1. 婚活・恋活 >
  2. 結婚相談所 >
  3. 婚活のコツ >
  4. 【口コミ・体験談あり】結婚相談所で実際に起こったトラブルと対処法まとめ

【口コミ・体験談あり】結婚相談所で実際に起こったトラブルと対処法まとめ

結婚相談所は結婚の一番の近道です。でも実は、トラブルも起こっているのが事実。実際起こったトラブルを知ることで、リスク管理に努めましょう!

結婚相談所にはトラブルも潜んでいる!? 

婚活のコツ 結婚相談所にはトラブルも潜んでいる!? 

本気で結婚したい人にとって、一番の近道が結婚相談所。
専任のスタッフがついてくれるところが多いので、安心して婚活が出来ることでも人気です。

ただし、結婚相談所にはトラブルも発生しています。

国民生活センターに寄せられた結婚相手紹介サービスに関する相談件数は、2017年に1,277件あります。

・結婚相談所で紹介された異性に交際を断ると、その人から嫌がらせが始まった。
嫌がらせはおさまったが、怖くなり結婚相談所に解約を申し出ると追加費用を請求された。

・高額な入会費を支払って結婚相談所に登録したが、全く出会いがない。
事業者が積極的に出会いの機会を設けてくれないので、解約したい。

・ 結婚相談所に説明を聞きに行ったら「年内に決まる」等と4時間も勧誘されて契約したが、一人しか紹介してもらえない。
お金ばかりかかるので退会したいが、退会後も支払いが続くようで不満である。

引用元: www.kokusen.go.jp

などの相談が寄せられています。

今回は実際に結婚相談所で起こったトラブルをご紹介します。

例を参考にすれば、結婚相談所で被害に合わないようにするために気を付けるべきことが分かりますよ。

↑目次に戻る

口コミあり!悪質な結婚相談所で起こるトラブルとは

婚活のコツ 口コミあり!悪質な結婚相談所で起こるトラブルとは

一口に結婚相談所と言っても、最近は様々な会社が運営を行っています。
そのため、中には悪質な業者が紛れ込んでいることもあります。

実際の口コミをご紹介しながら、悪質な業者の実態をご紹介します。

追加費用を請求される

この方は、良く調べないまま大手の結婚相談所に登録したようです。
しかしいざ入ってみると、色々な場面で追加費用が必要になったそう。

他にも、最初は安いコースで入会したけど担当のスタッフがしきりに高いコースに切り替えた方が出会える確率は上がるなど、コースの変更を進めてくる事例もあるそうです。

紹介人数が少ない

紹介人数が少なく、お互い都合が悪くなかなか会えない人がいる場合、いつまでたっても新しい人を紹介してくれないケースがあるようです。

せっかく毎月高いお金を払っているのに、なかなかお相手を紹介してくれないのは考え物ですよね。

登録した後はほったらかし 

これはひどいケースですね。
何年も前に登録していた結婚相談所から突然連絡が来たようです。
何年もほったらかしにしていたなんて…

この方は婚活に乗り気ではなかったようなのでよかったですが、一生懸命婚活を頑張っているのにこんな対応を取られたら、絶対に納得がいかないでしょう。

担当がコロコロ変わる 

予約をしていたのに待たされ、お電話であれだけお話ししたのに担当者は急に変わるし……
あれだけお話ししたのにゼロからのカウンセリングシート記入というのも…?

引用元: jm-h.com

結婚相談所で活動するうえで重要なのが、担当者との相性という人も少なくありません。
それなのにせっかく二人三脚で頑張ろうと思っていた担当者さんが急に変わると、また一からやり直しのような気分になってしまいます。

担当者がコロコロ変わる結婚相談所も、評判が良くないようです。

自分の考えを押し付ける 

担当者さんの客観的な意見を聞くということはとても大切なことですが、相手の意見を尊重せず、自分の考えだけを押し付ける担当者はトラブルになりがちです。

外見や服装から始まり性格や考え方などすべてを否定されるなど、自分に自信を無くしてしまうようなことを言われる人もいるようです。

成婚料や違約金、お見合い料を事前に説明しない

事務所を持たない夫婦でされてる結婚相談所に登録しました。

しかし、相手に申し込んでいるように思えず不信感があり解約しました。

すると、1年を満たしていないので違約金を払えと言われました。
説明の段階で聞いておらず、そんな話聞いてないと言うと、「仕方ないな減額してやるよ」と言われました。

引用元: www.bengo4.com

結婚相談所は、結婚が決まった場合の成婚料や、ルールを守らなかった際の違約金が発生するところも多く存在します。

その場合入会時にきちんと説明をしなければいけませんが、それを怠っているサービス会社が存在するようです。

入会の際に自分でも成婚料や違約金など、入会金の他にかかる費用はないかきちんと確認する必要があるでしょう。

退会できない・退会させてもらえない

結婚相談所に「退会したい」と申し出ました。

そしたら、結婚相談所の方から「2年かけて見つけていくものですよ、まだ半年じゃ早すぎますよ。
」と引き止められました。

結婚相談所と合わず退会を希望したのに、色々理由をつけて退会をさせてもらえないケースがあるようです。

自分の意見をはっきりと言える人ならともかく、気が弱い人は相手に強気で押し切られてしまうと、なかなか「それでも退会したい!」とはっきり言うことが出来なくなってしまいます。

個人情報の管理が甘い 

入会する際、免許証などの本人確認や年収を証明するための課税証明書などを提出する義務があるサービスも多いです。
また、家族構成や住んでいる場所、今までの経歴などかなりプライバシーに踏み込んだことも色々と聞かれます。

そんな個人情報満載なデータをきちんと管理できていない会社もあるようです。

会員の人の情報が載ったプリントを机に出しっぱなし、オフィスに人が自由に出入りできるなど、セキュリティーが甘い会社はトラブルが発生しているようです。

中には訴訟に至ったケースも 

申し込みもかなり来て、お見合いしましたが
結局、普段の生活で出逢った方と結婚しました。

そこで、相談所の退会を望んだところ
①個人情報を書いた書類を1部返却してもらえなかった
②入会中、お見合いの勝手に申し込みをされた(彼女からの申し込みなので、相手がOKだった時は、勿論あうことに)
③勝手に他の会社に住所と電話番号を教え、そこの所長から連絡が。

個人情報を軽んじ勝手に動く女社長が許せないそうです。

個人情報のずさんな管理などは、訴訟まで至ってしまうケースもあるようです。

確かに相手のことを信頼して自分のプライバシーをさらけ出しているのに、それを裏切られ個人情報を流出するような会社は許せません。

↑目次に戻る

相手とのトラブルが起こることも

婚活のコツ 相手とのトラブルが起こることも

トラブルは結婚相談所とだけではありません。
紹介されたお相手とのトラブルもあるといいます。

今度はお相手とのトラブルにはどんなものがあるのか、いくつかご紹介します。

プロフィールに嘘を書いている

結婚相談所では年収の申告に証明書が必要な会社も多いですが、中には必要ない会社も存在します。

そのため、そういった結婚相談所に登録し年収にうその記載をして相手をだます人がいるようです。

この方の場合、結婚式直前でそれが判明したとのこと。
年収に関しては、お付き合いをする段階できちんと確認しておいた方が良さそうです。

性交渉が目的

結婚相談所への登録は、当たり前ですがほとんどの人が結婚が最終目的です。
しかし、中には性交渉を目的に相手と知り合いたい、と考えている人がごくまれにいるようです。

けれども結婚相談所には、そういった体の関係や性行為、キスなどについて、きちんとルールを設けている場合が多いです。

万が一性交渉が目的の人と出会ってしまった場合は、すぐに担当者に相談した方がいいでしょう。

商品・ビジネスの勧誘が目的

相手がネットワークビジネスをしていたり、自営業と称して闇取引をしているなど、実は結婚が目的ではなく商品やビジネスの勧誘が目的で結婚登録所に登録しているケースもあるようです。

ただしこちらも明らかにルール違反。
相手が結婚に対して前向きではなくビジネスの話ばかりするようになったら、こちらもすぐに担当者に報告するようにしましょう。

お見合いをドタキャンする 

冠婚葬祭など、どうしても行かなくてはいけない事情がある場合は別ですが、大した理由でもないのにお見合いを急に断ってくる人もトラブルとなるケースが多いようです。

お見合いのドタキャンはこの日を楽しみに待っていた人にとって精神的にダメージが大きくなります。
それを平気でしてしまう人を許せないのは当然のことです。

破談した相手から連絡がくる

結婚紹介所で紹介したお相手とうまくいかず破談になり、その後お相手が休会や退会をしているのにその相手から連絡が来る、といったケースもあるようです。

紹介されたお相手と付き合うことになり、ある程度付き合いが長くなると、結婚相談所に成婚料を払うというルールが定められています。

この成婚料を払いたくないがために、一旦破談にし結婚相談所を抜け、それから改めてお付き合いをしようというのです。

不誠実だしルールを逸脱しています。
こういった行動をしてくる人は結婚詐欺の可能性もあるのです。
相手から連絡がきたら結婚相談所に相談するようにしましょう。

成婚後すぐ破談になる

また、結婚相談所で成婚したのにその後すぐ破談になってしまうケースもあるようです。
原因は様々ですが、こちらも結婚詐欺が絡んでいる可能性大。

こういったトラブルも起こっていることは事実なので、相手は誠実な人かどうか見極める能力も必要です。

↑目次に戻る

トラブルを避ける方法とは? 

婚活のコツ トラブルを避ける方法とは? 

こういったトラブルは決して多いわけではありませんが、実際に発生してしまっているのも事実です。
でもトラブルを避ける方法はあります。

ここでは、トラブルを避けるためにどのようなことに注意すればいいかをご紹介します。

結婚相談所のルールを守る

結婚相談所にはその会社ごとにルールが決められています。

例えば連絡先交換ひとつにとっても、自由に行ったらルール違反。
直接相手に聞くのではなく、担当者を通じて連絡先を聞くようにルールを設けている会社が多いです。

また何をもって「成婚」となるかもしっかり確認しておきましょう。
必ずしも結婚の約束をしたことだけが「成婚」ではない場合が多いんです。

交際中のルールについても細かく決められている場合があるので、そのルールも確認しておく必要があります。

慣れるまでは大変ですが、こういったルールをきちんと把握することである程度のトラブルは防げるのです。

信頼できる結婚相談所を選ぶ 

婚活のコツ 信頼できる結婚相談所を選ぶ 

結婚相談所に登録する前に、その会社が本当に信頼できる会社なのかをきちんと調べましょう。

ポイントはいくつかあります。
まずは個人情報保護方針の記載がきちんとされているかどうか。

個人情報保護は何より大切です。
これを怠っている場合トラブルが起こり得ます。

また、連盟・団体に加入しているかも重要です。

加入していない会社の場合、連盟・団体の基準を満たしていないサービスを行っている可能性もあります。

登録する前に無料相談ができる会社なら、無料相談は是非活用しましょう。

実際にその会社に行けば担当者の質やサービスの内容を細かくチェックすることができますし、気になる点は直接質問できます。

その際、自分でお見合いを申し込めるかどうかも確認しておくと◎。

中には自分からお見合いを申し込めないサービスもあり、担当者に主導権を握られてしまうようなカタチになってしまうからです。

最後に、大手企業かどうかも重要。

大手より個人でやっているような小さな結婚相談所の方が、トラブルは多くなる傾向にあります。

こういったことをきちんと事前に確認することで、トラブルのリスクはかなり低くなります。

↑目次に戻る

トラブルが起きた際の対処法

婚活のコツ トラブルが起きた際の対処法

様々なことに気を付けていてもどうしても避けられないトラブルもあります。
もし自分がトラブルに巻き込まれてしまったら、どうすればいいのでしょうか。

今回は、トラブルが起きた際の対処法をご紹介します。

相手とトラブルが起きたらすぐに結婚相談所へ相談

万が一お相手の人とトラブルが起こってしまった場合は、必ず結婚相談所に相談しましょう。
第三者が間に入ってくれることで、問題解決が早くなります。

また、トラブルが起こったらなるべく早く相談することも重要。

「相談していいのかな…」と迷っていると、トラブルはどんどん大きくなってしまい、最悪訴訟に至ってしまう可能性もあるのです。

相手がルールを違反していると感じたり何か違和感を覚えることがあれば、遠慮なく結婚相談所に相談するようにしましょう。

クーリングオフ制度を利用する

婚活のコツ クーリングオフ制度を利用する

結婚相談所に一度は登録したものの様々な理由から解約をしたくなった場合、クーリングオフという制度が使えます。

ただしクーリングオフにはいくつか注意点があります。

まずは、契約書を受理されてから8日以内の期間にクーリングオフを申請しなければいけません。

8日以内であれば、理由の有無を問わず解約をすることができます。

しかし、担当者にうそをつかれたりクーリングオフをすることに対して圧力をかけて脅されたりした場合は、8日以上たってしまった場合も解約することができます。

クーリングオフの仕方

クーリングオフをするには、まずはがきで結婚相談所に契約を解除したい旨の手紙を書き送ります。
その際なぜ契約を解除したいのかなど、理由を描く必要はありません。

ここで重要なのが特定記録郵便で送ることです。
普通のはがきで出した場合、相手に届いたかどうかこちらが把握できません。
もし届いていても、「そんなはがきは届いていない!」と相手にうそをつかれたらどうしようもありません。
そのため記録が残る特定記録郵便を使うようにしましょう。

もしクレジットカード決済をしている場合は、カード会社にも解約した旨・返金の依頼の連絡をします。

これできちんと契約が解除され、支払った代金がきちんと戻ってくればクーリングオフは完了です。

消費生活センターや国民生活センターに相談

婚活のコツ 消費生活センターや国民生活センターに相談

返金に関し結婚相談所からごねられたり圧力をかけられたりした場合は、消費生活センターや国民生活センターに相談しましょう。

結婚相談所側も消費生活センターや国民生活センターとトラブルになるのは避けたいですから、正当な理由がこちらにあれば必ず返金の流れになるはずです。

↑目次に戻る

おすすめの結婚相談所 

結婚相談所のトラブルを防ぐためには会社選びも重要です。
そこで、オススメの結婚相談所をご紹介します。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2016年度は3,476人が成婚した実績あり

公式ホームページ

パートナーエージェントは業界トップクラスの成婚率を誇る結婚相談所です。

「1年以内の成婚を目指す!」をキャッチフレーズに、専用のコンシェルジュが1人ひとりにつき、万全のサポート体制で成婚へ導きます。

豊富なデータに基づく婚活設計により、自分だけの婚活プランが設計されます。

↑目次に戻る

まとめ

婚活のコツ まとめ
  • 結婚相談所にはトラブルも潜んでいる
  • 悪質な結婚相談所とのトラブルは訴訟に至るケース
  • お相手とのトラブルの原因は、ほとんどがルール無視
  • 中には結婚詐欺の可能性
  • トラブルを避けるために、ルールをきちんと確認する必要あり
  • 結婚相談所に登録する前にチェックする項目をきちんと確認
  • 万が一トラブルに巻き込まれたら、早めに相談する
  • クーリングオフの制度があることも知っておこう

結婚相談所ではトラブルも発生していることは事実です。
しかし、今回ご紹介したトラブルは実はどれもとってもまれなこと。
そして、結婚相談所に登録する前やお相手と出会う前に注意することで、大抵のトラブルは防げるのです。

正しく結婚相談所を利用し、素敵な出会いを探しましょう。

最終更新日: 2018-02-14

タグ:
婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

 【婚活】と【年収】の正しい関係って?カシコク年収を割り切る方法!
【婚活】と【年収】の正しい関係って?カシコク年収を割り切る方法!
20代の真剣婚活で結婚相談所は利用するべき?おすすめの結婚相談所と注意点まとめ
20代の真剣婚活で結婚相談所は利用するべき?おすすめの結婚相談所と注意点まとめ
結婚相談所の掛け持ちはアリなの?メリット・デメリット、効果的な組み合わせまとめ
結婚相談所の掛け持ちはアリなの?メリット・デメリット、効果的な組み合わせまとめ
結婚相談所の成婚率の実態とは?成婚率が高いおすすめの結婚相談所ランキング
結婚相談所の成婚率の実態とは?成婚率が高いおすすめの結婚相談所ランキング
【シニア・中高年】40代・50代からの婚活におすすめの結婚相談所を徹底紹介!
【シニア・中高年】40代・50代からの婚活におすすめの結婚相談所を徹底紹介!

「結婚相談所」に関する記事

結婚相談所の記事は他にも多数!

【口コミ・体験談あり】結婚相談所で実際に起こったトラブルと対処法まとめ
【口コミ・体験談あり】結婚相談所で実際に起こったトラブルと対処法まとめ

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。