1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 新聞記者の彼と結婚したい!多忙な彼に結婚したいと思わせるためにすべきこと
最終更新日: 2021-08-20

新聞記者の彼と結婚したい!多忙な彼に結婚したいと思わせるためにすべきこと

新聞記者は、世の中のあらゆる出来事を取材をして発信するのが仕事です。記事を執筆したり、現場でリポートをしたりと毎日多忙を極めています。本記事では、新聞記者の仕事内容や結婚相手に求めるポイントから、彼との結婚を実現するためのコツをご紹介していきますよ。そんな新聞記者の彼との結婚を希望しているのであれば、しっかり仕事を理解したうえで結婚の魅力を伝えていきましょう!

新聞記者は超激務で結婚できない?多忙なエピソードまとめ

新聞記者は、取材で集めた情報を編集し新聞に載せるのが主な仕事です。
朝早くから夜遅くまで仕事をし、仕事後や休日に急な取材が入ることもあります。

また日常的に記事になるネタ探しもしているので、地道に取材をおこなう体力や精神力も必要となるでしょう。

このように新聞記者の仕事は忙しいので、彼は結婚を意識する余裕も時間もないのです。
実際に新聞記者の多忙さがわかるエピソードを紹介します。

新聞記者経験者です。

新聞社によって違いますが、私はほぼ毎日23時退社でした。
新聞を刷り始める時間が朝1時で、デスクやら割り付けやら見出し作りやらの時間を逆算してギリギリの時間。
しかも取材内容によっては朝5時には現地に入らないといけないケースもあるし、サツ周り(新人が最初にあてがわれる担当と言われます)は24時間態勢だし、火事だと家が近い記者が写真だけ取っておかなくてはいけないとか(内容は後から役所の報告があるけど、サツ周りの人が連絡を受けて現場に向かっても消火が済んだ後で写真が使えない場合もあるから)。
お酒の席でも酒を飲まないでいつでも動けるようにしていた子もいます。

印刷の締切に半端なく振り回されるので、休みほとんどなし、はあると思います
休みは、記事の対象(事件とか事故とかイベントとか)が、締切直前に発生しちゃったりすると、簡単に吹っ飛ぶ可能性高いんじゃないでしょうか。

私が経験したのは週間の紙媒体ですが、週休2日には程遠かったです
まして日刊で地方紙ですよね。
記者とカメラマン兼任なら、会社規模もそれなりですよね…。

彼氏さん、嘘はついてないと思うよ。

ただ、媒体のお仕事は好きでないとホント続かないので、この先も仕事>主さんになっちゃう可能性は高いかもです。

婚活のコツ 新聞記者は超激務で結婚できない?多忙なエピソードまとめ
出典:twitter.com

今紹介したエピソードからも分かるように、いつ・どこで・どんなスクープが舞い込んでくるかわかりません。
そのため新聞記者には、気を抜ける時間がないのです。

朝は早くて夜は遅い!休日もなし!
まさに超激務な勤務形態です。

彼が「忙しい」と口癖のように言うこともあるでしょう。
しかし決して愚痴や弱音でなく、現実であるということを理解する必要があるのです。

↑目次に戻る

新聞記者の仕事内容

前項でも少し紹介しましたが、改めて新聞記者の仕事内容について紹介していきます。

新聞記者は、ニュースやスクープを取材し、集めた情報を編集、そして新聞に載せるのが仕事です。

  • 政治部
  • 経済部
  • 社会部
  • スポーツ部

上記のように新聞社の中は各セクションに分かれており、それぞれの専任の記者が世界のあらゆるニュースを取材するのです。

取材した原稿は、各セクションの編集責任者がチェックをして編成部へ送ります。
その後編成部が原稿を編集し、校閲部が誤字・脱字を確認したら新聞記事の出来上がりです。

文字にすると短いですが、実際には取材も編集も幾度となく繰り返し行います。
新聞記者の仕事に終わりはなく、毎日のように大量の業務をこなさなければならないのです。

華やかな世界に思えますが、実は地道な努力によって成り立つ仕事だといえるでしょう。

勤務時間が不規則

新聞記者は、基本的に勤務時間が不規則です。
配属先によっても異なりますが、早朝や深夜に取材をすることもあります。
また突発的な事故や事件が発生すれば、残業は余儀なくされるでしょう。

昼夜問わず取材や執筆をするので、新聞記者の生活は仕事を中心に回っているといえます。

休日でもいきなり仕事になることもある

大きな事件・事故や災害などが起きた場合、休暇中であっても仕事になる可能性があります。

新聞記者は、今起こっている出来事を数時間後に発行する新聞の紙面に掲載しなくてはいけません。

スピードが求められる仕事だからこそ、休日であっても関係ないのです。

彼は24時間365日、「新聞記者」という職業のもとに生きているのでしょう。
世の中の出来事に常にアンテナを張り問題意識や関心・好奇心を持つことは、記者の仕事をするうえでとても大切なことなのです。

転勤や海外赴任の可能性もある

新聞社の規模にもよりますが、新聞記者は転勤や海外支社への異動の可能性もあります。

記者を志望している場合、大きくは地方支局勤務と内勤記者に分かれることになるでしょう。
地方支局勤務は、各都道府県庁所在地にある支局での勤務となります。

そのため配属先によって、自分の希望勤務地以外の場所で働くこともあるのです。
常に新しいことや刺激を求める人でなければ、心身ともに疲れてしまう労働環境でしょう。

↑目次に戻る

新聞記者はモテるの?チャラいと言われている理由

新聞記者の男性といえば、「遊んでそう」「軽そう」などと言われることがあります。
このようなイメージが強くなってしまうのは、新聞記者のコミュニケーションスキルの高さが関係しているでしょう。

新聞記者は仕事柄人と接することが多く、気配りもできます。
人との距離を縮めることが得意なので、自然と女性から人気が出るのです。

またコミュニケーションスキルが高いことから、誰とでも仲良くなれます。
それが、チャラい男性だと変換されることもあるでしょう。

もちろん新聞記者の中には実際にモテて遊んでいる人もいますが、それ以上に真面目な人も多いですよ。

チャラい人と真面目な人がいるというのは、どの職場・職業であっても同じだといえるでしょう。

取材慣れしているのでプライベートも会話上手で聞き上手

新聞記者は、基本的には「聞くこと」「聞き出すこと」が役目です。
このような取材で培った傾聴力やコミュニケーションスキルがあることで、男女問わず人気が出ます。

それは自分の話を遮らず否定せず、ただ頷いて聞いてくれるからでしょう。
一緒に話していると楽しい・居心地がいいと感じる人が多いです。
気がつくと、誰にも言えなかった心の内を話していることもあるかもしれません。

それが女性にとっては「特別」であり、いつしか「好意」に変わります。
新聞記者がモテるのは、記者という職業で身につけたスキルが関係しているのです。

接待などで飲みに行く機会が多いので出会いもそれなりにある

新聞記者は多忙な仕事ですが、その一つとして取材や接待も含まれます。
飲みに行く機会も多いので、仕事で女性と出会うことも多いです。

新聞記者は、誰と出会ってもネタや情報を探しています。
相手が男性でも女性でも、積極的にコミュニケーションを取ろうとするでしょう。

その結果女性との距離が近くなり、恋愛関係へと発展するケースもあります。

飲み会の席で女性に手を出しているように見えることもあるため、チャラいという印象がついてしまうのです。

↑目次に戻る

激務の新聞記者が結婚をしたくなるのはどんなとき?彼が結婚相手に求めていること

新聞記者の彼は毎日多忙ですが、結婚を意識しないわけではありません。
結婚をすることで、仕事に精進できると考える人もいます。

しかし新聞記者だからこそ、自分の仕事を理解して尊重してくれる彼女でなければ結婚には至らないでしょう。

次に新聞記者の彼が結婚相手に求める女性のタイプを紹介します。
新聞記者の彼と結婚したい人は、彼が結婚相手に何を求めているのか知ることから始めてくださいね!

癒やしをくれる女性

新聞記者は時間が不規則で、とても忙しい職業です。
そのため、一緒にいると癒しをくれるような女性を奥さんにしたいと考えます。

癒しをくれる女性とは、

  • いつも明るく笑顔を絶やさない
  • おおらかで感情が安定している
  • どんなときも味方になってくれる
  • 動作や口調がゆっくりしている

という特徴がある人です。

疲れているときや辛いときでも、ほっとできるような女性であれば結婚したいと思うでしょう。

仕事を理解してくれる女性

新聞記者にとって、自分の仕事を理解してくれる女性というのは必須条件です。

新聞記者の仕事内容でも紹介したように、突然の出勤や残業は当たり前のようにあります。
食事や買い物などの約束をしていても、ドタキャンとなることが日常茶飯事です。

それでも常に笑顔で仕事に送り出してくれる女性であれば、彼も仕事に専念できます。
そして理解ある彼女に感謝しつつ、これからも一緒にいたいと思うでしょう。

反対に「仕事と私、どっちが大事なの?」と言ってしまうな女性であれば、新聞記者の彼は結婚を考えることはありません

束縛をせず自分の世界を持っている女性

新聞記者は毎日多忙であるため、こまめに連絡できないことも多いでしょう。
そんなときに、束縛したり怒ったりしない女性であることも重要な要素です。

  • 何で連絡くれないの?
  • 今日はどこで何していたの?

少し連絡がないだけで、このようなLINEを連投するような女性はNG!

それよりも会えない時間は、自分の好きなことをやっている自立した女性の方が魅力的です。

仕事や趣味が充実しており、恋人と会えない時間は自分の世界でしっかり生きている女性こそ、新聞記者の彼が結婚したいと感じる女性でしょう。

またこちらの書籍では、女性が幸せな人生を送るための恋愛術が紹介されています。
こういった書籍を参考に自分磨きをするのもおすすめですよ!

「一人」を楽しめる人は、「二人」も楽しめます。

長年、お嬢様たちの悩み相談に乗ってきてひとつ言えるのは、一人でいられる人は、自分で決断する能力がすこぶる高いということ。
というよりも、それが当たり前、という感覚を持っています。

引用元: www.amazon.co.jp
  • 『結婚したい女子のための ハンティング・レッスン』
  • 著者:川崎 貴子
  • 発行年月日:2015/11/20
  • 出版社:総合法令出版

↑目次に戻る

新聞記者と結婚するメリット

新聞記者との結婚に向いている女性は、好奇心が旺盛で自立している人です。
なんでも前向きに楽しめる女性こそ、新聞記者の奥さんにピッタリだといえます!

新聞記者の彼と一緒にいると、ワクワクするようなことが多いです。
また一緒にいない時間は、自分の時間を有意義に過ごすこともできるでしょう。

多忙なイメージが強いですが、新聞記者と結婚することでのメリットも多くあります。
新聞記者という彼の職業に悩んでいる人は、まずはメリットに目を向けてみてくださいね。

知識が多く話していると楽しい

新聞記者は、世界のあらゆる情報をインプットしています。
いろいろな知識が豊富なので、一緒にいて学ぶことが多いです。

また記者という職業柄、話し上手であり聞き上手でもあります。
会話が楽しいだけでなく、自分の話を最後までしっかり聞いてくれるでしょう。

忙しくて会える時間が短いですが、一緒にいる時間は濃厚です。
結婚しても毎日が新鮮で充実した生活が送れるでしょう。

収入が安定している

結婚相手に経済力を求める人は多いですよね。
新聞記者は収入が安定しているので、結婚に安定を求めている人にはメリットとなります。

厚生労働省による賃金構造基本統計調査の職種別賃金額では、記者の平成27年の平均月収は約45万円でした。
また賞与など特別給与が年間で180万円となっています。

新聞社の規模や役職にもよりますが、おおよその年収は720万円です。
一般企業よりも収入が高く、安定しているといえるでしょう。

自分の時間を確保できる

新聞記者は忙しい仕事なので、なかなか会う時間を確保することはできません。
しかし逆に考えると、自分の時間をたくさん持つことができます。

仕事や趣味、友達との時間を充実させることができるでしょう。
束縛や拘束をされることがないので、結婚をしても自由です。

やりたいことが多い女性にとって、自分の時間を確保できるのは大きなメリットとなるでしょう。

↑目次に戻る

新聞記者と結婚するデメリット

新聞記者にとって、記者という仕事は自分の生活そのものです。
仕事を中心に生活をしているので、恋人や家族は二の次になってしまうこともあります。

そのため自分を優先させてほしいという気持ちが強い女性や、寂しがり屋で長く一緒にいたいと思う女性には向いていないでしょう。

ここからは、新聞記者と結婚するデメリットを紹介します。
結婚をする前に、新聞記者と結婚するということの現実に目を向けてくださいね。

基本的に忙しいので予定変更が多い

新聞記者はとにかく多忙な職業なので、プライベートの予定よりも仕事を優先させることが多いです。

デートや食事の約束をしていても、ドタキャンは当たり前のようにあります。
また結婚をして子どもが生まれても、家事・育児はすべて女性側の担当になるでしょう。

このような不満が積もっていくことで、離婚率は高くなります。
相手の予定に振り回されてしまうのは、新聞記者と結婚するデメリットとなるのです。

音信不通になってしまうことがある

新聞記者は会えないだけでなく、音信不通になってしまうこともあります。
連絡をしても返信がこないということが考えられるのです。

大きなスクープが入れば、頭の中は記事を書くことだけで埋め尽くされるでしょう。
仕事が落ち着くまでは、家族も恋人も放置されてしまいます。

それを「ひどい」「寂しい」と感じてしまう女性の場合、新聞記者との結婚は向いていません。

すべてを後回しにされてしまうことに、不安や不満が募るでしょう。

人と出会う機会が多いので浮気が心配

新聞記者は人との出会いが多い仕事です。
取材や接待が頻繁にあるので、出会いの数も多くなります。

出会う人の中には、綺麗な人や可愛い人もたくさんいるでしょう。
その度に浮気や心変わりを心配してしまうと、一緒にいて疲れてしまいますよね。

自分に自信のない人や心配性な人にとって、新聞記者との結婚は不安の連続でもあるでしょう。

↑目次に戻る

新聞記者と結婚したい!婚活女子におすすめしたい結婚相談所

普通に生活していると、なかなか新聞記者と出会う機会がありませんよね。
それでも新聞記者に魅力を感じているのであれば、新聞記者と出会うための婚活を始めてみましょう。

新聞記者の男性は忙しいので、独身の人も多いです。
つまり「スペックが高くても独身」という優良物件を探すチャンスでもあります。

新聞記者と出会いたい人におすすめの結婚相談所を紹介するので、参考にしてみてくださいね!

「そもそも結婚相談所ってどんなところ?」と疑問に感じている人は、こちらの記事を最初に読むのもおすすめですよ。


エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費13,200円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

エン婚活エージェントは、成婚実績No.1のオンライン結婚相談所です。
登録からお見合いの実施まで、オンラインで完結させることができますよ。

オンラインなので、忙しい新聞記者の男性も空いた時間に婚活が可能になります!
さらに専任コンシェルジュがしっかりサポートしてくれるので安心です。

会員数は5.5万人で、毎月6名以上の紹介と10名までの検索申込が可能となっています。

普段出会えない新聞記者の男性との出会いも期待できるでしょう。
ぜひ手軽な、オンラインでの婚活から始めてみてくださいね。

エン婚活エージェントの特徴・評判はこちら!

↓エン婚活エージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント を始める!

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は63.8%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

パートナーエージェントは、成婚率が3年連続業界№1の結婚相談所です。
出会いや婚活の時間がなく、ゼロからの関係構築が面倒・自信がない人にもおすすめ!

パートナーエージェントは、成婚コンシェルジュを中心に様々な分野の専門家がチームを作り、成婚をサポートします。
手厚いサポートがあるからこそ、圧倒的な成婚率を誇っているのです。

仕事が忙しい人やコンシェルジュにアドバイスを貰いながら真剣に婚活を進めたい人は、ぜひ登録してみてください。

パートナーエージェントの評判・特徴はこちら!

↓パートナーエージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント を始める!

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

  • 業界最大級の約60,000名の会員数
  • 厳正な入会審査により圧倒的に質の高い出会いを実現
  • 7つの出会い方で自分に合った活動ができる
  • 交際中からプロポーズまでサポート
  • 少人数専任制で会員一人ひとりにきめ細やかにサポート

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

IBJメンバーズは、業界最大級の約60,000名の会員がいる結婚相談所です。
入会審査が厳しいことにより、質の高い出会いを実現することができます。

出会いの方法が充実しており、自身の希望条件を入力して写真とプロフィールを閲覧しながらお相手を探す事が可能です!
スマホさえあればいつでも活動する事ができる、手頃なサービスです。

また少人数専任制なので、会員一人一人をきめ細やかにサポートしてくれます。
新聞記者の男性と確実に結婚したいと考える女性におすすめですよ。

IBJメンバーズの会員の特徴はこちら!

↓IBJメンバーズの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
IBJメンバーズ を始める!

公開日:


タグ:
婚活のコツ 女性向け

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

コミュ障も絶対結婚できる!結婚したい人におすすめ出会い方と婚活のコツ
コミュ障も絶対結婚できる!結婚したい人におすすめ出会い方と婚活のコツ
公務員でも結婚できない男性9つの理由|おすすめ婚活方法と結婚相手を見つけるコツ
公務員でも結婚できない男性9つの理由|おすすめ婚活方法と結婚相手を見つけるコツ
【婚活中のエッチ事情】みんなはいつしてる?後悔しないためのエッチまでの期間
【婚活中のエッチ事情】みんなはいつしてる?後悔しないためのエッチまでの期間
効率的に活動!婚活で頑張るべき6つのポイントと頑張りすぎも良くない理由まとめ
効率的に活動!婚活で頑張るべき6つのポイントと頑張りすぎも良くない理由まとめ
婚活で出会った相手がつまらない…会話が弾まないときの考え方と婚活のコツ
婚活で出会った相手がつまらない…会話が弾まないときの考え方と婚活のコツ

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

教師の婚活事情とは?女性教師が人気の理由とおすすめ婚活方法まとめ
教師の婚活事情とは?女性教師が人気の理由とおすすめ婚活方法まとめ
公務員は結婚相手に人気!羨ましがられる6つのメリットと知っておきたいデメリット
公務員は結婚相手に人気!羨ましがられる6つのメリットと知っておきたいデメリット
理系男子と結婚したい!理系男性の特徴と相性がいい女性のタイプまとめ
理系男子と結婚したい!理系男性の特徴と相性がいい女性のタイプまとめ
喪女が婚活を成功させるには?失敗しやすい4つの理由と成功の5つのポイント
喪女が婚活を成功させるには?失敗しやすい4つの理由と成功の5つのポイント
60代からの婚活でパートナーを見つけよう!おすすめの婚活方法
60代からの婚活でパートナーを見つけよう!おすすめの婚活方法

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら

Twitter