1. 婚活・恋活 >
  2. 婚活の悩み >
  3. 婚活のコツ >
  4. 仕事に疲れたから結婚したいってあり?専業主婦になりたい女性が知っておくべきこと

仕事に疲れたから結婚したいってあり?専業主婦になりたい女性が知っておくべきこと

仕事の忙しさや職場の人間関係などに悩み、「仕事を辞めて専業主婦になりたい」と切実に考えている独身女性は少なくない!そんな仕事を辞めたいあまりに、結婚して専業主婦になることを考えている女性が知っておくべきことを紹介していきます。

仕事やめたい!働くの疲れたから結婚って甘え・逃げなの?

婚活のコツ 仕事やめたい!働くの疲れたから結婚って甘え逃げなの?

男性にも専業主夫という生き方がありますが、まだ圧倒的少数派なのが現実です。
それに比べて女性は、専業主婦として生活することは珍しくありませんよね。

では「仕事に疲れたからもう休みたい」「専業主婦になりたい」というのは甘えや逃げなのでしょうか?

「寿退社する同僚が羨ましい !」クチコミにみる本音

仕事を辞めて専業主婦になりたいと思っている女性にとっては、「寿退社」 は究極のゴールですよね。

人は人、自分は自分と頭では理解できていても、結婚して仕事を辞めていく同僚に対して憧れと羨ましさが入り混じった複雑な気持ちを抱いてしまうのが女心というもの!

実際の寿退社に対する独身女性たちの本音を見てみましょう。

仕事人生をゲームに例えるなら、寿退社は最強の「あがり」だと思いませんか?

みんなから祝福されて勝ち逃げしていく同僚を羨ましいと思うのは自然な感情なのです。

「結婚したい」という素直な気持ちをこじらせないことの方が遥かに重要と言えますよね!

独身に焦る...仕事が忙しすぎて婚期が遅れるということも

今では女性の管理職も多くなってきたため、女性も男性同様バリバリ働くという人が多くなってきています!
女性だって20代、30代は仕事盛りです。

しかしそんな仕事にめり込んでしまうことで、出会いが少なくなったり、恋愛や結婚が後回しになったり、ということになることも……。

「気付いた時にはもう婚期を逃してしまっていた」なんてこともありえてしまうのです!

↑目次に戻る

専業主婦のメリットと注意点

婚活のコツ 専業主婦のメリットと注意点

専業主婦に憧れる独身女性は少なくありませんが、専業主婦ライフがよいことばかりとは限りません!

晴れて専業主婦になれたものの「こんなはずじゃなかった」と後悔することにならないよう、専業主婦のメリットと共に注意点も把握しておきましょう。

メリット1:家事や育児に集中できる

厚生労働省の「平成27年度版厚生労働白書」によると、現在仕事をしていない既婚女性が仕事をしていない理由としてもっとも多く挙げているのが「子育てに専念したいから」となっています。

これはなんと半数以上の57.5%の割合が占めているのです!

仕事をしながら家事や育児をこなすのは、女性にとって大きな負担になりますよね。

睡眠時間も十分に取れなかったり、自分の時間が全くなかったりすることもあります。

「男性も家事や育児に協力すべき!」という意見も少しずつ広がっていますが、現実問題として全ての男性が十分な家事能力を有している訳ではありません。

また「家事をわざわざ男性にやってもらうより、女性が手早く済ませてしまったほうが効率的!」と言った意見もあります。

仕事を辞めて専業主婦になれば、 仕事と家事・育児を両立させなければというストレスから解放され、精神的な余裕が生まれますよね。

そしてそれが結果的に家族の幸せに繋がる、とも言うことができます!

メリット2:無理せずパートで働ける

家電やインターネットなどの発達により、家事の負担は昔より軽くなったのは事実です。
しかしそれでも、フルタイムで働きつつ主婦としての役目をこなすのは容易なことではありません!

もちろん仕事も家庭のことも全てこなせる人もいるはずです。
ですがもちろん誰もがみんな、仕事と家事・育児を両立させられるわけではありませんよね。

色々なものを犠牲にしてフルタイム勤務にこだわるのではなく、無理のない範囲で働くというのも賢い選択です!

パートタイムなら「子供が大きくなって手がかからなくなったら勤務時間を増やす」「空いた時間に仕事を入れる」など、無理なく柔軟な働き方が叶いますよ。

注意点1:専業主婦は暇という偏見がある

労働政策研究・研修機構の調査によると、1980年に比べ最近は共働き世帯が増えていることが分かっています!

共働き世帯 専業主婦世帯
1980年 約600万世帯 約1,100万世帯
1990年 約800万世帯 約900万世帯
2000年 約950万世帯 約900万世帯
2010年 約1,000万世帯 約800万世帯
2017年 1,188万世帯 641万世帯

さらに表を見て分かる通り、1980年の頃は共働き世帯よりも専業主婦世帯の方が少なかったのに対し、その数は2017年になると逆転しています。

つまり世の中では専業主婦が少数派になり、「女性も働くべき」という価値観が主流になりつつあるということです!

それに伴って、あたかも専業主婦が暇であるかのような偏見を持たれやすくなっているのです。

「一日中時間があるんだから全部やって当然!」と、夫が家事や育児を全く手伝おうとせず、妻に丸投げするケースも……。

実際には専業主婦の仕事には1日も休みがない上に、1日のうちで自由に使える時間は決して多くありません。

それにも関わらず、どれだけがんばっても「専業主婦なんだから当たり前」と、努力を評価してもらえないのは辛いですよね。

注意点2:貯金がしにくい

二馬力で働く共働き世帯に対し、専業主婦世帯では夫の稼ぎが全てです!
夫の給料によっては、どれだけ節約に励んでも生活していくのが精一杯で、貯金する余裕がないこともあります。

そのため、子供の進学などまとまったお金が必要になったときが少々不安ですよね。

また経済的支えである夫にもしものことがあったら、人生設計が大きく狂う恐れもあります。

注意点3:再就職が難しい

結婚や出産によって一度仕事を辞めてしまうと、そこでキャリアがいったん途切れることになりますよね。

専業主婦の場合、出産後に子供を預けて再就職しようと思っても、仕事をしていない期間をブランクとみなされがちです。

キャリアやスキルを正当に評価してもらえず、専門性を生かした仕事に就けない恐れも……。

また子供がいる場合は、子供の病気などで頻繁に欠勤するのではないかと思われ、採用されにくくなることもあるのです。

注意点4:仕事以外の生きがいが必要

私たちは仕事を通じて様々な人と知り合い、知らず知らずのうちに多様な価値観に触れています。

仕事は生きていくためのお金を稼ぐだけでなく、社会との接点という側面もあるのです!

専業主婦の場合、夫と子供が世界の全てということになりがちです。
家庭に閉じこもることにならないよう、趣味の集まりや地域のサークル、ボランティア活動など、社会との接点を持つよう意識する必要がありますよ!

↑目次に戻る

共働きの兼業主婦はどうなの?

婚活のコツ 共働きの兼業主婦はどうなの?

それでは、仕事と家事・育児で大変というイメージの強い兼業主婦にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

夫や母親・姑などの協力があったとしても、仕事と家事・育児の両立が大変なのはいうまでもありません。
育休・産休からの復帰の不安もきっとあるでしょう!

そしてテクノロジーや社会環境の変化が急激に進んでいる今、一度第一線から離れると復帰するのが難しい職種もありますよね。
復帰できても「はたして職場に自分の席があるのか」と不安に思う方も多いはずです。

しかしそれでも、兼業主婦にはメリットがあります!

経済力がある

夫の収入に妻の収入が合わされば世帯収入は上がります!
きちんとやり繰りすれば貯金していくこともできるでしょう。

また夫か妻どちらかが失業したり病気になったりなど、何らかの理由で収入がなくなった場合にも、もう片方が家計を支えることができますよね。

夫が一馬力で稼ぐ専業主婦世帯より経済的に安定していると言えます!

仕事が息抜きになる

一日中家にこもって家事をしたり子供の世話をしたりするのは、一見楽なことに思えます。

しかし現実には、話す相手もなく、睡眠時間も十分に取れず、息抜きもできず……子供の世話に明け暮れるのは非常に疲れるものです!

特に子供が小さいうちはなかなか思うように寝てくれない、食べてくれないこともあり、育児ストレスから精神的に追い詰められてしまうこともあります。

子供を預けて働きに出る兼業主婦はたしかに仕事と育児の両立は大変ですが、逆に言えば仕事の時間には育児から離れられることになります。

オンタイムは仕事に集中し、家庭では育児に集中することで生活にメリハリが生まれ、気持ちをリフレッシュできるという意外な効果がありますよ!

仕事を辞めるという選択肢が常にある

兼業主婦にとって、働き方は固定されたものではありません!

独身者はいくら仕事が嫌でも生きていくために働かなければなりませんが、夫も仕事をしている兼業主婦であれば「仕事を辞める」という選択をすることができます。

「頑張ってみたけれどどうしても仕事と家事・育児の両立は難しい」となれば、無理せず一旦仕事から離れれば良いのです!

ライフスタイルの選択肢は多いほうがより自由に生きられますよ。

↑目次に戻る

仕事をやめることへの男性側の意見

婚活のコツ 仕事をやめることへの男性側の意見

では、男性はパートナーの働き方に対しどう考えているのでしょうか?

平成27年版厚生労働白書によると、「夫は外で働き妻は家庭を守るべきである」という考え方に対し、賛成(または、どちらかと言えば賛成)である人と反対(または、どちらかと言えば反対)である人の比率は次のようになっています。

<夫は外で働き妻は家庭を守るべきである>

賛成 反対
1979年 75.6% 17.4%
1992年 65.7% 28.6%
2002年 51.3% 42.1%
2009年 45.9% 51.1%
2014年 46.5% 46.5%

1979年は「賛成」、つまり「家族を守ってほしい派」の方が多くなっていますね。

しかし2014年につれてその数は減少しています。

逆に「反対」、つまり「共働きしてほしい派」は1979年に比べて2014年は数が増加しています。

「妻も一緒に働いてほしい」と思っている男性が増えているの分かりますよね!

しかし割合はほぼ半々という結果となっています。
これは夫と妻どちらも満足できる働き方を「それぞれの家庭で模索する時代になった」と言えるのではないでしょうか。

では次に、それぞれの実際の男性の声を見ていきましょう。

共働きをしてほしい派

僕は高収入ではないので共働き希望なんですが、女性には嫌な顔をされて落ち込みました。
婚活って厳しいな。

旦那さん一人の収入で生活出来るなら働かずに家庭を守って欲しいと思います!

今後出産や養育費等の事を考えて働ける内に共稼ぎしておくのも良いと思います!

今の社会の経済状態からいって
専業主婦を望む人は殆どいない。

高収入の男性であっても、家に居られるより外に出てもらった方が
自分の仕事に理解してもらえると思っているから
短時間でもいいから働いてほしいというと思う。

「妻にも働いてもらったほうが経済的リスクが少ない」という現実的な意見が多く見られました。
また「外で働くことで社会を知ってほしい」という興味深い意見もありましたよ。

家庭を守ってほしい派

子供もそうだと思うのですが家に帰って玄関開けて「ただいま!」と言うと「おかえり!」と返事があるとあぁ、家に帰ってきたんだなと感じるから。

結婚するつもりの彼女がいます。
子供ができたらどうしても専業主婦になってほしいです。
僕の両親は共働きで、小さいころから預けられたのが今でも嫌な経験として思い出します。
ある程度大きくなるまでは、親と一緒に

いたい子供はいても、一人がどうしてもいいなんて子供はいないと思います。

専業主婦になってもらった理由、それは、自分の仕事が忙しくて家事分担はできないけど、家族で食べていくくらいの収入は一人で稼ぐことができたからです。

専業主婦派の希望としてはやはり、「自分や子供のために家にいてほしい」という意見が多く見られました。

↑目次に戻る

「仕事やめたいから結婚したい」女性へのアドバイス

婚活のコツ 「仕事やめたいから結婚したい」女性へのアドバイス

男性と異なり、女性は働くことをやめ結婚し、家庭に専念するということもできます。

しかし、今の環境から抜け出したいという思いから結婚するという生き方には、リスクがあることを覚えておきましょう。

それはなかなか結婚相手が見つからないときや結婚生活が上手くいかないとき、人生が完全に行き止まりになってしまう恐れがあるからです。

逃げ道としての結婚ではなく、愛する人と共に生きていこうという前向きな姿勢がなければ、末永く幸せな結婚生活を営んでいくことはできませんよ!

ここでは、働くことに疲れてしまった女性へ愛あるアドバイスをお贈りします。
生き方を変えたくなったとき、思い出してみてくださいね!

仕事ばかりの人生は軌道修正すべき!転職という選択肢

仕事を辞めたいのは、楽して生きたいためというより「真面目だからこそ何もかもに疲れてしまったから」ではありませんか?

そんな時一番必要なのは休むことです!
時には仕事を忘れ、好きなことに心ゆくまで打ち込んで気持ちをリフレッシュすることも大切ですよ。

また今の職場の人間関係や待遇が悪いのなら、自分がいくら努力しても状況を改善することは難しいでしょう。
納得のいく働き方のできる職場へ転職するというのも一つの方法です!

女性にとって結婚は人生最大の分岐点です。
精神的に追い詰められた状態で決断してしまうと、判断を誤り後々悔いることにもなりかねません。

ワークライフバランスを見直し、今後の生き方を考える余裕が出てきた時に改めて、結婚や婚活を考え始めることがオススメですよ。

結婚願望があるなら婚活を始めてみよう

「仕事を辞めたいから結婚したい」と思うときは、仕事もプライベートも中途半端な状態になってしまっているかもしれません。

元々結婚願望のある人は、結婚して立場が安定することで仕事への向き合い方がポジティブになることもありますよ!

仕事を辞めて結婚したいと思うなら、まずは婚活を始めてみることがオススメです。

人間は「動きたいのに動けない」という状態が一番辛いもの!とりあえず動き出すことできっと視界が開けるはずです。

↑目次に戻る

おすすめの婚活方法

カジュアル婚活から本気度MAXの婚活まで、婚活には様々な方法があります。
ここでは、代表的な二つの婚活サービスを紹介します!

まずは出会い探しならマッチングアプリ

婚活の一歩として「なるべく多くの男性に出会ってみたい!」という人にはマッチングアプリがおすすめです。

マッチングアプリの魅力は、空いた時間を利用して自分のペースで相手探しができること!女性は無料で使えるものも多く、登録も簡単です。

ただ、マッチングアプリを出会い系として利用している男性がいるのも事実。
マッチングアプリで婚活するなら、真剣に結婚相手を探しているユーザーが集まるアプリを選ぶことが重要ですよ!

Omiai

Omiai

Omiai

  • 累計会員数は300万人以上
  • 名前はイニシャルで表示され、実名が載ることはない
  • Facebookを利用して登録するが、投稿や友達には一切表示されないので安心
  • 24時間365日の厳重な監視体制あり
  • 利用料は月2,780円から、登録は無料でできる
公式ホームページ

中でもおすすめのマッチングアプリ「Omiai」です。

Facebookのアカウントで利用できるOmiaiは累計会員数が300万人を超える人気アプリです!

Facebookでの友達が検索に表示されることも、Facebookに利用状況が投稿されることも一切ないので、婚活していることが友達に知られることもありません。

不正なユーザーを通報できるシステムを備えているほか、24時間365日の監視体制が敷かれているので安心して利用できますよ。

またOmiaiは今まで30歳以降の女性は有料でしたが、2018年2月より全年代の女性が無料で使えるようになりました。

「Omiai」に無料会員登録する

本気度高めなら結婚相談所

結婚相談所のポイントは、入会金や月会費など料金が高額なこと、登録する際に卒業証明書などの提出が求められることです。

またお見合いの返事や交際終了の連絡などはスタッフを通してやり取りするのが特徴です。

お金がかかることもあり、結婚相談所に登録している人は男女とも結婚への本気度が高くなっていますよ!

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2016年度は3,476人が成婚した実績あり
公式ホームページ

結婚相談所でおすすめなのが「パートナーエージェント」です。

結婚相談所大手2社の会員同士の平均成婚率が約10%なのに対し、パートナーエージェントの会員同士の成婚率は28.6%!

入会したら事実上放置という結婚相談所も少なくない中、成婚まできめ細かいサポートを提供するのが成婚率ナンバーワンの秘訣です。

ビジネスのようにPDCAサイクルによって婚活力を高め、サポートチームが一丸となって成婚というゴールを目指すのがパートナーエージェントの特徴であり魅力ですよ。

「パートナーエージェント」の無料資料請求をする

また色々な結婚相談所を比較して、自分に合った所を選んで活動していきたいという人には「資料一括請求サービス」がオススメです!

資料を一社ずつ申し込むのって大変ですよね…
このサービスを利用すれば気になる結婚相談所の資料を、一括で請求することができるので手間がかかりませんよ。

ズバット結婚サービス比較

ズバット結婚サービス比較

  • 最大10社の結婚相談所の資料を無料で一括請求できる
  • 届いた資料で各相談所を比較し、自分に合った所を決められる
  • 家族等に資料請求がバレたくない時は会社名無しの封筒を選択可
  • 基準をクリアした優良な結婚相談所のみが参加
資料一括請求はこちらから

↑目次に戻る

まとめ

  • 専業主婦のメリットは、家事や育児に専念できることやパートタイムで無理なく働けること
  • 専業主婦の注意点は、暇だという偏見を持たれやすいことや貯金がしにくいこと
  • 共働きのメリットは、経済力があることや仕事が息抜きになること
  • 昔に比べて共働きしてほしい男性が増えた
  • まずは出会いを探したい人はマッチングアプリがおすすめ
  • 本気の婚活をするなら結婚相談所がおすすめ

いかがでしたか?
仕事を続けていくことも仕事から離れて家庭に専念していくことも、どちらにもメリットとデメリットがあります。

良く理解をした上で、自分の生き方を決めていきましょう!

最終更新日: 2018-08-18

タグ:
社会人 婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【口コミあり】長野でおすすめの人気結婚相談所ランキング!料金・コースを徹底比較
【口コミあり】長野でおすすめの人気結婚相談所ランキング!料金・コースを徹底比較
【口コミあり】奈良でおすすめの人気結婚相談所ランキング!料金・コースを徹底比較
【口コミあり】奈良でおすすめの人気結婚相談所ランキング!料金・コースを徹底比較
あなたは大丈夫?結婚相談所への入会を断られる人の共通点とは
あなたは大丈夫?結婚相談所への入会を断られる人の共通点とは
無料の結婚相談所ってあるの?無料でサービス体験ができるおすすめ結婚相談所4選
無料の結婚相談所ってあるの?無料でサービス体験ができるおすすめ結婚相談所4選
【女性編】結婚を諦めたら楽になった!結婚を諦めた後で起こる意外な変化とは?
【女性編】結婚を諦めたら楽になった!結婚を諦めた後で起こる意外な変化とは?

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

40代男性の結婚相談所での婚活は厳しい?それでもモテる大人の男とは
40代男性の結婚相談所での婚活は厳しい?それでもモテる大人の男とは
【男性編】結婚相手に求める条件ランキング!奥さんにするなら見た目より中身が大切?
【男性編】結婚相手に求める条件ランキング!奥さんにするなら見た目より中身が大切?
【男性編】独身男性が結婚を諦めた理由とは?諦める前に知ってほしい正しい婚活事情
【男性編】独身男性が結婚を諦めた理由とは?諦める前に知ってほしい正しい婚活事情
【男性編】結婚に意味なんてない?メリットとデメリットからわかる結婚の意義とは
【男性編】結婚に意味なんてない?メリットとデメリットからわかる結婚の意義とは
【体験談あり】後悔先に立たず!婚活前に覚えておくべき失敗しない結婚相手の選び方
【体験談あり】後悔先に立たず!婚活前に覚えておくべき失敗しない結婚相手の選び方

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら