1. 婚活・恋活 >
  2. 結婚相談所 >
  3. 婚活のコツ >
  4. 結婚相談所のあるあるとは?婚活や会員に対するあるあるを総まとめ

結婚相談所のあるあるとは?婚活や会員に対するあるあるを総まとめ

テレビCMや雑誌などで多々取り上げられている結婚相談所ですが、その婚活内容や中身については余り知らない方も多いのではないのでしょうか? そこで今回は、会員の方の口コミを参考に、婚活あるある・会員あるあるを紹介していきたいと思います。 これから結婚相談所の申し込みを検討している方は、ぜひ参考にして下さい。

結婚相談所のあるあるって?

婚活のコツ 結婚相談所のあるあるって?

最近では良く知られている結婚相談所ですが、実際に会員の話や本音を聞いた事はありますか?結婚相談所の存在を知っていても、実際はどういうところなのか知らない人もいますよね。

今回はそんな人のために、実際に結婚相談所で活動している男性や女性の口コミをみて結婚相談所のあるあるをご紹介します。
結婚相談所の利用を考えている人は是非最後までお読みください!

結婚相談所について詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

婚活中のあるある

まずは男女に共通する婚活あるあるをチェックしましょう。
これから結婚相談所での婚活を考えている人はインプットしておいてください!

入会からしばらくすると申し込みがこなくなる

婚活のコツ 入会からしばらくすると申し込みがこなくなる

結婚相談所に登録していますが、なかなかお見合いが成立しません。

相談所に入会した時は、1ヶ月に5~7人位の申し込みはありましたが、 3ヶ月くらいからはまったく申し込みがなくなってしまいました。
こちらから申し込んでも、お返事がなくなかなかお見合いが成立しません。

相談所経由で、お見合いを申し込んだ場合、お返事はどのくらい待てば、いいのでしょうか?相談所の入会規約には、お見合いのお断りがあっても連絡せず、14日待っても連絡がない場合はお見合いが成立しなかったとの事らしいです。

入会してすぐの頃は、新着情報として目立つところにプロフィールがあることが多く、入会してすぐの人は仮交際をしている可能性が低いので既存会員にとってはねらい目です。
興味があればすぐにお見合いの申込みをしてくれます。

【結婚相談所での交際とは?】
仮交際と真剣交際の2種類が存在します。

仮交際とは、お見合いした後、次に会う約束ができる状態のことです。
この時点では他の人ともお見合いや仮交際することができます。

真剣交際とは、仮交際後、結婚を前提にお付き合いする状態のことです。
当然相手を1人絞る必要があるので、他の人とお見合いや仮交際することができません。

3か月も経つとプロフィールも新規会員が増えたことで目立ちにくくなってしまうので、申し込みがこない状態になってしまいます。

この状態になってしまうのを避ける方法は2つです。

  • 入会バブルを利用して結婚相談所を乗り換える
  • 仲介型の結婚相談所を利用する

結婚相談所を転々とする方法があります。
こちらは少し手間がかかってしまいますが、結婚相談所を乗り換えることで申し込みされ続けることができます。
ただ、あまりにも転々としていると、何か原因があるのではないかと結婚相談所の入会を断られてしまうこともあるのでやりすぎには注意しましょう。

また仲介型の結婚相談所であれば毎月一定人数のお相手をコンシェルジュが紹介してくれるので、誰ともお見合いできなくなってしまうことを防ぐことができます。

入会バブルについて詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください!

容姿は大切だと感じる

婚活のコツ 容姿は大切だと感じる

婚活サイト、申し込みのある人ない人

婚活サイトでは条件の良い方には申し込みが殺到するけれど、それ以外の方にはほとんど申し込みがないのが現実なのでしょうか?

やはり綺麗な20代の女性に申し込みが殺到しているようです。
私は34歳で綺麗じゃないので、そりゃそうだ~と受け止めてはいます(笑)
1週間ほど経ちましたが、恥ずかしながら申し込みはゼロです。
お気に入りに入れて下さってる方は何人かおられるのですが、特にリアクションはなし…(^^;

もちろん待ってても意味ないのでこちらから動いてますo(^o^)o
が、ふと現実はどうなのかな~と思い質問させていただきました。

単に私がダメすぎるだけで、普通は34でも女性なら殺到するものなのかな…(^^;

特に男性は歳を取っていても、相変わらず20代の女性など若い人に申し込む傾向があります。
30代女性は容姿が綺麗であっても20代女性に比べて申し込み数が少ないです。

結婚相談所で活動しているのは30代や40代がメインですが、女性の年齢は男性に重視されやすく、35代あたりになると一気に恋活が難しくなっていきます。
結婚したいなら早めの活動をおすすめしますよ。

これは結婚相談所だけに限らない話です。

また結婚相談所での活動において、過去にモテていた30代女性は注意しなければいけないことがあります。
このような女性は相手に高い条件を求める傾向があるので、申し込みされても相手が条件に合わないところが少しでもあればお見合いを断ってしまう人が多いです。

申し込みされて、いくつか求める条件に合っていなくても会ってみるようにしましょう。
恋愛と結婚は違います。
恋愛の時に相手の求める条件としてあげていたことが、結婚してからそれほど重要でなかったことに気づく人はたくさんいます。

またタイプでないからといって、「会いましたよ」と上から目線の態度でお見合いしないでくださいね。
積極的に相手のことを知ろうとすることが大切です。

それなりの人しかいない

婚活のコツ それなりの人しかいない

私は結婚相談所に登録している20代半ばの女性です。

相談所に登録している男性のプロフィールを見ていると、20代後半~40代後半の間の方で年収が280万円以下の方が非常に多くてびっくりしました。

正直、それだけしか年収ないのに結婚して家族を養う気はあるのか?と聞きたくなります。

その方々の詳しい仕事内容は知りませんが、営業職など仕事を選べば充分な収入が得られる仕事はあるはずのに(私は営業職で年収480万です)、視野が狭い考えかもしれないですが、結婚を考える前にお金を稼ぐ努力をしてほしいと思います。

女性の収入を充てにするつもりなのでしょうか、女性が育休・産休に入ったら収入はゼロになります。
職場復帰後も時短勤務、営業職のようにバリバリは働けませんので育児しながらでは十分な収入が得られません。

結婚相談所に登録している人は、良縁に恵まれなかった人が多いです。
異性が重視する傾向のある条件があまり良く無いと相手に選んでもらいにくくなるからです。

結婚相談所のプロフィールで男女別に重要視するのは以下のものです。

  • 多くの女性が重視するもの:身長、年収、学歴
  • 多くの男性が重視するもの:容姿、年齢

上記のことに加えて、内面などの入ってきます。
お見合いしても交際に発展しない場合は内面に原因があることが多いですが、申し込みすら来ない場合は特に上記の条件があまり良く無い可能性があります。

上記の口コミでは「女性の収入を充てにするつもりなのでしょうか」と質問されていますが、それには理由があります。

女性は育休や産休時に収入が入らないことを不安に思っている人が多いので、その間きちんと生活費を稼いで養ってくれる男性を求める傾向があります。

あまり年収がない男性は、子育てにとても積極的であることをアピールして、年収が低くてもさほど気にしない女性を求めましょう。

もしこの口コミにあるように職種を変えて転職を検討するなら、こちらの求人情報・転職サイトdoda(デューダ)が調査したこちらの職業別平均年収の統計を参考にしてくださいね。

婚活のコツ それなりの人しかいない
出典:doda.jp

次に20代,30代,40代の平均年収を見てみましょう。

婚活のコツ それなりの人しかいない
出典:doda.jp
婚活のコツ それなりの人しかいない
出典:doda.jp
婚活のコツ それなりの人しかいない
出典:doda.jp

※棒グラフは男女合計の割合です

女性が結婚相手の男性に希望する年収500万円以上を満たしている人は、20代では全体の30%30代では35%ほどしかいません。
40代になってやっと平均年収が500万以上です。

ただ30,40代では男性と女性の平均年収が100万以上差があるので、実際はもう少し年収500万以上をかせいでいる人の割合は多くなります。

500万以上の年収の男性と結婚したい20,30代女性は、同年代でハイスペックな男性はモテやすく、すでに結婚している可能性が高いことを覚えておいてくださいね。

仕事一筋で出会いがなかった高スペックな人も結婚相談所にはいますが、他の女性も狙っている可能性が高く、ライバルも多いことを覚えておきましょう。

また自分が選ばれる側の人間であることを忘れずに、ある程度相手に求める条件を低くして婚活していくことがとても大切です。

いい人で終わってしまう人が多い

婚活のコツ いい人で終わってしまう人が多い

婚活中です。

パーティーやお見合いに行くと、幸運なことに性格的にも条件的にもなかなか良い人とお話しできることが何回かありました



生理的に受け付けない見た目とかではなく、人間として幸せになってほしいなあと思えるような優しい男性ばかりなのですが、何故かそのお相手を好きになれません。

気に入っていただいても私のテンションが上がらないので、次第に疎遠になったりお断りしたり…となってしまいます。

真面目でおおらかで健康な方だったら一緒になりたいと思って活動してるのですが、好きになれないのでかなり焦っています。

むしろこんな人とは絶対イヤ!とかだったらサクサク次に出会いを求めるのですが、そういうわけでは決してないので悩んでしまいます…。

結婚相談所に登録している男性には、女性に積極的にアプローチできる男性は少ない傾向があります。
そのため優しい男性が多くあつまっています。

ただ優しすぎたり、いい人と思われすぎたりするのも逆効果です。
こんなことをしてしまっていませんか?

  • 他の人にも優しすぎる
  • 我慢しすぎている
  • 心配しすぎる
  • 主体性がない
  • 頻繁に謝っている

他の人にも優しいのはとても良いことなのですが、特別感が失われてしまいます。
特に女性は男性から特別扱いされたいと思っていることが多いので、モテにくくなってしまいます。

感情を抑えて我慢することは大切ですが、我慢しすぎは禁物です。
女性は男性にリードしてもらいたい、頼りたいと思っている人が多いです。
主体性がないことにも言えますが、自分の意見をビシッと言える男性の方がモテますよ。

男性から積極的になってほしいと思っている女性にとっては、いい人なんだけどそれ以上ではないと物足りなさを感じてしまいます。

心配しすぎるのも良くありません。
最初の内は優しい人だなと思われることが多いですが、そのうち「いちいち聞いてこないで!」とイライラされてしまう可能性があります。

きちんと謝ることができるのはとても良いことですが、それもやりすぎてしまうと頼りない人だと思われやすくなり、逆効果です。
よく謝ってしまう男性は周りの人からの評価を気にしすぎている可能性があります。

例えば電車の遅延などで約束した時間よりも遅れてしまったとき、「長い間待たせちゃってごめんなさい」ではなく、「長い間待ってくれてありがとう」と伝えましょう。
謝罪ではなく、感謝の気持ちを使うことで少しは謝る回数を減らすことができます。

良いと思った人とは交際に発展しない

婚活のコツ 良いと思った人とは交際に発展しない

婚活をしていて、好きな人ができました。
相手の方も婚活をしている方で、その中で私の事を気に入ってくれました。
ですが、私が正直に「別の人と会う予定があったがあなたのことが好きになったので断った」と言ったら、同時進行していたことがお気に召さなかったようで、その後音信不通になってしまいました。
私は諦められない気持ちが強く、一方的ではありますが、謝罪の言葉と諦められない気持ち、好きになった気持ちなどを時たま送ってますが、もう諦めたほうがよいでしょうか。

婚活をするにあたって、最も大切なのはお互いの気持ちが一致することです。
いくら自分が結婚したいと思っても、相手がどう思っているかはわかりません。
中には巡り合わせが悪く、自分がいいと思った相手とはなかなか交際まで発展しないという人もいます。

それでも諦めずにまたいいと思える人を探していけば、いつかは交際まで発展する相手も見つかるので、焦らず自分のペースで婚活していきましょう。

交際を断った相手が一番よかった

婚活のコツ 交際を断った相手が一番よかった

お見合いで一度こちらからお断りした方ともう一度お会いしたいというのはやはり失礼でしょうか?
(断られた相手からもう一度会いたいと言われるとひいてしまいますか?)

10日程前に初めてお見合いをしました。
翌日お会いする約束をしていたのですが、こちらからお断りをしました。

相手の方には好意を持って頂き、「お願いします」と言われましたが、私は喫煙者が苦手でその相手は喫煙者でした。

部屋では吸わないなど譲歩した条件を言って下さったのですが、それがどうしても気になって。

しかしそれ以外はとてもいい方で私も交際してもいいと思いました。

翌日もお会いすればよかったのですが、会ってよくよくは禁煙をして欲しいなどと頼んで断られるのが怖くて会いに行けませんでした。
今は譲歩して頂いたのだからそれでも良いと思ってます。

もう一度お会いしてよく話してみれば良かったと後悔しています。

もっといい相手が見つかるかもと交際を申し込まれたときはつい断ってしまったものの、後になって考えてみたらこの人が一番よかったと思うのは婚活でよくあることです。

もう一度その人に自分から申し込んでみるというのは勇気がいりますが、後悔を抱え続けるよりも一度勇気を出して自分の気持ちを伝えてみましょう。
諦めるのはそれからでも遅くありません。

理想の相手が県外の人

婚活のコツ 理想の相手が県外の人

婚活当時、私は横浜市で、相手女性は千葉市でしたが、普通に東京都内でデートしてましたよ。

電車で1時間までの距離だったら、あまり気になりません。

気にするとしたら結婚後、どこに住むかの問題です。

ともに働いているなら勤務地に近い方がいいし、お互いの中間距離にある住みやすい街に新居を構えるのもいいですし。

ただ遠すぎると会うのも大変です。
気楽にデートできなくなると会う頻度も減り、2週間に1回会うくらいだと、なかなか二人の心の距離も縮まりません。

隣県であればさほど問題にはなりません。
県を1つ程度またぐのであれば、少し大変にはなりますが大体1、2時間程度かけて中間県に行けばデートをすることができます。

せっかく理想に近い相手を見つけることができても、その人が県を2つも3つもまたぐようなところに住んでいる場合はデートが気軽にできませんよね。
また将来的にどちらで暮らすのかも問題になります。

しかし遠距離交際でも結婚することができます!
体験談付きで結婚相談所の遠距離交際についてこちらの記事で紹介しています。
参考にしてくださいね。

好みではなかった男性を好きになる

婚活のコツ 好みではなかった男性を好きになる

妥協しないと結婚は出来ませんか?

結婚相談所に登録しています。

担当者から30代女性の婚活は妥協しないと結婚出来ないって言われます。

妥協して結婚した方は、結婚後して後悔はありませんか?

これは結婚相談所での婚活に限らず恋活でもいえることなのですが、男性の好みのタイプがはっきりとしていると思っていても、そのタイプとは全く違うタイプの男性を好きになってしまうことがあります。

自分では全く気付くことができなかったことが分かるのでとても面白いですよね!

これは相手を恋人としてみているか、結婚相手としてみているかの違いもありますが、外見やスペックだけでなく相手の内面に目を向けた結果であることもあります。

女性会員のあるある

結婚相談所での婚活あるあるだけでなく、男性会員と女性会員とでも異なったあるあるがあります。

  • 女性は年齢学歴年収などが重要視される
  • サクラと勘違いされてしまうこともある

女性は上記のことが特徴としてあげられます。
それぞれ詳しく見ていきましょう。
結婚相談所での婚活を考えている女性は必見です!

若い女性はモテる

婚活のコツ 若い女性はモテる

知人女性が結婚相談所に行った時の話です。

当時アラサーだった彼女、自分に年齢のあう人は「自分の年齢も考えず、若い女の子ばっかりに群がっている」と言っていました。

自分の望むものと、相手の望むもののギャップに驚いた一瞬だったようです。

結婚相談所で活動するアラサーアラフォーの女性などは、男性が年代を問わず若い女性にばかり目を向けていると感じる人が多くいます。

先ほど紹介した通り、これは事実です。

男性は同世代から下の年齢をいくつになっても相手に求め続け、女性は20,30代女性は同年代から上の年齢を求めるのですが40,50代になると年下も求めるようになります。

40代の男性から見ればアラサーの女性も十分若いのですが、より若い20代前半の女性を求める人がたくさんいます。
特に子どもが欲しい男性は妊娠しやすく、出産のリスクが少ない20代女性を好む傾向が強くあります。

また出産を考えていない30代女性は同世代や年下の男性から申し込まれることがより少なくなり、子どもを諦めている年上の40代や50代男性から申し込まれやすくなります。

これらは結婚相談所での婚活だけでなく、マッチングアプリの婚活でも同じです。
この男女の差を埋めることで結婚しやすくなります。

35歳を境に人気が落ちる

婚活のコツ 35歳を境に人気が落ちる

婚活して35歳で結婚しました。

確かに35歳overは申し込みは減ると思いますね。
理由は30代の男性の希望から外れてくるからです。
そして40代からの申し込みは増えてくると思います。
今は40代の男性も多いから、それなりに貰えると思いますが。

女性にとって35歳は1つの壁になります。
結婚適齢期が35歳までであり、35歳を超えて初産だと子どもを授かるのが難しくなると言われているからです。

なんとなくそういったことを聞いたことがある男性も多いので、女性に対しては35歳を境目として人気が落ちやすくなってしまいます。

35歳女性の婚活についてより詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてくださいね。

以下の記事はアラサー女性の体験談です!同世代女性が実際に婚活した話はとても参考になります。

スペックが高いとモテない

婚活のコツ スペックが高いとモテない

はっきり言って日本では女は賢くないほうがいいのですよ、少々おバカさんでも常識をわきまえていれば可愛いほうが男性からすれば、そのほうがいいのですよ。

これは婚活に関してだけの事ですから気にしないで下さい。

結婚相談所にサクラは存在しません、高額な所もありますがリーズナブルな所もあります、どちらでも結果は同じです。

結婚相談所は怖い所ではありません、そんな話はここでも聞いた事はありません。

簡単に言えば結婚相談所とは結婚相手の名簿を買うようなものです、そこから合いそうなお相手を探して会ってみるだけです、あとは2人の相性次第です。

自分より優秀な可能性が高くなる、スペックの高い女性に対しては苦手意識を抱く男性が多いので、そういった女性はモテにくくなってしまいます。

平成31年度の東京大学の入学式で読まれた祝辞でも、高学歴の女性は自分の学歴を隠そうとしてしまうことが話題になりましたよね。

日本では今でも男尊女卑の思想が根付いています。

最近ではその傾向も減りましたが、いまだ男性が女性に負けるのは情けないと思っている男性が多くいるのが現状です。
男性がレストランなどで無理矢理女性に奢ろうとするのもこういった心理から来ています。

自分よりも高学歴な男性を求める場合は婚活の効率が良くなりますが、相手に学歴を求めない女性にとっては自分の高学歴によって婚活が不利になってしまいます。

また年収においても男性の方が高くないといけないという意識が彼らの中にあるので、あまりにも年収が高い場合はモテにくいです。

ハイスペック女性に関する詳細はこちらの記事も参考にして下さい。

サクラかと聞かれることがある

婚活のコツ サクラかと聞かれることがある

一度だけ参加したことがありますが、初めての参加にもかかわらず、
サクラだと勘違いされました。

話さなければ何も始まらないし!と思い、笑顔で自分から話しかけていたら
「慣れているんですね。
失礼ですがサクラではないですか」というようなことを言われ
ショックでした。

あくまでも私が参加した回の印象ですが、おとなしく、積極的になれない男性が多く、
あまり自分が積極的になると引いてしまうようなタイプが多かったです。

男性の話をおとなしく聞くほうが良いのかなぁ~?と思いました。

一時期出会い系サイトなどに多かったサクラの存在を今も疑っている人はいます。
男性が女性を疑ってしまいやすい行為は以下のものです。

  • ボディタッチを頻繁にしてくる
  • よく男性を褒める
  • メッセージのやり取りで頻繁にハートマークをつけてくる
  • 露出の多い服装

女性同士で会話しているときに、無意識にボディタッチをしあっていることは多くあります。
しかし男性同士ではあまりボディタッチをしないので、男性はボディタッチをされることにあまり慣れていません。

そのため男性は滅多にされないボディタッチを異性にされるとドキッとしてしまいやすいです。
男性はサクラや男遊びをしている女性のほとんどが、そのことを知っていると思っているので、親しくないのにボディタッチをしてくる女性に警戒心を抱きやすいです。

男性は褒められたい願望が強いので、よく褒めてくる女性も疑ってしまう傾向があります。

気がないのにも関わらず、男性に対するメッセージの語尾にハートマークをつけて送信してしまう女性もいます。
女性同士でもハートマークを語尾につけて送ることがあるので、自然に男性にも送ってしまいます。

しかし多くの男性はそのことを知りません。
自分のことが好きだからハートマークを送ってくれたんだと勘違いしてしまいます。
このように男性がハートマークを勘違いしやすいことを知っていてやっているのではないかと疑ってしまう人もいるので注意が必要です。

疑いやすい男性は特に自分に自信がない男性過去に女性に裏切られた経験がある男性に多いです。
積極的に自分へ話しかけてくる女性がいるわけないと思ってしまいやすく、男性に慣れていて、恋愛経験豊富に見える女性をサクラと疑ってしまいます。

気に入った男性がこのようなタイプであったら、相手に真剣さを伝え、信用してもらうことが大事です。
なかなか警戒心が取れることがないので難しいですが、地道に以下のようなことをしてみましょう。

  • 嘘はつかない
  • 自分のことをたくさん話す
  • 特別であることを伝える

嘘をつけばつくほど信頼度は下がっていきます。
信頼関係を築くのはかなり時間がかかりますが、壊すのは一瞬です。
修復しようと思ってもただ信頼関係を築くのとは比べ物にならないほどの時間がかかります。
バレてしまう恐れがあるなら、嘘はつかず、正直に話すことを心掛けましょう。

返報性の法則を知っていますか?人は相手にしてもらったことと同じ分だけ相手に返そうと思う傾向があることです。

自分が相手に心を開示すればするほど、相手も心を開示してくれるようになります。
相手に質問ばかりせず、まずは自分から自分のことをさらけ出すようにしましょう!

またこういった自分の話をするときに特別感を足すとより良い効果を得ることができます。
ハード・トゥ・ゲット・テクニックといい、特別感を出すことで相手との距離を縮めることができます。

相談事秘密を話すのをおすすめしますよ!彼に「秘密だよ!」と言っておきながら他の人にも言ってしまうことだけはしないように注意してくださいね。

男性会員のあるある

男性会員にも異性の会員に重視されやすいことがいくつかあります。

条件が良いとモテる

婚活のコツ 条件が良いとモテる

婚活パーティーに30回以上参加した男です。

やはり経済面は大事ですね。

年収と職業です。

安定して稼いでくれる仕事かどうか?

もちろん、ルックス(顔、慎重、体型)とコミュ力も大事ですね。

その他、年齢、学歴、資格、趣味、性格、価値観、フィーリング、出身地、長男?次男?、、、など総合的に判断されるでしょう。

女性会員が特に注目しているのは男性の容姿よりもプロフィールです。

先ほど紹介した通り、男性は特に年収が多いのがステータスとなります。
年収500万円を境目として人気は高く、申し込み数もかなり変わります。

女性はお金しか見ていないのかと憤りを覚える人もいますよね?
出産や育児による休暇中に収入が得られないので、夫の収入がないとその間の生活や育児が不安だと感じている女性がほとんどだからです。

以前よりも改善されてきてはいますが、出産や育児で休む必要がある女性は転職や再就職も男性より難しいので、出産後の生活にも不安を抱いています。

最近の若い女性は共働きしなければ、子育てできないことを知っている人がほとんどです。
確かにただ楽をしたくて年収が高い男性を選んでいる人もいますが、ほとんどの女性がそういった理由で選んでいるわけではないことを覚えておいてくださいね。

他にも将来性役職学歴など女性が見ている条件は様々ですが、これも年収に大きくかかわってくることが多いからです。
また年々大学に行くことが昔に比べて当たり前になってきているので、大卒以上であることを条件にしている人もいます。
特に高卒や中卒の男性は選ばれにくくなります。

外見やスペックを重視する女性の場合、他の女性がうらやましがるような夫が良い、夫を自慢したいと思っている人もいます。
いい条件がそろっている人ほど多くの女性からモテることは間違いありません。

相手のことを知る情報がまずプロフィールなので、内面を見てもらえないことが多く、条件があまりよくないと婚活が難しいことが多いです。

口コミにあるようにコミュニケーション能力も重要視されます。
結婚生活において話し合えることは大切だからです。
あまり恋愛経験のない男性にとって女性とのコミュニケーションは大変ですが、以下のことをまず押さえておきましょう!

  • 強張った表情をせず、笑顔で接する
  • 女性は共感してもらうのが好き
  • 相手の目をしっかり見て話す
  • 自信を持つ

話す内容ではなく、まずは会話する姿勢を気にしてみましょう。
自信は筋トレや姿勢を正すだけでも変わってきますよ。

マイナスな部分があるのなら、魅力的なプロフィールを作成して他で勝負しましょう!魅力的なプロフィールの作成方法はこちらの記事を参考にしてください!

年収が低いと断られる

婚活のコツ 年収が低いと断られる

結婚相談所行ってほとんどの女性の方から、年収の少ないなで、嫌です。
と断られました。
年収300万ぐらいです。
現在の女性は年収最低いくらあったらいいんですかね。
現在の女性は金にしか興味ないのですかね。
ある意味腹が立ちます。

年収が低ければたとえ女性にお見合いを申し込んでも断られてしまうことが多くなります。
また年収が低すぎると結婚相談所の入会自体断られてしまうこともあります。

少し年収が希望よりも少ない程度であれば、夫婦共働きを前提とした結婚生活はさほど問題ありません。
想定する年収よりもかなり低いと、女性は将来に不安を感じ、断わってしまいます。

上記の口コミのように結婚相手に外せない条件として最低年収300万円を掲げている女性もいます。

特に年収200万円以下の男性は、お見合いすらしてもらえない可能性が高くなります。

年収が低いとかなり婚活は不利になりやすいですが、年収などをあまり気にせず、内面を見てくれる女性もいます。
年収や学歴が低いからといって婚活を諦めないでくださいね!

結婚相談所に登録している男性の平均年収などを知りたい人は下記の記事もチェックしてください!

↑目次に戻る

あるあるはあくまで一部!評判が高い結婚相談所

結婚相談所のあるあるについて紹介しましたが、このような評価についてはあくまでも一部でしかありません。
婚活の成功率を高めるには、評判が高い結婚相談所をチェックしてみましょう!

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は63.8%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり
公式ホームページ

パートナーエージェントは、全国に30店舗展開している、成婚率No.1の実績を誇る大手の結婚相談所です。

顧客満足度も高く、高い評価に応じた会員数も誇っています。
ミドル世代向けの婚活プランや、シングルマザー向けのプランなども提供している人気の結婚相談所です。

パートナーエージェントでは、会員に専任のコンシェルジュがつきます。
コンシェルジュ同士が連携することで効率よく理想の相手と出会えるような体制を整えていますよ!

仲介型の結婚相談所の中でも特におすすめの結婚相談所です。
入会バブルを避けて婚活したい人は是非公式サイトをチェックしてみてくださいね。

1年以内に交際できた会員は92.6%もいて、成婚退会した会員のうち63.8%は1年以内に成婚しています。

【成婚とは?】
成婚の意味は結婚相談所により多少異なります。
パートーナーエージェントでは、お互いに結婚の意思が固まった後に成婚退会の扱いになります。
婚約をした後に成婚退会になる結婚相談所もあります。

パートナーエージェントについて詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてください。

パートナーエージェントの公式サイトをチェック

ツヴァイ

ツヴァイ

ツヴァイ

  • イオングループが運営しているので安心
  • 会員数は29,000人以上、成婚退会者数は5,000人以上
  • 婚活スケジュールを立ててくれるので、自分のペースで婚活が進められる
  • 20代は入会初期費用が65%OFF
公式ホームページ

イオングループが運営する、全国に51の支店がある結婚相談所のツヴァイは、総会員数約3万人と多くの会員が利用していて、年間でそのうちの5千人以上が成婚退会しています。

恋愛健康診断モテ度チェックなどのサービスを提供していて、価値観マッチングなど独自のマッチング方法を提供していることでも知られています。

ツヴァイはどの年代でも幅広く利用されているのですが、男性は40代、女性は30代の会員が中心となっています。

料金プランもシンプルで、通常のプランの他にも20代向け再婚の方向けのプランなどが用意されています。

無料相談なども可能なので、気になる場合は一度相談しに行ってみてはいかがでしょうか?

ツヴァイについてより詳しく知りたい場合は下記の記事を参考にしてください。

ツヴァイの公式サイトをチェックする

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,584円、月会費12,960円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題
公式ホームページ

オンライン結婚相談所であり、費用の安さから入会しやすい結婚相談所として若い人も気兼ねなく利用しているのが、エン婚活エージェントです。

データマッチング型の結婚相談所で、オンラインであるにも関わらずコンシェルジュがしっかりとサポートしてくれます。

費用が安くてもそのサービス内容は通常の結婚相談所に引けを取らず、オンラインでのマッチングが可能なので忙しい人でも利用しやすいのが特徴です。

日本でも最大級の転職サイトであるエン転職と同じエン・ジャパングループが運営しているので、名前に聞き覚えがある人も多いですよね!

結婚相談所の料金といえば、入会金が高いかもしくは成婚してから数十万円の成婚料が必要となることが多いです。

しかしエン婚活エージェントの場合は入会金9,800円と月会費12,000円(+消費税)だけで、それ以外は特に料金が発生することがない、リーズナブルな結婚相談所です。

エン婚活エージェントについてより詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

エン婚活エージェントの公式サイトをチェックする

↑目次に戻る

まとめ

婚活のコツ まとめ

今回のポイントを整理します。

  • 婚活には、男性会員と女性会員それぞれにあるあるが存在している
  • 男女共通のあるあるも存在する
  • あるあるに関係なく、婚活の成功率を高くするには結婚相談所選びにもこだわろう
  • おすすめの結婚相談所は高い実績を持つ「パートナーエージェント」や「ツヴァイ」、利用しやすい「エン婚活エージェント」
  • あるあるにとらわれ過ぎないようにしよう

婚活など多くの人が同じ目的で活動している場合はその人たちの共通体験、いわゆるあるあるが存在します。
ただしあるあるは絶対ではありません。

あるあるにとらわれ過ぎず、婚活をスムーズに成功させるには結婚相談所選びから慎重に行いましょう。

最終更新日: 2019-04-23

タグ:
パートナーエージェント エン婚活エージェント ツヴァイ 婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

女性無料の結婚相談所はあるの?安い費用で婚活を成功させる6つのポイント
女性無料の結婚相談所はあるの?安い費用で婚活を成功させる6つのポイント
結婚相談所に年収800万以上の男性はいるの?高収入男性へのアピール方法とは
結婚相談所に年収800万以上の男性はいるの?高収入男性へのアピール方法とは
結婚相談所には年収1,000万の男性もいる!高年収男性が好む女性の特徴とは
結婚相談所には年収1,000万の男性もいる!高年収男性が好む女性の特徴とは
年収400万の男性は結婚相談所で成婚できるの?女性が結婚相手に求める収入は?
年収400万の男性は結婚相談所で成婚できるの?女性が結婚相手に求める収入は?
結婚相談所には年収600万の男性もいる!世帯年収600万の結婚生活とは
結婚相談所には年収600万の男性もいる!世帯年収600万の結婚生活とは

「結婚相談所」に関する記事

結婚相談所の記事は他にも多数!

【仲人座談会】結婚相談所で素敵な結婚相手を見極めるポイントは何?仲人徹底討論
【仲人座談会】結婚相談所で素敵な結婚相手を見極めるポイントは何?仲人徹底討論
【仲人座談会】結婚はするべき?婚活を早めに始めた方が良い理由をプロに聞いてきた
【仲人座談会】結婚はするべき?婚活を早めに始めた方が良い理由をプロに聞いてきた
幅広いニーズに対応!エクシオジャパンの結婚相談所ブライダル情報センターを徹底取材
幅広いニーズに対応!エクシオジャパンの結婚相談所ブライダル情報センターを徹底取材
結婚相談所のあるあるとは?婚活や会員に対するあるあるを総まとめ
結婚相談所のあるあるとは?婚活や会員に対するあるあるを総まとめ
【結婚相談所の現実】結婚相談所のよくある誤解や理想との違いを総まとめ
【結婚相談所の現実】結婚相談所のよくある誤解や理想との違いを総まとめ

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら