1. 婚活・恋活 >
  2. 結婚相談所 >
  3. 婚活のコツ >
  4. 【口コミあり】結婚相談所に学歴差別はある?学歴がない場合の対処法とは

【口コミあり】結婚相談所に学歴差別はある?学歴がない場合の対処法とは

結婚相談所において、結婚相手に求める条件として学歴を気にする人はやはり一定数は存在します。そうなると、特にMARCH以上の大学を卒業していない人、または高卒や中卒の人など、いわゆる高学歴でない人は結婚しづらくなってしまうのでしょうか?今回は、結婚相談所に学歴差別はあるのか、学歴がなくても結婚はできるのかなど、その対処法についてお伝えしていきます。

結婚相談所に学歴差別はあるの?

婚活のコツ 結婚相談所に学歴差別はあるの?

結婚したいと真剣に思い立ち、いざ結婚相談所で活動をしていくと、そのなかで自分の学歴でつまずいた経験がある人もいるかもしれません。

結婚相談所でマッチした人やお見合い相手から、はっきりとは言われないまでも、うまくその後のステップが続かないのは、もしかしたら自分の学歴が問題なのかも、と疑ったことがある人もいるでしょう。

今回はそんな経験をしたことがある人や、これから結婚相談所を利用するにあたって、結婚相談所に学歴差別はあるのかお伝えしたいと思います。

高学歴を条件にしている人もいる

一般的に高学歴とされる学歴は、MARCH(明治・青学・立教・中央・法政)以上の大学を卒業していることを指します。

学歴差別はひと昔前よりも目立たなくなってきたとはいえ、その人の学歴によって周囲から捉えられる印象が変わることもあります。

また結婚相談所においては、自身が高学歴であればあるほど、相手の学歴にもある程度の条件をつけてくる人もいるでしょう。

実際に平成26年度の内閣府の「結婚・家族形成に関する意識調査」(※)によると、未婚かつ将来結婚する意思がある20〜30代男女が、結婚相手に求める条件として、「学歴を求める」人は全体の7.1%でした。

また、男女別に見ると男性が3.5%であったのに対し、女性は10.1%であり、男性に対して女性の方が学歴を重視する傾向にあることがわかります。

この調査から、学歴は女性の方が相手に求めることが多く、自分よりも高学歴な男性を結婚相手として求める可能性が高いことが分かります。

そのため、結婚相談所でも同様に女性が相手男性に高学歴を条件にしている人も多くなるといえます。

実際に女性はどんな学歴を良い学歴と認識しているのかは、以下の記事にもあるように、やはり私立だと慶應大学や早稲田大学、国公立だともちろん東京大学といった、超高学歴などがそれに該当することが分かります。

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/pdf/2-2-2-2.pdf

男性は高学歴の女性を避ける傾向にある

さて、婚活における学歴差別は女性側だけのことなのでしょうか?

実は、そうでありません。
男性側が相手女性に対して逆に高学歴を避ける傾向もあることが分かっています。

一般的に学歴差別とは、比較的学歴が低いとされる人を差別したり、結婚相手の条件として外すことをイメージします。
しかし、逆に高すぎる学歴を避けることも生じ得るということです。

男性が高学歴の女性を避ける傾向がある原因としては、男性のプライドや自尊心の影響が多いといえるでしょう。

今は時代が進んだとはいえ、男性の中には、常に女性より優位でいたいという欲求があり、自分より学歴のよい女性と結婚すると、その立場が危うくなると考える人もいるかもしれません。

ですが、平成28年度における女性の大学進学率はは全体で48.2%であり、そのうち5.9%が大学院へ進学しています(※)。

結婚を望む男性にとって、よい女性との出会いの機会をより増やすために、学歴に対するコンプレックスを取り払って出会いの間口を広げることも必要になってきていると言えるでしょう。

http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h29/gaiyou/html/honpen/b1_s05.html

高学歴のみ入会できる結婚相談所もある

学歴差別は多少見えにくくなってきたとしても、やはりある程度の学歴を結婚相手に対して求めたいという人はいるでしょう。

そんな人には、高学歴を入会基準にした結婚相談所もなかにはありますので、利用するのも一つの婚活の方法です。

すでに相談所入会のときの審査において学歴フィルターにかけられていますから、相手とのミスマッチも起こりにくくなります。

ただし、高学歴のみ入会できる結婚相談所も費用や活動も内容はさまざまです。
学歴と年収の基準があったり、入会金が高額であったりなど、入会時にはそれらの条件などをよく考慮する必要があるといえるでしょう。

自分は相手にどのような条件を望むのか、学歴以外にも職業や年収などに希望があるのか、また今後どのような婚活をしていくつもりかなど総合的に考えて高学歴専門の結婚相談所を利用することをお勧めします。

一般的な結婚相談所では学歴によるフィルターはない

前述のように、学歴に特化して会員を募集している結婚相談所もありますが、一般的な結婚相談所は学歴フィルターをかけるような仕組みはありません。

もちろん、結婚相談所に入会するには、その結婚相談所が設けている審査基準を満たしていなければなりません。

  • 心身が健康である
  • 定職に就き、収入が安定している
  • 結婚の意思がある

上記のような条件が基本となりますが、結婚相談所によっては、さらに別の細かな基準を設けているところもあります。

しかし、基本的には上記の条件を満たしていることが最も重要なため、学歴や年収といった条件を設けているところは少ないと思ってよいでしょう。

↑目次に戻る

学歴によってはお見合いなどが成立しづらいこともある

ここまで一般的な結婚相談所では、入会条件に必ずしも学歴や収入の基準を設けていないことをお伝えしました。

では、例えば学歴が高卒や中卒の場合は、婚活に影響があるのでしょうか。

一概にはいえませんが、なかには学歴によってお見合いが成立しづらいケースはあります。
それは以下の3つの理由によります。

同学歴を求める人も多い

おそらく多くの人が、結婚相手への条件として自分と同じ学歴を求めるかもしれません。

なぜなら、学歴が同じであると、教育を受けた環境も大きな相違はなく、近い価値観を持ちやすいといえることから、結婚生活もうまくいきやすいと容易に想像はできるからです。

逆に両者の学歴に差がある場合は、価値観の違いからお見合いが成功しづらくなってしまいます。

このように同学歴結婚は、学歴コンプレックスをお互いが感じにくかったり、教育環境が近いため価値観や話が合いやすいなどのメリットが生じやすいと言えます。

同学歴結婚をお勧めする理由を詳しく述べた記事がありますので、こちらも参考にしてみてください。

中卒は他の学歴に比べて結婚しづらい

概して、中卒の方は、高卒や大卒の方に比べてどうしても結婚しづらい現実はあります。

平成22年の統計※によると、生涯結婚できない割合中卒だと男性は35.2%、女性だと15.5%になります。
これは高卒や大卒と比べても高い割合で生涯結婚できないことになります。

結婚は相手とこれから一生添い遂げる約束をしなければならないため、中卒という肩書きはどうしてもネックになってしまう傾向にあるようです。

また、特に婚活において中卒という学歴は、収入がやや不安定な職についており将来の経済的な不安を抱かれたり、またこれまでの素行に偏見を持たれやすかったりする可能性もあるでしょう。

さらに、相手の親の世代になると、中卒ということだけで付き合いや結婚に反対されやすくなるでしょう。

よって、婚活において中卒の方は、高卒や大卒の方と比較してお見合いから成婚に至れる確率が相対的に低くなってしまうことは避けられないでしょう。

※内閣府男女共同参画局http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h25/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-00-20.html

結婚相談所側は学歴のある人の方が紹介しやすい

では、結婚相談所側からみると、入会者の学歴などによって、提供するサービスに違いやお見合い相手の紹介のしやすさに違いはあるのでしょうか。

実際、学歴によって提供するサービスは変わりはありません。
しかし、結婚相談所としては、学歴以外の条件が同じ様な方がいたら、成婚に至りやすいと思われる学歴が高い人を優先にお見合いを紹介する可能性はあります。

平成29年賃金構造基本調査※によると学歴による収入差はあり、年齢が上がるにつれ学歴による収入差はより差がついてきます。

特に男性では生涯で収入がピークとなる50〜54歳には、大学・大学院卒の収入が533.3万円に対し、高卒だと290.7万円とその収入格差が最も多くなります。

一般的に、大卒とそうでない学歴にはどうしても収入の格差があり、婚活においても収入や職業といった経済的な条件はより重視されるため、結婚相談所側も学歴のある経済的に安定もしている人の方が紹介しやすいといえます。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/dl/03.pdf

↑目次に戻る

結婚相談所では学歴詐称はできない

このように、婚活では学歴が職業や、今後の収入に関わってくるため、お見合い相手を選ぶ要素として学歴は非常に大事になってきます。

そのため、婚活を通してだけでなく、交際や結婚がスムーズにいくように高卒や中卒であるとを偽り学歴を偽る人も出てくることもあるでしょう。

以下に学歴詐称の例の口コミを挙げてみましょう。

結婚6年目、子どもなし40才目前主婦です。
先日家の片付けをしていたら、夫の同窓会名簿が見つかり、大学卒と聞いていたのに、専門学校卒とわかりました。

私としては、自分の生い立ち・環境・価値観など含めて、大学卒の方を結婚の対象と考えていたので、それもショックでしたが、何よりずっと嘘をついている夫を信じられなくなりました。

学歴を詐称しています。
結婚話が出ている彼に真実を打ち明けていません。

彼は26歳で難関国立大卒で、超有名企業勤務。
私は高卒ですが、有名私大卒と偽っています。

彼から親に会ってほしいと言われていますがお茶を濁しています。

このように、とくに学歴コンプレックスがある人は、交際や結婚において学歴を詐称してしまうこともあるようです。

そうなると、結婚相談所も同じように学歴詐称のある人が入会しているのではないか、疑ってしまいますよね。

しかし、基本的には結婚相談所では入会時に、卒業証明書の提出が求められます。
それがいわゆる学歴証明書となり、学歴を偽ることはできなくなっています。

お見合いでも恋愛でもお互い好きで結婚したにも関わらず、いざ結婚してみると、実は学歴を詐称していた、ということがもし自分の身に起きたらどうでしょうか。
ショックどころか相手のことを信用できなくなってしまうでしょう。

そのような事態を事前に避けるためにも、結婚相談所を利用するのは一つの安全な方法といえます。

↑目次に戻る

学歴がない場合は他のポイントをアピールする

婚活のコツ 学歴がない場合は他のポイントをアピールする

ここまでみてきたように学歴が低いがために、結婚を諦めなくてはいけないのでしょうか。

そうではなく、学歴は結婚相手へ求める条件の一つに過ぎません。
確かに学歴が高いと結婚相談所側からみれば、相手を紹介しやすく、その分出会いの確率も増えます。

しかし、学歴が高卒や中卒であっても、ほかの条件に魅力がよりあれば相手の目にも留まりやすく、お見合いに至り成婚する可能性も十分にあります。

もちろん、学歴をすぐに変えることはできませんし、学歴をごまかすこともできません。

しかし、学歴以外の自分の良い部分を見つけ、それを相手に届くようにアピールすることがとても大切といえるでしょう。

では、学歴以外のどのようなポイントをアピールすれば婚活に効果的なのでしょうか。
3つのポイントをご紹介します。

1.一定以上の収入

やはり、結婚相手に求めるのは経済力が大きな比重を占めることは間違いありません。

平成26年度の内閣府の調査(※)によると、未婚で将来結婚をしたい男女20、30代のうち、「結婚生活を送る上での不安要素」として全体で2番目(56.5%)に「経済的に十分な生活ができるかどうか」という経済的な問題を挙げていました。

このことからも、やはり結婚相手となるとこれから一生生活していくパートナーにもなるわけですから、経済的な不安をあまり感じずにいられるような相手を必然と選んでしまうのも当然といえるでしょう。

では、結婚相手に求められる年収はどのくらいだと思いますか?

一般的には最低限でも年収300万円以上といわれています。

逆に高卒や中卒の人からすると、年収がそれ以上であればあるほど、自分のアピールポイントになるということになります。

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/pdf/2-2-2-2.pdf (図表13−1)

2.性格や価値観の一致

次に、アピールポイントとなるのは、「性格や価値観が合うか」どうかでしょう。

いくら高学歴であったとしても、性格や価値観が全く合わない人とは、結婚どころか一緒に生活することも難しいでしょう。

先に挙げた平成26年度の内閣府の調査(※)でも、とくに将来結婚を考えている未婚の20代、30代男性においては実に全体の5割、女性では6割もの人が、結婚に対する不安要素として「配偶者と心が通わなくなる・不仲になること」を理由として挙げています。

このような傾向からも、もちろん学歴や将来の経済的なことも気になる一方で、やはり相手と性格や価値観が合い、心を通わせながら生活できることを男女とも望んでいるのです。

ですから、ここでも世間からみて高学歴とはいえなくとも、自分のアピールポイントとして、性格の良さや相手との近い価値観を相手に知ってもらう努力が必要だといえるでしょう。

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/pdf/2-2-2-2.pdf (表13ー1)

3.相手の事情に寛容

最後のポイントしては、結婚相談所で出会った相手の事情を寛容に受け入れられる姿勢が持てるかどうかといえます。

結婚相談所に登録している人のなかには、さまざまな事情を抱えている人もいます。
たとえば、高齢の親の介護を担っていたり、また親との同居が条件であるという人などです。

現代では、男女とも晩婚化が進み、高齢の家族の介護をしたり、また両親と同居をせざるを得ない事情を抱える人もいるでしょう。

それらの相手の背景をも含めて、結婚相手として受け入れられるかも、たとえ高学歴でなくとも相手にアピールできる大きなポイントといえるでしょう。

↑目次に戻る

学歴がなくても成婚できた人の口コミや体験談をチェック!

では、高学歴ではないからといって誰もが結婚できないかといったら、そうではありませんよね。
あなたの周りにも高卒や中卒でも良い相手と出会い、幸せな結婚生活を送っている人もたくさんいるはずです。

高卒や中卒で結婚した人は、どんな出会いや結婚生活のエピソードがあるのか気になります。

ここでは、とくに高卒や中卒で結婚した人の口コミや体験談をご紹介しましょう。

私は四大卒、夫は工業高校卒業です。

夫の仕事は一部上場会社のエンジニアで、私はフルタイム事務職をしています。

ですが、彼は私の倍は確実に稼いでいます。

さらに、私の母は国立大卒の薬剤師で私の父は高卒です。
恋愛結婚かと思ったら、まさかのお見合い結婚です。

父は今は定年退職しましたが某自動車会社ディーラーの営業で退職前の肩書きは取締役付きの部長でした。
後に年収は1000万くらいだったと母が言っていました。
これまた母より稼いでいます。

学歴よりも男は稼ぐ能力があるか、中身で勝負だと思っています。

私も夫も高卒です。

夫は高卒であっても、就職してたった3年間で400万円近くの預金がありました。

結婚して夫からは多くのことを学びました。

デキ婚でしたが、結婚して20年、子供も4人います。

夫は、子供達にも尊敬され、ここぞというときに父・夫として動いてくれます。

夫婦喧嘩もありますが、幸せです。

大学出たからって何が変わるのかなって。

大卒も高卒も関係ないと思います。

そこで判断すると必ず失敗すると思います。
大切なのはその人の中身や本質だと思います。

私は大卒ですが、中卒の彼と結婚しました。

親は初めは大卒のほうがいいとは思っていたようですが、今では彼の良さを分かってくれています。

いくら良い大学を卒業してても、良い会社に勤めていても、賢くない人はたくさんいると思います。

逆に、中卒で勉強は苦手だったかもしれないけれど、人間として素晴らしい人はたくさんいます。

頭がいい人とそうでない人との差は、学歴で判断されるような勉強が出来る出来ないの違いではないと私は思います。

結婚は、お互いが良ければ何の問題もありませんよ。

私は、高校中退の中卒ですが(専門学校を通信で卒業しました)23歳で結婚。
3児の母、今は専業主婦です。

お金にも特に苦労せず、幸せに生活している方だと思います。

でも、私が今学歴差別のある環境で生活していたら、不幸だったかもしれないと思っています。

私は自分の将来に学歴は必要ないと思って高校を辞めました。

運良く、今の私に学歴は必要ではありません。

私の夫は有名高校を出て四大も出ていますが、学歴は関係のない仕事を選び、その後独立をして、今も毎日生き生きと仕事をしています。

学歴はあって損は無いですが、幸せになれる道具ではないと思います。

幸せに生きていくためのポイントは学歴よりも、人間力だと思っています。

どんなに学歴があっても人間力がなければ、仕事も私生活も大変だと思います。

私の夫は自分の都合で高校中退し、私と付き合い始めた頃は、正社員でペンキ塗りの職人をしていました。

しかし、正社員でも日給で保険加入などもしてくれない会社だったため、私の両親はやはり、結婚することを心配していました。

でも、夫はがんばって転職活動をし、今の会社に中途で採用されました。

そこで私の親も不安が全くなくなったわけではなかったと思いますが、結婚を認めてくれました。

結婚して2年経ちますが今のところ、夫が中卒で困ったことはありません。

夫の頑張りのおかげで、入社2年半で手取り25万前後はもらっています。
もちろんボーナスもあります。
26歳でこれだけもらえれば十分だと思っています。

例えば、子供を私立の小学校にお受験させるなどとなると両親の学歴が影響するかもしれませんが、私たちはそのつもりはありませんし、親戚や友達にも堂々と中卒だと言っています。

これらの口コミや体験談をみると、たとえ結婚した相手が高卒や中卒であっても、仕事を頑張っていたり、人間力に優れていたり、また相手との性格や価値観が合うなどの良いポイントがあれば、幸せな結婚になりうることが、お分かりいただけたと思います。

↑目次に戻る

学歴がなくても大丈夫!カウンセラーのサポートが充実してる結婚相談所3選

高学歴でなくても、ほかの自分の良いアピールポイントを見つけ、それを生かせば、結婚相談所においてもお見合いや成婚に至る可能性が高いことが分かりました。

それでは、最後のパートとして、高学歴でなくても安心して入会でき、そしてカウンセラーなどのしっかりとしたサポートを受けられる結婚相談所を3つご紹介します。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は63.8%
  • 業界No.1の成婚率「27.2%」
  • 無料説明会実施中!
公式ホームページ

婚活のプロである「成婚コンシェルジュ」が、婚活を全面的にサポートをしてくれます。
婚活を進める上で不安に感じることや悩みについて、しっかりとアドバイスをしてくれます。

また、2016、2017年度にはオリコン顧客満足度1位に輝いており、サービスは折り紙付きです。
成婚率は結婚相談所の中ではかなり高い27.2%を誇っており、入会してからの交際率は92.6%とこちらも高い数値を誇っています。

これから婚活を始めようと考えている方はぜひチェックしてみてください!


パートナーエージェントに無料資料請求する

ツヴァイ

ツヴァイ

ツヴァイ

  • イオングループが運営しているので安心
  • 会員数は29,000以上、成婚退会者数は5,000人以上
  • 婚活スケジュールを立ててくれるので、自分のペースで婚活が進められる
  • 20代は入会初期費用が65%OFF
公式ホームページ

会員数29,000名以上を誇るツヴァイも婚活アドバイザーが、成婚に向けてのサポートを積極的に行なってくれます。

また、自分の希望の条件に合った相手の紹介だけでなく、さまざまな視点でどうすれば結婚に至ることができるのか方法を提案してくれます。

また、年間で5,000人以上が成婚しており、実績もかなりある結婚相談所です。

学歴にコンプレックスがある人にも親身になってサポートしてくれるでしょう。


ツヴァイに無料資料請求する

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,584円、月会費12,960円(税込)
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題
公式ホームページ

エン婚活エージェント完全オンライン制の結婚相談所となっており、手頃な価格で婚活を始めることができるのがポイントです。

オンライン結婚相談所と言っても、専任コンシェルジュによるしっかりとしたサポート体制が整っているので安心して婚活を進めることができます!

また、一般的な結婚相談所の初期費用は10万円以上かかるのに対し、エン婚活エージェントでは1万円以内に収めることができ、成婚料も無料となっているのでまさにコスパ最強の結婚相談所と言えるでしょう。


エン婚活エージェントに無料資料請求する

↑目次に戻る

まとめ

さて、今回は結婚相談所での活動において学歴差別はあるのか、また学歴にコンプレックスを感じている場合の対処法などを中心にご紹介してきました。

学歴に自信がある人もそうでない人も、結婚相談所での活動で、多少なりとも学歴が時にお見合いや交際に影響がある場合もあることがお分かりいただけたと思います。

以上のポイントをまとめるとこのようになります。

  • 結婚相手の条件に高学歴を求める人もいるが、男性は高学歴女性を避ける傾向がある
  • 一般的に結婚相談所では学歴フィルターはない
  • 高学歴のみ入会できる結婚相談所もあるが、費用が高額な傾向がある
  • お見合い時は同学歴の相手を求めることが多い
  • 結婚相談所入会のときは学歴詐称ができない仕組みになっており安心して利用できる
  • たとえ学歴にコンプレックスがあっても他の長所をアピールすることで出会いはある
  • 学歴に不安がある方におすすめな結婚相談所はパートナーエージェント 」「ツヴァイ」「エン婚活エージェント」

いかがでしたでしょうか?

学歴は、その人を判断する一つの要素でしかありません。
学歴にこだわり過ぎて、目の前にいる運命の結婚相手を逃さないよう、相手のほかの良い長所も見つけられるようにすると、あなたの成婚への道のりはよりスムーズになるに違いありません。

最終更新日: 2019-02-07

タグ:
婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【口コミあり】鳥取でおすすめの人気結婚相談所ランキング!料金・コースを徹底比較
【口コミあり】鳥取でおすすめの人気結婚相談所ランキング!料金・コースを徹底比較
結婚したい女医には結婚相談所がおすすめ!結婚生活がうまくいく男性の特徴
結婚したい女医には結婚相談所がおすすめ!結婚生活がうまくいく男性の特徴
結婚相談所では無職の女性でも結婚できる?婚活する際のアピールポイントと注意点
結婚相談所では無職の女性でも結婚できる?婚活する際のアピールポイントと注意点
結婚相談所にも詐欺はある?詐欺師の見分け方と騙されないための注意点
結婚相談所にも詐欺はある?詐欺師の見分け方と騙されないための注意点
【離婚歴あり】結婚相談所をおすすめするワケと離婚理由を伝えるタイミングを総まとめ
【離婚歴あり】結婚相談所をおすすめするワケと離婚理由を伝えるタイミングを総まとめ

「結婚相談所」に関する記事

結婚相談所の記事は他にも多数!

【口コミあり】結婚相談所に学歴差別はある?学歴がない場合の対処法とは
【口コミあり】結婚相談所に学歴差別はある?学歴がない場合の対処法とは
新婚活術を提案!結婚相談所BELINDAの強み・活動内容を徹底取材してきた
新婚活術を提案!結婚相談所BELINDAの強み・活動内容を徹底取材してきた
【口コミあり】島根でおすすめの人気結婚相談所ランキング!料金・コースを徹底比較
【口コミあり】島根でおすすめの人気結婚相談所ランキング!料金・コースを徹底比較
結婚相談所の乗り換えって普通にあるの?乗り換える理由と注意点を総まとめ
結婚相談所の乗り換えって普通にあるの?乗り換える理由と注意点を総まとめ
結婚相談所でも遠距離の交際はできる!成功するためのコツと注意点
結婚相談所でも遠距離の交際はできる!成功するためのコツと注意点

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら