1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 再婚・バツイチ >
  4. 再婚後の面会交流はどうしたらいい?元パートナーと子供の面会について解説

再婚後の面会交流はどうしたらいい?元パートナーと子供の面会について解説

「離婚」をして別々の道を歩むことを決めた二人でも、子供にとっては唯一の実の母親と父親です。「面会」はとても大事なことでしょう。2度と会いたくないと思っていても、しっかり話し合う必要がありますよ。今回の記事では、新しいパートナーとの再婚後、より難しくなる面会交流について詳しくまとめました。最後まで読んでしかり把握しましょう。

再婚した後に面会交流するかは話し合いで決める必要がある

再婚バツイチ 再婚した後に面会交流するかは話し合いで決める必要がある

やむを得ない事情で離婚をした人の中には「元妻、元夫とは二度と会いたくない!」と思っている人も少なくないはず。
しかし子供がいる場合、そう簡単にはいきません。
例え元パートナーではなく自分が親権を持っていても、子供の親である以上、相手には子供と面会する権利があります。

親権者ではない方が、子供と会って時間を過ごしたりコミュニケーションを取ることを

「面会交流」

と言います。

今回の記事では、

  • 面会交流とは具体的には何なのか?
  • なぜ必要なのか?

を詳しく説明していきますので、参考にしてください。

特にややこしくなるのが「再婚をした後」です。
新しいパートナーの手前、子供を会わせたくないと思うかもしれませんが、そこは双方でしっかりと話し合いをする必要がありますよ。

再婚で子供にかかるストレスをケアする方法は、こちらの記事を参考にしてください。

非親権者には面会交流権がある

二人の間にいる子供にとって、離婚をしても親であることに変わりはありません。
親権をもっていない「非親権者」には、子供と面会・交流を行う「面会交流権」があります。

離婚の際に、争いの種になりやすいですよ。

基本的に面会交流の頻度は、離婚を予定している夫婦の離婚協議によって決まります。

夫婦の協議で決定できなかった場合「面会交流調停」へ。
それでも決まらない場合は「面会交流審判」で決められることになります。
別居している親との交流が子供の健全な成長に必要だという考えで作られているため、親の意思や都合で決められるものでもありません。

子供を養子縁組していても面会交流はするもの

離婚の際、二人で面会交流について決めたとしても、その後事情が大きく変わる場合があるもの。

一番大きな変化はやはり「再婚」だといえるでしょう。
再婚し新しいパートナーが養子縁組をすれば、正式に子供に新しい親ができることになります。

新しい家族のこと・子供のことを考えて、元パートナーには会わせたくないと思う人も多いのです。
しかし新しいパートナーとの再婚、そして養子縁組によって子供に別に親ができたとしても、何度か触れているように元夫・元妻が子供の親であることには変わりがありません。

元パートナーにはそれでも面会交流権がありますよ。

ただし一度合意した面会交流の内容について再度話し合いをすることが可能です。

頻度や方法を変えたい旨、元パートナーに持ちかけることはできることを把握しておきましょう。

↑目次に戻る

再婚後でも面会交流を実施するかを決めるポイント

新しい家族ができた後、元パートナーと子供の面会にはどうしても頭を悩ませてしまいます。

再婚しても新しいパートナーと養子縁組をしても、親権を持たない方の面会交流権は無くなりません。

しかし離婚時に取り決めた面会交流の頻度や内容は話し合いで変更できるので、

  • 元パートナが話し合いに応じてくれない
  • 口を聞きたくない

という場合は家庭裁判所に申し立てをして、協議の場を設けることも可能です。
家庭裁判所で協議した場合は、「離婚協議書」「公正証書」にお互い従う必要があるので、効力はとても強くなります。
再婚をきっかけに面会交流を見直したいと思っても、親の勝手で決められないのが面会交流。

面会交流について決める際に確認したいポイントをご紹介します。

子供の意志

まず面会交流という制度が「子供の健やかな成長のために、双方の親と交流するのが大事」だという観点で定められていることを忘れてはいけません。
親の都合で面会交流を実施するかどうかを決めるのではなく、まずは子供がどうしたいかを聞いてみてください。
たとえ元パートナーとの仲が悪くても、子供が親権を持たない方の親と会いたいと願っている場合は、子供の意志をできるだけ尊重しましょう。

話し合いできるかどうか

子供が元パートナーと面会したいと願っていても、その意志を尊重するかどうか慎重にならなければいけない場合があります。

特に元パートナーが暴力的で危険が及ぶかもしれない場合は、子供が面会を望んでいても実施は避けたほうがよいでしょう。

面会交流を拒まれた場合の養育費

再婚などを理由に、非親権者が子供に会わせてもらえなくなるケースもよくあります。

「子供に会わせてもらえないのに養育費は払っているのが納得いかない」と養育費の支払いを拒否したり減免を非親権者が望んだ場合、どうなるのでしょうか。

面会交流権と同じく、養育費も子供の権利になります。
つまり親の都合で決められるものではありません。
「面会交流ができないなら養育費を減らす」のは認められませんよ。

ただし減免するかどうかを話し合いすることはできます。
特に親権者である元パートナーが再婚をし、新しいパートナーと子供の間で養子縁組が成立した場合、相手に十分な財力があるなら減免・免除の理由となります。

話し合いで決められなかった場合は「家庭裁判所に調停の申し立てを行うことが可能」です。

ストレスを減らし迅速に事を運ぶために、弁護士を立てて話し合うのも有効な手段になりますよ。

↑目次に戻る

面会交流でよくあるケース

別れた二人が子供のために協力しあう面会交流では、様々なことが起こります。
それぞれ別の人生を歩んでいるのですから、一筋縄ではいかないのは当然ですよね。
面会交流でよくあるケースを知って、事前に対応を考えておくと、いざというときに落ち着いて対応できますよ!

親権者が面会交流を拒否したい

親権者が、子供を非親権者の元パートナーに会わせるのを拒否したいパターンは多いです。

「新しい家庭を大事にしたい」「元パートナーとの関係性が悪い」など様々な理由があると思いますが、基本的に面会交流は実施しなければなりません。

共に暮らさない親との面会交流は子供の権利。

どうしても拒否したいという場合も、無理やり子供を会わせないのではなく、話し合いで決めなければなりません。

非親権者が面会交流を拒否された場合

親権者である元パートナーが子供を会わせてくれない場合、子供があちらにいる以上どうしようもないと思ってしまいがち。
「もう養育費はいらないから子供とは会わないで」などと面会交流を拒否してくることもあります。

忘れてはいけないのが、面会交流権は親の都合で決めることではないということです。
養育費も子供の権利で、面会交流権とは別物。
元パートナーが受け取りを拒否することを盾に、面会交流させないのは間違っています。

解決策として、家庭裁判所に調停の申立を行うことがありです。

大げさにしたくないと考えてしまうかもしれませんが「第三者に入ってもらうことで、落ち着いてお互いの言い分を話し合える」大きなメリットがあります。

非親権者が面会交流をしたくない場合

再婚で新しい家庭ができた際に、新しいパートナーや子供のことを考えて拒否するときなど、非親権者側が子供との面会交流を拒む場合があります。

子供が非親権者との面会交流を望んでおり、親権者も面会交流を勧めているのに拒否して会おうとしない場合、どういった対策がとれるのでしょうか。
面会交流は実施されるべきだと考えた場合、こちらも親権者と非親権者の間で話し合いを持ち、解決することが一番好ましいです。

話し合いに応じてくれない場合は、家庭裁判所で調停の申し立てを行うことができます。

面会交流を中断することになる場合

子供の健やかな成長のため、親の離婚後も行われるべきだと言われる面会交流ですが、中にはやむを得ずに中断になるケースがあります。

  • 面会交流中にパチンコ店・居酒屋など子供に不適切な場所に連れて行く可能性がある
  • 子供に共に暮す親権者の悪口を吹き込む
  • 子供に常識の範囲を超えた高価なプレゼントや多額なお小遣いを与える
  • 子供が会いたがっていない、非親権者を嫌っている。

このようなケースだと子供と非親権者が面会交流をすることで子供が幸せになる、健やかに成長するとは言えません。

「暴力的な性格で、子供に危害が与えられる可能性がある」
「アルコール依存症など精神疾患がある」
「子供を連れ去る危険がある」

このような場合は、子供が会いたがっていても面会交流を禁止せざるを得ません。

  • 非親権者が養育費の支払いをしないため、親権者側が面会交流を拒否する。
  • 子供が親権者の再婚相手を新しい親としてとても慕っている。

養育費の支払い・新しい親の存在を理由に、面会交流の拒否はできません。
しかし「養育費を払わないのに親ヅラしないでほしい」という気持ちや「新しい家庭で幸せに育っている子供を混乱させたくない」という気持ちは間違っていませんよ。

勝手に拒否などはせず、協議や調停で慎重に制限や禁止に向けて話し合いを行っていくことが大事です。

↑目次に戻る

再婚相手を探すなら「マッチングアプリ 」

再婚相手を探すなら、「マッチングアプリ」を活用するのがおすすめです!
毎日の空き時間を使って出会いを探すことができますよ。
相性ぴったりの再婚相手が見つかる、おすすめマッチングアプリをご紹介しますね。

マリッシュ

マリッシュ

マリッシュ

  • 真面目な出会いを探す女性・男性を応援する婚活アプリ
  • 再婚・シングルマザーにもおすすめ
  • アクティブユーザーの年齢層は40代が中心
  • 安心安全に利用ができるよう24時間有人でパトロールをしている
  • 連絡先を交換せずに通話が可能

↓詳しくはこちら↓

マリッシュ をインストールする

「バツイチ」「シンママ・シンパパ」の真剣な出会い探しに向いてるマッチングアプリが「マリッシュ」です。
累計マッチング数は200万件を突破!

プロフィールにリボンを掲載することで、「再婚者などに対して理解がある」ことを示すことができるのが特徴の一つ。
マリッシュで出会いを探す再婚女性の方は、リボンを目安にするとお相手が見つかりやすいですよ!

40代以上の利用者多く、平均3ヶ月半で恋人と出会えています。

など機能も充実しています。
月額料金もお手頃なので、まずはダウンロードしてみましょう!

↓マリッシュのインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
マリッシュ を使ってみる!

マリッシュの口コミ評判は、下記の記事からチェックしてください。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

  • 会員数1,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

アプリを無料ダウンロードする

恋活・婚活どちらにも活用できる、国内利用率NO.1マッチングアプリが「Pairs(ペアーズ)」です。

会員数は1,000万人突破!
利用者の年齢層も20代から50代まで幅広く、操作もシンプルなのでマッチングアプリ初心者におすすめですよ。

ペアーズの大きな特徴が「検索機能」と「コミュニティ機能」です。

独身(離婚)」と設定することで、離婚歴がある異性を効率よく検索できます。

プロフィールに「離婚歴があること」を記載しておくことで、バツイチやシンママ・シンパパに理解のある異性と出会いやすくなりますよ。

「再婚」に関係のあるコミュニティーに入ることで、お相手候補の異性とマッチングすることも可能!

  • 「子連れでもオッケー」
  • 「シンママ・シンパパと子連れデートもOK」

などのコミュニティーもありますよ。

平均4ヶ月で恋人と出会うことができています。
ぜひ無料ダウンロードしてみましょう。

↓Pairs(ペアーズ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

こちらの記事から、ペアーズの口コミ評判をご覧ください。

さらに多くのマッチングアプリを比較するなら、こちらの記事がおすすめです!

マッチングアプリの複数掛け持ちも大変効果的です!
女性は利用無料であることがほとんどなので、積極的に併用しましょう。
詳しくは下記の記事からどうぞ。

↑目次に戻る

より真剣に再婚相手を探すなら「結婚相談所」

より真剣に、短期間でお相手を探すなら「結婚相談所」の利用がおすすめです!
婚活のプロがしっかりサポートしてくれるので、一人で婚活をする方でも安心ですよ。
コスパを重視する方向けの結婚相談所をご紹介しますので、利用を検討してみてください。

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費13,200円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

1年以内の結婚を目指す、来店不要の結婚相談所が「エン婚活エージェント」です。

圧倒的なコスパの高さが人気で、結婚相談所顧客満足度で三冠を達成しました!
利用に際し必要な費用は、

  • 登録料(9,800円)
  • 月会費(12,000円)

のみ!

もちろん再婚の方にもおすすめで、担当コンシェルジュがしっかりサポートしてくれますよ。

他社の成婚率が平均10%前後なのに対し、エン婚活エージェントの成婚率は30%と高い数字を誇ります。

業界最高水準の紹介数(6人以上)を誇り、入会後3ヶ月以内にコンタクトが無かった場合の「全額返金保証」もあるので安心して利用できるでしょう。

結婚相談所への入会を考えている方に、エン婚活エージェントがおすすめです!

↓エン婚活エージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント の無料資料請求をする!

エン婚活エージェントの特徴・口コミ評判にも目を通しておいてくださいね。

↑目次に戻る

まとめ

  • 面会交流権は、離婚後も子供の健やかな成長のために双方の親と面会交流をすることが大事だという観点で定められている。
  • 養子縁組や養育費の未払いは面会交流を拒否する理由にはならない。
  • 子供の意志、話し合いができるか(暴力的でないか)をポイントに面会交流の実施を考える。
  • 面会交流を拒否したい事情がある場合は、双方の話し合いで決めるのがベストだが、家庭裁判所に申し立て行うこともできる。
  • 非親権者が面会交流を親権者により拒否された場合も家庭裁判所に申し立てができる。

面会交流権について、よくあるパターンや対応方法も見ていきました。
離婚により両親と暮らすことのできない子供のために作られた面会交流ですが、再婚や養育費の支払いなど様々な人間関係が絡み、しばしば争いの種にもなります。
面会交流の決まりをしっかり把握しておきましょう。

今回の記事を参考にして、子供が幸せになれる道を見つけてくださいね!

最終更新日: 2020-03-28

タグ:
再婚・バツイチ

記事に関するお問い合わせ

「再婚・バツイチ」に関する記事

再婚・バツイチについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【結婚はダメ】結婚生活を脅かすバツイチ男性に共通する5つの特徴
【結婚はダメ】結婚生活を脅かすバツイチ男性に共通する5つの特徴
再婚する意味って何だっけ?幸せな再婚をするために考えるべきこと
再婚する意味って何だっけ?幸せな再婚をするために考えるべきこと
子連れ再婚成功の秘訣!子連れ再婚がうまくいくためにできること5選
子連れ再婚成功の秘訣!子連れ再婚がうまくいくためにできること5選
【5選】本当に大丈夫?再婚の不安を解消するための対処法まとめ
【5選】本当に大丈夫?再婚の不安を解消するための対処法まとめ
5年以内に再婚する人は約25%!離婚して再婚するまでの期間を調査
5年以内に再婚する人は約25%!離婚して再婚するまでの期間を調査

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

シングルファザー・シンパパと結婚したい!婚活方法とステップファミリーの考え方
シングルファザー・シンパパと結婚したい!婚活方法とステップファミリーの考え方
理想のイケメンが探せる!おすすめ婚活サイト・婚活パーティー5選
理想のイケメンが探せる!おすすめ婚活サイト・婚活パーティー5選
ハイスペック女子でも婚活でモテたい!高収入・高学歴女性の賢い婚活テクニック
ハイスペック女子でも婚活でモテたい!高収入・高学歴女性の賢い婚活テクニック
【シンママとの恋愛】シングルマザーの彼女と付き合う男性が覚悟すべきこと5選!
【シンママとの恋愛】シングルマザーの彼女と付き合う男性が覚悟すべきこと5選!
再婚して後悔したエピソード!再婚して後悔しないための5つのポイント
再婚して後悔したエピソード!再婚して後悔しないための5つのポイント

再婚・バツイチの人気の記事

「再婚・バツイチ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら