1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 【弁護士との恋愛】弁護士と結婚したい!出会い方と結婚相手としての良し悪しまとめ

【弁護士との恋愛】弁護士と結婚したい!出会い方と結婚相手としての良し悪しまとめ

弁護士は社会的に信用が高く、ハイステータスなイメージがあり、婚活市場でとてもモテる職業の一つです。しかし、多忙な弁護士との結婚はメリットばかりではありません。結婚生活に後悔しない為にも、弁護士との結婚におけるデメリットについても把握しておきましょう。弁護士とのおすすめの出会い方も参考にしてくださいね!

弁護士との結婚は狭き門?弁護士の人口

婚活のコツ 弁護士との結婚は狭き門?弁護士の人口

国家資格である弁護士は、結婚したい相手の職業として人気が高いです。

責任のある職業に就いている事から、

  • 頼りがいがある
  • 真面目な人柄
  • 社会的地位が高い
  • 信用できる

というイメージがあり、婚活市場ではとてもモテる職業なのです。
ただ出会いたいと感じても、日常では知り合う事が難しいのが実際とのところ。

総務省統計局の資料によると、2019年の15歳~64歳人口は75,072,000人

日本弁護士連合会の資料によると、弁護士人口は2019年時点で41,118人
2009年の弁護士人口は26,930人だった事を踏まえると、10年間で約14,000人増加してはいますが多いとは言えません。

婚活中の弁護士数を考えると、結婚できる確率は低い事が想像できます。

今回は弁護士と結婚したいという人の為に、おすすめの出会い方をご紹介します。
弁護士に求められる異性のタイプについても、併せて参考にしてくださいね!

↑目次に戻る

弁護士と結婚するなら条件で選べる結婚相談所がおすすめ

弁護士は婚活市場でモテる反面、意外にも結婚できないと悩む人が多くいます。
多忙なので身近に良い相手がいない場合、どうしても婚期を逃してしまいがち。
プライベートの限られた時間で出会いを探せる結婚相談所を利用する人が多いのです。

弁護士の彼氏・彼女が欲しい人は、結婚相談所に登録する事で出会える確率が高くなりますよ。
相手の職業を弁護士に絞って探す事が可能なのでおすすめです。

会員の質が高い「パートナーエージェント」

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は63.8%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

パートナーエージェント」は成婚率№1で有名な結婚相談所です。

男性会員は約6割の人が年収500万円以上、女性会員は約7割の人が年収300万円以上と会員の質が高いという特徴があります。

パートナーエージェントでは、全てのコースで専任のコンシェルジュが付き、婚活をサポートしています。

  • 悩みに対して的確なアドバイスをしてくれる
  • 相手のコンシェルジュとも連携し、交際を後押ししてくれる
  • 印象の良いメイクやファッションに関する知識をもらえる

コンシェルジュのアドバイスを取り入れながら婚活をする事で、コミュニケーションスキルやファッションセンスの向上に繋がりますよ!

パートナーエージェントの成婚率の高さの理由について知りたい人は、以下の記事を参考にしてくださいね。

↓パートナーエージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント の無料資料請求をする!

サポートや相談は業界トップレベル「エン婚活エージェント」

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費13,200円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

エン婚活エージェント」は、「お客様満足度№1」を受賞した結婚相談所です。

サポートや相談は業界トップレベルの質の高さなので、会員の満足度が高いのです。

以下の2つのシステムで婚活のサポートが得られますよ!

  • 専任コンシェルジュのサポート
  • オンライン講座「自分磨き学習機能」

専任コンシェルジュには、24時間オンラインで相談する事が出来ます。

「会話を広げられない」「デートプランがうまく考えられない」等、婚活上の悩みに対して的確なアドバイスをもらえます。

オンライン講座「自分磨き学習機能」では、婚活のプロから「自分磨き」と「パートナーシップ磨き」の2テーマに沿った知識を学べます。

この2つのサポートが苦手を克服するきっかけにも繋がり、あなたの婚活力を向上させる事が出来ますよ!

エン婚活エージェントのコンシェルジュについて深く知りたい人は、以下の記事がおすすめです。

↓エン婚活エージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント の無料資料請求をする!

結婚相談所大手の「IBJメンバーズ」

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

  • 業界最大級の約60,000名の会員数
  • 厳正な入会審査により圧倒的に質の高い出会いを実現
  • 7つの出会い方で自分に合った活動ができる
  • 交際中からプロポーズまでサポート
  • 少人数専任制で会員一人ひとりにきめ細やかにサポート

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

IBJメンバーズ」は幅広く婚活サービスを提供している「株式会社IBJ」が運営する、大手結婚相談所です。

  • 3ヶ月以内の交際実現率は約87%
  • 成婚率は約51%

信頼の実績がある為、多くの人が婚活の場として選んでいます。
※成婚率については、パートナーエージェントとは違う算出方法を用いています。

日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟する結婚相談所の会員とも出会えるので、出会いの数が豊富!

専任カウンセラーからのお見合い後のフィードバック等サポートが充実していますよ。

IBJメンバーズの会員の特徴について詳しく知りたい人は、以下を参考にしてくださいね。

↓IBJメンバーズの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
IBJメンバーズ の無料資料請求をする!

↑目次に戻る

弁護士と結婚が人気の理由3つ

世間から「羨ましい」と思われる弁護士との結婚。

なぜそれほどに人気の職業なのかと疑問に感じている人の為に、人気の理由を解説します。

その理由を知れば、あなたも弁護士と結婚したい・幸せを掴みたいという気持ちが湧いてくるはずです!

比較的年収は高い

弁護士の平均年収は739万円で年収は高い傾向にあります。

2019年度の年代別の平均年収は以下の通りです。

年代 平均年収
~29歳 632万(分布:0~2,000万円 中央値:600万円)
30~34歳 692万(分布:0~1,950万円 中央値:700万円)
35~39歳 751万(分布:0~2,500万円 中央値:700万円)
40~44歳 897万(分布:600~3,000万円 中央値:850万円)
45歳以上 1,077万(分布:0~5,000万円 中央値:970万円)

業務形態によって年収は異なりますが、一般サラリーマンと比較すると年収は高いですよ。

弁護士には以下の働き方があります。

  • 弁護士事務所に勤務
  • 一般企業に企業内弁護士として勤務
  • 開業して独立する

大手の弁護士事務所に勤務している・独立して軌道に乗った場合には高収入が望めます。

専業主婦として子育てに専念したいという女性には、国家資格があり高収入な男性は魅力的ですよね。

社会的信用が高い

弁護士の仕事は、日常に起きたトラブルで困っている人の為に解決に向けて手助けをする職業です。

国家資格があるうえに、仕事の重責さから社会的信用が高いのは周知の事実。

信用第一の職業なので良いイメージを抱かれやすく、両親も安心して結婚を応援出来るのです。

マイホーム購入等でローンを組む際は、審査がスムーズに通るというメリットがありますよ!

万が一のトラブルにも強い

思いもよらぬトラブルが生じた時、パートナーが弁護士だと心強い味方になってくれます。

  • 近隣とのトラブル
  • 労働上のトラブル
  • 不動産上のトラブル
  • 人間関係のトラブル

ふとしたきっかけでトラブルになるというのは、誰しも起こり得る事ですよね。

弁護士は法に関する知識がある為、トラブルの対処能力は人一倍高いのです。

事が大きくなる前に適切な対処をしてくれるので、パートナーとして頼り甲斐があるでしょう。

↑目次に戻る

弁護士との結婚は本当に勝ち組?結婚して考えられる後悔やデメリット

弁護士との結婚に対してメリットばかりを想像していると、結婚後に後悔してしまう危険性が高まります。

多忙な生活スタイル等の現実を目の当たりにして、この先結婚生活を継続していけるのか不安を感じているパートナーも多いのです。

ここからは、実際に後悔している人の「弁護士とは結婚したくない」と感じた理由をご紹介しますね。

私の旦那さんは弁護士ですが仕事が本当に激務で同居してても全く会えません。

難しい仕事程勉強も大変で忙しいものです。
高尚な仕事だからこそ年収も高いのも分かります。

けど一緒にいれる時間は本当に本当に少ないです。

私はこんな寂しい思いをするくらいなら年収なんて低くていいから19:00には帰って来る旦那さんがいいなと思ってしまいます。

だけど周りの友人には弁護士の妻というだけで勝ち組だと羨ましがられます。

だけど羨ましいのはこっちの方で、勝ち組なのは定時上がりの旦那さんを持つ周りの方だと思ってしまいます。

口コミの要点をまとめます。

  • 本当に激務で、同居しているのに全く会えない
  • こんな寂しい思いをするなら、年収なんて低くていいから19時には帰ってきてほしい
  • 周りは弁護士の妻というだけで勝ち組だと羨ましがられるが、羨ましいのはこっち

弁護士の妻。
小学生の子供2人。
生活が行き詰まってつらいです。

夫は開業5年目の弁護士ですが、ワンマン経営のマチ弁です。
生活費が捻出できないことも頻発し、わたしの微々たる収入と貯金切り崩しで生活してます。

夫は、土日も休み返上で事務所へ赴き、休日は母子3人で過ごすことが多いです。

平日も遅くまで働き、労働時間は、会社員に当てはめたら、残業100時間はザラに超えています。
にもかかわらず、5年経った今も、経営が苦しい状態が続いています。

食べていけない弁護士が増えているのは、よく話題になっていますが、我が家もその類かもしれません。

口コミの要点をまとめます。

  • 夫は開業5年目のマチ弁(町の弁護士)だが、生活費が捻出できないことも頻発する
  • 休日は母子3人で過ごすことが多い
  • 食えない弁護士が増えているが、うちもその類かもしれない

上記の口コミから、世間がイメージしている姿とは違う弁護士の一面が見られました。

弁護士との結婚にはデメリットも存在します。

収入や業務形態が不安定

平均年収はサラリーマンよりも高いとされる弁護士ですが、収入や業務形態が不安定というデメリットがあります。

年々弁護士数が増えている事が影響し、

  • 弁護士の貧困問題
  • 新人弁護士の就職難

がニュースになった事がありました。

いつも依頼が来るという保証が無いので、将来に対する不安を感じてしまうのも無理はありません。

独立して自営業となると、軌道に乗るまでは収入が不安定という点は予め覚悟しておきましょう。

また扱う分野や業務形態によっては、年収が一般企業のサラリーマンと同じくらいになることも考えられますよ。

中堅弁護士は年収は高いが激務

経験・実績を積んでいる中堅弁護士は、依頼を受ける件数が多くなり激務となります。

残業が多いことや休日出勤をする事もあるので、一緒に過ごせる時間が限りなく少なくなります。
依頼人の予定に合わせて相談日を決めなければならないので、急に仕事が入る事も珍しくありません。

家族の時間を中心に予定が立てにくいので、パートナーは不満を感じてしまいやすいのです。

弁護士の結婚適齢期(時期)は30代前半

弁護士の結婚適齢期は30代前半です。
年収や仕事が安定してる年代なので、結婚に対する意識も高まりますよね。

これ以上の年齢になると中堅に入る為、業務がとても忙しくなってしまいます。
プライベートな時間が作れず、結婚のタイミングが得られない可能性があるので注意してくださいね!

結婚年齢を意識して婚活を進める事が大切です。

仕事上のお付き合いが多く家族との時間が少ないことも

弁護士は仕事上のお付き合いとして、飲み会へ行く事があります。

  • 職場の同僚と親睦を深める
  • 同期弁護士との情報交換
  • 勉強会後の交流
  • 仕事上接点のある人と信頼関係を深める

このような目的があり、飲み会がどうしても多くなってしまうのです。

多忙で帰りが遅くなる日が多い上、仕事上の付き合いが多いと子供と顔を合わせる時間も取れません。

そういった生活スタイルに、家族は寂しさを感じてしまいます。

職業柄プライドが高い人が多い

弁護士は仕事に対してとてもストイックです。

困っている依頼者の為に、プライベートな時間を割いて勉強したり遅くまで仕事をして向き合っています。
そこまでストイックに出来るのは、弁護士という職業にやり甲斐と誇りを感じているからに他なりません。

仕事に責任を持って行動出来る責任感の強さや、社会的地位の高い職業という点から弁護士はプライドが高い人が多いのです。

職業柄、裁判で負けないよう力を尽くすという習慣も、プライドが高くなる要因の一つ。

自分の考えに自信を持っているので、夫婦喧嘩や意見のすれ違いがあった時に言いくるめられてしまいがち。

「自分が正しい」と主張されてばかりだと、パートナーはうんざりしてしまいますよ。

出会いが少ないため異性慣れしていない

弁護士は出会いが少ないので、異性慣れしていない人が多いです。

あまりに異性慣れしていないと、

  • 女性への接し方が分からない
  • 女心が分からない
  • エスコートが下手
  • デートがつまらない

このような状況に陥ってしまいます。

異性慣れしていないと女性が何を考えているのか読み取る事が出来ず、それが原因で喧嘩になる事も少なくありません。

また「美人だけど性格が不細工」といった、内面の見極め方に対しても疎い面があります。

相手が喜ぶようなデートプランを考える事も苦手なので、弁護士とのデートが退屈に感じる人も多いのです。

↑目次に戻る

弁護士の結婚相手に選ばれる人はどんな人?求められる異性のタイプ

デメリットがあるとはいえ、弁護士との結婚に憧れを抱く女性は多いもの。

弁護士はどのような女性を結婚相手として選ぶのかを知って、あなたの婚活に役立ててくださいね!

知的でロジカルな思考ができる人

言うまでもなく、弁護士は日常のあらゆるトラブルに向き合う仕事。

様々な揉め事の相談に乗る時に、感情的に話す相談者がとても多くいます。
仕事なので冷静・親身に話しを聞きますが、感情的な人にはうんざりしているもの。

理論立てて物事を解決していかなければならない仕事なので、パートナーに対しても同じように感情的にならずに物事を考えられる人を求めています。

理路整然と会話が出来る人だととても好印象ですよ!

堅実で信頼できる人

守秘義務のある弁護士は、信頼を得る為に言動にも配慮しています。

自分と同じように「堅実さ」「信頼できる」を感じる事の出来る異性に好感を抱くのです。

  • 約束は守る
  • 自分の意見をきちんと伝える
  • ルールやマナーを大切にする
  • 丁寧な言葉使いを心掛ける
  • 他者への配慮を怠らない

こうした一つ一つの言動の積み重ねが、「堅実さ」「信頼」に繋がっていきますよ!

派手な見た目より少し地味な人

弁護士は外見よりも内面を重視してパートナーを探しています。
外見は派手なタイプより、少し地味なタイプの異性と結婚している人が多い傾向にあります。

地味な異性というのは、決して不細工という意味ではありません。

  • ナチュラルメイクで清楚
  • 考え方がしっかりしている
  • 精神面が落ち着いている
  • 言動に品が感じられる

このようなイメージを抱ける人に、弁護士は惹かれるのです。

弁護士という職業に理解がある人

弁護士の職業上のデメリットに対して、理解が得られないと結婚はうまくいきません。

家族との時間を十分取れずに寂しい思いをさせてしまっている事は、男性も理解しています。
だからといって仕事に100%力を注げなくなってしまうと、責任のある弁護士という仕事は務まらないのです。

弁護士の仕事を理解し応援してくれる女性に対し、「結婚したい」と感じますよ。

↑目次に戻る

弁護士はどんな職業の人と結婚するの?

ハイステータスな弁護士は、どのような職業の女性と結婚するのが多いのかについて解説します。

なぜその職業の相手が多いのかについて、参考にしてくださいね!

法曹関係や事務所の事務員の同業

弁護士の結婚相手として多いのは、「秘書」「検事」「警察官」といった法曹関係や事務所の事務員といった同業の異性です。

  • 弁護士の仕事に理解がある
  • 大変さを理解してくれる

このような同業者ならではのメリットがあります。

弁護士の業務を身近でサポートしてくれる秘書や事務所の事務員だと、恋愛感情も芽生えやすいのですよ。

社会的ステータスの高い人

弁護士は、社会的ステータスの高い異性との結婚も多いです。

資格を取る為に並々ならぬ努力を要し、キャリアを築きあげるのに真剣に仕事に向き合う姿勢に共感出来、いつしか恋愛感情を抱きやすいのです。

  • 男性弁護士ならCAや女医
  • 女性弁護士なら弁護士同士や医者、パイロット、警察官

等が多いですよ。

クライアント先や依頼人

クライアント先や依頼人と結婚する弁護士もいます。

よく顔を合わせる相手の為、自然と距離が縮まりやすいのです。

相談に親身に乗っているうちに、「支えたい」と感じ、恋愛感情が芽生える事もありますよ。

最終更新日: 2020-08-13

タグ:
婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

婚活で同時進行中から一人を選べない…複数人から交際・結婚相手を決める方法
婚活で同時進行中から一人を選べない…複数人から交際・結婚相手を決める方法
婚活で年下男性を希望するのは無謀?年下男性と結婚する年上女性の6つの特徴
婚活で年下男性を希望するのは無謀?年下男性と結婚する年上女性の6つの特徴
婚活が難しいと悩む男性必読!上手くいかない人の特徴と理想の女性に出会うコツ
婚活が難しいと悩む男性必読!上手くいかない人の特徴と理想の女性に出会うコツ
結婚と恋愛のハッキリとした5つの違い|本気で結婚するなら結婚相談所がおすすめ
結婚と恋愛のハッキリとした5つの違い|本気で結婚するなら結婚相談所がおすすめ
婚活市場が売れ残りではない本当の理由|売れ残りになる人に共通する5つの特徴
婚活市場が売れ残りではない本当の理由|売れ残りになる人に共通する5つの特徴

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

24歳で結婚はまだ早い?若い年齢で結婚した理由とメリット・デメリット
24歳で結婚はまだ早い?若い年齢で結婚した理由とメリット・デメリット
女性の婚活写真のうまくいく撮り方とは?5つのポイントとおすすめスタジオまとめ
女性の婚活写真のうまくいく撮り方とは?5つのポイントとおすすめスタジオまとめ
男性の婚活写真の6つのポイントとは?女性に好印象なおすすめの服装・撮り方
男性の婚活写真の6つのポイントとは?女性に好印象なおすすめの服装・撮り方
婚活に疲れたけど結婚したい!疲れる理由・婚活疲れを乗り越え結婚する方法を紹介
婚活に疲れたけど結婚したい!疲れる理由・婚活疲れを乗り越え結婚する方法を紹介
婚活がめんどくさい男女必見!しんどいと苦痛に感じる理由や前向きになれる6つの方法
婚活がめんどくさい男女必見!しんどいと苦痛に感じる理由や前向きになれる6つの方法

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら