収をごまかされた人の例を見てみましょう。

婚活サイトで婚活していたのですが、お会いした40歳の男性がプロフィールには450万以上と書いてあったのに、実際に会った時には「430万もらってる」と言うので、「ごまかして書いたの?450万以上ってかいてあったよね?」と聞くと、「俺は嘘ついてない!!」と言われました。
書いたことを忘れていたのでしょうね。
家帰ってみても、やっぱり450万以上と書いてありました。
信用できないので、その方はお断りしましたが、20万とはいえ、盛って書いたのには違いないし、450万以上って書いてあったら、女性側は460万とか480万を想像しますよね?
女性側が重視する収入をごまかして書くことは、男性側が重視する年齢をごまかすのと同レベルだと思うんですよね。
年収多少盛るのがOKなら、女性が40歳を38歳て書いてもOKなわけで。
まぁ、結婚相談所ならごまかせないけど、婚活サイトは嘘ついてる人が多いと聞くのでこんなもんかなとは思いましたが。

後日、その人のプロフィールを見かけた時、450万以上が650万以上に変わってました。

そんないきなり200万もアップってありえるのでしょうか…職業は前と同じでした。

うまく結婚まで漕ぎ着けられても、絶対バレますよね。
こういう人ってバレた時どうするんでしょうか。
またシラをきるんでしょうか。

このように、例え少しの金額でも、年収を盛る人はいます。

出会ったばかりで嘘をつかれては、交際に至ってもまた嘘をつかれるのではないかと不安になりますよね。

生涯を共にする相手ですから、少しの嘘でも許せませんし、例え年収に自信がなくても誠実であることのほうがよっぽど大切です。

年収はごまかさず相手に伝え、聞く側も嘘やごまかしを見抜くことでトラブルを回避できます。

嘘が悪質な場合は詐欺に発展し兼ねません。
年収の話が出た時は、十分に注意しましょう。

結婚相談所での様々なトラブルは下記の記事をご覧ください。

結婚相談所では嘘のプロフィールは少ない

結婚相談所で公開されているプロフィールでは、嘘はほとんどありません。
年収の確認の際、前年度の源泉徴収票の提出を結婚相談所側に求められるためです。
よって、結婚相談所での詐称はほぼ不可能であると言えます。

一方、婚活パーティーはそういった年収がわかる書類の提出を求められることはほとんどないため、嘘をついている人がいる場合があります。
年収を自慢げに話すような人は騙そうとしている可能性があるので、注意しましょう。

婚活パーティーを利用する方は、できるだけ信頼性の高い結婚相談所を選ぶようにしましょう。

婚活パーティーに関する詳しい情報は下記の記事がおすすめです。

自営業の年収は所得とのギャップあり

会社員と自営業ですと、「年収」の意味合いが変わってきます。

自営業、個人事業主の人の場合、結婚相談所の入会時に推奨されるのは所得の公開です。
その際、税金など引かれる前の総額の収入を表記しようとしても、相談所からは所得の明記をお願いされます。

この認識のズレが、トラブルの原因となることもあるのです。
結婚相談所の入会時にトラブルになった、自営業の方の例を見てみましょう。

20代男、自営業をしております。

業種の性質上、「収入>手取り>所得」となることが常です。

先日、結婚相談所に入会したのですが、
公開する年収額を「所得」の数字にしましょうと言われました。

私としては、「収入=給料の額面の額」だと判断する方がほとんどだと思いますし、
より実情に近い数字を出すのなら、手取り額の方を(手取りと但し書きを付けて)収入として公開するのが適切だと思います。

ですが相談所は「収入や所得のように公的な書類がないとダメです」と受け付けてくれません。

手取り額を示す公的な書類なんてあるはずないのに・・・
相談所の見解としては「貴方の年齢と収入だと、実際の手取りを公開することで増える申込者より、お金目当ての相手を呼び寄せてしまうリスクの方が大きい」とのことでした。

しかし、私の昨年の所得額は400万ほどです。
アピールポイントにできるような数字ではありません。

女性の場合、年収が高すぎて敬遠されないように低く見積もることがあると聞きますが、
男性でも同様のことをされるのはアリなのでしょうか?
私としては、年収というステータスを不当に低く見積もられている気がしてなりません。

このように、会社員と自営業の方では収入・所得・手取りの意味合いが変わってきます。

結婚相談所側は、自営業の場合、年収と手取り額のズレが大きいため、正確な金額を公開した方が女性とのトラブルも少ないと配慮しているのです。
男性側としては手取り額ですと少なく感じてしまうので、総額を公開したいですよね。

なかなか難しい問題ですが、自営業の方は結婚相談所に入会をする際、今回のような相談所とトラブルにならないよう、アドバイザーの方にじっくり相談して話し合いましょう。

また、婚活で自営業の方と知り合った際には、単に年収と聞いても、経費を自己負担しなければいけない分、会社員の方よりも手取り額が下回ることを覚えておきましょう。

年収やプロフィールで嘘をつくのは絶対ダメ!

プロフィールで年収を記入する際、年収が低い方は正確な額を書きたくないこともありますよね。
「年収を盛ってプロフィールに書いた」「プロフィール記入時と今では年収が変わっているけれど、そのままにしておいた」という方はいらっしゃるのではないでしょうか。

いくら軽い気持ちとはいえ、年齢、学歴、資格などプロフィールで嘘をつくことは絶対にしてはなりません。

年収やプロフィールで嘘をついてその場を取り繕っても、後々相手にバレてしまい、婚約破棄になってしまっては意味がありません。

それどころか、結婚相談所での信頼を失い、退会に追い込まれることもあります。

中には「他の結婚相談所に入会すればいいや」などと軽い考えをお持ちの方もいるかもしれません。
同じ連盟であれば情報がまわっている可能性があり、入会を拒否される可能性もあります。

いずれにしても、嘘をつくのはもちろんのこと、せこいごまかしをするような人には、結婚という幸福は訪れません。

プロフィールは正直に真実を書き、相手にありのままの自分を理解してもらいましょう。

嘘の見破り方・回避方法

結婚相談所は書類審査があるため、年収をごまかしたり嘘をついたりすることはほぼ不可能です。

しかし、婚活は生涯を共にするパートナーを探す場ですので、結婚相談所に頼るだけでなく自分自身で誠実な相手なのかどうかを見極める必要があります。

婚活で相手が嘘をついている場合、相手がよっぽど嘘が上手な詐欺師でない限り、事前の知識があれば、大抵のことは見破れます。

例えば、婚活をする前に職業別の平均年収を調べてみるだけで、騙される回数がグッと減ります。
「俺は医者をしていて年収1,000万円だよ」と男性に言われた場合、期待が膨らみ言葉を鵜呑みにしてしまいそうになります。
しかし、お医者様でも、科目の種類や、開業医なのか、大学病院に勤務しているのかどうかによっても変わります。
医者の他にも公務員、大学教授、パイロット等、年収の高い職業は具体的な会社名や具体的な仕事内容を聞くことも重要です。

このように、事前にある程度の情報を仕入れ、うまく会話を誘導することで相手の嘘を見破り、トラブルを回避できるのです。

本人確認書類などしっかりした結婚相談所を利用する

婚活トラブルを回避するためには、信頼性の高い結婚相談所を選ぶ必要があります。

ほとんどの結婚相談所では、入会する際に、5つの本人確認書類が必要となります。

  • 本人確認書類
  • 独身証明書
  • 収入証明書
  • 卒業証明書
  • 在籍証明書

これらの書類の提出を求められたということは、入会している人すべてが審査を通っている人ですから、信頼していい相談所と言えるでしょう。

書類審査がなく誰でも入会できるような結婚相談所は、年収に嘘をつく人がいるだけでなく、詐欺に合う可能性も高まります。

万が一提出を求められなかった場合、本当に信頼していい相談所なのかどうか、疑いをもつことも大切です。

信頼性の高い結婚相談所を選び、身元のはっきりしている誠実な相手を探しましょう。

↑目次に戻る

おすすめの結婚相談所は「パートナーエージェント」「ゼクシィ縁結びカウンター」

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2016年度は3,476人が成婚した実績あり
公式ホームページ

パートナーエージェントは成婚率No,1と評判の結婚相談所です。
2016年度の成婚率は28.6%と、業界でも最も高い数値を出しています。

パートナーエージェントは信頼性が高く、真剣に結婚を考えている人だけが入会できる結婚相談所です。
入会時には複数の書類が必要となり厳重な審査があるため、身元のはっきりした人でなければ入会できません。

最大の特徴は、コーチングスキルの高い専任コンシェルジュによる徹底的なサポート体制です。
自分一人の力では自信がないという方も、入会から成婚退会まで、安心してお任せすることができます。

パートナーエージェントを公式サイトでチェック

会員の平均年収

気になる会員の年収ですが、平均年収(300~400万円)の方が男性は20.4%女性は43.7%と安定しています。
男性は年収600万円代が42.8%、年収800万円が23.7%、年収1,000万円が8.1%と、高収入な男性を希望している女性にはぴったりの結婚相談所ですね。

ぜひ、パートナーエージェントに入会し、あなたに合った素敵なお相手を見つけましょう。

ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結びカウンター

  • 専任のコーディネーターがサポート
  • 初期費用、成婚料、活動費用なし
  • 1ヶ月以内のデート成立80%
  • 無料相談会あり
公式ホームページ

ゼクシィ縁結びカウンターは、リクルートが発行する結婚情報誌ゼクシィが作った2018年オリコン顧客満足度1位の結婚相談所です。
***有名なので安心感があり、多くの人が利用する婚活サービスです。

入会金3万円、月額費9,000円~、成婚料0円という格安の料金設定なので、他の結婚相談所よりも気軽に入会することができます。
出会える人数を増やしたい人は、月会費を上乗せすることで、会える人数を増やせるプランが用意されているのも魅力の一つです。

ゼクシィ縁結びカウンターを公式サイトでチェック

会員の平均年収

ゼクシィ縁結びカウンターでは会員の平均年収を発表していません。
そこで民間給与実態統計調査(平成27年度)を会員の年代別ボリュームゾーンに当てはめてみました。

すると男性会員の86%を占める20代前半から45歳までの平均年収は436万円、女性会員の69%を占める20歳から35歳の平均年収は282万円となりました。

ただしこちらの数値は幅広い年代の平均値ですので、あくまで参考程度にしてください!

↑目次に戻る

まとめ

婚活のコツ まとめ
  • 年収が低くても結婚相談所に入会することができ、年収以外の自分の魅力をアピールすることで、自分に見合った相手と知り合うことができる
  • 結婚相談所に年収制限はほとんどないが、収入が不安定な方や、高収入の方限定の結婚相談所は入会が難しいので、自分に合った結婚相談所を選ぶべき
  • 年収をごまかして嘘をつく人はいるので、トラブルや詐欺になる前に相手を見極める必要がある
  • 女性は年収を非公開することがあるが、男性は年収が高い女性人を避けるケースもあるため、ありのままを知ってほしいなら、公開することも大切
  • 結婚相談所では源泉徴収票の提出があるため嘘のプロフィールが少なく、信頼できるということ
  • 自営業は会社員と違って経費の支払いがあるため年収と所得のズレが生じる。
    相手とトラブルになる前に手取り額を提示すべきか結婚相談所と相談する必要がある
  • プロフィールや年収の嘘は信頼を失う可能性があるため絶対にやるべきではない
  • おすすめの結婚相談所は平均年収の男女が多数入会するパートナーエージェントであるということ
  • コストが抑えられつつ手厚いサービスがあるゼクシィ縁結びカウンターもおすすめ

いかがでしたか?
年収の低い方でも、結婚相談所を通して婚活を頑張れば、成婚に至る可能性があることを、今回の記事でご説明致しました。

年収にお悩みの方も、ぜひ結婚相談所を利用して、幸せを掴み取りましょう。

最終更新日: 2018-08-03

タグ:
婚活のコツ 彼氏を作る方法 彼女を作る方法

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【体験談】結婚できる人とできない人の違いはココ!「謙虚な姿勢」で婚活に臨もう
【体験談】結婚できる人とできない人の違いはココ!「謙虚な姿勢」で婚活に臨もう
【口コミ多数】彼氏が結婚したくないのはなぜ?女性に伝わらない男性の特徴と本音
【口コミ多数】彼氏が結婚したくないのはなぜ?女性に伝わらない男性の特徴と本音
【体験談】28歳婚活女性が証言!婚活(街コン)で出会った男性の怖くて気持ち悪い話
【体験談】28歳婚活女性が証言!婚活(街コン)で出会った男性の怖くて気持ち悪い話
【体験談】実録!婚活中アラサー女性が語る合コンでの「非常識」男性との出会い...
【体験談】実録!婚活中アラサー女性が語る合コンでの「非常識」男性との出会い...
【体験談】婚活漫画を読んで決意!26歳オタク女性が運命の出会いから結婚できた理由
【体験談】婚活漫画を読んで決意!26歳オタク女性が運命の出会いから結婚できた理由

「結婚相談所」に関する記事

結婚相談所の記事は他にも多数!

エン婚活エージェントの5つの無料体験とは?あなたに合ったサービスか確かめよう!
エン婚活エージェントの5つの無料体験とは?あなたに合ったサービスか確かめよう!
ツヴァイの価値観マッチングは写真が見れない?紹介書を交換する方法・注意点まとめ
ツヴァイの価値観マッチングは写真が見れない?紹介書を交換する方法・注意点まとめ
楽天オーネットとツヴァイの会員・料金・サービスを比較!おすすめなのはどっち?
楽天オーネットとツヴァイの会員・料金・サービスを比較!おすすめなのはどっち?
【口コミ・感想付き】ツヴァイのパーティーで出会いを増やす!当日の流れと注意点
【口コミ・感想付き】ツヴァイのパーティーで出会いを増やす!当日の流れと注意点
【口コミあり】ツヴァイにはどんな会員がいるの?気になる年収や職業もチェック!
【口コミあり】ツヴァイにはどんな会員がいるの?気になる年収や職業もチェック!

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

地域の結婚相談所を探す