1. 婚活・恋活 >
  2. マッチングアプリ >
  3. 婚活・恋活アプリ >
  4. 【体験談付き】マッチングアプリにサクラはいるの?特徴や見分け方まとめ

【体験談付き】マッチングアプリにサクラはいるの?特徴や見分け方まとめ

婚活・恋活には欠かせないアイテムとなっているマッチングアプリ。利用する際にどうしても気になるのが「サクラ」の存在です。せっかくマッチングしたのに相手がサクラではガッカリ...。そこで今回はマッチングアプリ上のサクラ撃退法、その特徴や見分け方についてお届けします!

そもそもマッチングアプリと出会い系って違うの?

婚活恋活アプリ そもそもマッチングアプリと出会い系って違うの?

アプリのサクラを見分ける前に、マッチングアプリそのものについて少し考えてみましょう。

気軽に使えて婚活に便利なマッチングアプリですが、世間には出会い系感覚でマッチングアプリを使っている人もいます。
とにかく異性に会いたい、つながりたい、それだけの目的でアプリを使う人達です。

出会い系とマッチングアプリのボーダーが曖昧に思われているのは、この人たちの影響が大きいのです。

そもそも、出会い系とマッチングアプリの違いは何なのでしょう?

出会い系とマッチングアプリのもっとも大きな違いは、利用の目的です。
出会い系を利用する目的は「出会いと遊び」。
手軽に出会えてセックスに持ち込みたい男性と遊び相手が欲しい女性が利用者の大半です。

一方のマッチングアプリは、より長期的なお付き合いを求める人が多数。
利用の目的は「婚活と恋活」です。

婚活中心か恋活中心かはアプリによりますが、いずれにせよ、ただ会えば良いのではなく、「付き合うこと」を目的に利用されるのがマッチングアプリといえるでしょう。

マッチングアプリについてもっと知るには、下記の記事もおすすめです。

↑目次に戻る

サクラがいる可能性はゼロではない

婚活恋活アプリ サクラがいる可能性はゼロではない

では、マッチングアプリにサクラはいるのでしょうか?

結論からいうと、サクラがいる可能性はゼロではありません。
残念ながら、どんなに管理体制を厳しくしても、その目を潜り抜けてくるサクラや業者はいるものです。

だからこそ、管理体制のしっかりしているアプリを選ぶ必要があるということにもなります。

出会い系のアプリにサクラはつき物と言われていて、女性とすぐに会いたいという男性ユーザーの心理に付け込む形で存在し続けています。

マッチングアプリの場合も、弱みを見せるとサクラに目をつけられることになりますので、足元を見られないように注意が必要です。
いくら美人でも、サクラではと思った相手には飛びつかないように(サクラの見分け方は後述)。

婚活系のアプリでは少し様子が違い、結婚を焦る女性ユーザーの弱みに付け込んだイケメン男性のサクラやヤリモクもいます。
サクラは男性が引っかかるものという先入観は捨て、怪しいユーザーがいたらスルーするようにしましょう。

確認しよう!「サクラ」とは

婚活恋活アプリ 確認しよう!「サクラ」とは

ところで、サクラとはどういうものなのでしょう?

サクラには幾つかの種類があります。
そもそも一般的な意味でのサクラとは、公演などで興行主が芝居を盛り上げるために雇う「偽の客」のことです。

本来は、江戸時代に芝居小屋で歌舞伎を無料で見させてもらうかわりに、芝居の見せ場で役者に掛声を掛けたりしてその場を盛り上げること、またはそれを行う者のことを『サクラ』といった。
桜の花見はそもそもタダ見であること、そしてその場限りの盛り上がりを『桜がパッと咲いてサッと散ること』にかけたものだという。

これが明治時代に入ると、露天商や的屋などの売り子とつるんで客の中に入り込み、冷やかしたり、率先して商品を買ったり、わざと高値で買ったりするような仕込み客のことも隠語でサクラと呼ぶようになった。
サクラを「偽客」と書くようになったのはこの露天商などが用いた当て字が一般に広まったものである。

引用元: ja.wikipedia.org

したがって、アプリでいうと、「客(一般ユーザー)」の振りをしてアプローチし、調子よく誘ってポイントを使わせたり、グレードの高いコースに移動させたりしてユーザーからお金を引き出す「偽ユーザー」のことになります。

アプリのサクラの多くは、名の知られていない、怪しい会社のアプリ上にいます。

危険には近づかない、ということで怪しいアプリの利用を避けるだけでも被害に遭う確率を大幅に下げることができます。

別のパターンとして、運営者とは別の外部サイトなどがサクラを雇って自社サイトに誘導したり、実際に会ってネットワークビジネスに誘ったりといったケースが良く見られます。

これらのパターンも、管理体制のしっかりしていないマッチングアプリに多いので、アプリを選ぶ際に、母体企業が安定していて監視の目の行き届いたアプリを選ぶのが第一です。

↑目次に戻る

サクラの見分け方はこれ!注意すべき5つの特徴

婚活恋活アプリ サクラの見分け方はこれ!注意すべき5つの特徴

引っかかると面倒なサクラ...。
マッチングアプリを使うなら、どうしても避けたいところですよね。
引っかからないためには見分け方を学ぶしかありません。

では、絶対に見分けられる方法はあるのか?
絶対にサクラだと見分ける方法は、残念ながらありません。

先ほども言ったようにどんなセキュリティにもサクラが潜り込む可能性はありますし、新しい手口も増えてきています。

ですが、いくつかの共通点があり、それをを見分けられれば引っかかる確率は一気に低くなるので、しっかりチェックしておきましょう!

1. 不自然な程に美人・イケメン

婚活恋活アプリ 1. 不自然な程に美人イケメン

サクラといえば、美人。
恋活系のアプリで男性ユーザーに課金を迫る女性のサクラに多いのが、プロフィール写真が女優並みに美人な女性ユーザーです。

男性としては残念かもしれませんが、不自然なほどの美人に遭遇したら、サクラの可能性を疑ってみましょう。

また、女性ユーザーに近づいてくる男性で、プロフ写真がイケメン過ぎる場合もサクラを疑ってみるのが無難でしょう。

サクラは基本的に、短期間で異性ユーザーに課金を促したり、外部サイトに誘導したりしようとします。
そのためには、外見的に魅力的であることが必要ですので、どうしてもプロフや写真を「盛って」くるのです。

したがって、サクラを避ける第一歩は、不自然なほどの美人・イケメンを避けることなんです。
ちょっと切ない現実ですが、冷静に見て、「こんな人が自分にここまでアプローチするはずないよなぁ・・・」と思ったら、一歩引きましょう。

惜しいことした、とその時は後悔するかもしれませんが、サクラに騙されてからでは遅いのです。
冷静に判断することを心がけてください。

2. やたらとLINEで話したがる

婚活恋活アプリ 2. やたらとLINEで話したがる

やたらとLINEで話したがるユーザーにも注意が必要です。

ほとんどメッセージを交わさないうちからLINE交換をしたがるのは、外部に誘導したいからです。
大手のマッチングアプリなら、管理体制がしっかりしていますので、おかしな動きをしていると、アカウントを閉鎖されてしまいます。

業者側としては、アカウントが閉鎖されないうちに外部サイトに誘導したいので、自社サイトに連れ出したり、外で会ったりすることに成功したサクラにはボーナスが支払われたりします。
当然、サクラたちはボーナスを得るために頑張ることになります。

これは一例に過ぎませんが、LINEは個人情報を引き出す第一歩。
易々と相手の言うままに交換するのはやめましょう。

3. 返信が爆速

婚活恋活アプリ 3. 返信が爆速

メッセージへの返事が早過ぎるユーザーもサクラの可能性を疑ってみる必要があります。

サクラは一人でも多くのユーザーを自社サイトなどに誘導するのが仕事ですので、ユーザーから返事が入ったら、すぐに対応するよう指示されています。

特に、ポイント制のマッチングアプリの場合、メッセージを送るたびに課金が必要になっているところが殆どです。

つまり、メッセージを「稼ぐ」のがサクラの仕事なので、サクラはメッセージが入るとびっくりするような速さで返信に飛びついてくるのです。

この点に気をつけていれば、サクラは見分け易くなります。
24時間、いつ返事をしてもすぐに返事が来るときは、サクラを疑って探りを入れてみてもいいでしょう。

4. ハイスペックすぎる

婚活恋活アプリ 4. ハイスペックすぎる

プロフィールがハイスペック過ぎる人も「サクラかも・・・」と用心することが必要です。

サクラはユーザーの関心を引こうとしますので、プロフィール欄も盛っていることが考えられるというのは、既に書いた通りです。

写真は勿論ですが、それだけではなく、年収、ステータス、年齢、学歴など、全てに渡ってあまりにも出来過ぎている場合、偽りのプロフィールの可能性が高いと考えましょう。

サクラには、実際に交際したり、結婚したりする気がないので、プロフィールなど適当なことを書き放題なのです。

ハイスペックで、かつ、やたらとLINEを聞き出そうとする、実際に会いたがるといった具合に、複数の条件が重なってくるときは、かなり怪しいと思って良いでしょう。

5. 相手に求める条件が低い

婚活恋活アプリ 5. 相手に求める条件が低い

プロフ写真が美男美女で自分側のスペックはやたら高いのに、相手に求めている条件が低過ぎる場合、サクラや業者である可能性がかなり高くなります。

条件は低いし、相手の条件は高いとなるとその気になってしまうところですが、アンバランスな条件提示は要注意。
少なくとも、こういう相手とは焦ってLINEを交換したりしないようにしましょう。

一般のユーザーであれば、希望のタイプというのがあるはずです。
特に、婚活アプリであれば、年齢、収入、居住地などに条件をつけるのが当然のこと。

こうした項目がほぼ空欄、誰でもOKとなっているようなユーザーは、真面目に交際、結婚を考えていないと考えられます。

勿論、条件が良すぎるからと断る必要はありませんが、相手に求める条件が低過ぎる人が執拗にアクセスしてきたときは、とりあえず、条件が低い理由を聞いてみましょう。

そして、その返答が曖昧だったり、怪しかったりすれば、そのままスルーするのが無難です。

実際にサクラと遭遇したエピソードも

婚活恋活アプリ 実際にサクラと遭遇したエピソードも

ネットの口コミやTwitterを見ていても、サクラの存在に不安を感じている婚活ユーザーが多いのがよくわかります。

特に、婚活初心者には普通の美人とサクラの区別がつきにくいもの。
使いはじめに声をかけてくれた人にアクセスしたらいきなり課金サイトに連れて行かれたという男性は一人や二人ではなさそうです。

マッチングアプリは出会い系と違って、初めてアプリを使う人も少なくありません。
そこでいきなりサクラに遭遇してしまうと、ショックを受けるのも仕方のないところ。

Twitterには、使い始めた当初からサクラにぶつかってしまい、疑心暗鬼に陥った人の声があふれています。

こうした経験が続くとサクラを見分けるテクニックは身につくものの、美女とみるとサクラ、と疑う習性がついてしまうのは悲しいですね。

長くやっていると、何度も見かけるプロフ写真などで区別がつくようになってきますが、婚活用のアプリでサクラの見分け方に慣れるというのもどこかさびしいものです。

そうならないためには、使い始める前にサクラの存在とその対応法を身につけておくのがベターです。

↑目次に戻る

こんな人にも注意!サクラ以外の要注意人物とは

婚活恋活アプリ こんな人にも注意!サクラ以外の要注意人物とは

マッチングアプリで避けなければいけないのは、サクラだけではありません。

婚活、恋活中の男女がアプリで出会いたいのは、交際、結婚を目指している異性です。
そうした男女からお金を騙し取ったり、一時の関係を迫ったりする遊び半分のユーザーとの接触は出来るだけ避けたいのが当然ですよね。

特に問題なのが、サクラ、業者、そして、女性にとっては、ヤリモクと呼ばれる遊び目的、セックス目的の男性たちです。

また、数は明確ではないものの、既婚者でありながら、婚活、恋活アプリに登録している男女もいます。

これらの問題ユーザーは発覚すれば運営に通報されてアカウントを閉鎖されますので、不審な人をみかければ運営に相談しましょう。

ヤリモク

女性ユーザーが気をつけなければいけないのがヤリモク男性、つまり、セックス目的の男性ユーザーです。

ヤリモク男性の特徴は、アプローチが上手いこと。
慣れた口調で近づいてくる調子の良い男性には気を許さないように。

婚活市場には、女性とコミュニケーションをとるのが苦手という不器用な男性が少なくありません。
これに対し、ヤリモク男性はコミュニケーション能力が高いのが特徴、言葉巧みに口説いてきます。

ヤリモク男性は婚活パーティーなどによく出没しますが、アプリにもアカウントを開き、プロフを作っています。
彼らは結婚する気はないので、プロフは適当、条件は適度にハイスペックです。

この条件に引かれて付合い、交際が深まったところで身体の関係を持ったら、後はさようならということが良くあります。

ヤリモク男性には、既婚者もいますので、下手をすれば不倫関係に陥ります。
特に、注意が必要です。

業者

サクラと並んで多い迷惑ユーザーが、業者です。

マッチングアプリでよく見られるのは、ネットワークビジネスへの勧誘。
サクラと同様、現実味のないプロフ、LINEを交換したがる、外で会いたがるといった特徴があります。

ネットワークビジネスの他、巷でもよく遭遇する宗教やスピリチュアル系の勧誘、投資系の勧誘はアプリにも現れます。

外部サイトを勧められたら業者の可能性が大。
その時点で情報交換は控えるのが正解です。

既婚者

サクラや業者ほど目立つ存在ではないものの、一般ユーザーにとって迷惑なのが、既婚者です。
遊び目的の男性が多く、恋愛経験の少ない女性ユーザーが引っかかる傾向にあります。

婚活や恋活のマッチングアプリに登録している既婚者には幾つかのパターンがあります。
大別すると、徹底的に未婚であると嘘をついて女性をもて遊ぶタイプと軽い付合いを繰り返すタイプ。

前者には、結婚詐欺師のように、言葉巧みに女性に貢がせたりする男もいますので、特に注意が必要です。
後者は、知り合ってしばらく付き合ったあと、結婚に話を向けると既婚であることを切り出します。

「ちょっとふざけて登録しただけだったんだよ。
君がすごく可愛かったから引けなくなって。
ごめん。
これ以上傷つけあう前に別れよう」というように別れに話をもっていくのが常套です。

既婚者を見分けるには、家を訪れるのが一番です。
週末や夜、彼の部屋を訪ねれば、未婚か既婚かはすぐ分かります。

また、それ以前に、名刺をもらっておくようにしましょう。
既婚者は自宅には呼びたがりませんので、彼の反応で察しがつきます。

↑目次に戻る

「この人サクラかも?」そんな時は、この対処法で!

婚活恋活アプリ 「この人サクラかも?」そんな時は、この対処法で!

では、サクラかなと思うユーザーに遭遇したら、どうしたら良いのでしょう?
対処法を3つ解説していきます。

1.接触を控える

婚活恋活アプリ 1.接触を控える

怪しいな、と感じたら接触を控えることです。
サクラや業者と付き合うのは時間の無駄ですので、深入りしても意味ありません。
時間の無駄だけならまだしも、場合によっては危険なことにも巻き込まれないとも限りません。
直接のメッセージ交換なども極力避けることをおすすめします。

2.鎌をかけてみる

婚活恋活アプリ 2.鎌をかけてみる

サクラかどうかはっきりしないときは、鎌をかけてみるのも一考です。
たとえば、唐突に「ねえ、このアプリってサクラとかいるの?」と訊いてみましょう。

普段は爆速で返事が来るのにその質問に限って返事が遅かったり、「え?サクラって?」というような惚けた返事だったりすれば要注意です。

3.運営会社に連絡する

婚活恋活アプリ 3.運営会社に連絡する

会話の中で色々試した結果、やはりおかしいと思ったら、アクセスを完全に断つかすぐに運営会社に相談しましょう。
組織的にサクラが行われていた場合、他に被害者が出ている場合も考えられ、運営会社のイメージダウンにもつながりかねないので、サクラかもしれない会員の情報はしっかり連絡しましょう。

↑目次に戻る

サクラがいないアプリは無いの?

婚活恋活アプリ サクラがいないアプリは無いの?

では、サクラのいないアプリはないのでしょうか?

最初に書きましたように、絶対にサクラのいないアプリはこれだということは言い切れません。
ただし、サクラに遭遇しにくいアプリというのはあります。

代表的なのは、Facebookに連動しているアプリです。
Facebook連動アプリの場合、たいてい登録時に友達が10人以上いるFacebookのアカウントが必要です(ただし、「おみあいOmiai」のように、友達は条件とされていないアプリもあります)。

Facebookに友達が10人以上いるアカウントを準備するのは簡単ではありません。
業者が登録して準備したとしても、タイムラインなどを見ると作り物はすぐ分かります。

また、Facebook連動アプリは総じて会員数が多く、その分、管理体制も厳しいので、サクラや業者が入りにくくなっています。

ですので、サクラや業者を見抜くのが苦手な初心者ユーザーはFacebook連動のアプリから始めるのがお勧めです。

↑目次に戻る

おすすめのマッチングアプリはこれ!

婚活恋活アプリ おすすめのマッチングアプリはこれ!

サクラの心配が少なく、楽しめるアプリを2つご紹介します。

マッチングアプリは婚活や恋活に使えてこそ値打ちがあります。
会員数は多ければ多いほど出会いは増えますが、その分サクラや業者も混じり易くなります
このジレンマを解消するには、会員数が多くて、かつ管理体制の行き届いた大手のアプリが安心ということが言えるのです。

親企業がしっかりしていて、管理スタッフが充実しているアプリを選びましょう。

今回はその中でも20代に人気の「ペアーズ」と、30代以降に人気の「ユーブライド」をお勧めいたします。

ペアーズ

ペアーズ

ペアーズ

  • 会員数600万人、合計マッチング数は4300万組を誇る、日本最大級の婚活アプリ
  • Facebookで本人確認をするので、安心して登録できる
  • 男性は月3,480円、女性は月2,900円で利用可能
  • 登録無料
公式ホームページ



まずは、恋活人に大人気の「ペアーズ」をご紹介しましょう。

「ペアーズ」といえばFacebook連動の安全アプリとして、若い女性に人気のアプリ。
以前は登録に際しては友達が10人以上いるFacebookのアカウントが必要でしたが、2017年11月から登録ポリシーを変更。
Facebookのアカウントなしでも登録できるようになりました。

「ペアーズ」はユーザー数、マッチング数ともに日本最大といわれるメジャーアプリ。
会員数は累計700万人を超え、毎日2000人が登録しているといわれています。
インターネット異性紹介事業の認可を受けている優良アプリです。

Facebook連動ポリシーのおかげでサクラの少ないアプリとして知られていましたが、登録ポリシーを変更してからも安全なアプリとして人気を維持しています。

利用料は男性(一ヶ月)3480円、女性無料。
会員には20代の男女が多く、出会いやすいため、マッチングしやすいアプリです。

こちらの記事もおすすめです。

ユーブライド

ユーブライド

ユーブライド

  • ミクシィグループが運営し、会員数は140万人以上の実績
  • 24時間のサポート体制で、安心・安全に利用できる
  • 利用者の半数以上が、約3~6カ月の期間でパートナーを見つけている
  • 1ヶ月2,320円のお得プランもある
  • 年会費・成婚料は無料
公式ホームページ



「ユーブライドYoubride」はmixi系列が運営する婚活系マッチングアプリです。

SNSの老舗mixi系列のアプリだけに、業者やサクラの監視体制も整っていて、マッチングアプリ初心者の女性でも安心して利用できます。

利用料は男女とも、一ヶ月プランで3980円。
女性も有料ですので、女性をおとりにしたサクラが入り込む余地が少なく、男性にとっても安全なアプリといえるでしょう。

利用者の年齢層は30代が中心。
その分、結婚への意欲が高く、本格的なマッチングアプリとして、本気で婚活する層に人気となっています。

↑目次に戻る

まとめ

婚活恋活アプリ まとめ
  • 出会い系アプリとマッチングアプリは別物である
  • マッチングアプリ上にもサクラはゼロとはいえない
  • サクラを絶対に見分ける方法は無いが、見分けるための共通点はある
  • 見分ける方法は主に5つある
  • サクラ以外にもヤリモク、業者、既婚者には注意する。
  • 安心のアプリはペアーズとユーブライド

いかがでしたか?
マッチングアプリ上のサクラの見分け方について解説させていただきました。
最初に言ったように、婚活アプリは真剣に結婚相手を探すツールです。
ゆえに、不安や焦りなどの感情から、サクラだと気づかずに騙されてしまうケースが考えられるのです。
サクラに対する予備知識を学び、安心してアプリを活用しましょう!

最終更新日: 2018-05-15

タグ:
婚活・恋活アプリ 婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活・恋活アプリ」に関する記事

婚活・恋活アプリについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【体験談】条件にこだわり過ぎてフラれた!アラサー男子のアプリ婚活教訓
【体験談】条件にこだわり過ぎてフラれた!アラサー男子のアプリ婚活教訓
マッチングアプリでメッセージが続かない!やりとりを続ける6つのコツ
マッチングアプリでメッセージが続かない!やりとりを続ける6つのコツ
【口コミ付き】マッチングアプリで出会えない人の特徴はこれ!対処法&コツまとめ
【口コミ付き】マッチングアプリで出会えない人の特徴はこれ!対処法&コツまとめ
マッチングアプリ「Omiai」の評判・料金とは?上手に活用して出会える方法まとめ
マッチングアプリ「Omiai」の評判・料金とは?上手に活用して出会える方法まとめ
【必見】ペアーズにサクラや業者はいるの?要注意人物の特徴まとめ
【必見】ペアーズにサクラや業者はいるの?要注意人物の特徴まとめ

「マッチングアプリ」に関する記事

マッチングアプリの記事は他にも多数!

【体験談付き】マッチングアプリにサクラはいるの?特徴や見分け方まとめ
【体験談付き】マッチングアプリにサクラはいるの?特徴や見分け方まとめ
【評判・口コミあり】ゼクシィ恋結びの実態を会員数からレビューまで徹底解説!
【評判・口コミあり】ゼクシィ恋結びの実態を会員数からレビューまで徹底解説!
タップル誕生の料金はどのくらいかかるの?コスパの良い使い方・攻略法を大公開!
タップル誕生の料金はどのくらいかかるの?コスパの良い使い方・攻略法を大公開!
【口コミあり】タップル誕生で本当に出会える?マッチング率をあげるコツ・評判まとめ
【口コミあり】タップル誕生で本当に出会える?マッチング率をあげるコツ・評判まとめ
失敗しない!マッチングアプリで出会った人とのデートのコツまとめ
失敗しない!マッチングアプリで出会った人とのデートのコツまとめ

婚活・恋活アプリの人気の記事

「婚活・恋活アプリ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。