1. 婚活・恋活 >
  2. 婚活の悩み >
  3. 彼女を作る方法 >
  4. 技術職・エンジニア職が結婚できない理由とは?結婚したい理系男子の婚活方法

技術職・エンジニア職が結婚できない理由とは?結婚したい理系男子の婚活方法

技術職やエンジニア職に従事している男性の中には、思うように結婚できないと悩んでいる人も多くいます。一般的に、技術職やエンジニア職と言えば、IT関連の企業を中心に活躍する、今をときめく職業。頭が切れる人が多いようなイメージがあります。 そんな技術職の男性は、なぜなかなか結婚できないのでしょうか?今回は、結婚できない理由やどうやって婚活していくべきかのアドバイスについてご紹介します。

技術職・SE職は結婚できないの?独身の原因・理由

技術職・SE職に就いている男性は本当に結婚できないのでしょうか。
実は、職業別未婚率の中でもSEを含むプログラマーの未婚率は45.5%
これは、システムエンジニアのうち約2人に1人が未婚ということになるのです。

では、なぜ技術職・SE職の男性は結婚できないのか、その理由についてみていきましょう。

理系職は職場での出会いが少ない

システムエンジニアが活躍するような理系職の職場では、活躍している女性が非常に稀です。
SEにおける男女比率は、およそ8:2なのが現状。
そのため、仕事場での出会いにはほぼ期待できず、職場恋愛のチャンスも少ないでしょう。

また、技術職の男性は忙しい人が多いのです。
生活もどうしても仕事優先になってしまい、そもそも女性と出会う時間を作れないことも、結婚できない理由のひとつです。

異性との出会いがある場所に出かける機会も少なく、出会いのきっかけがほぼない技術職の男性も多いでしょう。

このような出会いの絶対的な少なさは、技術職男性がなかなか結婚できない大きな理由なのです。

夜遅くまで仕事をしていることが多い

システムエンジニアは、非常にハードな職業です。
納入の締め切りが迫っているときには残業も多く、リリース直前にバグが発覚した場合には、徹夜で取り組むなんてこともしばしば。

また、日々技術を高めるための勉強も欠かせません。
仕事も忙しい上に勉強もする必要があるとなると、プライベートの時間を取ることが難しいのです。
そのため、恋愛をする余裕がなくなっている人が多いと言えるでしょう。

奥手な人が多く恋愛にふみきれない

技術職の男性は、普段黙々と仕事に向かっている時間が多いでしょう。
クライアントとのコミュニケーションやチーム内でのコミュニケーションを取る時間は発生しますが、異性に自分をアピールすることが苦手な人が多いのです。
職業柄や理系の学生時代に女性との交流が少なかったことも、原因として挙げられます。

そのため、もし周りに女性がいたり出会いがあったりしても、奥手で自分から声をかけられず恋愛に踏み切れないことが多いのです。

このように、奥手であったり、受け身であったり、結婚願望はあるけどどこか人任せにしてしまっているのは、技術職の40代独身男性に多い特徴でもあります。

↑目次に戻る

いやいや実は技術職は婚活市場では人気!

技術職の男性が結婚できない理由は、出会いの少なさやプライベート時間の確保の難しさ、奥手でそもそも恋愛に踏み切れないなどの点があるからだとわかりました。

しかし、実は婚活市場では人気のある職業でもあるんです。
エンジニアは結婚相手にぴったり!」なんて意見もあります!

では、どんなところに魅力があるのかについてみていきましょう。

手に職があるので将来も安心

システムエンジニアのような、才能と努力で培った技術が伴う仕事は、必要とされる場所が多くあります。
そのため、仕事がなくて困ることはないでしょう。
女性からしても「手に職があるから将来も安心だろう」という目でみられていることが多いのです。

手に職があり、一定の仕事量がある技術職の業界。
転職することになっても、比較的早く次の仕事に就ける可能性が高いことも、魅力のひとつだと言えます。

また、優秀ならば同じ業界内で引き抜きで出世したり、野心を持って自ら企業したりする人もいるでしょう。
結婚には経済面の安定も重要なポイントですから、将来のことを考えたときに女性にとって魅力的にみえる部分なのです。

真面目な性格は結婚相手として好印象

技術職に就いている男性は、基本的に「真面目」「物静か」な性格をしている人が多いのです。
よく言われる「肉食系」「体育会系」の男性とは対極的な性格だと言えるでしょう。
そのような相手は、安定を求める結婚生活のパートナーとしては非常に好印象。

また、職場に女性が少なく出会いの機会が少ないのも、浮気の心配が減るので結婚相手にするには安心できる要素だと言えます。

結婚相談所では技術職の登録者が多数

前述しているように、出会いの機会が少ない技術職の男性は、結婚相談所に登録している人が多いのです。
また、システムエンジニアの男性は年収が高い人が多く、これは結婚相談所に登録する上で優位です。
結婚する条件として収入面をみる女性は多く、経済力があることは大きな武器になります。

結婚相談所を利用するメリット・デメリットについては、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

↑目次に戻る

技術職の人が結婚するためのアドバイス

では、出会いの機会が少ない技術職の男性が結婚するためには、どのようにすればいいのでしょうか。

積極的に出会いを見つける

職場での自然な出会いが期待できないのであれば、積極的に出会いを見つけていくしか方法はありません。
忙しいことを理由にしてただ待っているだけでは、年々出会いは減っていく一方です。

出会いを見つける方法としては、自分のコミュニティー内で探すのか、新たなコミュニティー内で探すのかの2パターンがあります。

彼女を作る方法・出会いを増やす方法については、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

合コンに参加する

合コンの場には、婚活を視野に入れている女性も多いもの。
女性は、20代半ば過ぎた頃から、出産年齢のことも考えて結婚を視野に入れて動く人が増えるのです。

結婚するにしても、交際を経ずに結婚の話が出ることはまずないでしょう。
合コンの場で彼女を作ることは、未来の結婚相手を作ることにつながります。

合コンに参加する場合には、自分が今恋人を作りたいのか、将来を見据えた結婚相手を探す婚活をしたいのかを考えましょう
そして、同じ目的を持った女性を彼女候補にできるといいですね!

学生時代の集まりにも積極的に顔を出す

同窓会のような学生時代の集まりに積極的に顔を出すことは、出会いの機会を増やすことにつながります。
数年ぶりに同窓会に参加してみたら、久しぶりに会った同級生と恋に落ちる、というのは結構ありがちなパターンなのです。

しかし、自分の年齢が上がるにつれて、参加者の中にも既婚者は増えてきます。
そのような場合、思いがけない紹介で出会いのきっかけが生まれることもあるので、積極的な姿勢は大切だと言えるでしょう。

メーカー勤務は他部署の人との関わりを大切に

もし、メーカー勤務なのであれば、他部署の人との関わりも大切にしましょう。
同じエンジニアの中に女性は少ないかもしれませんが、大企業ならば他部署には女性社員が多いケースもあるはず
普段はなかなか関わる機会がないかもしれませんが、他部署との交流がある飲み会などの場では、積極的に関わりを作るように意識して行動しましょう。

交際を意識せずまずは友達になる

出会いを増やすために、毎回「交際」を意識していては、なかなか接し方もわからない男性も多いでしょう。
日頃から女性との接点が少なければ尚更です。
また、「恋人を作りたい!」「結婚相手を探さなくちゃ!」と焦りすぎることで失敗するケースもあるので要注意です。

まずは「交際」を意識し過ぎずに、友達になることを心がけましょう
相手に歩調を合わせつつ、二人の気持ちを盛り上げていくことで、交際や結婚が見えてくることもあります。

↑目次に戻る

技術職の人へのおすすめの出会い方・婚活方法

最後に、技術職の人におすすめする、出会いを増やす方法や婚活方法についてご紹介します。
自分に合った方法を活用して、仕事と婚活の両立を目指してみてくださいね。

マッチングアプリを使って出会いを増やす

婚活というと、婚活パーティーや街コンなどさまざまなタイプがあります。
最近では、アプリを利用した婚活サービスの普及が進んでいます
スマホさえあれば始められるマッチングアプリを利用した婚活は、その手軽さから年々利用者も増加傾向にあります。

マッチングアプリを利用した婚活のメリットは5つ。

  • 登録が簡単なこと
  • 手軽さから登録者数が多いので出会いのチャンスが多いこと
  • 希望条件に合った相手を探しやすいこと
  • いつでもどこでも婚活サービスが利用できること
  • ほかの婚活サービスに比べて安価で利用できること

が挙げられるでしょう。

仕事が忙しい技術職の男性でも隙間時間で利用できるので、おすすめできる婚活方法です!

最大級の会員数で出会える「Pairs(ペアーズ)」

pairs(ぺアーズ)

pairs(ぺアーズ)

  • 会員数800万人、合計マッチング数は4300万組を誇る、日本最大級の婚活アプリ
  • Facebookで本人確認をするので、安心して登録できる
  • 男性は月3,480円、女性は月2,900円で利用可能
  • 登録無料
無料会員登録をする



「どのマッチングアプリよりも出会える!」と言われている「Pairs(ペアーズ)」。
マッチングアプリの中でも最大級の会員数を誇り、その数なんと800万人以上です。
それだけの会員数を誇っていることもあり、男女ともに認知度も非常に高くなっています。
これだけ登録者数が多いので、地方に住んでいる方でも出会いがたくさんあるでしょう。

マッチングアプリ初心者の方や、まずは王道のマッチングアプリを利用してみたい、という人におすすめです。

ペアーズについては、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。



ペアーズの無料会員登録を行う

女性も有料のため、本気で結婚したい人が多い「ゼクシィ縁結び」

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

  • 入会金・初期費用・成婚料・プロフィール登録、全て無料
  • 相手探し、紹介、マッチング・1通目のメッセージも無料
  • 有料プランは月額2,592円から
  • 6、12か月プランが3,000円割引になる招待コード→「n36kq7」
公式ホームページ

マッチングアプリの中には、女性の利用料が無料のものもあります。
そういったサービスだと、サクラの心配もあり、なかなか真剣な出会いを見つけにくいデメリットもあるでしょう。

しかし、「ゼクシィ縁結び」ならば女性も男性と同様に料金を支払う必要があるので、それだけ真剣な人しか集まらず、質の高いマッチングが実現しやすいと言えます。

また、ウェディングやブライダルを扱っている有名なゼクシィが運営するサービスなので、安心して活用できますね!

「ゼクシィ縁結び」については、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。


ゼクシィ縁結びの無料会員登録を行う

技術職の登録者多数!親身なお世話をしてくれる結婚相談所でお見合い

婚活にマッチングアプリを利用するデメリットは、会員登録するだけでは出会いが生まれず、自ら積極的に行動しなければならない点です。

マッチングアプリで好みの異性と出会うには、ある程度のメッセージのやりとりが必要になります。
メッセージのやりとりが苦手、面倒だと感じる人には、マッチングアプリの利用はあまり向いていないかもしれませんね。

そのため、自らメッセージを送るのが苦手、自分が奥手だと思う人は、仲介サポートがしっかりしている結婚相談所を利用した方が相性がいいでしょう
今回おすすめする結婚相談所は「パートナーエージェント」です。

紹介からサポートまで「パートナーエージェント」

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は63.8%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり
公式ホームページ

「パートナーエージェント」は、2017年4月から2018年3月までの成婚率は27.2%、開始から1年以内に成婚退会した人の割合は63.8%
他社と比べても圧倒的な数字を誇っています。

その高い数字の理由は、成婚コンシェルジュを中心に、さまざまな分野の専門チームが紹介から成婚までをサポートしてくれているから。
婚活計画の作成や紹介はもちろんのこと、フィードバックや精神的なサポートまで手厚く対応してくれるのです

異性との関わりに慣れていない方や、婚活が不安な方でも安心して利用できるでしょう。

「パートナーエージェント」については、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。



パートナーエージェントの無料資料請求を行う

↑目次に戻る

まとめ

  • 技術職の男性が結婚できないとされる理由には、絶対的な出会いの少なさがある
  • 婚活市場では技術職は人気のある職業である
  • 技術職の男性は、仕事と婚活を両立できるサービスを利用するのがおすすめ

未婚率が高い技術職の男性ですが、実は婚活市場では非常に人気の高い職業でもあるのです。
自ら積極的に婚活することで、1番のネックである出会い不足は解消されるでしょう。
ぜひ素敵な出会いを見つけて、素敵な結婚生活を実現してくださいね!

最終更新日: 2019-01-27

タグ:
婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「彼女を作る方法」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら