1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 20代の婚活 >
  4. 25歳での結婚は早い?25歳女性が考えるべき早めの婚活戦略

25歳での結婚は早い?25歳女性が考えるべき早めの婚活戦略

25歳は仕事もプライベートも充実しはじめるとき。25歳で婚活を始めるのは早すぎるのでしょうか。その一方で、30歳まであっという間のような気もしますね。本記事では、彼氏がいる・いないのケース別に、25歳の女性が考えるべき婚活戦略についてご紹介します。

25歳で結婚を考えるのは早い?

20代の婚活 25歳で結婚を考えるのは早い?

25歳で結婚を考え始めることは早いのでしょうか?

一般の人がどのような印象を抱いているのか、まずは口コミを見てみましょう。

25歳の結婚に対する口コミをチェック

まだ25歳だというのに、一体何を焦っているのか不思議です。

結婚は幸せのゴールではありませんし、
友人知人と比べてどうこうするものでもありません。

若いあなたの頭の中に、【けっこん】という文字しか無いなんて。

まだ25歳だというのに。

勿体ない。

このように「若いうちは生き方の選択肢や可能性が豊富にあるのに、結婚だけに絞ってしまうのはもったいない」という意見があります。

トピ主は容姿にあまり自信がないようですが、25歳という若さは有力なセールスポイントです。

 25歳は結婚相談所の会員の中では若い方だと思うので、入会すれば交際の申し込みも多いと思います。

 少し経費は高いですが、一生の問題ですから出し惜しみせずに頑張っては如何でしょうか?

一方「女性が結婚する上で若さは重要な武器となるため、有利に生かすべきだ」という意見も見られました。

25歳で配偶者のいる割合は?

では実際に25歳で結婚している人はどのくらいいるのでしょう。

平成27年国勢調査によると、25~29歳で配偶者がいる人の割合は男性が26.4%、女性が36.7%となっています。

25歳辺りの時点ではまだ結婚していない人の割合の方が多いということですね。

しかし男女共に30歳を超えると「有配偶」の割合は男性が51.5%、女性が61.9%と「未婚」の割合を上回るという結果が出ているのです!

また厚生労働省の行った調査によると、25歳での結婚を早いと考えるか遅いと考えるかは地域によって異なるということも分かっています。

東京では平均初婚年齢が男女共に30歳を超えており、結婚は30代になってからという価値観が広まりつつありますが、地域によっては30歳になる前にゴールインする人が多いという所もあるのです。

↑目次に戻る

25歳になると結婚を意識するようになる理由 

そろそろ結婚して子供を産むか、当面は仕事に集中するか、女性のライフスタイルを考える上で25歳という年齢は重要なベンチマークになります。
ではなぜ「25歳」が節目になるのでしょう?

①仕事に慣れ将来を考える余裕が出てくるから

大卒で就職した場合、25歳は社会人3年目に当たります。
就職して最初の2年は新しい環境に慣れるのに必死でも、3年目ともなると仕事も覚え、先々のことに目が向くようになるものですよね。

今のパートナーとこのまま結婚するか、そろそろ婚活を始めるか、20代のうちは仕事を最優先するか、、、25歳を迎えたのを機に考え始める方も多いでしょう。

②もう若くない?焦る気持ちが出てくるから

社会人として経験を積む一方、職場には新入社員が毎年続々と入社してきます。

フレッシュな新人を目の当たりにすると、「25歳の自分はもう若くないのでは?」と不安になり、早く既婚者の身分を手に入れて次のステップに進みたいと考えがちです。

また婚活に苦労している30歳オーバー独身の先輩が身の回りにいる場合などは、「30歳を過ぎて苦労したくないから早いうちに身を固めたほうがいいのかな」という気持ちになりやすいかもしれません。

③周りの結婚ラッシュに影響されるから

25歳ともなると、第一次結婚ラッシュがやってくる年頃です。
友人たちからの結婚報告を受けるたびに、なんだか羨ましい気持ちになってしまうのは仕方ありませんよね!

仲良しグループの友人たちが次々と結婚していくと「早く私も結婚したい」という気持ちになってしまうものです。

④親がうるさいから 

いくら平均初婚年齢が上昇しているといっても、親世代の考えはまた別です。
親世代はおおむね25歳前後で結婚している人が多いため、娘もそろそろ適齢期という意識が働いてしまいます。

娘が仕事や趣味に打ち込み充実した毎日を過ごしていたとしても、やはり「早く結婚してほしい」というのが本音なのです。

⑤若いうちに子供がほしいから

理論的にはいくつになっても結婚自体はできます。
しかし出産にはタイムリミットがあるのは受け入れなければならない現実です。

年齢が上がるにつれ自然妊娠しにくくなるという事実が広く知られるようになり、20代のうちに結婚と出産を済ませておきたいと考える女性が増えています。

アラフォーで出産した場合、子供が社会人として独り立ちする頃には60歳を過ぎています。

経済的な事情を考えると、子供が自立するまで現役で働いていられるほうが望ましいのは言うまでもありません!
逆算すれば若いうちに出産しておくべきということになるのです。

↑目次に戻る

25歳で結婚するメリット・デメリット 

20代の婚活 25歳で結婚するメリットデメリット 

女性のライフスタイルは結婚によって大きく変わります。
25歳という比較的若い年齢で結婚することのメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

メリット①体力のあるうちに出産・育児ができる 

出産や子育ては体力勝負の面があります。
子供が新生児のうちは睡眠不足になりますし、歩き回れる年頃になれば常にそばについていてあげなければならないので、体力を消耗します。

体力の衰え始めたアラフォーママだと疲れ果ててしまうかもしれませんよね。

若いうちはあまり意識することはないかもしれませんが、若く体力のあるうちに出産や子育てができるのは意外と大きなメリットと言えます!

メリット②両親に育児や家事を手伝ってもらえる

アラフォーで出産した場合、親はすでに70歳前後になっているでしょう。
子供がまだ手を離れないうちに親の介護が必要になってくるおそれもあります。

仕事や毎日の家事に加え、育児と介護が同時期にやってくるのは相当ハードです。

20代で出産すれば、親もまだまだ若く体力があります。
仕事や家事と育児を両立させるためには、親からの手助けは非常に心強いものですよ!

デメリット①まだ経済力が弱いのでやりくりが大変

一般的には20代の時点では給料はそれほど高くありません。
共働きだとしても家計にはそれほど余裕はないでしょう。

それに比べて収入が上がってくるアラフォー世代は経済力という点では余裕があります。

ただアラフォー以降に子供を産んだ場合、子供が独り立ちする前に定年を迎えてしまう可能性があります。
子供が学校を卒業して就職するまで金銭的に持ちこたえられるか、よく考えておく必要が出てくるので注意しましょう!

デメリット②仕事復帰が難しい

若いときにどれだけ学び、経験を積んだかが今後の職業スキルと決定するといっても過言ではありません。

20代のうちに仕事に集中し、実績を挙げることはきわめて大切です。
仕事に慣れてきた矢先に妊娠・退職ということになると、キャリアが中途半端になってしまうおそれがあります。

昨今はテクノロジーめまぐるしく進化しており、社内環境や要求されるスキルはどんどん変化していきます。
結婚や出産で仕事を辞めてしまった場合、希望通りの職を得て仕事復帰するのが難しいこともあるかもしれません。

↑目次に戻る

結婚したい人はそろそろ婚活を意識しよう 

20代の婚活 結婚したい人はそろそろ婚活を意識しよう 

将来的に結婚をしたいと思っている人は、25歳を過ぎたら結婚について現実的に考え始めるとよいでしょう。


今の彼氏と結婚するには

男性は女性に比べ結婚を急がない傾向があり、結婚は30代に入ってからと考えている人も少なくありません。

彼氏が元々結婚願望の強い人でない場合は、結婚を意識させるには何らかのきっかけ作りをしましょう!
友達の結婚や出産、親からの催促などのきっかけがあったら、会話の中でさりげなく結婚の話題を出すことをオススメします。

また結婚後の生活設計をするにはおおよそでも彼氏の収入を知っておく必要があります。
結婚式や結婚指輪、新居への引っ越しなどでまとまったお金が必要になるので、結婚を考え始めたらお互い貯金をするようにすると良いかもしれません!

交際期間が長すぎると結婚のタイミングを見失いがち

何年も交際を続けられるのは二人の関係が安定しているからともいえますが、結婚を考えるならダラダラと付き合い続けるのはおすすめできません。

長年にわたって交際を続けていると関係がマンネリ化し、特に彼氏のほうは今の居心地のよい状態に安住するようになりがちです。

今の彼氏と結婚したいと思っているなら、彼に一度結婚のことを考えてもらう機会を作りましょう!

普段の会話の中で、結婚についてさりげなく触れてみてください。
「結婚する気はあるの?」など詰め寄るような言い方は避け、「子供を産みたいので、あと2年以内に結婚したいと思っているの」と自分の希望を伝える位が良いです。

付き合い始めから結婚を急かさない 

「25歳を過ぎたら結婚を考えられる人としか付き合わない」と決めるのはとてもよいことです。
しかし最初から結婚願望をアピールしすぎると、重いと思われてしまうかもしれません。
付き合い始めて2、3か月で結婚を切り出すのは少し早すぎるので気をつけてくださいね。

結婚願望のない彼氏とは別れもやむを得ない 

何らかの理由により結婚に消極的、もしくは拒否反応を持っている彼氏の考えを変えさせることは非常に難しいのが現実です。
何年かけて説得しても彼の価値観が変わらなかった場合、貴重な20代を無駄にしてしまうことにもなりかねません。

どうしても結婚したいと思うなら、今の彼氏と付き合い続けても未来はないのではないでしょうか。
結婚を前提とする交際をしてくれる別の相手を探すことも一つの選択肢ですよ!

親に反対されてしまったら? 

親がどのような理由から反対しているのか、まずきちんと確認しましょう。
その上で、心配の必要はないことを丁寧に説明してください。
相手の経済力や家庭環境、学歴等を気にしてのことなら、説得できる余地はあるはずです。

もう25歳で立派な大人なのですから、自分が本当によいと思った相手なら簡単に諦めるべきではありません。

親に反対されて気持ちが冷めてしまったのなら、所詮その程度の気持ちだったということです!

迷うなら結婚はやめておこう

「本当にこの人でいいのかわからないけれど、もう25歳だし、次の相手が見つからないかもしれないから」という迷いがあるなら、結婚まで突き進むのは危険です。

これからの人生を共にする相手なのですから、消極的な気持ちで決めるのは後悔の元。
「この人とならどんな苦労をしてもいい」と思える相手と結婚すべきです。

彼氏がいない人が今からするべきこと

25歳の時点で彼氏はいないけれど、将来的には結婚したいと思っている場合、まずどのように行動すればよいのでしょうか。

恋愛と結婚は別ものだということを理解する

彼氏としては良いけれど、結婚相手としてはちょっと不安がある男性というものはいるものです。
恋愛を楽しむだけの付き合いと割り切れるならよいのですが、結婚ありきの人生設計を考えているなら別です。

色々な考え方がありますが、恋愛と結婚は別ものだというのも一つの考えではないでしょうか。

結婚は現実の生活なのですから、経済的なことや生活環境など現実に考えなければなりません。
「この人は付き合うには楽しい人だけど、仕事が続かないから結婚したら大変そうだな」と冷静に見極める目が必要になってきます。

結婚を考えられる人と付き合う

25歳を過ぎてから新しい彼氏を作るときは、単に顔が好み、話が面白いなどではなく「結婚相手としてふさわしいかどうか」というチェックも必要です。

25歳から30歳まではあっという間ですから、将来につながらない相手と付き合う時間はありません。
25歳前後で結婚を焦る必要はありませんが、将来のことも視野にいれて交際を考えるべき年齢だといえます!

「奥さんにしたい彼女」になる

女性にとって結婚したい相手と恋愛したい相手は違うのと同じように、男性も奥さんにしたい相手と彼女止まりの相手を区別しています。

単なる恋人なら見た目とノリがよければOKかもしれませんが、妻ともなればやはり一定の家事能力、価値観や金銭感覚の一致なども求められます。

価値観などはお互いの相性ですが、家事能力や一般常識、マナーなどは自分一人で磨いておけるものです。
男性はどんな女性を妻にしたいと思うのか一度考えてみて、今の自分に足りない部分を補う努力をしましょう。

彼氏なしの人はまず出会いを探すこと

婚活市場の中で、25歳の女性は引く手あまたの人気です。
今すぐ行動を起こせば、日頃それほどモテないという方でもよいご縁に出会える可能性は十分あります。
おすすめの婚活方法と、どんな人に向いているかをご紹介します。



婚活アプリ

いきなり婚活に大金はかけられない、忙しくて出会いの場へ行く時間がなかなかとれないという方には「婚活アプリ」がおすすめです。

婚活アプリの最大のメリットは、スマホがあればちょっとしたすきま時間にも婚活できるところ。
プロフィールと顔写真さえ用意すれば、思い立ったその日からでも婚活を始められる手軽さが魅力です。

男性からの「いいね」に対し、いいね返しをすればカップル成立となり、メッセージのやりとりができるようになります。
もちろん、気になる男性にこちらから「いいね」を送ってアプローチすることもできます。

youbride(ユーブライド)

youbride(ユーブライド)

  • IBJグループが運営し、会員数は140万人以上の実績
  • 24時間のサポート体制で、安心・安全に利用できる
  • 利用者の半数以上が、約3~6カ月の期間でパートナーを見つけている
  • 1ヶ月2,320円のお得プランもある
  • 年会費・成婚料は無料

↓詳しくはこちら↓

youbride(ユーブライド) をインストールする



中でもおすすめなのがyoubride(ユーブライド)です。

ユーブライドは単なる恋人探しではなく、その名の通り結婚に特化しているのでユーザーの真剣度が高いことが特徴です。

年齢や居住地だけでなく、職業や休日、趣味、出身地など様々な条件から相手を検索できるので、約80%の人が婚活アプリを始めてから5か月以内に成婚退会しているという実績があります。

youbride(ユーブライド)を公式サイトでチェック

婚活サイト

十分時間をかけて相手のことを知りたい、自分のことも知ってほしいという方には日記やコミュニティ機能の充実している「婚活サイト」がよいでしょう。
登録時に本人確認や年齢確認できる書類のアップロードが必要なサイトならより安心感があります。

出会いのチャンスを逃さないために、毎日一定の時間にログインすることがおすすめですよ。

ブライダルネット

ブライダルネット

  • メッセージ交換や日記投稿ができるのは本人証明を提出したメンバー限定
  • 有料会員のみ写真を見られるのでプライバシー観念の面でも安心
  • 毎月20,000人がカップル成立
  • 日記やコミュニティで趣味や人柄がわかる

↓詳しくはこちら↓

ブライダルネット 公式ホームページ

中でもおすすめなのがBridalNet(ブライダルネット)です。

ユーザーの真剣度の高さではナンバーワンで、婚活サイトでありながら結婚相談所のように担当のサポートスタッフがつくことが最大の特徴です。
婚活アプリの手軽さと結婚相談所の安心感を両立させたサービスといえるでしょう。

日記やコミュニティなど毎日ログインしたくなる機能もあり、自宅に居ながらにして楽しく婚活できます。

ブライダルネットを公式サイトでチェック

結婚相談所

「結婚相談所」は入会時に身分証明書や独身証明書、資格や収入の証明書の提出が必要になるため、最も安心感のある婚活サービスだといえます。
25歳の女性は幅広い世代の男性から人気があるため、有利に婚活を進めることができるでしょう。

結婚相談所はほかの婚活サービスよりお金がかかりますが、20代女性は割引を受けられる相談所もあるのでチェックしてみてくださいね。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2016年度は3,476人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

中でもおすすめなパートナーエージェントは成婚率の高さが話題となっている新しいタイプの結婚相談所です。

専任コンシェルジュを中心に、イベントコーディネーターや成婚フォロー担当などが集結したサポートチーム体制を敷いているのが特徴です。

各種データに基づき、自分に合った婚活設計を組んでもらえるので恋愛や婚活に自信のない方にもおすすめです。

パートナーエージェントを公式サイトでチェック

ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結びカウンター

  • 専任のコーディネーターがサポート
  • 初期費用、成婚料、活動費用なし
  • 1ヶ月以内のデート成立80%
  • 無料相談会あり

↓詳しくはこちら↓

ゼクシィ縁結びカウンター 公式ホームページ

ゼクシィ縁結びカウンターは、リクルートが発行する結婚情報誌ゼクシィが作った2018年オリコン顧客満足度1位の結婚相談所です。

会費がリーズナブルで、3種類のプラン(シンプルプラン、スタンダートプラン、プレミアムプラン)の入会金は一律で30,000円です。
プランによって月会費が9,000円から23,000円と異なり、スタンダードプラン以上なら自分で相手を探してコンタクトを取るだけではなく、紹介人数が増えたり、コーディネーターとの定期面談もあります。

専属のマッチングコーディネーターが入会から成婚、退会までしっかりサポートしてくれるので安心して利用することができます。



ゼクシィ縁結びカウンターを公式サイトでチェック

↑目次に戻る

結婚できない人の特徴

20代の婚活 結婚できない人の特徴

若さという強力な武器を持っていても、なかなか結婚にたどり着けない人もいます。
結婚できない人には次のような特徴があります。



相手を幸せにしたいという気持ちがない

相手への条件はやたら多い女性は、自分は相手に何をしてあげられるのだろうかという視点が欠けていることが多いです。
求めるばかりで与えることを知らない女性は、いくら若くて魅力的でも結婚相手としては望まれないかもしれません。

自分のことだけでなく、相手のことも考えることができるような女性を目指しましょう!

結婚を逃げ道にしている

結婚を逃げ場にするような依存的な気持ちは言動の端々から相手に伝わってしまうものです。
重いと思われ、結婚を敬遠されてしまうおそれがあります。

そう思われないようにするために、しっかりと相手が好きだからこそ結婚したいということを伝えるようにしましょう!

親離れ・子離れできていない

親の干渉によって縁談が壊れてしまうケースは決してめずらしくないのが現実です。
自分の生き方は自分で決めるという覚悟を持つことが必要だと言えますよ。

もしまだ実家暮らしをしているなら一人暮らしをしてみる、親に任せていることがあるなら自分でやるように変えてみる……など、親から一度離れてみましょう!

↑目次に戻る

まとめ

20代の婚活 まとめ
  • 国勢調査では25歳時点での既婚率より未婚率のほうが高い
  • 平均初婚年齢には地域差がある
  • 早い結婚のメリットは親に協力を頼めること、体力があるうちに子育てができること
  • 早い結婚のデメリットは仕事への復帰が難しいこと、経済的に余裕がないこと
  • 結婚願望がある人は25歳を過ぎたら考え始めると良い
  • 彼氏がいない人は出会いを探そう
  • 結婚できない人には特徴がある

これまで25歳で結婚を考えることについてご紹介してきました。
今回紹介したことを活かして結婚願望がある人もない人も改めて結婚について考えなおして見てくださいね!

最終更新日: 2019-02-19

タグ:
婚活のコツ 女性向け 20代の婚活

記事に関するお問い合わせ

「20代の婚活」に関する記事

20代の婚活についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

20代で結婚できる人・できない人の違いとは?早く結婚するための婚活方法
20代で結婚できる人・できない人の違いとは?早く結婚するための婚活方法
【街コン体験談】28歳婚活女性が証言!婚活(街コン)で出会った男性の怖くて気持ち悪い話
【街コン体験談】28歳婚活女性が証言!婚活(街コン)で出会った男性の怖くて気持ち悪い話
【体験談】婚活漫画を読んで決意!26歳オタク女性が運命の出会いから結婚できた理由
【体験談】婚活漫画を読んで決意!26歳オタク女性が運命の出会いから結婚できた理由
20代で結婚したい女性必見!理想の結婚をするための婚活方法まとめ
20代で結婚したい女性必見!理想の結婚をするための婚活方法まとめ
女性は20代から婚活すべき?早めの婚活のメリットとデメリット
女性は20代から婚活すべき?早めの婚活のメリットとデメリット

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

一生独身でいるのが怖い?生涯独身の男性が覚悟するべきことと将来の末路
一生独身でいるのが怖い?生涯独身の男性が覚悟するべきことと将来の末路
【年代別】結婚できない独身女性の特徴|男性からの意見や結婚意思の変化も
【年代別】結婚できない独身女性の特徴|男性からの意見や結婚意思の変化も
一生独身は怖い!女性が生涯独身でいるデメリットと今すぐするべきこと
一生独身は怖い!女性が生涯独身でいるデメリットと今すぐするべきこと
シニア世代からの結婚をおすすめする4つの理由|おすすめの結婚相談所も厳選
シニア世代からの結婚をおすすめする4つの理由|おすすめの結婚相談所も厳選
恋人ができてプロポーズされる!結婚運が上げる・今すぐ実践できる風水術総まとめ
恋人ができてプロポーズされる!結婚運が上げる・今すぐ実践できる風水術総まとめ

20代の婚活の人気の記事

「20代の婚活」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら