1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 再婚・バツイチ >
  4. シングルマザー >
  5. 離婚したい!シングルマザーとして生きる決意をした人が知っておくべきこと5選

離婚したい!シングルマザーとして生きる決意をした人が知っておくべきこと5選

一人で子供を育てながら生活していくのは、決して楽なことではありません。それでも世の中には多くのシングルマザーがいるのも事実です。シングルマザーとして生きる決意をしたのであれば、まずは具体的に覚悟しておくべきことを把握しておきましょう。

離婚する決意が出来た!シングルマザーとして生きていく

シングルマザーとして生きる覚悟。
それは時間をかけて悩み考え…そして最善で最良の方法だとして覚悟したものでしょう。

シングルマザーになるということは、一人で子供を育てるということです。
それには経済的な不安やこれからの将来に対する不安も抱えることになります。

それでも離婚を決意したのであればその選択は決して間違いではありません。
また最近ではシングルマザーは珍しいことではなく、ひとり親家庭は増加傾向にあります。

シングルマザーとして生きていくための決意や覚悟ができたのであれば次はシングルマザーとして生きていくための「準備」に切り替えていきましょう。

知っておくべきことやコツを知り、シングルマザーとして自信をもって生きていくようにしてくださいね。

↑目次に戻る

シングルマザーになる前に知っておくべき5つのこと

シングルマザーとして生きることを決めたのであれば、子供と共に生きていくために必要な知識を入れておきましょう。

子供のこと、お金のこと、そして将来のこと…。
考えることは色々ありますがまずは決意から実行に移す前に知っておくべきことを紹介していきます。

住む場所の準備を忘れずに

自分が家を出ていくか、もしくは旦那が家を出ていくか、よく話し合う必要があります。

もし、あなたと子供が家を出ていくのであれば、離婚をする前に新しい住居を探してください。

早く家を出たいからと、「とりあえず仮住まいへ」「まずは実家に」と考える人もいるでしょう。

しかしこれから生活を続けていくためには、住居を転々とするのは好ましくありません。

度重なる環境の変化は子供を不安定にさせてしまいます。

新しく住居を探すポイントはこちら。

  • 安心して長く住める
  • 実家や親しい友人が近くにいる
  • 職場に近い
  • 家賃が生活の負担にならない
  • シングルマザーへの支援が手厚い市町村

離婚前のような生活をするのは難しいですが、安心して暮らせる場所をしっかり選んでください。

勢いや焦りで住居を決めずに家族や自治体にも相談して家を出る前に決めておくようにしましょう。

仕事・育児を全て一人で背負う自立した生活が始まる

今までは夫婦もしくは夫の収入で生計を立てていたものが、シングルマザーになれば仕事・育児を一人で背負う生活となります。

一番の問題は生活をしていくためのお金です。

月にどのくらいの収入があればシングルマザーとしてやっていけるかどうかを計算していく必要があるでしょう。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 通信費
  • 食費・雑費
  • 養育費
  • 貯金

将来のことを考えれば、当然貯金も必要です。
離婚をすれば慰謝料や養育費が入ることもありますが、まずは自分の収入だけで生計を立てられるように考えてみてください。

安定した収入を確保することが難しい

シングルマザーは安定した収入を確保することが難しいため、受けられる手当てを確認しておきましょう。

先にシングルマザーがもらえる手当について紹介します。

離婚する場合、旦那にも親としての責任があります。
そのため養育費を支払うことは離婚する前に定める主要条件の1つです。

養育費の月額や期限は、子供の人数・年齢や収入によって異なります。

もう1つは国からの母子家庭手当です。
母子家庭では、子供が18歳年度末になるまで「児童扶養手当」が受けられます。

シングルマザーの増加にともない、日本でも手当てや免除が手厚くなってきました。

とはいえ養育費や国からの手当てを頼りにして生活するわけにはいきません。
しっかりと自立をして自分の収入だけで生活できるようにする必要があります。

いざという時に子供の世話ができない

シングルマザーになると、仕事を早退したり休むことが難しくなります。

しっかり収入を得るためには、仕事を後回しにすることもできなくなるためです。

子供の突然の発熱などに対処することも簡単にはできません。
何日も休んで仕事に穴を空けることもできないですよね。

母親として、子供の体調が悪いときは近くで看病してあげたいでしょう。
しかし子供のためにも働いて稼がなくてはいけません。

シングルマザーはいざという時にパートナーがいないと苦しいと感じるでしょう。

一人が厳しかったら「再婚」という選択肢があること

シングルマザーには、強い決意と覚悟は必要ですが、自分だけで仕事も育児もこなしていくと心身ともに疲れてしまいます。
頑張りすぎて自分を追い詰めてしまうと、結果的に子供にも辛く当たってしまうこともあるでしょう。

シングルマザーになっても、子供はお母さんの笑顔で安心します。

あなたに余裕がなくなってしまうと、子供も不安になり悲しくなるのです。

もし一人が厳しかったら、「再婚」を考えるのもおすすめです。
新しいパートナーを見つけることで、安定した暮らしやパートナーがいることの安心感が得られます。

自分の人生、そして子供の将来のためにも、再婚を1つの選択肢に考えてみてください。

↑目次に戻る

シングルマザーとして生きていくためのコツ

シングルマザーになってから、「こんなはずじゃなかった」と慌ててしまうと自分も子供も追い詰められてしまいます。

最初にもお伝えしましたが「決意」をしたら「準備」が必要不可欠です。

後悔しない生活を送るためにも、今できることを未来を見据えてしっかり考えてください。

ここからシングルマザーとして生きていくためのコツを3つ紹介します。
シンプルなことですが、意外と見落としてしまうことも多いので事前に確認しておきましょう。

子供の預け先を確保しておく

まず最初に子供の預け先を確保することから始めましょう。

シングルマザーはいざというときに子供の世話ができないことがあります。

子供の体調不良のときや、学校が休みのときに預けられる場所の確保が大切です。
一番良いのは自分の両親や兄弟などの親族ですが、近くにいない場合には親しい友人にお願いしておきましょう。

また病児保育や学童など、市町村にある施設を調べておくことも大切です。

シングルマザーになるときは、一番に子供のことを優先させて考えなくてはいけません。
そのうえで子供の預け先の確保は最重要項だといえるのです。

定時で帰れる給与の高い会社で働く

シングルマザーが仕事を選ぶとき「定時で帰れること」「給与が高いこと」は外せないポイントです。

保育士・看護師は、シングルマザーに人気の職種ですが、他にも時間と収入が安定している仕事はいくつかあります。

求人が多いところでいえば、コールセンターや一般事務職が人気です。
またパソコンが得意であればエンジニアも安定しています。

シングルマザーは子育てと仕事の両立が大切なので、仕事は慎重に選ぶようにしましょう!

詳しくは下記の記事で紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

シングルマザー・シンママにおすすめの仕事7選!生活を改善できる仕事はある?

辛いことがあったら頼れる人に相談する

シングルマザーで生活していくコツは、溜め込まずに吐き出すことです。
何でも自分一人で解決しようとせず誰かに相談して人の手を借りてみましょう。

家族・友人など頼れる人を日頃から増やしておくことがおすすめです。
近くに相談できる人がいないのであれば、ネットのコミュニティーで悩みを聞いてもらうだけでも心が軽くなりますよ。

同じシングルマザーの集いもあるので、自分の居場所を見つけてみましょう。

↑目次に戻る

シングルマザーに関するよくある質問

シングルマザーは増加傾向にありますが、状況や環境は千差万別です。

他のシングルマザーと比べるのではなく、自分のシングルマザーとしての生き方に自信をもつようにしましょう。

それでもシングルマザーでの疑問は絶えないものです。

そこで最後にシングルマザーに関するよくある質問をピックアップして紹介するので、悩んでいる方は参考にしてください。

未婚のシングルマザーが知っておくべきことはある?

シングルマザーの中には、結婚せずに生み育てるという選択をした人もいるでしょう。

未婚でも離婚でも、シングルマザーとして知っておくことに大きな違いはありません。

未婚でも養育費をや国からの手当が受けられます。

出産時には出産育児一時金も出ますし、出産後には児童手当が入るのです。

育児に関しては子供に父親がいないという状況になるため注意が必要となります。
最初から自分一人で母親と同時に父親の役目まで担うことになるのです。

ただし未婚のシングルマザーはまだ再婚のチャンスがあります。

再婚も今後の視野に入れて生活をすると、また状況や環境も大きく変わっていくでしょう。

シングルマザーが再婚を決意するタイミングって?

シングルマザーとして生活をしていると、毎日が慌ただしく過ぎていきます。
なかなか自分のために使える時間やお金もなく、ただ仕事と育児をこなしていく生活が続くでしょう。

そんなシングルマザーが再婚をするタイミングは、今の生活に限界を感じたときです。

経済的なことや子育てのことなど限界を感じる理由は、人によってもさまざまでしょう。

「一人では限界だ…」と感じたときは、今の生活を大きく変えるべきときです。
それにはパートナーの存在が必要になります。

今の生活に限界を感じ始めたら再婚を考えてみてくださいね!

↑目次に戻る

再婚するならマッチングアプリ

もし再婚を考えているのならマッチングアプリで相手を探すのがおすすめです!

出会い系アプリとは異なり、マッチングアプリには真剣な出会いを求めている人が多く登録をしているので効率的に出会えます。

またスマホ1つさえあれば場所時間問わずいつでも利用できるので、仕事や育児で忙しいシングルマザーでも気軽に始められますよ。

ここでは再婚を考えているシングルマザーにおすすめなマッチングアプリをご紹介します。

シングルマザーにもおすすめ「Pairs(ペアーズ) 」

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

  • 会員数1,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

アプリを無料ダウンロードする



ペアーズは累計会員数1,000万人を突破した国内最大級の恋活・婚活マッチングアプリです。

なんと平均4ヶ月で恋人ができているとのこと!実際に結婚まで進んだカップルも多くいます。

検索機能では「結婚に対する意思」「結婚歴」「子供の有無」「家事・育児」など、再婚相手を探すにあたり細かい条件で検索できます!

また同じ趣味や価値観で繋がれるコミュニティ機能も充実しており、現在約100,000のコミュニティが存在しています。

「シングルマザー歓迎」「未婚シングルマザー」などシングルマザーにまつわるコミュニティも沢山あるので積極的に参加してみるのがおすすめです!

↓Pairs(ペアーズ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

再婚者同士の出会いなら「マリッシュ」

マリッシュ

マリッシュ

  • 真面目な出会いを探す女性を応援する婚活アプリ
  • 再婚・シングルマザー向けの優遇プログラムを用意している
  • アクティブユーザーの年齢層がが他の婚活アプリと比べて高い
  • 安心安全に利用ができるよう24時間有人サービスとパトロールをしている
  • 連絡先を交換せずに通話が可能

↓詳しくはこちら↓

マリッシュ をインストールする

マリッシュは再婚者同士で出会いたい人におすすめな婚活向けマッチングアプリです。

中年婚、年の差婚、地方婚など一人一人に合ったさまざまな婚活を応援してくれます。

特にマリッシュではシンママ・シンパパ婚や再婚を考えている人にはポイント増量などの特典を用意しているので、実際にバツイチの会員も多くいるのが特徴です。

そのためバツイチ同士での出会いが期待できるのです!

こちらも理想の相手が見つけやすい検索機能や、共通の趣味で繋がれるグループ検索機能が充実しています。

マリッシュが気になる人は以下の記事もご覧ください。


>>おすすめマッチングアプリランキングもチェック!

↓marrish(マリッシュ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
marrish(マリッシュ) を使ってみる!

↑目次に戻る

一人での婚活に困った時は結婚相談所

マッチングアプリで上手くいかなかった人や、どのように婚活を進めたら良いのかわからないなど、1人での婚活に困った場合は結婚相談所がおすすめです!

結婚相談所では婚活のプロであるカウンセラーが一人一人に合った相手を紹介してくれます。

また婚活に関してわからないことがあれば相談にも乗ってくれるので、1人で抱え込む心配がなくなります!

今回はシングルマザーにおすすめな結婚相談所を1つご紹介します。

コスパで選ぶなら「エン婚活エージェント」

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費13,200円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

「結婚相談所は高そう…。
」というイメージを持っている人も多いですよね。

しかしエン婚活エージェントコスパ満足度No.1を獲得している結婚相談所で、登録料9,800円と月会費12,000円で始められます!

またこちらはオンライン型の結婚相談所なのでプライベートが忙しくても利用できるのが嬉しいですよね。

専任もコンシェルジュによるサポートも手厚く、毎月6名以上の紹介を保証してくれますよ。
もちろん困ったことがあれば相談にも乗ってくれます。

またオンライン動画講座では「自分磨き」「パートナーシップ磨き」の2つのテーマでエン婚活エージェントでしか見られないノウハウが学べます!

↓エン婚活エージェントインストールはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント を使ってみる!

↑目次に戻る

まとめ

いかがでしたか?
今回はシングルマザーとして生きる決意をした人が知っておくべきことについてご紹介しました。

最後に本記事の内容をまとめます。

シングルマザーになる前に知っておくべきことは以下の通りです。

  • 離婚をする前に新しい住居を準備しておく
  • シングルマザーとして生活できる収入を把握しておく
  • 養育費や手当てだけでなく自分でしっかりと稼ぐのが大切
  • シングルマザーはいざという時に仕事が休めない
  • 厳しい場合は「再婚」も選択肢に入れて

シングルマザーになると決意した場合は以上の知っておくべきことを頭に入れておきましょう。

強い決意と覚悟のうえ、一人で子供との生活をしていくことが必要です。

子供の未来だけでなく自分の未来のことも考えてシングルマザーとしてできることをしっかり行っていきましょう!

最終更新日: 2020-05-01

タグ:
再婚・バツイチ シングルマザー

記事に関するお問い合わせ

「シングルマザー」に関する記事

シングルマザーについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

一人暮らしでも寂しくない!シングルマザーの老後生活を明るく生き抜く方法
一人暮らしでも寂しくない!シングルマザーの老後生活を明るく生き抜く方法
シングルマザーが楽しいと感じる瞬間7選!シンママ新生活は幸せかどうかに迫る
シングルマザーが楽しいと感じる瞬間7選!シンママ新生活は幸せかどうかに迫る
復縁してもいい?元旦那との復縁を考えているシングルマザーが確認すべきこと5選
復縁してもいい?元旦那との復縁を考えているシングルマザーが確認すべきこと5選
原因は何?シングルマザーの生活が苦しい理由5選!貧困に負けずに暮らす生活術
原因は何?シングルマザーの生活が苦しい理由5選!貧困に負けずに暮らす生活術
35歳でも大丈夫!30代のシングルマザー・シンママにおすすめな仕事はこれだ!
35歳でも大丈夫!30代のシングルマザー・シンママにおすすめな仕事はこれだ!

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

オタク限定の婚活サイト「アエルネ」「ヲタレン」徹底比較!料金、評判、メリット
オタク限定の婚活サイト「アエルネ」「ヲタレン」徹底比較!料金、評判、メリット
無料で始められる婚活サイト・アプリおすすめ6選!男女別で口コミ徹底比較
無料で始められる婚活サイト・アプリおすすめ6選!男女別で口コミ徹底比較
バツイチ子持ち必見!子連れ再婚の出会いが探せる婚活サイト・アプリ5選
バツイチ子持ち必見!子連れ再婚の出会いが探せる婚活サイト・アプリ5選
離婚したい!シングルマザーとして生きる決意をした人が知っておくべきこと5選
離婚したい!シングルマザーとして生きる決意をした人が知っておくべきこと5選
シングルマザー・シンママが孤独感を解消する方法5選!バツイチの生活改善術
シングルマザー・シンママが孤独感を解消する方法5選!バツイチの生活改善術

シングルマザーの人気の記事

「シングルマザー」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら