1. 婚活・恋活 >
  2. 結婚相談所 >
  3. 婚活のコツ >
  4. あなたは大丈夫?結婚相談所への入会を断られる人の共通点とは

あなたは大丈夫?結婚相談所への入会を断られる人の共通点とは

結婚相談所に入会する際に、入会を断られてしまうような場合があるのはご存知ですか? 実はせっかく結婚相談所に入会して婚活を始めようと意気込んでいても、様々な理由から入会を断られてしまうケースも少なくないのです。 今回は結婚相談所に入会を断られてしまう場合について解説します。 これから結婚相談所への入会を考えている方は、是非この記事を参考にしてください。

結婚相談所には入会審査がある

婚活のコツ 結婚相談所には入会審査がある

結婚相談所に入会する際、すぐに入会手続きが完了し活動を開始出来るわけではありません。
多くの結婚相談所では、入会審査が存在します。
結婚相談所は、入会希望者が結婚相談所に入会するにふさわしい人物なのか一人一人厳正に審査を行い、それをクリアした後に入会できるというシステムになっているのです。

具体的には、

  • 収入面の安定性や信用性を確認するための源泉徴収
  • 独身であることを証明するために独身証明書

などの提出が求められます。
書類を一式準備するのは少々手間がかかることですが、このひと手間が信頼を生むのです。

ここで、結婚相談所に入会する際にどういった書類が必要かリストにして紹介します。

  • 独身証明書
  • 卒業証明書
  • 在籍証明書
  • 収入証明書、源泉徴収など
  • 本人確認書類

結婚相談所にもよりますが、概ね上記のような書類を揃えることが必要となってきます。
女性の場合は在籍証明書や収入証明書の提出は不要な場合もありますが、男性の場合はやはり定職に就き安定した収入があることを示すためにも各種書類を提出することが求められるのです。

入会審査は厳しいの?

ここまでの話を読むと、結婚相談所に入会するのはハードルが高く自分は断られてしまうのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、結婚相談所によっては高い基準の入会審査を設けており、その条件を満たしていないと断られてしまうこともないわけではありません。
ですが、一般的な結婚相談所であればそれほど厳しくはなく、手間はかかりますが各種指定書類を揃えれば入会できることが多いです。

入会審査が甘い相談所は危険

書類などを揃える手間や時間を惜しんだり、入会審査を受けるのが面倒だと感じたりして、入会審査が甘い結婚相談所を探して入会しようとするのは危険です。
なぜなら、審査が甘いと結婚願望のない人やサクラ、業者が紛れ込んでいる可能性が高くなってしまうからです。

結婚を本気で考えているなら、同じような気持ちを持つ者のみが集う結婚相談所を選ぶことが大切です。
多少の手間を惜しまず、結婚相談所に入会する際は、入会審査がきちんとなされている相談所を選ぶようにしましょう。

結婚相談所のサクラ、業者について詳しくは下記の記事をご覧ください。

↑目次に戻る

入会を断られる場合もある!入会できない人の共通点とは

婚活のコツ 入会を断られる場合もある!入会できない人の共通点とは

では、入会審査の際に結婚相談所の方から入会を断られてしまう場合はどのような場合なのでしょうか。
結婚相談所から問題ありと見なされてしまう場合は、たいてい以下のいずれかに該当しています。
一つ一つの項目について詳しく説明します。

定職についておらず年収が低い

特に男性の場合は、源泉徴収など収入面を証明する書類の提出を入会の際に義務付けられている場合が多いです。
定職に就いておらず、年収が低い方は入会を断られてしまう場合があるのです。
結婚相談所ではやはり、安定した収入を得ている人の方が信用されやすく、人気があるようです。

心身の健康状態が良くない

メンタル面の安定も、結婚相談所への入会の際の審査のポイントとなります。
精神的に不安定であったり、何か心配事があったりする場合は、結婚相談所での活動を本格化させる前に、必要に応じて心療内科や精神科などの専門医を受診することをおすすめします。
メンタル面でも安定した状態で、快適に婚活をすることで、成婚に繋がるのです。

年齢基準を満たしていない

結婚相談所によってその基準は異なりますが、なんらかの年齢基準を設けている結婚相談所もあります。
結婚適齢期を中心に年齢基準の上限と下限が設定されていることが多いです。
ですので、未成年や、高年齢者は入会を断られる場合があるのです。

ですがシニア世代にはシニア世代向けの結婚相談所も存在するので、断られた場合はそちらも検討してみると良いでしょう。

シニア向け結婚相談所について詳しくは下記の記事をご覧ください。



理想が高すぎる

入会時に希望の条件をヒアリングしている結婚相談所が多く、極端に高い条件を提示すると合致する相手がいないことから、入会を断られる可能性もあります。
入会時に提示する条件は自分がどうしても譲れない最低限の条件のみにして、入会後カウンセリングを重ねていくうちに自分の理想を相談所に細かく伝えていくと良いでしょう。

既婚者

既婚者はもちろん、結婚相談所への入会を断られます。

独身であるのかどうかは、見た目では判断できないため、独身証明写真の提出を求める結婚相談所もあるのです。

このような結婚相談所では、既婚者は入会せず独身の方のみで会員が構成されていることが保証されており、安心して活動できます。

学歴の基準を満たしていない

学歴が基準を満たしていない場合も結婚相談所への入会を断られることがあります。

基本的には学歴は関係なく入会できる結婚相談所もありますが、中には大卒の方のみ会員になれる相談所もあります。

自分の学歴に自信がある方はそれを武器に、学歴を評価してくれる結婚相談所を選べば良いですし、学歴に自信のない方は学歴を重視しないような結婚相談所を選ぶと良いでしょう。

また高学歴な方との出会いを求める方は、学歴を入会審査の条件としている結婚相談所を選びましょう。
中には、医師やハイステータスな人限定の結婚相談所もあります。

自分の学歴などのステータスや、相手に求めるものを考えて自分に合う結婚相談所を選ぶことができます。

結婚相談所を頻繁に変更している

以前利用していた結婚相談所が合わず、違う結婚相談所に新たに入会することもあるでしょう。
結婚相談所を変更すること自体はそこまで悪いことではないのですが、同じ連盟に加入している結婚相談所に乗り換えようとしている場合には断られる可能性が高いことを覚えておいてください。

結婚相談所の業界内には、会員を紹介し合うような連盟制度が存在しそのおかげで会員は一つの結婚相談所に登録しながらも、同連盟内の他の結婚相談所に登録している人と出会うことが可能です。

連盟間でのデータの共有はもちろんなされており、頻繁に結婚相談所を変更している方は「何か訳ありなのではないか...」と疑われ、入会を断られてしまうこともあるのです。

反社会的勢力に属している

反社会的勢力に属している場合、結婚相談所での活動に相応しくないと判断され、入会を断られます。

↑目次に戻る

男性と女性で拒否の原因は違う?実際に断られた人の理由とは

次に、結婚相談所への入会を断られたというインターネット上の声をいくつか紹介したいと思います。
男性女性一名ずつ、計2名の口コミを紹介していきます。
いったいどのような方が結婚相談所に断られる傾向にあるのか、参考にしてください。

大手結婚相談所にて年収が低いことを理由に入会を断られたのですが。


この方は、40代男性です。
結婚相談所によって儲けている基準が異なるのですが、中には収入を重視している結婚相談所もあります。
収入額を問わず入会できる結婚相談所ももちろんあるので、収入や学歴に自信のない方はそういった結婚相談所を探すと良いでしょう。

先日結婚相談所へ登録しに行きましたが、入会を拒否されました。
私は現在36歳無職です。
高校卒業から一昨年までがむしゃらに働いてきました。
しかし体が悪くなってしまい仕事をやめました。

2年ほど療養し完治しました。

そこでそろそろ結婚したいなと思い結婚相談所へ登録しに行ったところ、無職という理由で入会を拒否されてしまいました。
ネットの情報だと女性は誰でも入会できると聞いていたのですが、実際には女性にも審査がありました。
そこの結婚相談所は女性会員が男性の倍以上おり、現在女性の入会制限、つまり厳しい審査を通った人しか入会できないようです。
逆に男性は審査が緩くなっているようです。

この方は30代の女性ですが、結婚相談所への入会を断られたようです。
このケースのように、定職についていない場合は女性でも入会を断られるケースがあるようですね。

結婚相談所での活動は入会金や月学費などの費用がかかります。

きちんと料金を払えるのかどうか、といった観点から最低限の収入の有無を審査する結婚相談所も中にはあります。

↑目次に戻る

入会基準が高い結婚相談所はどこ?

ここから、他と比較して「入会基準が高い」結婚相談所を紹介します。
このような結婚相談所は、サービスの一環として高い基準を設けており、よりハイステータスな人や高収入な人が集います。

2つの結婚相談所を紹介しますので、ハイステータスなお相手と結婚を考えている方はぜひ参考にしてください。

誠心

誠心

誠心

  • 男性会員は医師が中心
  • プロフィールファイルの中から自分の目で選ぶシステムを採用
  • 全国7都市に支社がある
公式ホームページ

誠心は、30年の歴史を誇る、医者と成婚したい人向けの結婚相談所です。

結婚を希望する医者が多く集まっており、その中でも自分と価値観や結婚観などの合う方と巡り会うことができるのです。

またご自身が医者で、婚活を始めたいという方にも誠心がおすすめです。

医者の方はお忙しく、結婚したくても婚活に十分な時間を取れない場合も多くあります。
誠心はお見合いの日程調整などの手間のかかることを引き受けて、スタッフがサポートしてくれるので、忙しい医者の方も効率よく活動できるのです。

医者と出会いたい方も、医者の方も、ぜひ誠心への入会を検討してみてください。

誠心の無料資料請求をする

誠心に関するより詳しい情報が下記の記事に載っているのでぜひ目を通してみてください。

クラブオーツー

クラブオーツー

クラブオーツー

  • 上質な「会員制クラブ」
  • 連盟・団体などに登録しない、独自路線の運営
  • 成婚までの「総合マリッジプロデュース」
  • プロフェッショナルなカウンセラーがサポート
公式ホームページ

クラブオーツーは、高学歴の方のみが入会できる結婚相談所です。
特に男性は、慶應大学などの有名私立大学か国公立大学卒業が入会条件として設定されています。

高学歴・高収入の方との出会いを求めている方には、クラブオーツーがおすすめです。
クラブオーツーは会員の身元や学歴をしっかりと保証してくれているので、安心して婚活をすることができるのです。

クラブオーツーの無料資料請求をする

↑目次に戻る

入会基準が常識的!おすすめの結婚相談所3選

先ほど紹介した誠心やクラブオーツーは、入会条件が厳しく、クリアした方にとっては活動しやすい結婚相談所ですが、「条件が厳しすぎる...」という方には入会基準が常識的な結婚相談所をおすすめします。

入会基準が常識的な結婚相談所は、入会を断る条件に当てはまっていないかをチェックすることが審査のメインとなっています。

心身ともに健康で、結婚意思のある独身であることを証明するなど、結婚相談所を利用する上で必要な最低限の手続きで入会することが可能です。

ここでは入会基準が常識的な結婚相談所を3つ紹介します。
ぜひ自分に合う結婚相談所を探すヒントにしてみてください!

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2016年度は3,476人が成婚した実績あり
公式ホームページ

パートナーエージェントは、業界1位の成婚率を誇ります。

他の結婚相談所の成婚率が10%なのに対し、パートナーエージェントの成婚率は27.2%と圧倒的に高い数字を誇ります。

学歴や収入がそれほど高くなく、入会基準をクリアするのか不安な方もいらっしゃるかもしれません。
実はパートナーエージェントの審査基準はそれほど高くなく、高卒の方でも入会は可能です。
パートナーエージェントの入会申込資格は、

  • 男性が26歳以上~54歳前後
  • 女性が26歳以上~44歳前後

となっています。

そして、男性だけですが定職に就いていて一定以上の収入がある人に限られます。

以上を満たしている方なら、パートナーエージェントへの入会は可能であることが多いです。

パートナーエージェントの無料資料請求をする

パートナーエージェントについてもっと詳しく見るには下記の記事がおすすめです!

ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結びカウンター

  • 専任のコーディネーターがサポート
  • 初期費用、成婚料、活動費用なし
  • 1ヶ月以内のデート成立80%
  • 無料相談会あり
公式ホームページ

ゼクシィ縁結びカウンターは、結婚情報誌ゼクシィを発行するリクルートグループが運営する結婚相談所です。

ゼクシィ縁結びカウンターは、専任のマッチングコーディネーターが入会から成婚退会まで、活動内容とスケジュールを作成しサポートしてくれます。

サービスが充実していながら、他の結婚相談所よりもリーズナブルな価格がゼクシィ縁結びカウンターの特徴です。

初めて結婚相談所を利用する方や、費用を出来るだけ抑えて婚活をしたい方には、ゼクシィ縁結びカウンターがおすすめです。

ゼクシィ縁結びカウンターは、

  • 男性の方は独身で20~54歳前後までの安定した収入のある人
  • 女性の方は独身で20~45歳前後までの人

であれば入会可能です。

また結婚意思の確認と、本人確認のために独身証明書の提出が必要です。
以上の条件を満たせば誰でも入会することが可能です。

ゼクシィ縁結びカウンターの無料資料請求をする

ゼクシィ縁結びカウンターについてもっと詳しく見るなら下記の記事がおすすめです。

ツヴァイ

ツヴァイ

ツヴァイ

  • イオングループが運営しているので安心
  • 会員数は30,000人以上、成婚退会者数は5,000人以上
  • 婚活スケジュールを立ててくれるので、自分のペースで婚活が進められる
  • 20代は入会初期費用が65%OFF
公式ホームページ

ツヴァイは、大手イオングループが運営する結婚相談所で全国に50以上の支店があります。

  • 条件マッチング
  • インプレッションマッチング
  • 価値観マッチング

など豊富なマッチング方法を提供しています。

ツヴァイでは婚活のプロによるサポートを受けて活動でき、成婚料は無料であることも特徴です。
ツヴァイは、20歳以上の男女で独身の方なら誰でも入会できます。

入会には、

  • 独身証明書
  • 収入証明書
  • 卒業証明書
  • 写真1枚

の提出が必要です。

ツヴァイの無料資料請求をする

ツヴァイについてもっと詳しく見るなら下記の記事がおすすめです。

↑目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。
本記事のまとめは以下の通りです。

  • 結婚相談所には入会審査が設けられていることが多い
  • 実際に結婚相談所を断られたという事例として、男性では収入が低いこと、女性では定職に就いていないこと等が挙げられる
  • 誠心は医師との出会いに特化した結婚相談所であり、入会基準が高い
  • クラブオーツーも高収入で高学歴の方をターゲットとした結婚相談所で、入会条件が高い
  • パートナーエージェントは成婚率が高く、サポートも充実しており、入会条件が低い
  • 他にも入会基準が低い結婚相談所としては、ゼクシィ縁結びカウンターやツヴァイがある

以上の点を中心に、今回は結婚相談所に入会する際の審査条件について詳しく解説しました。
健全な運営を行っている結婚相談所は入会に際しほぼ必ず審査がありますが、記事中でも触れたように必要な書類などを準備できればそこまで心配する必要はないでしょう。

これから結婚相談所への入会を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

最終更新日: 2018-12-14

タグ:
婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

結婚相談所の利用率はどれくらい?利用者数が増加しているワケとは
結婚相談所の利用率はどれくらい?利用者数が増加しているワケとは
結婚したい30代女性には危機感も必要!結婚するための方法とは
結婚したい30代女性には危機感も必要!結婚するための方法とは
結婚したいと女性から伝えるのはあり?逆プロポーズの注意点とベストなタイミングとは
結婚したいと女性から伝えるのはあり?逆プロポーズの注意点とベストなタイミングとは
男性が本気で結婚したい女性の8つの特徴!女性を結婚対象と考えるタイミングとは
男性が本気で結婚したい女性の8つの特徴!女性を結婚対象と考えるタイミングとは
シングルマザーにおすすめの婚活方法とは?シングルマザーの婚活に大切なポイント
シングルマザーにおすすめの婚活方法とは?シングルマザーの婚活に大切なポイント

「結婚相談所」に関する記事

結婚相談所の記事は他にも多数!

結婚相談所には割引制度がある!割引の種類や受けるための条件を総まとめ
結婚相談所には割引制度がある!割引の種類や受けるための条件を総まとめ
結婚相談所と婚活パーティーを徹底比較!婚活におすすめなのはどっち?
結婚相談所と婚活パーティーを徹底比較!婚活におすすめなのはどっち?
【取材第3弾】結婚相談所フィオーレの社長のこだわりと婚活業界についてインタビュー
【取材第3弾】結婚相談所フィオーレの社長のこだわりと婚活業界についてインタビュー
【取材第2弾】婚活で悩む人必見、結婚相談所フィオーレの社長が婚活の必勝法を伝授!
【取材第2弾】婚活で悩む人必見、結婚相談所フィオーレの社長が婚活の必勝法を伝授!
【徹底取材第1弾】結婚相談所フィオーレの特徴・強みを社長に直取材してみた!
【徹底取材第1弾】結婚相談所フィオーレの特徴・強みを社長に直取材してみた!

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら