1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 結婚相手に求める年収の理想|女性「年収400万」男性「こだわらない」

結婚相手に求める年収の理想|女性「年収400万」男性「こだわらない」

あなたは結婚相手にどの程度の年収を求めますか?本記事では男女それぞれの理想の年収を平均年収も併せてご紹介します!相手に求める年収と求められる年収が分かるので、結婚相手の年収について疑問を持っている方は是非参考にしてくださいね。また本記事では年収以外に求められる条件も解説致します!

男女が結婚相手に求める年収

婚活のコツ 男女が結婚相手に求める年収

結婚は恋愛と違って「好き」だけではやっていけませんよね。
婚活で年収を重視するのはあまりよくない風潮がありますが、実際生活をしていかなければならないのでお金は必要不可欠です。

では、男女が結婚相手に求める年収はどの程度なのでしょうか?男女別にそれぞれご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

女性は最低年収300万〜年収400万

女性が結婚相手に求める年収は、最低でも300万円~400万円です。
20代後半~30代独身男性の平均年収は、約322万円なのでお互い条件は一致していますよね。
また年収300万円~400万円は、低いわけではないので結婚することは十分可能です。

年収300万~400万円の手取りは242万円~290万円以上で、生活をしていくための最低ラインのため共働きが理想となります。
結婚後、女性も働き続けるのであれば不自由はしませんが、年収300万円~400万円はあくまで最低ラインのため、実際はもう少し上の年収が求められます。

女性が結婚相手に求める収入について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね!

理想の平均年収は年収500万以上

理想を求めるなら、年収500万円以上です。
これは、20代後半〜30代独身男性の平均年収を上回っている額にあたります。

年収500万円以上ある男性は、30代後半〜のため、20代後半〜30代前半の男性でこの年収はかなり少数です。

さらに上の年収700万円や800万円を求める女性もいますが、平均を大きく上回る額のため年収700万円や800万円の男性はほんの一握りです。

男性は特にこだわりなし

男性の場合、女性と違い相手に年収を求めることはほとんどありません。
男性は結婚をしても仕事を続ける人が大半のため、経済的に頼ろうとする考えがあまりないためです。

また男性のプライドとして、女性には自分より低い年収でいて欲しいと考える人もいます。

働いている女性であれば事前確認したい人は多数

相手の年収は気になりますが正直聞きづらいですよね。
しかし結婚生活を送るためにはお金がかかります。

特に働いている女性であれば、お互いの稼ぎを生活費に充てるので気にする人は多いです。
聞くことに抵抗を感じるかもしれませんが、お互いの年収を把握した方が何かとスムーズですよ!

相手の年収を知らないと、結婚後お金の話で揉める可能性もあるので、お互いの年収は結婚前に把握しておくのがおすすめです。

↑目次に戻る

年代別で見る男女の平均年収

実際、男女それぞれの年齢別の平均年収はどの程度なのでしょうか。
平均年収を知っておけば自分の年収がどれくらい求められるのか、また相手に求める年収の目安も分かります。

それぞれ年代別に見ていきましょう。

20代の平均年収は280~390万円

20歳〜24歳 25歳〜29歳
男性 279万円 393万円
女性 243万円 318万円

20代の平均年収は、社会人になりたての人が多いため年収は低めです。

20代前半は男女ともあまり差はありませんが、後半になるにつれて徐々に差が出てきます。

30代の平均年収は460〜520万円

30歳〜34歳 35歳〜39歳
男性 461万円 517万円
女性 315万円 313万円

30代になると、男女間でさらに差が出ます。

男性は役職に就き、責任のある立場になる人もいるため年収が20代の時よりアップします。

女性は30歳に突入すると結婚や出産などで仕事をセーブしたり、退職する人が増えるため全体の平均は20代後半とあまり変わりません。

40代の平均年収は570〜630万円(*文中に「年収600万」を含めてください。)

40歳〜44歳 45歳〜49歳
男性 569万円 630万円
女性 308万円 310万円

40代になると、男性はさらに年収が上がります。
転職せずに同じ会社で働き続けた場合役職が上がれば年収は上がり、中には年収が600万円になる人もいますよ!

対して女性は同じ会社で働き続ける人は少数で、途中で休職したりフルタイムではない仕事に転職する人も多いため、年収が上がることは少ないです。

↑目次に戻る

結婚後の生活にかかる費用はいくら?

「結婚したらそれでゴール」ではありませんよね。
結婚後は子育て、マイホーム、老後など様々なライフイベントがあります。

今の時代年収1000万円あっても裕福な生活ができないと言われていますが、実際どれくらいのお金がかかるのでしょうか。

現実的に必要な費用をご紹介します。

出産〜小学校入学までにかかる費用は400万

出産は、

  • 入院費
  • 検診
  • ベビー用品や備品の購入

などで60万円近くかかります。
申請をすれば健康保険から出産育児一時金が受けられ、1児につき42万円が支給されるので出産費用はある程度抑えられますよ!

ただ入院が早まったり分娩方法など、胎児の状態によってさらに費用が必要になる可能性もあります。
出産後は、

  • 検診などの医療費
  • 保険
  • お宮参りなどのイベント
  • 出産祝い返し

などの費用が発生。

その後は保育園や幼稚園に入るため入園費用が必要となります。
このことから子どもを産んでからも、費用はさらにかかるため結婚前にお金には余裕を持っておくことが大切です。

小学校〜大学入学の費用は2,000万円以上

幼稚園 小学校 中学校 高校(全日制)
公立 223万円 322万円 478万円 450万円
私立 482万円 1528万円 1326万円 1040万円

小学校から大学は、私立か公立にするかで費用が変わります。

幼稚園から高校でも私立に通えば、総額4000万円以上。

大学進学をすればさらに費用がかかりますよね。
大学は、国立、私立、公立か文系、理系かで変動し、もし医学部に入るとしたら1000万円以上かかります。

マイホーム購入の費用は3,000万円〜4,000万円

結婚したらマイホームを持ちたいと思う人も多いです。

マイホームを購入する場合、土地を持っていなければ土地を買わなければなりません。
その場合、土地代+建物代を合わせて5000万円前後かかる場合もあります。

もし土地を持っていれば、3000万円から4000万円くらいで購入できますよ!

老後資金1人2,000万円

金融庁の発表により老後資金2000万円問題が話題となりました。
医療の発展や暮らしやすい環境から人の寿命は年々伸びており、長生きするためにはその分お金もかかります。
また少子化や経済問題が原因で、老後の資金は自分たちで賄わないといけない可能性が高いです。

1人2000万円と言われていますが、実際さらに必要になることも考えられます。

そのため老後資金もしっかり貯めて、結婚生活を送らなければなりません。

↑目次に戻る

結婚相手選びで年収より大事なこと

結婚はお金ももちろん大事ですが、それだけではありませんよね。
この章では年収以外の条件で大事なことをご紹介します。

お互いの価値観が合うか

価値観が合わないと一緒に生活していくのが苦しくなってしまいます。
いくら年収が理想通りでも相手の考えが好きになれなかったり、一緒に過ごしても楽しくなかったりすると結婚した意味が分からないですよね。

平成24年の司法統計では離婚理由の第1位は性格の不一致だと発表し、つまりは価値観の違いが原因になっています。
夫婦における価値観は、

  • 金銭感覚
  • 仕事に対する考え
  • 趣味
  • 食べ物の好み
  • 子育ての方針

などがあります。

年収がいくら良くても、価値観が合わなければ要注意。
最悪離婚の可能性もあるので価値観のすり合わせはきちんとしましょう。

計画的なお金の使い方ができる

いくら年収が高くても、計画的にお金を使えないと結婚生活は順調に送れません。

「給料をもらったらすぐに使ってしまう」「貯金をしない」など、お金の使い方に計画性がなかったら要注意。

結婚後は子育て、マイホーム、老後などお金のかかるイベントがたくさんあるため、計画的にお金を使わなければいざというときに困ってしまいますよね。

相手のお金の使い方は結婚前に確認しておくのがおすすめです。

ライフスタイルが合うか

結婚をしたら一緒に生活をしなければならないためライフスタイルが合わないと、お互いストレスが溜まってしまいます。

ですがストレスが溜まっても、よっぽどのことがない限りは家を出ることはできませんよね。

専業主婦なら生活を合わせることは比較的容易ですが、共働きの場合は起床時間と就寝時間、朝食と夕飯を食べる時間が違うことが殆どで、一緒に暮らしているのに顔を合わせないこともあるでしょう。

ちょっとした時間のすれ違いが夫婦のすれ違いに発展するかもしれません。
「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、お互いのライフスタイルにも注目しましょう。

↑目次に戻る

それでも結婚相手に高い年収を求めるなら

年収が高ければそれだけ生活に余裕を持つことができます。
結婚して苦労するのは正直しんどさを感じますよね。

年収の高い相手を求めるなら、これからご紹介するポイントを参考にして下さい。

年収以外の条件を妥協する

全て理想通りの結婚相手を見つけるのはとても困難です。
年収が高くて、顔は美人でモデル体型、性格も良くて…と欲張り過ぎてはなかなか結婚できません。

年収を重視するなら、それ以外の条件を妥協するべきです。

例えば相手が医者や女医なら年収は高いですが、年齢は若くなくある程度落ち着いている人が多いでしょう。
そこで年齢が理想ではないと諦めてしまったら、いつまで経っても結婚できませんよね。

年収を重視するなら、他の条件に対し寛容になりましょう。

地方ではなく都心で婚活をする

高い年収を希望するなら、大企業が集まる東京で婚活をしましょう。

日本の中心である東京には、多くの有名企業、大手企業、そして国の機関がありハイスペックな職に就いている人が多いため、年収の高い人たちが集まっています。

そこで婚活をすれば、年収の高い人と出会える可能性が地方よりグッとアップしますよ!
どうしても年収の高い人が良ければ、婚活の拠点を東京にするのがおすすめです。

また世界的な企業で働いている人も年収は高めなので、思い切って有名企業がある海外で婚活をするのも可能性はありますよ!

自分の年収を上げる努力をする

相手に年収を求めることは悪いことではありませんが、年収ばかりを追い求めて結婚しても幸せな結婚生活が送れるとは限りません。
それなら自分の年収を上げる努力をするのはどうでしょうか?
自分が高い年収を稼げれば過度に求めずに済みますし、相手の年収が気にならなくなりますよ。

闇雲に年収の高い人を探すより、自分の年収を上げる方が手っ取り早いことが考えられます。

結婚相談所で婚活を始める

確実に年収の高い相手に出会えるとは断言できませんが、結婚相談所には年収の高い人も一定数います。

年収の高い人は基本的に忙しいため、プライベートの時間があまり取れず出会いがない人もいます。
そのような、結婚したいけどあまり時間もないし出会いもないという人は、結婚相談所を利用している可能性が高いですよ!

年収が高い人と出会いたいなら、結婚相談所で婚活を始めるのも一つの手段と言えます。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね!


↑目次に戻る

理想の結婚相手を探せるおすすめの結婚相談所

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費13,200円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

エン婚活エージェントは、顧客満足度No.1を獲得した来店不要のオンライン完結型結婚相談所です。

成婚までにかかる費用は登録料9,800円と月会費12,000円と、とてもリーズナブルに利用することができますよ!

無料でエン婚活エージェントでの婚活を体験できるサービスもあるので、是非活用してみてくださいね!

↓エン婚活エージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント の無料資料請求をする!

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は63.8%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

パートナーエージェント成婚率業界No.1を獲得した結婚相談所です。

パートナーエージェントでは、コンシェルジュによるサポートが手厚いため、短期間で多くの人と出会うことができますよ!

EQ診断とAIの技術をもとに、コンシェルジュが紹介してくれる人数は月6名以上。
さらに、最大5名まで登録内で検索して自分からアプローチすることが出来るため、月間で出会える人数は11名以上にも昇ります!

最短で結婚を目指すなら、パートナーエージェントがおすすめですよ!

↓パートナーエージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント の無料資料請求をする!

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

  • 業界最大級の約60,000名の会員数
  • 厳正な入会審査により圧倒的に質の高い出会いを実現
  • 7つの出会い方で自分に合った活動ができる
  • 交際中からプロポーズまでサポート
  • 少人数専任制で会員一人ひとりにきめ細やかにサポート

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

IBJメンバーズは、一部上場企業の株式会社IBJが運営する結婚相談所です。
出会う方法は様々で、

  • 約65,000人の会員の中から相手検索
  • 専任カウンセラーが相手を紹介
  • 会員限定の婚活パーティーを開催

など、自分で選択することができますよ!
また2020年3月より「オンラインお見合い」を開始し、交際報告も続々と寄せられています。

自分に合う婚活方法を見つけるならIBJメンバーズがおすすめですよ!

↓IBJメンバーズの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
IBJメンバーズ の無料資料請求をする!

↑目次に戻る

まとめ

結婚において相手の年収も1つの大事な要素ですが、こだわりすぎると大事なチャンスを逃してしまう可能性もあります。

最後に本記事を振り返ってみましょう。

  • 結婚相手に求める年収。
    女性は、最低年収300万〜年収400万、理想は500万円以上。
    男性は、特にこだわらない
  • 年代別の年収。
    20代は280~390万円、30代は460〜520万円、40代は570〜630万円 
- 生活にかかる費用。
    出産〜小学校入学まで400万、小学校〜大学入学まで2,000万円以上、マイホーム購入3,000万円〜4,000万円、老後資金1人2,000万円
  • 年収以外で結婚相手を選ぶポイント。
    お互いの価値観が合うか、計画的なお金の使い方ができる、ライフスタイルが合うか

相手の年収は譲れないポイントかもしれませんが、相手との相性や価値観も大切です。

ぜひ年収ばかりに囚われない婚活をして下さいね!

最終更新日: 2020-06-30

タグ:
婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

結婚相手の条件に妥協は必要?後悔しない結婚の秘訣は「正しい妥協」にあり
結婚相手の条件に妥協は必要?後悔しない結婚の秘訣は「正しい妥協」にあり
結婚相手に後悔する4つの理由まとめ!失敗から学ぶ結婚相手の選び方
結婚相手に後悔する4つの理由まとめ!失敗から学ぶ結婚相手の選び方
男女別結婚相手の決め手ランキングTOP3!男性1位「価値観」女性1位「年収」
男女別結婚相手の決め手ランキングTOP3!男性1位「価値観」女性1位「年収」
男女が思う理想の結婚相手ってどんな人?条件と特徴別で徹底リサーチ!
男女が思う理想の結婚相手ってどんな人?条件と特徴別で徹底リサーチ!
結婚相手に求める貯金額の平均はいくら?貯金なしの人が選ばれない理由と貯める方法
結婚相手に求める貯金額の平均はいくら?貯金なしの人が選ばれない理由と貯める方法

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

お見合いの服装にワンピースをおすすめする2つの理由!人気コーデ・ブランド・選び方
お見合いの服装にワンピースをおすすめする2つの理由!人気コーデ・ブランド・選び方
【30代女性向け】お見合いでおすすめの服装8選を季節別に厳選!
【30代女性向け】お見合いでおすすめの服装8選を季節別に厳選!
お見合い時間のベストは1時間!成功に導く時間帯と時間指定のコツ
お見合い時間のベストは1時間!成功に導く時間帯と時間指定のコツ
結婚相手に求める年収の理想|女性「年収400万」男性「こだわらない」
結婚相手に求める年収の理想|女性「年収400万」男性「こだわらない」
お見合い時の会話の進め方|初対面の挨拶から帰り際までの会話の流れまとめ
お見合い時の会話の進め方|初対面の挨拶から帰り際までの会話の流れまとめ

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら