1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 再婚・バツイチ >
  4. シングルマザー >
  5. 一人での育児は厳しかった…!シングルマザーになって後悔した体験談まとめ

一人での育児は厳しかった…!シングルマザーになって後悔した体験談まとめ

シングルマザーは大変です。育児と仕事に追われ、自分の時間も持てず疲れてしまいます。時にはシングルマザーになったことを後悔してしまうこともあるかもしれません。しかし悔やんでばかりいても仕方ありません。今回の記事では、後悔する理由と解決策を紹介するので、シングルマザーになったことを後悔している方は参考にしてみてください。

後悔しないと決めたはずなのに…!

シングルマザー 後悔しないと決めたはずなのに…!

一度結婚した相手と別れる決断をしたということは、相当な出来事や決意があったはずです。

しかし、実際シングルマザーになってみると「苦労が絶えない」という現実。
シングルマザーであることを「後悔」してしまっても無理はありませんよね。

でも自分のため・子供のためにも、いつまでも悔やんでいることはできません!
今回の記事ではシングルマザーになって体験した苦労や解決策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

後悔しているのは、あなただけではありませんよ。

↑目次に戻る

シングルマザーになって後悔した3つのポイント

では最初に、シングルマザーになって後悔してしまった3つのポイントをご紹介しますね。

  • お金
  • 仕事と育児の両立
  • 時間

がシングルマザーの悩みの種だといえそうです。

お金がなくて後悔

一般的に子育てに掛かる費用は、2,000万円と言われています。

1人で用意するのが大変なことは、言うまでもありません。

厚生労働省の発表によると、母子家庭世帯の二世帯に一世帯は貧困世帯です。

国から母子手当てがもらえますが、金額は微々たるもの。

  • 仕事をしていない母親は4万円
  • 仕事をしている母親だと2万円

しかもらえません。
収入が少なく、手当ても少ないことに後悔してしまうようです。
母子家庭が受け取れる手当て・支援制度については下記の記事で詳しくご紹介しています。
ぜひチェックしてみてください。

一人での育児が辛くて後悔

ただでさえ大変な「育児」を、シングルマザーは1人でこなす必要があります。

自分(母親)が体調を崩して寝込んでいても、子供の面倒を見なければなりません。

特に子供が小さい頃は、常に危険がないかと見守る必要があります。

体調が悪いときは、誰しもゆっくり休みたいもの。
「代わりに子供を見てくれる人がいれば、ゆっくり休めるのに...」1人での育児に、思わずため息が漏れても仕方ありません。

仕事と家事の両立が難しくて後悔

仕事をしているシングルマザーにとって、仕事と家事の両立は最も重要な問題。

朝早く起き、子供の支度をして保育園へ送ります。
仕事が終わってから子供の迎え、帰宅後は家事をこなします。
シングルマザーは一日中働き詰めなのです。

自分の時間もなく、仕事と家事に追われる生活に心身共に疲れ果て、後悔してしまいます。

↑目次に戻る

シングルマザーで後悔した体験談

シングルマザーであることに疲れ後悔しているのは、あなた一人ではありません。

後悔している理由は実に様々。
ここから、実際の体験談を紹介していきます。

離婚しなければ良かった…

私の気持ちより趣味や姑達を優先する元夫に呆れ、悩んだ末離婚しました。

先日元夫と共通の友人に会い、元夫がギャンブル系は一切止めたことを聞きました。
彼女ができ、その子との約束で止めたらしいのです。
さらに義姉家族が遠方に引っ越したことも知りました。

元夫にいずれ彼女が出来るだろうと漠然とは思っていましたが、私と同じ苦労をするのだと思っていました。
その人だけ楽をするなんて納得できず悔しい気持ちもあります。

養育費は貰っていますが面会はしていません。
子煩悩だったので子供への愛情はあると思います。
今の元夫とならうまく生活できると思います。
子供もいるので元夫と復縁したいです。

離婚してから、相手の良さに気が付くこともあります。

二人でいる頃は喧嘩が絶えなかったり、相手の嫌な事ばかりが目につきがち。
シングルマザーとなってからは育児と仕事に追われ、心身共に疲れる毎日。
元パートナーの大切さに気がつき、離婚を後悔することもあるようです。

未婚のシングルマザーは無謀だった…

結婚をしないで子育てする「未婚のシングルマザー」もいます。
芸能界でも未婚のシングルマザーを選択する女性が出てきており、一般的にも認知されてきています。
しかし未婚のシングルマザーに対する世間のイメージは、

  • 男性にだらしない
  • 自分勝手

といったものも多いです。
男手が必要な場面で頼る人がいないなど、大変な面もあるといえます。

選択的シングルマザーになったけど…

選択的シングルマザ―」とは結婚をしない意思のもと、子供を産み育てる選択をしたシングルマザーのことを指します。
経済的にも自立しており、父親に養育費を請求することもありません。
欧米では年々増えてきており、一般的な選択肢となっています。

日本ではまだまだ認知されておらず、世間のイメージは冷たいもの。
選択する女性は少ないです。

そもそも結婚しなければ良かった!

「結婚したこと」そのものを後悔する女性もいます。

  • 惰性で結婚したり
  • もっと遊びたい気持ちが強い

こういった場合に、結婚を後悔する傾向にあるようです。

妊娠・出産が不安になった…

現在妊娠5週目になります。

彼と別れを決めた矢先の出来事でした。

彼は結婚したいと言ってくれましたが、彼が外国人でお互いの国で生活することが難しいこと、暴力的であること、などから別れを決めていたので、結婚をする気はありません。

不安が押し寄せてきてはきっと大丈夫!そんな繰り返しです。

妊娠、出産が不安だったシングルマザーは多いです。

妊娠・出産には多額の費用が掛かります。
出産の前後は働くことができないので、お金の面で不安を感じることでしょう。

↑目次に戻る

シングルマザーが後悔した場合の対処方法

  • 「こんなに大変ならば、離婚しなければ良かった…」
  • 「私さえ我慢すれば良かったたんだ…」

自分の決断に後悔することは、誰でもあります。

しかし後悔しても仕方ありません。
未来は、自分の頑張り次第でいくらでも変えられます。

これからご紹介する方法を実践してみてください。

まずは自分の時間を作る

シングルマザーは育児に仕事・家事、やることが沢山あって本当に大変。
すべて完璧にやる必要なんてありませんし、うまく手を抜きましょう。

  • 調理は、宅配のミールキットを使う。
  • 買い物は、ネットスーパーを利用する。
  • 子供にも家事を手伝ってもらう。

こういった工夫を施してみましょう。
無理のない範囲で家事をこなし、うまく時間を作ることが大切です。
時間に余裕が出てくれば、子供とゆっくり過ごすことができますよ。

高収入な職場に転職する

厚生労働省が発表したシングルマザーの平均年収は「243万円」です。
親子二人の生活では、かなり厳しいですね。

そこで、高収入な職種への転職をおすすめします。

医療や介護の現場は人材不足なので、転職もしやすく年収アップも期待できます。
資格がなくても支援をしてくれる会社もありますから安心して下さい。

仕事を探すのが面倒な方は、シングルマザー向けの転職サイトを利用しましょう!
専門のエージェントがあなたに合った仕事を探してくれますよ。

お金の問題を解決する為に、こちらの記事も読んでみてください。

再婚して新しい出会いを探す

シングルマザーは一人の女性。
新しいパートナーを見つけて再婚するのもありですよ!

再婚すれば育児・仕事を分担できるので負担は減ります。
何より辛い時に支えてくれるパートナーの存在はかけがえのないもの。

再婚も頭に入れておきましょうね。

↑目次に戻る

シングルマザーのよくある質問

では、シングルマザーに関するよくある質問への回答をご紹介します。
参考にしてください。

離婚した場合のお金ってどうすればいい?

冒頭にも触れた通り、子供1人を育てるのに2,000万円が必要と言われています。

1人で2,000万円もの金額を用意するのは大変なので、元パートナーから養育費をもらうことをおすすめします。

養育費とは、子供の生活の質を守るために必要なお金。
元パートナーは養育費を支払う義務があるのです。

支払う金額は、あなたと元パートナーとの話し合いで決められます。
双方が合意できない場合、家庭裁判所が取り決めた金額を支払うことになります。

併せて「子供と元パートナーの面会交流」についてもおさえておきましょう。

シングルマザーなのに恋愛できる?

「子供がいる自分のことを好きなってくれる男性なんているのか?」不安になるのも無理はありません。

安心して下さい!好きになってくれる男性はいます。

子供のことについて真剣に向き合う必要はありますが、シングルマザーでも恋愛はできます。

ただし、あくまで子供最優先で考えてくださいね。

シングルマザーモテる理由は、下記の記事からどうぞ。

シングルマザーの彼氏の作り方は、こちらの記事が参考になりますよ。

シングルマザーはどうやって婚活すればいい?

仕事や育児に追われるシングルマザーは、「マッチングアプリ」を使ってみましょう。

インストールは無料!
スマホから、24時間いつでも相手を探すことができます。

理想にマッチした相手がいたら、是非アプローチをしてみましょう。
再婚相手になるかもしれません!

↑目次に戻る

シングルマザーになって後悔した方は再婚を考えるのがオススメ

シングルマザーになってしまったことを後悔している方は、「再婚」について考えましょう。
シンママでもお相手を探し、再婚することは十分可能ですよ!
出会いが見つかるおすすめの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

こちらの記事も参考になります。
併せてお読みください。

空き時間で手軽に出会いを探すなら「マッチングアプリ」を使おう

忙しい時間の合間に出会いを探すなら「マッチングアプリ」を使うのがおすすめです!
スマホ一つで簡単に始められますよ。
恋人探しはもちろん、結婚相手探し向きのアプリも多数あるので自身に合ったものを選び使ってみましょう。

おすすめマッチングアプリをご紹介します。

シングルマザー・シンママ向けのマッチングアプリ「マリッシュ」

マリッシュ

マリッシュ

  • 真面目な出会いを探す女性を応援する婚活アプリ
  • 再婚・シングルマザー向けの優遇プログラムを用意している
  • アクティブユーザーの年齢層がが他の婚活アプリと比べて高い
  • 安心安全に利用ができるよう24時間有人サービスとパトロールをしている
  • 連絡先を交換せずに通話が可能

↓詳しくはこちら↓

マリッシュ をインストールする

シングルマザーの真剣な出会い探しに向いているマッチングアプリが「マリッシュ」です。

40代以上の利用者も多く、恋活よりも婚活に向いていますよ。
再婚者への理解を表す「リボン」をプロフィールに表示している男性とは、マッチングの確率が上がります。

累計マッチング数は200万件を突破しました!

など機能も充実していますよ。
月々の料金も手軽なので、ぜひ使用してみてください。

↓マリッシュのインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
マリッシュ を使ってみる!

より詳しく、マリッシュの口コミ評判をチェックしておきましょう。

会員数なら「ペアーズ」

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

  • 会員数1,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

アプリを無料ダウンロードする

男性の会員数が多ければ、理想のお相手と出会える確率は上がります。
会員数重視で選ぶなら、「Pairs(ペアーズ)」がおすすめです。

会員数は1,000万人を突破し、国内利用率No.1を誇ります。

平均4か月で恋人と出会うことに成功していますよ。

時間をかければちゃんと真面目にお付き合いできる方と会えました。

引用元: play.google.com

使い始めてまだ一週間程度ですが、何人かとマッチすることができメッセージにてやりとりができています。

引用元: play.google.com

が充実しています!
操作方法もシンプルなので、まずはダウンロードしてみましょう。

↓Pairs(ペアーズ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

より詳しくペアーズの評判を見るなら、下記の記事がおすすめです。

さらに多くのマッチングアプリを比較・検討するならこちらの記事がおすすめです。

バツイチにおすすめのマッチングアプリは下記の記事からどうぞ。

真剣に結婚・再婚をお考えの方は結婚相談所

シングルマザーの中には、

  • 「次は相手選びを間違えたくない」
  • 「自分の状況をより理解してくれる男性と出会いたい」
  • 「妥協して再婚したくない」

と考えている方も多いでしょう。
より真剣に再婚相手を探すなら「結婚相談所」の利用を検討してみましょう。

最後に、おすすめの結婚相談所をご紹介します。
下記の記事では、結婚相談所で再婚するコツが詳しく解説されていますので目を通してみてください。

成婚率で選ぶなら「パートナーエージェント」

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は63.8%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

成婚率で選ぶなら「パートナーエージェント」がおすすめです。

他社結婚相談所の成婚率が平均10%前後なのに対し、パートナーエージェントの成婚率は27.2%を誇ります!

成婚コンシェルジュが、入会から成婚まで手厚くサポートしてくれますよ。
「シングルマザー応援コース」も用意されており、よりお手頃な価格で利用できます!

パートナーエージェントについてより詳しく見るなら、こちらの記事がおすすめです。

再婚向けプラン付き「ツヴァイ」

ツヴァイ

ツヴァイ

  • イオングループが運営しているので安心
  • 会員数は27,000人以上、成婚退会者数は5,000人以上
  • 婚活スケジュールを立ててくれるので、自分のペースで婚活が進められる
  • 20代は入会初期費用が65%OFF

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

大手・イオングループが運営する結婚相談所が「ツヴァイ」です。
「婚活コンサルティング」が好評。
全国51店舗を展開しています。

サービス内容が豊富で、再婚者向けの特別プランも用意されていますよ!

無料体験もあるので、お気軽に申し込んでみましょう。

こちらの記事で、ツヴァイの口コミなど詳しくチェックしましょう!

↑目次に戻る

まとめ

  • シングルマザーになったことを後悔している女性も多い
  • 後悔したポイントは「お金がない」「一人での育児が辛い」「仕事と家事の両立が難しい」
  • シングルマザーであることを後悔したときの対処法は「自分の時間を作る」「高収入な職場へ転職する」「再婚して新しい出会いを探す」
  • 元パートナーからは養育費をもらうのがおすすめ
  • シングルマザーでも恋愛はできる
  • マッチングアプリを使うのがおすすめ

シングルマザーが後悔した理由と対処法をご紹介しました。
離婚したこと・結婚したことなど悔やむ理由は様々ですが、正しく対処すれば幸せな生活を送ることができます。
子供のためにも、笑顔で毎日を過ごしましょう!

最終更新日: 2020-03-29

タグ:
シングルマザー 体験談 女性向け

記事に関するお問い合わせ

「シングルマザー」に関する記事

シングルマザーについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

一人暮らしでも寂しくない!シングルマザーの老後生活を明るく生き抜く方法
一人暮らしでも寂しくない!シングルマザーの老後生活を明るく生き抜く方法
シングルマザーが楽しいと感じる瞬間7選!シンママ新生活は幸せかどうかに迫る
シングルマザーが楽しいと感じる瞬間7選!シンママ新生活は幸せかどうかに迫る
復縁してもいい?元旦那との復縁を考えているシングルマザーが確認すべきこと5選
復縁してもいい?元旦那との復縁を考えているシングルマザーが確認すべきこと5選
原因は何?シングルマザーの生活が苦しい理由5選!貧困に負けずに暮らす生活術
原因は何?シングルマザーの生活が苦しい理由5選!貧困に負けずに暮らす生活術
35歳でも大丈夫!30代のシングルマザー・シンママにおすすめな仕事はこれだ!
35歳でも大丈夫!30代のシングルマザー・シンママにおすすめな仕事はこれだ!

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

お見合いの服装にワンピースをおすすめする2つの理由!人気コーデ・ブランド・選び方
お見合いの服装にワンピースをおすすめする2つの理由!人気コーデ・ブランド・選び方
【30代女性向け】お見合いでおすすめの服装8選を季節別に厳選!
【30代女性向け】お見合いでおすすめの服装8選を季節別に厳選!
お見合い時間のベストは1時間!成功に導く時間帯と時間指定のコツ
お見合い時間のベストは1時間!成功に導く時間帯と時間指定のコツ
結婚相手に求める年収の理想|女性「年収400万」男性「こだわらない」
結婚相手に求める年収の理想|女性「年収400万」男性「こだわらない」
お見合い時の会話の進め方|初対面の挨拶から帰り際までの会話の流れまとめ
お見合い時の会話の進め方|初対面の挨拶から帰り際までの会話の流れまとめ

シングルマザーの人気の記事

「シングルマザー」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら