1. 婚活・恋活 >
  2. 結婚相談所 >
  3. 婚活のコツ >
  4. 結婚相談所で婚活するなら貯金額も大切!女性が求める貯蓄額と相手に伝えるタイミング

結婚相談所で婚活するなら貯金額も大切!女性が求める貯蓄額と相手に伝えるタイミング

結婚相談所での婚活にあたり、相手に求める条件として実は職業や収入以外にも貯金額が大切な要素の一つとなっているのはご存知でしょうか。とくに婚活女性にとっては、相手男性の貯金額は自分の理想の結婚ができるかを判断する決め手の一つになり得ます。今回は、婚活男性に求められる貯金額やそれを相手に伝えるタイミングなどについてご紹介します。

結婚相談所の婚活では貯金額も大切なの?

婚活のコツ 結婚相談所の婚活では貯金額も大切なの?

結婚相談所での婚活で、相手から求められる条件として貯金額が重要な位置を占めていると考えたことはありますか?

特に女性は相手男性に対して、ある程度の貯金有無を求める傾向があります。
その貯金額が、職業や収入と同じく結婚する相手を見極める点において大切なポイントになることも。

なぜ婚活男性の貯金額が婚活において大切なのか?
どのくらい貯金があると良いとされているのかなど詳しくみていきましょう。

貯金ゼロだと浪費癖があると判断される

そもそもの前提として、貯金がまったくないという人は、男性でも女性でも生活感覚がどうなっているのか疑われても仕方がありません。

社会人で、しかも給与所得者あれば、よほどの事情がない限り毎月の給料があるわけですから、貯金もたとえその額が少なくとも多少はあっていいはずです。
働いているのに貯金がないとなると、浪費癖や金銭感覚の違いを疑われ相手に結婚対象としてみてもらえない可能性も高いといえるでしょう。

貯金のある相手の方が安心できる

もし結婚相談所で同じような条件の相手と出会った場合、貯金がある人とない人だと、あなたはどちらを選ぶでしょうか。

選ぶ側が女性であれば、貯金のある男性を間違いなく選ぶでしょう。
貯金のある男性は、貯金のない男性よりも確実にモテるはずです。

もちろん様々な事情があり蓄えがないという場合でも、結婚することはできます。

しかし男性側に貯金がないまま成婚退会したあとは、結婚式や新婚旅行、新生活に向けて多くの費用がかかってきます。

もしかすると、お互いの人生のなかで最も費用のかかる期間になるかもしれません。
この時期を二人で今後乗り越えられるでしょうか。

女性にとっては一生のうちでも最も大切な結婚・新婚期間を、お金のことを気にして過ごさなくてはいけいという事態はなるべく避けたいもの。

そのような理由から女性の方は、少しでも貯金や蓄えのある男性と結婚をしたいと思うのは当然の成り行きといえるでしょう。

こちらの記事も参考になります。
参考にしてください。

↑目次に戻る

結婚前にいくら貯めればいいの?女性が男性に求める貯金額

では具体的に、結婚前にどのくらい貯金があることが理想なのでしょうか。

とくに女性が男性に求める理想の金額は300万〜500万円程度と言われていますが、女性側が結婚後にどのレベルの生活を送りたいと思っているのか、また結婚に当たって費用がかかると言われている結婚式や新婚旅行にどのくらいの規模のものを希望しているかにもよるでしょう。

相手男性の年齢にもよることが多く、勤続年数の少ない20代の一般的なサラリーマンであれば、女性側も男性に対しあまり多くの貯金を望まないでしょう。

一方で収入が上がってくる30代やアラフォー世代になってくると、その勤続年数や収入に応じた貯金額を希望する女性が多くなります。

それでは、それぞれのポイントについてご紹介します。

勤続年数や年収によって異なる

上述のように、女性が相手男性に求める貯金額は男性の勤続年数や年収により異なると言えます。

ちなみに、30代男性の平均年収はおよそ485万程度で、30代前半だと457万円、30代後半のアラフォーになると512万円程度との調査結果があります。
(※)

さらに、貯金額になると、単身の30代平均の貯蓄額は589万円ですが、中央値としては83万円となり、一方で30代でまったく貯金をしていない男性はおよそ40%にも及ぶとのデータもあるから驚きです。
(※)

実際には、収入はその職種や勤続年数、学歴によっても異なります。
女性としても、そのような背景や統計結果も考慮すると、より相手の貯金額に対して判断をしやすくなるといえるでしょう。

※国税庁 平成28年分民間給与実態統計調査
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/000.pdf

※金融広報中央委員会 平成30年 家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)
https://www.shiruporuto.jp/public/data/movie/yoron/

年収に関してはこちらの記事も参考になります。
併せて目を通してみてください。


結婚式や新婚旅行の希望によって異なる

女性が男性に求める貯金金額は、

  • どのような結婚式をしたいのか
  • 新婚旅行は行きたいのか、行かなくてもよいのか
  • 行くとすれば国内なのか海外なのか

などの希望によっても異なるといえるでしょう。

現在の結婚式費用の平均は約360万円といわれ、さらに新婚旅行も国内なら沖縄でも30万前後、海外だと場所にもよりますが、確実に国内旅行よりも高い費用がかかります。
観光シーズンやホテルのランクなどにも旅行費用の変動はあるでしょう。

理想は300~500万程度

女性にとって、結婚式や新婚旅行も含めて、結婚は人生の一大イベントでもあります。

結婚式も新婚旅行も、お金が許すのならできるだけ盛大に贅沢をしたいという夢があります。

女性の中には、結婚相手に1,000万円以上の貯金を望む人もいますが、全体としては300〜500万円程度を希望する女性が多いといえます。

さらに結婚式や新婚旅行の費用は男性側の貯金だけに頼るのでなく、自身の貯金額も合わせて上述の300〜500万円程度になれば良いという女性も実際にいます。

このあたりはばらつきがある部分です。
この後解説するように、貯金額を言うタイミングが重要になってくるでしょう。

↑目次に戻る

婚活中に貯金額を伝えた方が良い?相手に話すタイミングとは

婚活のコツ 婚活中に貯金額を伝えた方が良い?相手に話すタイミングとは

結婚を望む女性にとって、男性側の貯金額が大切な意味を持っていることが分かりました。

では実際の婚活では、

  • 相手に自分の貯金額を伝えるべきなのか
  • 伝えるならどのタイミングが良いか

など詳しくみていきたいと思います。
参考にしてください!

婚活相手には貯金額を伝えるのが無難

もちろん、婚活相手全員に貯金額を伝える必要はありませんが、結婚相談所で出会い交際を続ける中で、少しでも相手との将来が見える場合には、貯金額を伝えるのが無難でしょう。

出会いの直後から女性に唐突に貯金額を聞かれることはないと思いますし、女性も相手の職業や年齢、生活水準から大体の貯金額も予測はできるでしょう。

しかし交際が続き、いずれ貯金額を相手女性に伝えるときになった際、その額が女性の理想とあまりに乖離しすぎていると、騙されたと感じてしまう人も中にはいることを考えておくことも必要です。

いずれによ結婚前には相手女性に貯金額を伝えておくのが無難でしょう。

次に、どのタイミングでどのように伝えるのかを詳しくみていきましょう。

仮交際のときに伝える

先ほど、貯金額を伝えるタイミイングとして、相手女性との交際がある程度続き、将来が見えるようになったらとお伝えしましたが、場合によっては交際の早い段階、例えば仮交際のお互いの見極め期間で伝えることも一つの選択肢にはなるでしょう。

ただしその場合は、貯金額が比較的多く、それが自分のアピールポイントとなる場合にのみ有効と考える方が良さそうです。

さきほどご紹介した、女性が望む貯金額を参考にしてみてくださいね。

本交際に発展したとき

次に、貯金額を伝えるタイミングとしては、仮交際から本交際に発展したときです。

本交際は、すでに結婚を前提の交際となっているため、二人で将来設計を考え始める時期に伝えるのが最も適したタイミングと言えます。
結婚相談所における交際期間についてはこちらの記事が参考になりますよ。

ここでお互いの貯金額がわかれば、将来設計がより明確になります。
結婚式や新婚旅行費用はどうするのか、また結婚後の生活や新居についても二人の希望とお互いの貯金額を照らし合わせながら、少しずつ話し合っていくことができます。

一般的に女性は男性よりも早い段階で相手との将来のことを考えています。
そのため相手の貯金額を知ることで、何よりも将来の生活について安心が持てるため、男性への信頼も大きくなっていくでしょう。

相手に聞かれたとき

婚活相手の女性に貯金額を伝えるタイミングは、本交際のときが最も適しているとお伝えしました。

しかし経済的にシビアな考えを持っている女性であれば、本交際が始まる前から、男性に貯金額を尋ねる人もいるかも知れません。

また本交際になっても、なかなか男性が貯金額を教えてくれず、貯金額を自ら言うタイプの男性ではないと女性側が判断すると、いろいろなタイミングを見計らって貯金額や持っている資産について聞いてくる人もいるでしょう。

いずれの場合にも、このまま交際を続けていると相手女性と結婚する確率が高いと思うのであれば相手に貯金額を聞かれた段階、たとえそれが早い段階であっても良いかも知れません。

一方で、もし男性が何らかの事情で自らの貯金額を伝えたくないというスタンスなら、その理由をしっかりと女性に伝え相手の理解を得ることも必要になります。

↑目次に戻る

相手の貯金額を知りたいときは仲人さんに聞いてもらうのがおすすめ

今度は、逆に自分が相手の貯金額を知りたい場合は、どうすれば良いのでしょうか?

結婚相談所には、会員一人一人に専属の仲人さんがいますので、仲人さんに貯金額を聞いてもらうという方法があります。

先ほど少し触れましたが、貯金額を自ら言うタイプではない男性の中には、女性に直接聞かれるのに抵抗がある人もいるでしょう。

仲人さんに聞いてもらえば、早くスムーズに伝わるのでおすすめです!

結婚相談所にはこのように個別に手厚くサポートしてくれるところと、そうでないところがあるので入会前にチェックすることも大切です。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

↑目次に戻る

貯金ができない人でもすぐにできる3つの行動

婚活のコツ 貯金ができない人でもすぐにできる3つの行動

婚活女性にとって、相手男性の貯金額が結婚するにあたり大切な一つの要素であることは分かりました。

しかし、男性のなかには、これまでの習慣から抜け出せずどうしても貯金ができないという人もいるでしょう。

「結婚はしたいが、貯金ができない!」という人に向け、すぐにでもできる3つの行動をご紹介します。

1.貯金用の口座を開設する

口座にお金があるとついつい使ってしまうという場合には、専用の口座を開設して、一部のお金を貯蓄用として移すことも一つの方法です。

はじめから多額のお金を別口座に移さなくとも、必要最低限の生活費や娯楽費以外の余ったお金を毎月少しずつ貯蓄していくこともできます。

これまでお金を余分に使い過ぎていたとう人は、将来の結婚に向け、婚活を始めたことを良いきっかけにして、貯蓄を始めてみることをお勧めします。

2.生活や支出を見直す

貯金をすると決めたら、まずは自分の収入や支出のバランスを見直してみましょう。
生活をしていくのに必要な最低限のお金以外に、普段からお金をかけ過ぎているものはありせんか?

例えば、

  • 携帯電話の利用料金
  • 好きな趣味
  • 外食に使う費用

などはどうでしょうか。
もちろん、息抜きのために趣味などに時間とお金を費やすこともストレスコントロールには大切です。

しかし何事もやり過ぎは禁物。
もしあなたが今後本当に結婚したいと思うのなら、お金に関してもよりシビアにコントロールしなければいけません。

婚活を機に自分の生活全体を見直してみましょう。

3.貯金の目標額を決める

結婚をするために貯金をすると決めても、その目標や期限、用途などが曖昧だと貯金をするモチベーションが保ちにくくなるときがあり、自分の誘惑に負けてしまうこともあります。

結婚のための貯金というモチベーションを持続させるためにも、動機づけを具体的に細かく設定しましょう。

貯金をするにも、いつまでに、どのくらいの金額を貯めるのか、もし貯金が出来て結婚となった場合に、その貯金を将来どの用途で使うのかなど、自分でまとめると、いつか婚活相手の女性に貯金額を伝える際にも役立つに違いありません。

成婚退会後の費用などをカウンセラーに相談する

より具体的に、結婚に向けての準備の中でどのくらいの費用がかかるのか知りたい場合には、結婚相談所のカウンセラーに聞いてみるのも一つの方法です。

もちろん、インターネット検索で大体の相場が分かりますが、実際の現場で結婚をサポートしているカウンセラーには、カウンセラーでしか分からない生の声があります。

成婚退会したあとは、結婚までどのようなステップがあり、それごとにいくらの費用がかかるのか、詳しくカウンセラーに問い合わせてみましょう。

その実情が、貯金をしていくためのより大きな動機になることは間違いありません。
まずは具体的な金額を把握しておきましょう。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は63.8%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり
公式ホームページ

婚活・結婚や将来の生活に向けて、貯金の必要性を十分理解したあとに次にすべきことは、婚活を後押ししてくれる結婚相談所を決めることです。

今回は数ある結婚相談所の中でも業界随一の成婚率を誇る「パートナーエージェント」をご紹介します。

パートナーエージェントの特徴として、

  • 業界No.1の成婚率:27.2%
  • 会員数:11,508人 提携サービスにより紹介可能人数はさらに増える
  • 成婚コンシェルジュが中心となり、専門家が一丸となって婚活をサポート
  • 選べる5つのコースがあり、エリアや地域によって料金は異なる
  • 20代や40〜60代限定の婚活コースがある

このようなものが挙げられます。

貯金が今現在それほどなくとも、パートナーエージェントでの婚活なら、その成婚率の高さから、婚活開始から早い段階で成婚に至る確率も高いはずです。
その分、婚活の費用も少なくなります。

さらに、婚活や結婚までの費用に関しても、成婚コンシェルジュが中心となった婚活サポートチームがいつでも相談に乗ってくれるでしょう。

パートナーエージェントの無料資料請求をする

パートナーエージェントについて詳しく見るには、こちらの記事がおすすめです!
併せてお読みください。

↑目次に戻る

まとめ

結婚相談所での婚活では、とくに婚活する女性にとって、相手男性の貯金額が相手に求める条件として一つの大切な要素になることをお伝えしてきました。

要点をまとめると、以下のようになります。

  • 女性が婚活相手に求める貯金額は、300万〜500万円
  • 貯金がないと浪費癖を疑われたり、結婚生活を思い描くのに不安を持たれる
  • 求められる貯金額は、男性の収入や勤続年数、希望の結婚・新婚スタイルによる
  • 貯金額は婚活時の本交際のときに女性に伝えるのが最も適したタイミング
  • 現在貯金がなければ、生活の収入収支を見直し、すぐに貯金ができる体制を整える
  • 婚活や成婚退会後の費用の相談は、婚活アドバイザーにいつでも相談できる

いくら幸せな結婚を望んでも、それを支えるお金がないと良い条件の人との交際や交際ができたとしても結婚まで辿りつかないということになりかねません。

婚活を機に、自分の生活の収入収支を見直し、貯金がある人はさらに貯金をし、貯金がない人はまずはできることから始めて、意中の女性との成婚を手にしましょう!

最終更新日: 2019-02-25

タグ:
婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

女性無料の結婚相談所はあるの?安い費用で婚活を成功させる6つのポイント
女性無料の結婚相談所はあるの?安い費用で婚活を成功させる6つのポイント
結婚相談所に年収800万以上の男性はいるの?高収入男性へのアピール方法とは
結婚相談所に年収800万以上の男性はいるの?高収入男性へのアピール方法とは
結婚相談所のあるあるとは?婚活や会員に対するあるあるを総まとめ
結婚相談所のあるあるとは?婚活や会員に対するあるあるを総まとめ
結婚相談所には年収1,000万の男性もいる!高年収男性が好む女性の特徴とは
結婚相談所には年収1,000万の男性もいる!高年収男性が好む女性の特徴とは
年収400万の男性は結婚相談所で成婚できるの?女性が結婚相手に求める収入は?
年収400万の男性は結婚相談所で成婚できるの?女性が結婚相手に求める収入は?

「結婚相談所」に関する記事

結婚相談所の記事は他にも多数!

【仲人座談会】結婚相談所で素敵な結婚相手を見極めるポイントは何?仲人徹底討論
【仲人座談会】結婚相談所で素敵な結婚相手を見極めるポイントは何?仲人徹底討論
【仲人座談会】結婚はするべき?婚活を早めに始めた方が良い理由をプロに聞いてきた
【仲人座談会】結婚はするべき?婚活を早めに始めた方が良い理由をプロに聞いてきた
幅広いニーズに対応!エクシオジャパンの結婚相談所ブライダル情報センターを徹底取材
幅広いニーズに対応!エクシオジャパンの結婚相談所ブライダル情報センターを徹底取材
結婚相談所には年収600万の男性もいる!世帯年収600万の結婚生活とは
結婚相談所には年収600万の男性もいる!世帯年収600万の結婚生活とは
【結婚相談所の現実】結婚相談所のよくある誤解や理想との違いを総まとめ
【結婚相談所の現実】結婚相談所のよくある誤解や理想との違いを総まとめ

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら