1. 婚活・恋活 >
  2. 婚活・恋活体験談 >
  3. 婚活・恋活アプリ >
  4. youbride(ユーブライド) >
  5. 【体験談】子供が最優先!アラフィフ・シンママのユーブライドで婚活体験記

【体験談】子供が最優先!アラフィフ・シンママのユーブライドで婚活体験記

この記事は「シンママの日記・婚活してます」を運営されているりんさんに寄稿頂いた婚活体験談です。アラフィフでシングルマザーが挑戦するユーブライドでの婚活はどのようなものか、実態を詳しく語っていただきましたよ!アラフィフ婚活をされている方、シンママで婚活中の方、必見です!

アラフィフ婚活体験記

youbride(ユーブライド) アラフィフ婚活体験記

当記事は

>> シンママの日記・婚活してます

を運営されているりんさんの婚活体験記です。

アラフィフシングルマザーとして娘さんを育てながら婚活をされているりんさん。
現在はユーブライドで出会った年下の彼と交際中です!

アラフィフ婚活のリアルを知りたい方、要チェックですよ!

↑目次に戻る

<以下体験記>

youbride(ユーブライド) <以下体験記>

私は元々地方で活動していました。
婚活パーティーに参加したり結婚相談所も登録しましたが、子供のいる私とマッチングする人は皆無
「お金を払えば良い人に出会えるというのは、条件によっては幻想でしかない」と気づきました。
よく考えたら自分で探す方が効率的だなと(笑)

自分のペースで活動できるところもマッチングアプリの良いところだと思います!
合わない相手は自然と遠ざかっていくし、直ぐに決断をしなくても良いのでちょっと様子を見るということが可能です。

人を見る目に自信がない人やとにかく子供が欲しいから早く決めたいという人は、相談所が向いているのではないでしょうか。
遊び目的や既婚者がいないと思うし、結婚に対する真剣さの度合いが違うと思います。

ユーブライド利用スタート!そして東京へ

40代が出会えるということで、ユーブライドを利用しはじめました!
このアプリは有料でも無料でも活動ができます。

他のアプリも使いましたが、とても使いやすいので結果的にこちら一本になっています。

マッチングアプリの数が増えたことにより良い人が減っている印象もありますが、実際に出会える数も限られているのであまり気になりません。

そうしてユーブライドを利用して地方でも何人かに会いましたが、なかなか良い人がおらず…。
次第に出会う男性が遠距離になっていったことから、娘と東京に移住することを決めました!
遠距離恋愛となると、気軽に会えず時間ばかりが過ぎていってしまうので。

やはり東京に来て活動がしやすくなったと感じました。
地方はそもそも結婚が早いので40代は正直厳しいです。
東京は結婚は遅く離婚も多く、そして独身者が多いので、こちらに来て良かったですね!

婚活の軸は「娘のため」

始めはどのような人が理想なのかわからず、とりあえず申し込みを受けて条件が合致したら会っていました。
いろいろな人に会っていくうちに、自分の求める人が明確になっていったように思います。
長く結婚生活を継続するためにどういった相手を必要としているか、どういう関係が理想なのかも考えました。
今は娘がいるために「仕事よりも家庭生活を第一に」と考えています!

同時に、婚活をする中で「血の繋がりのない子供を育てる」ということについて適正があると感じました。
それは考え方や経済力、体力・年齢など総合的なものです。
男性本人が不適正を自覚して去って行ったケースもありました。

子供を育てるということには大変な忍耐力とお金がかかりますよね。
そこまで考えて申し込みしてくる人は少ないと感じました。
覚悟があるのかを知るためにも、かなり早い段階で子供の話題は出すべきだと思います!

現在はユーブライドで出会った彼と交際中!

今はユーブライドで出会った彼と交際中!

彼とはお互いに一目惚れだったように思います。
直ぐに交際に発展しました!

あまりにも条件が良い人だったので、始めはすごく心配でした。
自分の他にもライバルが沢山いるのだろうと思い、毎日「LINEの返事が来ない」と心配で仕方なかったことを記憶しています。

彼氏はいるけど、実はまだ婚活続けてます!

今の彼とは入籍を巡って一度別れを経験し、まだ道半ばです。
特に子供がいるとなると、男性にとって背負うものが多くなるのですね。
お互いに好きなだけでは上手くいかないのが結婚なのかなと思います。

後悔したくないし、結婚できないことを彼のせいにしたくないので、婚活は継続しています!

婚活をやめるのも継続するのも自分の責任
「自分との孤独な戦いだな」と思いますが、どこかに自分が必要とし必要とされる相手がいることを信じて活動しています!

<おまけ>シンママにとって大切なこと

シングルマザーとして活動するなかで一番大事にしていることは「子育てを最優先する」ということ!
まだ手のかかる6歳という娘がいることに理解を示してくれるかどうかは重要だと思っています。
当然私も相手が大切にしているものを尊重するようにしていますよ。
そして互いに自立した関係が理想ですね。

ではそんな「自分にとって条件の良い人に選ばれるには?」ということですが、自分の資質を向上させることが必要だと感じました!
同時に人を見る目を養うことも大切です。
世間では継親の虐待もあり、良い人を選ぶこと・選ばれることでしか娘を守るこができませんから。

そんな感じで、これからも婚活を続けていきたいと思います!

↑目次に戻る

今まで出会った印象的な男性たち

youbride(ユーブライド) 今まで出会った印象的な男性たち

1. 子供が欲しい49歳、Sさん

地方在住の頃出会った方で、東京在住の当時49歳のSさん。
私の一目惚れでメッセージを送りました!

バツイチでお子さんが一人いましたが、お子さんとは離婚後音信不通とのこと。
まだ小さかった娘を連れて食事に行きました。

それがあったためか「子供が欲しくなった」とお断りされ…。
当時42歳だった私は返す言葉もなく、Sさんの幸せを願ってお別れしました。

しかし3年ほど経ち、ユーブライドに再登録されたと思われるSさんよりメッセージが!
その後の経験により「Sさんと一緒に生活していくことは無理だな」と判断し、お返事しませんでした。

2. やたらグイグイきては突然消えたKさん

「サイトでの出会いは簡単なだけに壊れやすい」と言われることが多いですけれど、始めからグイグイくる人は去っていくのも早い
そこは人間性だと思うので、仮にそういう人に出会っても気にする必要はないと思います。

頻繁に電話をくれて、一度お会いしたKさん。
早く一緒に住みたいだのなんだの言っていたのに、私が東京に引っ越すことが決まった途端にLINEはブロックされ、忽然と姿を消したのです!

気を取り直して再登録し、その後直ぐに出会ったのが今の彼。
この不誠実なKさんのお陰で素晴らしいタイミングで今の彼からメッセージをもらい、引っ越しも決まっていたので交際も順調に進みました。

1年後にKさんからメッセージ来ましたが、一体何の用?(笑)

3. 酒は飲んでも飲まれるな!クールなYさん

はじめて会ったときにクールな印象だったYさん。

6歳年上とは思えない若々しさで、社会的にも立派な資格をもち、独立してお仕事をされていました!
二人のお子さんを男手ひとつで育てた方です。
お酒を飲むととても人柄が温和な感じに変わり沢山お話をしてくれました。

しかし何回か会っていくうちに、「日常では本心をなかなか出さない方なのだろうか?」と感じるように。

  • 「こうあるべき」という理想が強すぎてついて行けそうになかったこと
  • お酒に飲まれる位の量を飲むこと
  • 年齢の割に大きい住宅ローンに圧倒されたこと

以上の理由で3回お会いした後にお断りしました。

↑目次に戻る

りんさんも利用したおすすめ婚活アプリ

ユーブライド

ユーブライド

  • IBJグループが運営し、会員数は140万人以上の実績
  • 24時間のサポート体制で、安心・安全に利用できる
  • 利用者の半数以上が、約3~6カ月の期間でパートナーを見つけている
  • 1ヶ月2,320円のお得プランもある
  • 年会費・成婚料は無料
公式ホームページ



りんさんも利用されているユーブライドは40〜50代の利用者が多く、アラフォー・アラフィフの婚活にはもってこいの婚活アプリです!

2017年の成婚退会者はなんと2,746人!

  • 婚活パーティー結婚相談所に行く勇気が出ない方
  • もっと気軽に婚活したい方
  • 忙しく、空いた時間で婚活したい方
  • アラフォー・アラフィフ婚活に挑戦したい方

ぜひユーブライドに登録してみましょう!

↑目次に戻る

<編集後記>まとめ

youbride(ユーブライド) <編集後記>まとめ

りんさんの体験談はいかがでしたでしょうか!
この記事のまとめは以下の通りです。

  • 地方より東京の方が出会いやすい
  • 自分の求めるものを明確に
  • シンママにとって大事なのはやはり子育て!
  • 婚活は自己責任、自分との戦い

ぜひりんさんの体験談をみなさんの婚活に生かしていってくださいね!

最終更新日: 2018-08-07

タグ:
youbride(ユーブライド) アラフィフ

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら