1. 婚活・恋活 >
  2. 婚活・恋活体験談 >
  3. 婚活のコツ >
  4. 【体験談】大事なのは自己肯定感!35歳以上の女性のための、婚活市場の戦い方

【体験談】大事なのは自己肯定感!35歳以上の女性のための、婚活市場の戦い方

婚活マチコの『遠回りが止まらない』」を運営されているマチコさんに投稿いただいた体験談です。自分を変えるために入った婚活塾で様々なことを学び、36歳で運命の相手と出会い、結婚することができました。35歳以上の女性のための婚活方法を力強い言葉で指南していただきます。

マチコさんの体験記

婚活のコツ マチコさんの体験記

>> 婚活マチコの『遠回りが止まらない』

を運営しているマチコさんによる体験談です。

今回はまさに骨太!
婚活5大苦「実家暮らし」「一人っ子B型」「女子校育ち」「母親と仲良し」「リケ女」を背負いながら見事に運命の相手と結婚したマチコさんが教える、35歳以上の女性が婚活市場で戦い勝つための方法です。

恋愛市場と婚活市場ではルールが違う、とマチコさんは語ります。
大切なのは具体的なプランと、自己肯定感!

では、マチコさんの婚活塾が始まります!

↑目次に戻る

〈以下、体験記〉

20万なんて安いもの!「婚活塾」へ通う

はじめに。
マチコは婚活サービスを殆ど利用していない。
その代わり、自分の何かを変える為、「婚活塾」に通った。

マチコは33歳を過ぎたころから、このようなことに悩んでいた。
紹介されても合コンにいってもいい人があまりいない。
気のない相手と何回デートしても心が動かない。
いいなと思う人からはご飯に誘われるが、そのあと連絡が途絶える。

紹介や合コン等出会いは結構ある。
でも、ずっと同じことに悩んでいるということは、マチコの何かを根こそぎ変えないと1年後の私もやっぱり同じ運命だと思った。

どの方向に変えるかなんて分からないけど、何か風向きをかえたい。
そんな思いで必死にネットやSNS検索をした。

そこで知ったのが、婚活の塾や学校があるということ。
マチコは意を決してその中の一つに入塾した。
当時36歳。
受講料は20万円。

マチコ自身も「将来、婚活に関してアドバイスできる立場になりたい!」と考えていたことと、それだけの額を払ってどんな女性達が受講しているのか知りたいということもあり決心した。

何より、20万円で自分の足りないところが分かり、理想に近い人と結婚出来れば、安いものだと思った。

↑目次に戻る

婚活塾で学んだこと

  • 自己肯定感を上げる
  • 1年後の結婚生活をイメージする。
  • コミュニケーション
  • メイク

婚活塾で学んだのは、ざっくり挙げるとこんな所だ。

これらは、婚活本なんかを見るとよく書いてあるが、やはりお金を払って塾にいくことで、下記のようなメリットがあると思う。

1.定期的に自分と向き合う時間がとれる
2.払ったお金を無駄にしたくないと思い短期間で必死で吸収しようとする
3.意識の高い仲間から良い影響を受ける(価格が高い程、受講生の意識は高い)

ちなみに、マチコが驚いたのは、受講者の女性達に可愛い女性が多いことだった。

彼女たちは恋愛初心者というよりも、色々な恋愛経験を経ていく中で、だんだんと方向性が分からなくなってきたような女性たちだ。

1年後をイメージする

受講した中でマチコに一番効果的だったのは、「1年後の結婚生活をイメージすること」である。
これにより、考え方は下記のように変化した。

今までの結婚までのイメージ

「大好きな人を落とす」
  ↓↓   
「つき合う」
  ↓↓   
「結婚」

婚活塾受講後の結婚までのイメージ

「結婚をイメージできる相手を頭の中に入れておく」
   ↓↓   
「そんな相手からマチコを結婚相手として選んでもらう」
   ↓↓   
「結婚を前提に付き合う」
   ↓↓    
「1年以内に結婚する」

ここでのポイントは「男性から選んでもらう」という視点で、恋愛を楽しんでいる20代の時はそんな視点が皆無だった為、一人では頭を切り替えることが難しかった。

恋愛市場と婚活市場は違う!

切り替えが難しい女性は、こんなことを知っておくと腑に落ちるかもしれない。

恋愛市場においては、選択権は女性が持っている
結婚市場においては、選択権は男性が持っている

20代は何が強いのか。
それは、年齢面での市場価値もさることながら、怖いものがないからである。

具体的に言うなら「なるべく早く結婚したい」という願望は、女性にとっての「弱み」なる。
こちらの願望を満たすかどうかは男性に選択権があるからだ。

しかも殆どの女性は「ある程度もしくはそれ以上の生活が出来る男性」との結婚を望む。

バチェラージャパン(定額動画配信サイトで配信されている婚活番組)は行き過ぎだけど、水面下でレベルの高い男性の取合いがおきており、20代の頃ほぼ受け身で過ごした女性は常に婚活市場ではあぶれている。

話を元に戻すが、そんな理由で女性は男性から結婚相手として「選んで」もらわなければいけないのである。

男性の狩猟本能を刺激する

素敵な男性に結婚相手として選んでもらうには、男性の生体を知らないといけない。
いくら草食化してきているとはいえ、男性には狩猟本能がある。
一瞬でも「価値が高い」と思える女性を落としにかかるのである。

男性に選ばれるために、自分自身を「価値の高い女」にカスタマイズしておく必要がある。

大事なのは「自己肯定感」

ここで重要なのが自己肯定感。

自分で自分のことを「価値が高い」と思っていないと、男性からも価値が高いと思ってもらえない。

婚活塾でやったことの、すべての基本となるのも「自己肯定感」だった。

元々、マチコは一人っ子で褒められて育ったので、自己肯定感は高い方だと思う。

ただ、30代半ばで、まだ結婚できていないことや他人からの心無い言葉、なかなか人を好きになれなかったり、結婚に不向きな男性とつき合ってしまったり...etc

自己肯定感満タンを100とするなら、30歳までのマチコは90だったのに、35歳のマチコは30くらいまで低下していた。

「あ~あ、なんでこんなに上手くいかないんだろう」とか「私って、ダメな人間なんだな」とか。
朝、鏡を見て「私、歳取ったな~とか」「楽しくなさそうだな~とか」自分で自分を評価できなくなっていた。

これをプラスの方向に持っていけたのは、婚活塾でヒントをもらったことと、そこにいた意識の高い仲間のおかげである。

対等な関係を保つべし!

自己肯定感とも通じるが、婚活塾で得た収穫のひとつに「男性と対等な関係にならないと結婚にはいきつけない」という当たり前のことに気づいたことがある。

レベルの高い男性は上に見上げ、レベルが低いと思う男性のことは見下げる。
つまり、だれとも対等にならない。
これが、マチコがうまくいかなかった原因の一つだと思う。
で、何故そうなってしまったのか。
これも、自己肯定感の低下が原因である。

例えば、自尊心が90から30に下がっていたマチコの場合。
下がった60の自己肯定感を男性で補おうとする。

自分の自信のない部分をちょうどいい男性で埋めようとするのだ。
この時の脳ミソで「男性の条件」を上げるのは、非常に危険だ。
「年収・学歴・会社名」を条件のトップにもってくる女性にもこの傾向がある。

もちろん、それを満たしてくれて、かつ優しくて、かっこいい男性が現れれば苦労はない。

だが、前段で話したように30歳も半ばを過ぎると「選んでもらう」という視点でないとうまくいかない。

「年収・学歴・会社名」で男性を選ぶ35歳女性と「単純に自分を大切にしてくれるかどうか」で男性を選ぶ20代女性。

よっぽど自分に資産やモデル並みのスタイル、女優なみの顔がないと、素敵な男性がどちらを選ぶかは一目瞭然である。

↑目次に戻る

「一生大切にしたい」旦那君との出会い

婚活塾に入る前。
履歴書や写真を送って色々な人に紹介をお願いしていた。

「まさか自分がこんな困って結婚相手を探し、人様に頼るなんて、、」ってプライドはとっくに捨てていた。

運命の大好きな1人が見つかればそれでいい。
動いてくれた方には後で恩返しをすればいい。
そんな気持ちだった。

4か月の婚活塾が終わった後のマチコは相当テンションが高かった。

怖いものなしの20代の感覚がよみがえったと共に、「私、今幸せ!」と思えた。
数年間行く気にならなかった海外旅行にも行き、私はこの数か月で必ず運命の相手と出会うと信じてやまなかった。

だからか、合コンに参加しても楽しい。
ここ数年、ぱっと見かっこいい人以外「いまいちだな」とか上から目線だったのが、自分の気持ちが安定して「相手をちゃんと見よう」とすると、なんだか、みんなが結婚対象に思えてくる。
そうなると、男性からもどんどんデートに誘われる。

そして不思議なことに、変な相手が寄ってこないのである。

婚活塾を卒業して1か月後。
半年程前「いい男性がいたら紹介してください」とお願いしていた方から連絡が入った。
「いい人がでたわよ!」と(笑)

そして、紹介の当日。
ぱっと目の前に現れた彼を見て感じたのは「雰囲気の良さ」である。
見た目もそうだし、話し方もなんだかとても「いい雰囲気」だと思った。
なんて言うんだろう、ちょうどいい感じ。
違和感がなく、心地良いのだ。

その日はそのまま、飲みに出かけた。
彼は、仕事の面白い話を沢山してくれて、天職だと言っていた。
本当に仕事に誇りを持っているんだな~と、どんどん印象が上がっていく。
何より、話していて楽しい。

そうそう、ここで婚活塾の話に戻るが。
婚活塾で初めに言われたことがある。
それは「運命の相手にはかなり早い段階で、結婚前提のお付き合いをしてください。
と言われる」
ということだ。

「ホントに?!36歳までそんなことなかったのに、これから先にそんなことあるの?」と思ったことをよく覚えている。

でも、これは本当だった。
私はその彼に、2回目のデートの後、告白をしてもらった(ちゃんと将来も考えてと言葉もあり)

結婚は彼の仕事の都合もあり、1年以上先になってしまったが「未熟な部分はお互い様。
一生大切にしたい」
と思える男性である。

↑目次に戻る

35歳以上にオススメ!「自己投資せよ」

マチコのやり方は特に35歳以降にオススメだ。

恐らく、恋愛経験が沢山ある女性は、あればあるだけ、過去のトラウマや固定観点にがんじがらめにされ、八方塞がりになっている。
逆に、あまり恋愛経験を積んでいない女性は、怖くてはじめの一歩が踏み出せない。

でも、客観的に自分をみて、何でつまずいているのか、どこを改善すれば良いのか
分析するのは非常に難しい。
また、モチベーションを半年以上保つのも1人ではとっても困難だ。

受験勉強を思い出すといいかもしれない。

受験勉強には「独学でやるタイプの人」と「塾にいくタイプの人」がいる。
はじめは独学でもいい。
でも、何度も受験に失敗しているのなら、その原因を探って解決しないことには、全くもってノウハウが自分の中にたまっていかず時間だけが過ぎていく。

出会う相手は自分の鏡で、今の自分に「ちょうどいい」男性しか寄ってこない。

もし、男性のレベルが低いと感じるなら、やるべきことは出会う男性をやみくもに探すのより、自分のレベルを上げる方が先決だ。

自分を定めれば、運命の相手に巡り合える!

運命の相手は誰にでも存在する。
でも、この自由な社会では、出会いが多い分迷いに迷う。
自分が迷って定まらない間は、その相手は現れない。
マチコは婚活で重要なのは「まずは自分を定めること」だと思う。

↑目次に戻る

婚活市場で勝つためにアプリ、結婚相談所もおすすめ!

マチコさんは婚活塾以外は利用しませんでしたが、婚活市場で選ばれるためには自分磨きをしつつ、各種サービスを利用するのも手です。

気軽に始めたいならマッチングアプリ、より早く結婚したい場合は結婚相談所がおすすめです。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

  • 入会金・初期費用・成婚料・プロフィール登録、全て無料
  • 相手探し、紹介、マッチング・1通目のメッセージも無料
  • 有料プランは月額2,592円から
  • 6、12か月プランが3,000円割引になる招待コード→「n36kq7」
公式ホームページ

会員数50万人を超えた人気マッチングアプリが「ゼクシィ縁結び」です。

会員の80%が6ヶ月以内に出会うことができています。
セキュリティー対策も万全なので、安全に気軽に婚活をスタートしたい方にはおすすめです。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2016年度は3,476人が成婚した実績あり
公式ホームページ

先ほど「1年後の結婚生活をイメージする」というマチコさんのアドバイスがありましたが、1年以内での成婚実績が多数あるのが「成婚率No.1」のパートナーエージェントです。

専門コンシェルジュの手厚いサポートがあり、短期間での成婚を達成することが可能です。
お会いするのは真剣な人ばかり。
結婚生活をイメージして婚活に臨んでみましょう。

↑目次に戻る

〈編集後記〉

いかがでしたか?

マチコさんによる骨太な婚活塾でした。
いたるところに為になる言葉が散りばめられていましたね。

最後に内容を振り返ってみたいと思います。

  • 婚活塾で様々なことを学ぶことができた
  • 1年後の結婚生活をイメージしてから婚活に臨むべし
  • 結婚市場においては、選択権は男性が持っている
  • 価値の高い女にカスタマイズするためには「自己肯定感」を高めること
  • 男性とは対等な立場を取らないといけない
  • 36歳の時にモテキ期が再来し、旦那さんと出会えた
  • 自分を定めれば運命の相手と出会える

テクニックより「マインド」の部分が、婚活の成功には大事なんだと教えてもらえました。
自己肯定感が高くなった結果、36歳でモテ期が再来し、旦那様と出会うことができたわけです。
今回の体験談を参考に、マインドの部分を大切に婚活を行ってみましょう!

マチコさんのブログ

婚活のコツ マチコさんのブログ

>> 婚活マチコの『遠回りが止まらない』

を運営しているマチコさんによる体験談でした。
ブログでは今回投稿いただいた内容の、より詳しい部分が綴られています。

婚活5大苦「実家暮らし」「一人っ子B型」「女子校育ち」「母親と仲良し」「リケ女」を背負ったマチコさんが今までの経験を振り返りながら、婚活に役立つ内容を綴っています。
ぜひ目を通して見てください。

最終更新日: 2018-08-20

タグ:
婚活のコツ パートナーエージェント ゼクシィ縁結び

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【体験談】結婚できる人とできない人の違いはココ!「謙虚な姿勢」で婚活に臨もう
【体験談】結婚できる人とできない人の違いはココ!「謙虚な姿勢」で婚活に臨もう
【口コミ多数】彼氏が結婚したくないのはなぜ?女性に伝わらない男性の特徴と本音
【口コミ多数】彼氏が結婚したくないのはなぜ?女性に伝わらない男性の特徴と本音
【体験談】28歳婚活女性が証言!婚活(街コン)で出会った男性の怖くて気持ち悪い話
【体験談】28歳婚活女性が証言!婚活(街コン)で出会った男性の怖くて気持ち悪い話
【体験談】実録!婚活中アラサー女性が語る合コンでの「非常識」男性との出会い...
【体験談】実録!婚活中アラサー女性が語る合コンでの「非常識」男性との出会い...
【体験談】婚活漫画を読んで決意!26歳オタク女性が運命の出会いから結婚できた理由
【体験談】婚活漫画を読んで決意!26歳オタク女性が運命の出会いから結婚できた理由

「婚活・恋活体験談」に関する記事

婚活・恋活体験談の記事は他にも多数!

【体験談】喪女活から婚活へ!〜オミアイでマッチングしたのはまさかの外国人だった〜
【体験談】喪女活から婚活へ!〜オミアイでマッチングしたのはまさかの外国人だった〜
【体験談】パートナーエージェントで成婚退会!婚活成功男性が教える2つの条件とは?
【体験談】パートナーエージェントで成婚退会!婚活成功男性が教える2つの条件とは?
【体験談】想像もしなかったアラサーからの婚活…本格的婚活をして分かったこと
【体験談】想像もしなかったアラサーからの婚活…本格的婚活をして分かったこと
【体験談】始まりは京都のパーティーパーティー!馴れ初め話と婚活のコツを聞いた!
【体験談】始まりは京都のパーティーパーティー!馴れ初め話と婚活のコツを聞いた!
【体験談】ゲーマー社畜のオタク婚活!〜穏便な寿退社を目指して〜
【体験談】ゲーマー社畜のオタク婚活!〜穏便な寿退社を目指して〜

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

地域の結婚相談所を探す