1. 婚活パーティー検索 >
  2. お見合い >
  3. お見合いの流れを簡単解説!基本マナーと会話のポイント・スムーズなお見合いの進め方

お見合いの流れを簡単解説!基本マナーと会話のポイント・スムーズなお見合いの進め方

婚活の最終手段として選択されることが多い“お見合い”は、とてもハードルが高いように感じますよね。それでも本気で結婚したい人にとって、お見合いは強い味方になってくれますよ!本記事ではお見合い初心者の方でも安心してお見合いできる方法を紹介します。

そもそもお見合いって何?

お見合い そもそもお見合いって何?

お見合いとは、結婚を希望する男女が第三者の仲介によって対面することを指します。
昔のお見合いといえば親族・親の紹介や会社の上司が仲人となり、縁談の話を進めることが一般的でした。
そのため当人同士ではなく、家同士の結婚をイメージする人が多いでしょう。

しかし最近のお見合いは、本人がお見合いサービスを利用する形に変化しつつあります。
お見合いサービスとは、主に結婚相談所のことで、結婚カウンセラーが会員同士を引き合わせて会うまでの段取りをサポートしてくれるのです。

昔からのお見合いは今でも残っていますが、少しずつラフな形式へと変わってきているということを知っておいてくださいね!

↑目次に戻る

基本的なお見合いの流れ

お見合いは、LINEなどで”会いましょう”と約束をして簡単に会えるものではありません。

お見合いの進め方には基本的な流れがあり、順序を守って一つずつ段階を進んでいく必要があります。

何でもネットで済む現代には、多少面倒に感じられるようなこともあるでしょう。

しかしお見合い流れを無視することは、相手だけでなく紹介してくれた人にも大変失礼です。

このような古風な段取りもお見合いの魅力だと思ってください。

ここからは、一般的な昔ながらのお見合いの流れを紹介します。

結婚相談所の利用も視野に入れている人は、利用の流れが異なるので下記の記事を参考にしてください。

仲人となる人から異性を紹介してもらう

お見合いでは、仲人となる人から条件の良い人を紹介してもらえます。
ここでいう“条件の良い人”は、必ずしもあなたが希望する条件であるとは限りません。

家柄が良かったり、適齢であったり、タイミングが合ったり…と、紹介者にとっての好条件も含まれるためです。

縁談があるときには、最初に釣書と呼ばれるものを渡し合います。

これは写真やプロフィールなどのことで、就職でいうのであれば履歴書のような存在です。

また結婚相談所でお見合いをする場合は、自分で希望条件で検索をして写真やプロフィールを確認します。

会いたいと思った人にお見合いの申し込みをして、OKがもらえればお見合い成立となりますよ!

プロフィールや年齢、写真から承諾するか判断する

お見合い相手のプロフィール・年齢・写真から、実際にお見合いをするかどうかを決める必要があります。
お見合いを承諾するか判断するとき、“結婚できる相手かどうか”プロフィールをよく確認してから考えてみましょう。

何も考えずにお見合いを承諾してしまうと、結婚の話はどんどん進んでしまいます。

“断るのは紹介してくれた人に失礼なのでは?”と思うかもしれませんが、会う前の今こそ一番ダメージが少ないときです。

「申し訳ございません、私にはもったいないお相手ですのでお見合いはお断りいたします」と、
どんな理由であっても失礼のないように丁重にお断りしましょう。

お見合いには準備も多々ありますので、断るのであれば早い段階で断ってくださいね!

指定された日時と場所でお見合い

お見合いは、仲人が指定した日時と場所で行われます。

最近のお見合いの傾向としては、ホテルのラウンジやカフェなどでお茶を飲みながら話をすることが多いです。

昔のように和服を着て個室で執り行われるというような厳かなものではなく、ラフなスタイルでのお見合いに変化してきていると言えるでしょう。

お見合い当日のパターンには、仲人と3人でのパターンと最初から2人で会うパターンの2種類あります。
仲人がどこまで関わってくれるのかは地域や結婚相談所によっても違いがあるので、事前に確認しておいてくださいね。

仲人と3人でのパターン

仲人と3人でのお見合いは、仲人も一緒に着席をしてお見合いが始まるパターンです。
両者の仲人が同席して4人でお見合いをスタートすることもありますし、片方の仲人のみが同席をすることもあります。

このパターンの場合は最初の30分ほどは立ち合いをしますが、タイミングを見計らって退席/span>し、その後は当人同士で話をしてお互いのことを知っていきます。

また仲人の中には、待ち合わせだけ同行をして着席しない人もいるでしょう。
最初にお見合いスタート時の流れを確認しておくと安心ですよ!

最初から2人のパターン

もう一つのパターンは最初から男女2人だけで待ち合わせをして、お見合いをスタートします。
指定された日時で落ち合い、カフェやレストランで食事をしながら会話を楽しむ形式のお見合いです。

初対面の2人ですので緊張しますが、仲人がいないことで通常のデートのような気軽さを感じることができますよ!
事前に相手の情報を頭に入れた上で、会話の準備をしましょう。

お見合い後は交際するか仲人に返事をする

お見合いをした後は、相手と交際をするかどうか仲人に返事をします。
お見合いは当人同士だけの問題ではなく、必ず紹介してくれた仲人を通す必要があります。

お見合いの返事は、できるだけ早めに決断して伝えなければなりません。
このとき、すぐに“真剣交際”を始める必要はないです。
まずは交際を前提とした友達期間になることが多いため、その期間に交際・結婚を真剣に考えてくださいね。

ただし友達期間や交際への進み方については、お互いに認識が同じでなければなりません。

進め方の希望を明確にして、相手と仲人に伝えるようにしましょう。

また結婚相談所の場合でも、本交際の前に仮交際が設けられていることが多いです。
仮交際は複数の人とデートを楽しむことができるので、比較しながら検討することもできますよ!

その後交際OKなら連絡先を交換

お見合いをして交際に進む場合は、連絡先を交換します。
それまでは仲人を通して連絡をしていましたが、交際に進む場合には直接のやりとりをすることになります。
もし仮交際で何度かデートをして“違う”と感じた場合は、早めに断るようにしてください。

一般的には仮交際の期間は、1~2か月。
本交際に進んだ場合、結婚までの期間は1~3か月程です。
早いと感じるかもしれませんが、もともとお見合いは結婚を前提とした出会いのため、出会った直後から真剣に考えて両親や仲人とも相談をして決めましょう。

結婚に至るまでの流れはこちらの記事も参考にしてください!

↑目次に戻る

流れと一緒に押さえておきたいお見合いの基本マナー

お見合いをする際には最低限のマナーを守る必要があります。
お見合いは通常の恋愛と異なり、興味がなくなったからと言って無視をするのはマナー違反です。

どんな結果であっても、相手や仲人の人の気持ちや立場を考えて行動しましょう。

当日の遅刻やドタキャンはNG

お見合い当日の遅刻やドタキャンはNGです。
基本は待ち合わせの30分前には到着しておくようにしましょう。
もし1分でも遅れてしまうような場合は、必ず相手や仲人に連絡を入れてください。

また当日に仕事や体調が悪くキャンセルする場合は、早い段階で連絡を入れましょう。
ドタキャンはとても失礼なことですが、理由を話して誠意をもって謝罪をすれば相手にも伝わりますよ。

延期の日程を改めて設定をして、会えたときにも再度謝罪をするようにしてください。

お見合いにふさわしい身だしなみ

お見合いも最近はカジュアルなスタイルで行われることが増えてきました。
場所もホテルだけでなく、レストランやカフェなど様々です。

昔のように和装やスーツといったかっちりとした服装を準備するお見合いは減ってきています。
それでも、お見合いにふさわしい身だしなでなければ相手に失礼になってしまいますよ!

お見合いは自分の結婚相手を決める大切なイベントであり、第一印象として重要なのが身だしなみ・服装です。
事前にしっかり準備をして、当日に臨むようにしてくださいね!

男性の身だしなみ

男性の場合、場所に関わらずにスーツにネクタイでお見合いに行くのが無難なスタイルです。
堅苦しいイメージを与えてしまうと思うかもしれませんが、大切な人と会う日なのですから問題ありません。

スーツとネクタイには信頼・誠実・勤勉さを伝えてくれる効果があるため、それだけでも第一印象が良くなりますよ!

スーツやワイシャツがヨレヨレであったり組み合わせが悪かったりすると、スーツであっても身だしなみとしてはNGです。
また個性を出そうとヘタな服装や妙なファッションで現れては、マイナスイメージを持たれてしまいます。

お見合いは好き嫌いのないスーツにネクタイで無難にまとめましょう。

女性の身だしなみ

女性は、男性のスーツスタイルとバランスの良いフォーマルスタイルを心掛けてみましょう。
ただし結婚式に行くようなドレスアップをする必要はありません。

上品さと清潔感が出るような華やかなワンピースがおすすめですよ!
過度な露出や装飾は避けてシンプルで美しいものを選び、色合いも暗くならないように女性らしいパステルカラーが良いでしょう。

自分の好みや個性を出すよりも、相手や仲人などの第三者から良い印象をもってもらうことを意識してくださいね。

会計は男性がスマートに済ませるのがマナー

お見合い時のお会計は、男性がスマートに支払うようにしましょう。
あまり長居はせず、1時間~1時間半ほどが目安となります。
このときは交際の返事をしたり連絡先を交換したりせずに、その日の感想だけを伝えてください。

お見合いを終了させて席を立つタイミングは、すべて男性に委ねましょう。
“そろそろ行きましょうか?”と男性は女性に声をかけて伝票を手にして会計に向かいます。
間違っても割り勘を催促するようなことはしないでくださいね!

女性は会計後に感謝の気持ちを伝える

お見合いでは、男性が会計をするのがマナーです。
しかし決して“当たり前”だと思わずに、必ず女性は感謝の気持ちを伝えましょう。

  • お見合い相手に選んでくれたこと
  • 自分のために時間を割いてくれたこと
  • 楽しい時間を過ごせたこと
  • 会計をしてくれたこと

これらすべてに感謝し、素直に“ありがとう”が言える人こそ男性の心を動かすことができるのです。

好みな人でなくても顔や態度に出さない

お見合いを承諾して会うことになったものの、当日“なんか違う”と感じることもあるでしょう。
しかしお見合い中は最後まで相手や仲人に失礼のないようにしてください。

好みでない人であっても、それを顔や態度には出さないようにしましょう。
まずはお互いを知ることから始め、お見合いを楽しい時間になるように努めてください。

交際や結婚に至らない場合でも、お見合いをすることで学べることはたくさんあります。

一つ一つのお見合いには意味があると思い、最後までしっかり相手と向き合うようにしましょう。

↑目次に戻る

お見合いを盛り上げるための会話のポイントは?

お見合いは、お互いを知るための大切な時間です。
色々と聞きたいこともあるかもしれませんが、初回から深く詮索するのは良くありません。
まずは楽しい時間になるように、会話が盛り上がるように意識してください。

マナーとして最低1時間はお見合いで話をするのが暗黙の決まりです。
会話がないからと早々に切り上げることがないよう、1時間を目安に会話をするようにしてくださいね。

第一印象で決まる!挨拶は丁寧に

お見合いにおいて、最も重要なのは第一印象です。
有名な心理学でも人は最初に会った数秒の第一印象で、相手に対する印象の8割が決まると言われています。
つまりは初めて会ったときに目から入る印象と挨拶でお見合いの結果も大きく変わってくるのです。

挨拶は、笑顔で相手の目を見てしっかり行ってください。
最初の挨拶は席を立ち、数秒お辞儀をすることも忘れないようにしましょう。
挨拶を流れ作業のようにせず、一つ一つの動きを丁寧に行います。

緊張で笑顔が引きつってしまう人もいますが、口角を上げて歯が少し見えるくらいに優しく微笑むことを意識してください。

事前に話す内容を決めておく

初対面の人と1時間会話をするのは、意外と長く感じてしまうものです。
あらかじめ話す内容をいくつか用意しておくようにしましょう。

  • 趣味の話
  • 休日の過ごし方
  • 仕事のこと
  • 出身地

プロフィールである程度の情報は入ってきているので、プロフィールに基づいた内容で会話を進めていくとスムーズですよ。

ただし会話はあくまでも自然なキャッチボールが大切です。
一方的に質問ばかりするのではなく、自分の話も織り交ぜながら話を膨らませていくようにしましょう。

お見合い終了後は感謝の気持ちを伝える

お見合いの目安である1時間が経過したら、その日のお見合いは終了となります。
やっと盛り上がってきたところで話し足りないと感じることもありますが、初回は1時間で切り上げましょう。

1時間ほど経ち、会話が途切れたタイミングで男性の方から終了の合図を出します。

“あっという間に1時間経ってしまいましたね。
とても楽しい時間を過ごすことができました。
今日はありがとうございました”

このように最後にきちんと御礼と感想を伝えると印象も良いですよ!
ここでは交際への返事などはせずに、そのまま終了してください。

会話のなかで出る言葉遣いに気をつける

お見合いでは、年齢に関わらず敬語を使うようにしてください。
会話のなかで出る言葉遣いには、普段のあなたの性格や環境が反映されます。

会話が弾んできても、気を緩めることなく言葉遣いを意識しましょう。

また会話が盛りがってきても、“うける~”“わかる~”と言った友達言葉は使わないようにしてください。
相手はお見合い相手であるということを最後まで忘れないようにしましょう。

お見合いでNGな話題

お見合いでは、自分が知りたいことや話したいことを優先させて良いわけではありません。
NGな話題を出してしまうと、相手を不快にさせてしまうこともあります。
また仲人を怒らせてしまうこともあるのです。

お見合いの会話にもマナーがありますので、NGな話題しっかり把握をしておきましょう。

細かい年収や過去の交際人数のプライベートなこと

細かい年収や過去の交際人数については、実際に気になるところですよね。
とくに結婚を視野に入れて交際をするかどうか見極める相手ですから、把握しておきたいところでもあるでしょう。
しかしお見合いで、このような掘り下げた質問はNGです。

初めて会った人にお金のことや過去の詮索をされるのは、決して気持ちのいいことではありません。

おおよその年収は最初のプロフィールでも確認できます。
また交際人数などは、仮交際に進んでから聞くようにしてください。

思想、政治、人権、宗教について

思想・政治・人権・宗教については、結婚をする上で重要なことです。
とくに自分にも強いこだわりがある人は、最初に確認しておきたいと思うでしょう。

しかしお見合いの時点で聞くのはマナー違反です。
交際に進むときに確認する事項としては大切ですが、本人に直接聞くことは避けてください。

現在の婚活状況

結婚相談所を利用している場合、自分以外の人とのお見合いが進んでいる可能性もあります。

  • 自分は何人目のお見合い?
  • 今まで良い人いた?
  • 他にも良い雰囲気の相手はいる?

気になる相手であれば、尚更現在の婚活状況が気になってしまいますよね。

しかし婚活の現状は話題はしないのが暗黙のルールです。

婚活状況を聞くのは失礼であり、失礼な質問をする人だと除外されることになってしまうので気をつけてください。
 

↑目次に戻る

お見合いをするならおすすめの結婚相談所

婚活を効果的に進めたいのであれば、結婚相談所でお見合いをするのがおすすめですよ!
結婚相談所は敷居が高い…と感じる人も多いですが、最近では低価格で割引やキャンペーンを行っている結婚相談所が増えてきています。

今回はお見合いをするのにおすすめの結婚相談所を3つご紹介します。

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費13,200円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

エン婚活エージェント1年以内の成婚を実現する来店不要のオンライン結婚相談所です。

従来の結婚相談所と異なり、コスパの良さや専任コンシェルジュによる充実したサポートで、お客様満足度No.1を獲得!
成婚までにかかる費用は、登録料9,800円と月会費12,000円のみとリーズナブルに婚活をすることができますよ。

また登録や相談、お見合いまですべてオンラインで完結しているため、普段の生活が忙しい人でも自分のペースで進めることができます。

無料のデモンストレーションサービスもあるので、入会を考えている人は是非試してみてくださいね!

↓エン婚活エージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント の無料資料請求をする!

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は63.8%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

パートナーエージェント成婚率業界No.1の結婚相談所です。

パートナーエージェントでは短期間で交際から成婚まで目指し、入会から3ヶ月以内のデート実施率は99.4%、入会から1年以内の交際率は92.6%と高い数字を誇ります!

また専任コンシェルジュがEQ診断、AI技術を駆使して月6名以上の紹介、会員内での検索で月5名で合わせて月11名以上の相手を紹介してもらえますよ!
さらに相手の専任コンシェルジュ同士が連携するので、交際がスムーズに進みます。

費用は、始めやすい「コンシェルジュライトプラン」で登録料60,000円、月額11,000円で利用することができます。

専任コンシェルジュによる手厚いサポートで、成婚率が高い結婚相談所を選ぶならパートナーエージェントがおすすめですよ!

↓パートナーエージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント の無料資料請求をする!

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

  • 業界最大級の約60,000名の会員数
  • 厳正な入会審査により圧倒的に質の高い出会いを実現
  • 7つの出会い方で自分に合った活動ができる
  • 交際中からプロポーズまでサポート
  • 少人数専任制で会員一人ひとりにきめ細やかにサポート

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

IBJメンバーズは、東証一部上場企業の株式会社IBJ直営の結婚相談所です。
会員数は65,000人以上を突破し、業界最大級の会員数を誇ります。

出会い方も選択することができ、

  • 自分で希望条件を絞って検索できる「お相手検索」
  • 専任カウンセラーに紹介してもらえる「お相手紹介」
  • BJ会員限定の「婚活パーティー」

など、豊富な出会い方の中から自分に合った婚活方法を選ぶことができます。

オンラインお見合いも人気であり、2020年4月25日にIBJメンバーズ初となるオンラインプロポーズが成功しました。

その後も全国の店舗で成婚カップルが続々と誕生していますよ!

オンラインが重宝され始めている今の時代だからこそ、IBJメンバーズで結婚相手を探してみませんか?

↓IBJメンバーズの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
IBJメンバーズ の無料資料請求をする!

↑目次に戻る

まとめ

最後日本記事の内容をまとめます。

  • お見合いとは第三者による仲介によって男女が対面することを指す。
  • お見合いには2種類あり、仲人と3人で会うパターンと最初から2人の場合がある。
  • 交際に関しての返事は基本的に仲人を通して返事をする。
  • お見合いの際はお見合いにふさわしい服装を心がける。
  • NGな話題は予め確認しておく。

昔のお見合いでは独特なしきたりが存在していましたが、今はラフにお見合いをすることが出来るため、敷居が高いことは全くありません。
家族や会社の上司に紹介してもらう方法もありますが、気軽にお見合いをしたいなら結婚相談所を利用することをおすすめします。

お見合いで素敵な相手を見つけてくださいね!

最終更新日: 2020-06-13

タグ:
婚活のコツ お見合い

記事に関するお問い合わせ

「お見合い」に関する記事

お見合いについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

日本のお見合い結婚の割合は5.5%!お見合い結婚にしかないメリットとは
日本のお見合い結婚の割合は5.5%!お見合い結婚にしかないメリットとは
こんな人はお断り!お見合いで断られる本当の理由と失敗しないための対処法
こんな人はお断り!お見合いで断られる本当の理由と失敗しないための対処法
お見合いの返事が遅い?迷ったらどうする?待つ側と返す側の完全マニュアル
お見合いの返事が遅い?迷ったらどうする?待つ側と返す側の完全マニュアル
お見合い後の3回目デートは「告白」タイミング!おすすめのデート場所・コツ
お見合い後の3回目デートは「告白」タイミング!おすすめのデート場所・コツ
無料でお見合いはできる?婚活アプリ・婚活パーティー・結婚相談所の3つを調査
無料でお見合いはできる?婚活アプリ・婚活パーティー・結婚相談所の3つを調査

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

婚活4回目のデートで進展なしは要注意?告白しない男性・女性心理とは
婚活4回目のデートで進展なしは要注意?告白しない男性・女性心理とは
貧乏だから結婚できないは考えすぎ!収入が少なくても今すぐやるべき3つのこと
貧乏だから結婚できないは考えすぎ!収入が少なくても今すぐやるべき3つのこと
【項目別】婚活市場で女性に求められる男性の条件|あなたはいくつ当てはまる?
【項目別】婚活市場で女性に求められる男性の条件|あなたはいくつ当てはまる?
婚活で高望みしがちな男性の6つの特徴!上手くいかない原因「高望み」の基準とは
婚活で高望みしがちな男性の6つの特徴!上手くいかない原因「高望み」の基準とは
現場監督が結婚できない5つの理由!本気で結婚できる3つの方法を教えます
現場監督が結婚できない5つの理由!本気で結婚できる3つの方法を教えます

お見合いの人気の記事

「お見合い」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら