1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 結婚の必要性を感じない人が急増中!令和時代の結婚のメリット・デメリット

結婚の必要性を感じない人が急増中!令和時代の結婚のメリット・デメリット

周囲からの圧力などで、結婚しないとダメな風潮に息苦しさを感じている人がいます。 結婚したくないわけではないものの、周りとの温度差から、結婚が本当に必要なのかどうか分からなくなっている人は少なくありません。 そこでこの記事では、現代の結婚観や、結婚するメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

結婚の必要性とは?結婚しない人が増えている現状

「大人になったら結婚するのが当たり前」「未婚=結婚できない人」といったイメージを持っている人も少なくありません。

しかし近年では、そのイメージに反し、

  • 結婚の必要性がない
  • 結婚する意味が分からない

といったように、自ら結婚しない道を選ぶ人が増えています。

2020年の生涯未婚率は男性26.6%、女性は17.8%

「厚生労働省 50歳時の未婚割合の推移」を見てみると、2020年で男性が26.6%、女性でも17.8%となっています。

  • 2010年時点では、男性20.1%・女性10.6%
  • 2000年時点では、男性12.6%・女性5.8%

となっており、男性は20年前よりも約2倍、女性に至っては約3倍に増えていて、現代の未婚率は大幅に上昇していることが分かります。

結婚の必要性を感じない人の声

実際に結婚の必要性を感じていない人の声を見てみましょう。

誰かと結婚する必要性はありますか?自分は一生独身を貫き通したいと思っています。

別に一生独身でいても何の問題もないです。

誰にも迷惑かけるわけでもないし、今は独身の人も沢山いるし。

結婚の利点がかつては女性が社会に出られなかった→生活するためにも結婚
だったのが今では女性一人でも立派に生活出来るのであえてする必要性そのものが無くなりましたからね…
男側からしても所得が増えないのに養うのは…ってなりますし

引用元: twitter.com

30年ひとりで生きてきた今、もはや結婚に憧れもなければ、出産・子育てに人生の重きを置く必要性も感じない。

引用元: twitter.com

上記で紹介した意見のとおり、決して結婚したくない・結婚が悪いことと思っているわけではありません。
結婚するのが当たり前という概念に振り回らされていない人が多いです。

↑目次に戻る

結婚の必要性を感じていない男女の特徴

結婚の必要性を感じない人には共通点があります。
男性も女性も共通していえるのは、

  • 自分自身の状況や性格を理解している
  • 等身大で生きることに重きを置いている

ところです。

ここでは、結婚の必要性を感じない人の詳しい特徴について、詳しく解説していきます。

経済的に安定している

結婚の必要性を感じていない人は、経済的に安定しています。
一般的には、結婚すると女性は男性の収入に頼れますが、自分の収入だけで満足している場合はその必要がありません。

経済的に安定している女性は仕事が好きなことが多いです。
結婚して働く時間が制限されたり、収入が下がるくらいなら独身でいたいと考えがちです。

また、男性にとっても経済面は重要なポイントで、結婚したら主に家族のために稼ぐことになります。

このように、経済的に安定していることで、結婚はマイナスに働くと考える人も少なくありません。

趣味・仕事に没頭している

趣味や仕事に没頭している人も結婚の必要性を感じにくいです。

世間的に「結婚によって幸せになる」「結婚=幸せ」といったイメージが強いのは、1人でいることに物足りなさや寂しさを感じているからといえます。

しかし没頭できる趣味や仕事がある人にとっては、現状の満足度が高く、むしろ結婚によって趣味や仕事に使える時間がなくなることを不安視しがちです。

  • 自分1人の生活を楽しめるので、パートナーや家族が必要がない
  • 気を使うことなく趣味や仕事に打ち込める環境を手放したくない

といったように、現状を変えてまで結婚する理由はないと考えています。

1人で生きていくのがラク

パートナーや家族と暮らしたいといった望みを叶えられるのが結婚です。
しかし結婚の必要性を感じない人の多くは「1人で生きていくのがラク」なタイプの人です。

  • 「婚活しなければ」「早く結婚したい!」といった焦りをもつのが億劫
  • ときめいたり恋愛することすら面倒

といったように、不安な気持ちに駆られたり何かに縛られたりせず、マイペースに楽しみたいと考えています。

結婚は相手があってのことなので、常に自分のペースで生活できるわけではありません。
1人がラクなタイプの人にとって、自分の時間が取れなかったり、誰かの気を使って過ごさなければいけないのはストレスに感じます。

異性が苦手

1人で生きていくのがラクなタイプには、恋愛経験が少なかったり、日常生活においても異性との会話が苦手だったりします。

そのため、漠然と結婚を夢見ていたとしても、

  • 関係を築いていくのが億劫
  • 仲良くなっていく方法が分からない
  • 恋愛スキルがなくて楽しめない

などと感じ、苦労して苦手を克服するくらいなら結婚は必要はない、と考えるようになります。

家事・育児が苦手

家事や育児に苦手意識がある人は結婚に消極的になりがちです。
特に家事においては独身生活でも発生するため、苦手な人にとっては既に「苦痛」「時間の無駄」と感じています。

独身で1人暮らしであれば、家事は適当にやり過ごせますが、結婚するとそういうわけにもいきません。

特に女性で家事が苦手は人は、「結婚したら家のことをこなすのは妻」といった昔ながらの風潮に嫌悪感を感じます。

育児についても同様で、子供中心の生活にストレスに感じるくらいなら独身のままでいたいと思う人が多いです。

自由・多様な生き方に憧れている

結婚の必要性を感じていない人の中には、自由・多様な生き方に憧れているタイプも多いです。

以前は、

  • 結婚して家庭を持つのが幸せの象徴
  • 男性は家族を養い、女性は家庭に入るもの

といったような結婚にまつわる固定概念が強かったです。
一方近年では、

  • 女性の社会進出
  • ノマドワーカー

といったような、自由で多様な生き方が認められる社会になりました。

その結果、固定概念にとらわれない生き方を望み、結婚することだけが正解はないと考える人が増えています。

↑目次に戻る

結婚のメリット3つ

結婚の必要性を感じない人の特徴が当てはまっていて、改めて結婚する必要はないと思った人も多いのではないでしょうか?

しかしあくまでも結婚の必要性を感じないだけで、結婚したくないといい切れるわけではありません。

そこで結婚のメリットについて解説します。

家庭を持つことで経済的・精神的な余裕が得られる

まず結婚することで、経済面でも精神面でも余裕が得られます。
人生は何が起こるか分からず、健康で不自由なく暮らせる環境が当たり前ではありません。

突然、事故や病気に見舞われる可能性は誰にでもあります。
独身の場合、自分だけが頼りなので、何か起こったときに急に頼れる人がいませんよね。

しかし結婚していれば、どちらかの身に何かあっても、

  • パートナーの収入で生計を立てられる
  • 身の回りの世話をしてくれる相手がいる

といったように、経済的にも精神的にも余裕を持てます。

人生を豊かに生きるためには、万が一の時に余裕があるかどうかが大事です。
結婚によって、そんな経済的・精神的余裕を持てる生き方が実現できます。

税金やお得な制度がある

戸籍上正式に夫婦になることで、お得な制度を受けられるのも結婚ならではのメリットです。

配偶者控除や扶養控除といった、世帯収入に応じて税金の負担を減らせる制度があります。

こうした制度は戸籍上の関係にのみ対象で、婚姻届けを出さない夫婦関係には適応されません。

世間体を気にしなくて済む

未婚率の増加や多様な生き方があるとはいえ、世間一般では結婚するのが当たり前という考えの人が多いです。

そのため、独身でいると世間の視線が気になるという人もいるのではないでしょうか。

実際、周囲から「結婚はまだ?」「今恋人はいないの?」といった質問をされて億劫に感じた経験がある人も多いです。

年齢や外見によっては、結婚できない人というレッテルを張られてしまうケースも少なくありません。

既婚者であるというだけで人に安心感を与えるので、結婚すれば世間体を気にせずに済みます。

親に子供(孫)の顔を見せてあげられる

孫の顔を親に見せられるのは、独身では叶えられません。

多くの人は孫の顔を見たいと願っているので、親に孫の顔を見せたいと考える人は少なくありません。

結婚を決めたきっかけが、親に孫の顔を見せたいからという人もいるほどです。

↑目次に戻る

本当に必要ない?結婚するデメリット3つ

結婚は人生において大きな出来事なので、独身だったらやらなくていいこともでてきます。

結婚する必要ないと考える人は、メリットにおける幸せよりもデメリットにおける苦痛の方が強く感じがちです。
ここでは、結婚するデメリットについて、詳しく解説していきます。

結婚の手続きや挨拶・報告がめんどう

結婚するデメリットは、手続きや挨拶などがめんどうということです。
結婚前後はやるべきことがたくさんあります。

  • お互いの親への挨拶
  • 親族同士の顔合わせ
  • 婚姻の手続き
  • 結婚式の手配や準備
  • 会社や友人への報告
  • 新居への引っ越し

人によって異なりますが、ざっと並べるだけでもこれだけやることがあるのです。
「こんなにいろいろやる必要があるなら結婚しなくてもいいや」と考える人は少なくありません。

相手の親や親戚との付き合いが大変

結婚すると相手の家族と親族関係になります。
今まで他人同士だった人達なので、パートナーとの相性が良いからといっても、相手の家族とも相性が良いとは限りません。

年末年始やお盆、冠婚葬祭など、親族の集まりに参加する際は気を使うものです。
パートナーは欲しくても、親族付き合いが嫌で結婚を踏み止まる人は多いです。

自由な時間が減る

自由気ままな独身時代と異なり、結婚生活には何かしらの制約が出てくるものです。

独身であれば何時まで仕事しようが、家でどんな格好で過ごそうが気にせずに過ごせます。

しかし結婚したら家族と過ごす時間を作ったり、家での過ごし方に対する気使いが必要です。

自分のペースで過ごせないとストレスを感じるタイプの人にとって、自由が減る結婚はデメリットになるのは想像できます。

↑目次に戻る

必ずしも結婚する必要はない?結婚の必要性や価値観は人それぞれ

ここまで、結婚にまつわる様々な情報をお伝えしましたが、最終的に、結婚に対する考えや価値観は人それぞれです。
世間に振り回されず、自分の気持ちにしっかり向き合いましょう。

結婚の必要性がわからない人は、まずはたくさん恋愛経験を積むことが大事です。
自分が結婚すべきかどうかは、1人で過ごしているだけでは分かりません。

もしかすると、今まで自分に合う相手と出会っていなかっただけかもしれないですし、新しい価値観が生まれる可能性もあります。

結婚しないパートナー関係もある

結婚という形式にこだわらないパートナー関係もあります。
籍は入れずに同棲するといったように、結婚するかしないかの2択ではなく幅広い視野で考えてみましょう。

↑目次に戻る

出会いを探すなら結婚相談所の利用がおすすめ!

よりリアルに結婚の必要性を考えたい場合は、結婚を意識したお付き合いを始めることをおすすめします。

実際に結婚を見据えた状態の方が、

  • 自分にとって何が本当に大事なのかが分かる
  • パートナーがいる暮らしを体験できる

といったように結婚の必要性が見えやすくなります。

成婚実績が豊富な「パートナーエージェント」

婚活のコツ 成婚実績が豊富な「パートナーエージェント」
パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 2017年~2020年の成婚率が4年連続業界№1
  • 日本最大級、約55,000人の会員ネットワーク・コネトシップに加入
  • 入会1年以内の交際率93.1%・成婚者65.6%
  • 9種類の方法から、お相手の候補を見つけ出す
  • 紹介・交際・成婚まで専任コンシェルジュがサポート

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

結婚相談所は数多くありますが、まずおすすめなのは、成婚実績が豊富なパートナーエージェントです。

  • 活動開始から1年以内に成婚退会した人の割合63.8%
  • 入会から1年以内の交際率92.6%

といった好実績を出せている秘訣は、手厚いサポートにあります。

幅広い悩みや相談に応じてくれるので、恋愛に慣れていない人や結婚の必要性が分からない人も、安心して活動できます。

条件にあった相手探しだけではなく、内面を重視した人を紹介してくれるので、自分では気がつかないような出会いに巡り合えます。

結婚の必要があるかどうか分からない人でも、こうしたプロ目線からのマッチングにより、新しい価値観が生まれる可能性が高いです。

パートナーエージェントについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

↓パートナーエージェントの公式ホームページはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント の無料カウンセリングを予約する

優秀なエージェントに相談できる「エン婚活エージェント」

婚活のコツ 優秀なエージェントに相談できる「エン婚活エージェント」
エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料9,800円、月会費12,000円
  • 毎月6名の紹介と10名まで条件検索でアプローチ
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整
  • オンライン動画講座見放題
  • 1か月無料体験プランあり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

コスパ重視の人にはオンライン完結型のエン婚活エージェントがおすすめです。
他の結婚相談所と比較して圧倒的な会費の安さで人気ですが、ただ安いだけではここまでの人気は保てません。

エン婚活エージェントは、コンシェルジュの教育に力を入れており、その質の高さに確たる自信を持っています。

婚活についてなんでも話せる相談役として、結婚の必要性が分からないといった悩みをもっている人も安心して活動できますよ!

エン婚活エージェントが、信頼できる相談所である理由が分かる取材記事もあるので参考にしてください。

↓エン婚活エージェントの公式ホームページはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント の無料カウンセリングを予約する

利用者の多い「IBJメンバーズ」

婚活のコツ 利用者の多い「IBJメンバーズ」
IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

  • 業界最大級の約65,000名の会員数
  • 厳正な入会審査により圧倒的に質の高い出会いを実現
  • 7つの出会い方で自分に合った活動ができる
  • 交際中からプロポーズまでサポート
  • 少人数専任制で会員一人ひとりにきめ細やかにサポート

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

色々な異性に会ってみたいという人におすすめなのはIBJメンバーズです。
業界最大級の会員数で、相手を探す方法も豊富なので本当に自分に合う人と出会える可能性が高いです。

料金設定は決して安いとはいえませんが、その分結婚に対して真剣に考えている人ばかりなので質の高い出会いを求めている人に向いてます。

また、少人数専任制なのも人気の秘訣です。
一人一人にじっくり向き合いながらサポートしてくれるので、結婚の必要性が分からない人も安心して相談できます。

IBJメンバーズの料金プランなど、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

↓IBJメンバーズの公式ホームページはこちら↓

\結婚相談所/
IBJメンバーズ の無料カウンセリングを予約する

↑目次に戻る

まとめ

  • 結婚しない人が増えている
  • 結婚にはメリットとデメリットがある
  • 結婚の必要性や価値観は人それぞれ
  • 出会いを探すなら結婚相談所がおすすめ

安易に結婚するとが正しいとはいえませんが、経験してみないとわからないことがあることも事実です。
家族が増えたり好きな人と一緒にいられるのは喜ばしいことですが、結婚することで息苦しくなることもあります。

大切なのは自分がどのように生きたいのか、ということを忘れないでください!

最終更新日: 2020-11-29

タグ:
婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

安定職業の銀行員と結婚したい!出会い方と求められる条件やメリット・デメリット
安定職業の銀行員と結婚したい!出会い方と求められる条件やメリット・デメリット
新聞記者の彼と結婚したい!多忙な彼に結婚したいと思わせるためにすべきこと
新聞記者の彼と結婚したい!多忙な彼に結婚したいと思わせるためにすべきこと
婚活業界の高嶺の花?女医の婚活事情とおすすめの婚活サービス5選
婚活業界の高嶺の花?女医の婚活事情とおすすめの婚活サービス5選
薬剤師と結婚したい人必見!安定・高収入・社会的地位の高い薬剤師との結婚方法
薬剤師と結婚したい人必見!安定・高収入・社会的地位の高い薬剤師との結婚方法
獣医との結婚は難関!結婚相手として人気の理由と出会える場所
獣医との結婚は難関!結婚相手として人気の理由と出会える場所

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

郵便局員は結婚できない?難しいと思われる理由と結婚するためにできること
郵便局員は結婚できない?難しいと思われる理由と結婚するためにできること
一級建築士が結婚できない時の4つの原因!結婚するための4つのポイント
一級建築士が結婚できない時の4つの原因!結婚するための4つのポイント
モテる職業のCA(客室乗務員)の結婚事情を解説!意外と結婚できない人の問題とは
モテる職業のCA(客室乗務員)の結婚事情を解説!意外と結婚できない人の問題とは
弁護士なのに婚活がうまくいかない?難しい原因・婚活成功ポイントを伝授
弁護士なのに婚活がうまくいかない?難しい原因・婚活成功ポイントを伝授
バツなし・初婚の50代独身男性が結婚する方法!婚活を成功させるコツとは
バツなし・初婚の50代独身男性が結婚する方法!婚活を成功させるコツとは

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら