1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 障がい者のおすすめの出会い方・結婚するための方法まとめ

障がい者のおすすめの出会い方・結婚するための方法まとめ

結婚願望があるのに、「障がいを持っているから結婚するのは難しい」と諦めてしまっていませんか?この記事では、障がいを持つ人の婚活事情やおすすめの出会い方についてお伝えします。良い出会いを見つけるための具体的な方法もご紹介しますので、「障がいがあるから結婚は諦めよう」と思わずに、できることから始めて結婚に繋げましょう!

障がい者の婚活事情とは?

障がいを持っていると、本当に結婚するのは難しいのでしょうか?
まずは、障がいを持っている人の婚活事情から見ていきましょう。

障がい者総合研究所が2017年に実施した「障がい者の結婚に関する意識調査」によると、調査時点で結婚していない人の割合は74%でした。
そのうち「いずれ結婚するつもり」と回答した人は66%で、回答者の3人に2人が結婚願望を持っていることがわかります。

>> 障がい者総合研究所「障がい者の結婚に関する意識調査」

また内閣府発行の「平成25年度障害者白書」によると、配偶者がいない割合は身体障害者が約35%、精神障害者が約64%、知的障害者が約97%となっており、健常者の約26%と比較すると非常に高い数値となりました。

>> 内閣府「平成25年版 障害者白書」

結婚していない人のうち、「いずれ結婚したい」と考えている障がい者が6割を超えているのに対して、実際に結婚している障がい者は少ないことがわかります。
つまり結婚願望があっても、実際に結婚するのは難しい場合が多いのです。

ただし健常者と結婚している、あるいは同じ障がいを持っている人と結婚している人もいますので、「障がいがあるから」と結婚を諦める必要はありません!

ところで、「しょうがい」の表記に関して、

  • 障がい
  • 障害
  • 障碍

と3つの表記が使われていることをご存知でしょうか?
それぞれの表記の由来は、以下の通りです。

  • 障がい:「害」の漢字は、「危害を与える」のように負のイメージがある。
    一部の自治体や企業が「障がい」と表記したのが始まりと言われている。
  • 障害:「害」は常用漢字であり、戦後は主に「障害」と表記されている。
    政府が発行する書類では、「障害」が使われている。
  • 障碍:明治時代の前までは「しょうげ」と読まれており、もとは仏教用語である。
    明治時代以降に「しょうがい」と読まれる例が出てきた。
    しかし、戦後に当用漢字表で「障害」が採用されたため、「障碍」の表記は減っている。

このように同じ意味を指す言葉でも、異なる由来があります。
本記事では現在多く使用されている「障がい」の表記を使って、おすすめの出会い方や出会いを見つける方法などをご紹介していきますね。

↑目次に戻る

出会いがない?障がいを持つ人におすすめの出会い方5つ

未婚率の高い障がい者が結婚するためには、まず結婚できる可能性のある相手を探す必要があります。
婚活テクニックを紹介しているこちらの書籍にも、「自然な出会いを待つのではなく、自ら出会いを探すことが大切」だと書かれていましたよ。

「自然な出会い」幻想を捨て、自ら婚活戦線に躍り出る。
第一ステップとして、心に誓っていただきたい。

引用元: www.amazon.co.jp
  • 『恐怖の婚活回想記 知ったあなたは最短ルートで結婚!』
  • 著者:三重県
  • 発行年月日:2017/1/26
  • 出版社:KADOKAWA

ここからは、障がいを持つ人におすすめの出会い方をお伝えします。
具体的には、以下の5つです。

  • 気軽に出会えるマッチングアプリ
  • 障がい者専用の婚活パーティー
  • 結婚を考えるなら結婚相談所
  • 地方自治体の婚活支援サービス
  • 友達の紹介

どこで結婚相手と出会えるのかわからず悩んでいる場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

障がい者向けの婚活サービスを利用する際に注意すべきことに関しては、以下の記事で詳しく解説していますよ。

気軽に出会えるマッチングアプリ

障がいを持つ人におすすめの出会い方の1つ目は、気軽に出会えるマッチングアプリです。
マッチングアプリには、同じような価値観や趣味を持つ人が集まるコミュニティが存在します。

このコミュニティに参加すれば、気の合う相手を見つけやすいですよ!
パソコンを使って婚活する場合は、婚活サイトを使うのも良いでしょう。

マッチングアプリについては、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

ペアーズ

ペアーズ

ペアーズ

  • 会員数1,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

アプリを無料ダウンロードする



ペアーズは、累計会員数が1,000万人を突破している人気の恋活・婚活マッチングアプリです。

年齢や居住地だけでなく、結婚への意思やお酒を飲むかどうかなど細かい条件を設定して相手を検索することができますよ。
そのため、自分の希望条件を満たしている異性を探しやすいと言えるでしょう。

毎日男女合わせて約8,000人が新規登録しているペアーズは、「まずは恋愛をして、ゆくゆくは結婚も視野に入れたい」と考えている人におすすめです!
「趣味はカフェ巡り」のようなコミュニティもあり、価値観や趣味が同じ人を見つけやすくなっています。

24時間365日の監視体制があるので、安心して利用可能ですよ。
ペアーズで出会った相手に告白するタイミングに関しては、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

↓ペアーズのインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
ペアーズ を使ってみる!

マリッシュ

マリッシュ

マリッシュ

  • 真面目な出会いを探す女性を応援する婚活アプリ
  • 再婚・シングルマザー向けの優遇プログラムを用意している
  • アクティブユーザーの年齢層がが他の婚活アプリと比べて高い
  • 安心安全に利用ができるよう24時間有人サービスとパトロールをしている
  • 連絡先を交換せずに通話が可能

↓詳しくはこちら↓

マリッシュ をインストールする

マリッシュは、累計マッチング件数が200万件を突破している恋活・婚活マッチングサービスです。
同じものが好きな人が集まるグループ機能があり、共通の趣味や趣向を持った人を探しやすい環境になってますよ。

またマリッシュには声プロフ機能があり、実際に会う前にお互いの声を聞き、雰囲気を確かめることが可能です。
マリッシュ内でビデオ通話することもできますよ!

プロフィールの文章だけでは、なかなか相手の人柄はわかりにくいものです。
声プロフ機能やビデオ通話機能を活用して相手の雰囲気を知り、相性が良さそうな異性を探しましょう!

結婚を視野に入れた出会いを見つけたいのなら、マリッシュをおすすめします。
マリッシュの電話機能の使い方に関しては、以下の記事をご覧くださいね。

↓マリッシュのインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
マリッシュ を使ってみる!

障がい者専用の婚活パーティー

障がい者専用の婚活パーティーに参加するのも、おすすめな出会い方の1つです。
婚活パーティーでは、一度に多くの異性との出会いが期待できますよ!

健常者と障がい者をマッチングする婚活パーティーも存在しますので、「なかなか出会いがない」と悩んでいるのなら、ぜひ婚活パーティーに足を運んでみてくださいね。

エクシオ

エクシオ

エクシオ

  • 9年連続で婚活パーティー総参加者人数が業界No.1を記録
  • 累計参加人数は46万人越え
  • ぽっちゃり女子限定や50代中心など、幅広いスタイルを展開
  • パーティーは男性4,000円~、女性500円~とリーズナブルな価格設定
  • 登録費、入会費は無料

↓詳しくはこちら↓

EXEO(エクシオ)の検索機能はこちら

エクシオは、全国47都道府県で数多くの婚活パーティーを開催している会社です。
着席して1対1で会話するスタイルとなっているので、フリートークスタイルとは違い参加者全員と話せるのが特徴と言えるでしょう。

エクシオでは障がいを持つ人と、障がいに理解がある人が出会える婚活パーティーが開催されています。
開催場所は、

  • 札幌
  • 仙台
  • 東京
  • 埼玉
  • 名古屋
  • 大阪
  • 京都
  • 福岡

です。

ここで、エクシオの障がい者向けのパーティーに実際に参加した人の感想をご紹介します。

婚活パーティー自体に参加するのが初めてだったので、最初はとても緊張しました。

婚活パーティーには20代のころに一度だけ参加したことがあります。
座席の隙間が広く取られていたり、サポートのスタッフがいるということを除けば一般的な婚活パーティーとあまり違いはないように感じました。

私は車いすでの参加でしたので申し込みの時点でそのことをあらかじめ伝えておいたところ、進行係ではないスタッフの方が誘導をしてくださったり、手伝うことはありますか?と聞いてくださったりしたのでスムーズに移動など行うことができて良かったと思います。

初参加なのにカップルになることができ、少し驚いています。

このように席の間隔が広く取られていたり、スタッフが車椅子での移動を手伝ってくれたりと、障害のある参加者に配慮した環境のようですね。

このパーティーには障がいに理解のある人が参加していますので、「自分は障がいを持っているから」と負い目に感じる必要はありませんよ!

また婚活パーティーで連絡先交換をするタイミングとコツに関しては、こちらの記事が参考になりますよ。

↓エクシオの公式サイトはこちら↓

\婚活パーティー/
エクシオ を使ってみる!

結婚を考えるなら結婚相談所

結婚に繋がる出会いを求めているなら、結婚相談所への登録をおすすめします。
プロの婚活アドバイザーにアドバイスをもらいながら出会いを探せるので、初めての婚活でも安心ですよ!

入会費などの費用は必要ですが、結婚相談所には結婚に前向きな人が集まっているので、良い相手さえ見つかれば結婚の話をスムーズに進めやすい環境と言えます。
結婚願望があり、かつ障がいにも理解のある相手を見つけて結婚に繋げていきましょう。

結婚相談所を利用したことがない人は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。


パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

パートナーエージェントは、2019年4月から2020年3月の実績で約27.0%の成婚率を誇る結婚相談所です。
結婚相談所大手2社の平均成婚率は約12.0%なので、パートナーエージェントの成婚率が非常に高いことがわかりますね。

パートナーエージェントが設立したコネクトシップにより、他の結婚相談所に登録している会員も含めた異性を紹介してもらうことができ、約5.5万人の異性と出会うことが可能です。

登録後は、成婚コンシェルジュが一緒に婚活プランを立ててくれますよ。
コンシェルジュからの紹介はもちろん、AIによるマッチングや相手からのリクエスト紹介など9つの出会えるシステムが用意されているので、自分に合う異性を見つけやすいと言えるでしょう!

パートナーエージェントのコネクトシップに関しては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

↓パートナーエージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント を使ってみる!

恋草

恋草

恋草

  • 障害を持つ方が主役の恋活・婚活マッチングアプリ
  • 個人情報の保護を徹底
  • 無料でスタート
  • マッチングアプリ初心者で不安な人でも安心
  • シークレットモードを使えば、他の会員に知られなくすることもできる
  • 障害を持つ方に理解している人にもお

↓詳しくはこちら↓

アプリを無料ダウンロードする

恋草は、障がいや疾患があってもなくても利用できる恋活・婚活アプリです。
障がい者が主役の婚活サービスなので、障がいを持っていて生きづらいと感じている、あるいは恋愛や結婚に消極的になっている障がい者にこそ使ってほしいアプリになっています。

恋草はニックネームで活動できるので、プライバシーが守られ安心ですよ!
また障がいを持っていることをオープンにして活動している人が多いので、気持ちが通じ合いやすい環境と言えるでしょう。

24時間監視するシステムが導入されているのも、安心して利用できるポイントですよね。

恋草には障害者手帳を持っている人や疾患がある人、何らかのハンディを持つ人との婚活サービスであることを理解している人のみが登録できます。
そのため、障がいを理解してくれない人と出会って傷つく心配はありませんよ。

女性は全ての機能を無料で利用でき、男性は90日プランなら30日あたり1,320円(税込)で利用可能です。

「障がいや疾患を持つ人同士で出会いたい」または「障がいを理解してくれる人と出会いたい」と考えているなら、ぜひ恋草に登録してみてくださいね!

↓恋草のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
恋草 を使ってみる!

地方自治体の婚活支援サービス

地方自治体の婚活支援サービスを利用するのも、障がいを持つ人におすすめの出会い方の1つです。
ここでは、各自治体の婚活支援情報が掲載されているサイトをご紹介します。

地域によっては出会いの場の提供だけではなく、婚活セミナーも開催されているので要チェックですよ。
住んでいる地域の婚活支援サービスを活用して、ぜひ素敵な出会いを見つけてくださいね!

地域名 サービス名 URL
北海道 結婚・妊娠・出産・育児総合ポータルサイト「ハグクム」 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/marriage/support.html
宮城県 みやぎ結婚支援ポータルサイト
「み・ち・び・き」
http://seinenkaikan.or.jp/portal/
東京都 結婚支援ポータルサイト
「TOKYOふたりSTORY」
https://www.futari-story.metro.tokyo.lg.jp/
神奈川県 「恋カナ!」 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0214/koikana/
愛知県 あいち出会いサポートポータルサイト
「あいこんナビ」
https://www.aiconnavi.jp
大阪府 大阪府婚活子育て応援サイト
「ふぁみなび」
http://www.fami-navi.jp
広島県 広島の出会い・結婚応援
「こいのわWebサイト」
https://www.hirosapo.jp
福岡県 福岡県出会い・結婚応援事業 https://kekkon-ouen.pref.fukuoka.lg.jp/fukuoka/
沖縄県 石垣市移住定住支援ポータルサイト https://ishigaki-ijyu.com/konkatsu

地域によっては出会いの場の提供だけではなく、婚活セミナーも開催されているので要チェックですよ。
住んでいる地域の婚活支援サービスを活用して、ぜひ素敵な出会いを見つけてくださいね!

友達の紹介

障がいを持つ人におすすめな出会い方の最後は、友達に紹介してもらうことが挙げられます。
友達の紹介であれば、相手の身元がわかっているので安心ですよね!

マッチングアプリや婚活パーティーではビジネスの勧誘目的の人と出会ってしまう可能性がありますが、友達の紹介の場合はそういった心配をしなくて済みます。

また友達の紹介なら年齢や趣味が合いそうな人を紹介してもらえることが多いので、相性の良い異性と出会える可能性が高いと言えるでしょう!

ただし、友達がいつでも異性を紹介してくれるわけではありませんよね。
「結婚相手を探したい」と思ったタイミングで異性を紹介してもらえるとは限らないので、その点だけ注意してくださいね。

↑目次に戻る

障がいを持っている人が良い出会いを見つけるための6つの方法

ここからは、障がいを持っている人が良い出会いを見つけるための方法をお伝えします。
具体的には、以下の6つです。

  • 障がい者であることを隠さない
  • 嘘をつかない・本音を隠さない
  • 健常者の気持ちにも寄り添う
  • 1つだけでも自分の強みを持つ
  • 障がいに理解のある相手を見極める
  • 婚活や恋活を楽しむ

1つずつ順番に見ていきましょう!

障がい者であることを隠さない

障がい者が良い出会いを見つける方法の1つ目は、障がい者であることを隠さないことです。

初対面の人に「障がいがある」と打ち明けるには、勇気が必要でしょう。
しかし障がいを隠すのは、相手に嘘をついて騙すことになってしまいますよね。

中には障がいを持っていることを気にしない人もいるので、相手に正直に伝えるのがおすすめですよ。
障がいを理解した上で、将来を考えてお付き合いしてくれる人を探しましょう!

マッチングアプリでは、障がい者が集まっているコミュニティも存在します。
そういったコミュニティを利用して、障がいがあることをオープンにした上で出会いを探すのも良いですね。

嘘をつかない・本音を隠さない

嘘をつかない、また本音を隠さないことも、障がい者が良い出会いを見つける方法の1つです。

結婚後は、2人で一緒に生活していくことになりますよね。
ずっと嘘をついたり本音を隠したりしていると、結婚相手と心を通わせることはできませんよ!

「相手に良く思ってほしい」あるいは「相手に迷惑かけたくない」からと、どんなことでも本音を隠すようなことはしないでくださいね。

また障がいを持っていることに対して負い目を感じていたり、その負い目を自分の力だけで挽回したいあまり辛い時も相手に言わなかったりするケースもあります。

しかし結婚相手と良い関係を長く続けるためには、「言いたいことは言う」そして「ありのままで嘘をつかない」ことが大切なのです!

健常者の気持ちにも寄り添う

障がい者が良い出会いを見つける方法の3つ目は、健常者の気持ちにも寄り添うことです。

「障がいがある」と勇気を出して打ち明けた際に、健常者が戸惑ってしまい交際や結婚を断られてしまう可能性もありますよね。
そんなとき、「なぜ障がいを理解してくれないの?」と相手を悪く言うのではなく、健常者の気持ちに寄り添う気持ちが必要です。

結婚後の生活を考えたときに、「障がい者と一緒に生きていくのは難しい」と考える人もいます。
障がいを受け入れてもらえなかった場合には、辛く悲しい気持ちになるでしょう。

ただ理解してもらえなかったからといって、健常者を責めないでくださいね。
真剣に今後のことを考えて、お断りしている健常者もいるのです。

健常者・障がい者を問わず、相手を否定せずに尊重して寄り添うことが婚活や結婚後の生活には必要になってきます。
理解してくれない人を責めるよりも、障がいのことを理解し今後の生活を共にしてくれる人を探しましょう!

1つだけでも自分の強みを持つ

障がい者が良い出会いを見つける方法の1つとして、1つだけでも自分の強みを持つことが挙げられます。

障がい者・健常者関係なく、誰しも得意不得意があるものです。
障がいの有無に関わらず得意なことは自分で行い、苦手なことは相手に手伝ってもらってお互いに補い合うことができれば、結婚後の生活はうまくいきやすいでしょう!

自分の強みを持つことで、自信にも繋がりますよ。

障がいに理解のある相手を見極める

障がい者が良い出会いを見つける方法の5つ目は、障がいに理解のある相手を見極めることです。

障がいには生まれつき備わっている先天性の障がいだけでなく、生まれた後に持つことになった後天性の障がいもありますよね。
今は健常者であっても、いつか障がいを持つことになる可能性は誰にでもあるのです。

それでも残念ながら、障がいに対して理解のない人もいます。
中には障害者を良く思わない人もいるので、注意してくださいね。

ただし家族や友人の中に障がいを持つ人がいる、あるいはボランティアで障がい者と関わったことがあるなど、障がい者と向き合って理解しようとしている人もたくさんいますよ!

そういった障がいに理解のある相手を見極めることができれば、障がい者の婚活もうまくいく可能性が上がるでしょう。

婚活や恋活を楽しむ

婚活や恋活を楽しむことも、障がい者が良い出会いを見つける方法の1つです。

世の中には障がいに対して理解がなく、否定的な言葉を投げかけてくる人もいます。
一方で障がいを理解し、障がい者の芯の強さに惹かれて結婚する人もいるのです!

「障がいを持っているから結婚はちょっと……」とつい後ろ向きになってしまいがちですが、「障がいを理解してくれる人もいる」と前向きに捉えて婚活や恋活を楽しむことをおすすめしますよ。

障がいを負い目に感じるのではなく、1つの個性として前向きに考えて婚活を行い、障がいを理解してくれる人を探しましょう!

↑目次に戻る

あらゆる出会いの場に足を運ぼう

「結婚したい」と考えているなら、まずは出会いの場に足を運んでみましょう
そして、マッチングアプリや結婚相談所などの婚活サービスをうまく活用することが大切です。

最後に、障がい者におすすめの出会い方や結婚する方法についてまとめておきますね!

  • 障がい者総合研究所が2017年に実施した「障がい者の結婚に関する意識調査」によると、調査時点で結婚していない人の割合は74%
  • そのうち「いずれ結婚するつもり」と回答した人は66%で、回答者の3人に2人が結婚願望を持っている
  • 気軽に異性と出会いたいなら、マッチングアプリに登録してみる
  • スタッフのサポートがある障がい者専用の婚活パーティーに参加してみるのも良い
  • 地方自治体の婚活支援サービスでは、地域によっては婚活セミナーも開催されている
  • 友達に異性を紹介してもらえば、相手の身元がわかっているので安心
  • 障がいを持っている人が良い出会いを見つけるためには、障がい者であることを隠さず、障がいに理解のある相手を見極めることが重要
  • 1つだけでも自分の強みを持ち、婚活や恋活を楽しむ姿勢が大切

障がいがあっても、決して結婚を諦める必要はありませんよ。
健常者の中にも、障がいに理解がある人はたくさんいます。

障がいをオープンにして婚活を行い、「できないことや苦手なことを補い合いながら、人生を共に生きていきたい」とお互いに思える、素敵な相手を見つけてくださいね!

最終更新日: 2021-04-08

タグ:
婚活のコツ 男性向け 女性向け

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

年収750万の男性と結婚するのは難しい?婚活で希望の結婚相手と出会う6つの方法
年収750万の男性と結婚するのは難しい?婚活で希望の結婚相手と出会う6つの方法
年収1,000万の男性と結婚できる確率は?婚活で高収入の相手と出会う6つの方法
年収1,000万の男性と結婚できる確率は?婚活で高収入の相手と出会う6つの方法
年収800万の男性との結婚は高望み?800万稼ぐ男性の割合と婚活の6つのコツ
年収800万の男性との結婚は高望み?800万稼ぐ男性の割合と婚活の6つのコツ
年収600万の男性と結婚したい!婚活で結婚相手に選ばれる6つの方法
年収600万の男性と結婚したい!婚活で結婚相手に選ばれる6つの方法
結婚しても大丈夫?気を付けたいバツ2男性の特徴と注意点まとめ
結婚しても大丈夫?気を付けたいバツ2男性の特徴と注意点まとめ

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

男性の結婚平均年齢は31歳!焦らず確実な婚活方法で幸せを掴むには?
男性の結婚平均年齢は31歳!焦らず確実な婚活方法で幸せを掴むには?
障がい者のおすすめの出会い方・結婚するための方法まとめ
障がい者のおすすめの出会い方・結婚するための方法まとめ
スピード婚でも幸せ!メリットや長期交際と比較してわかったこと
スピード婚でも幸せ!メリットや長期交際と比較してわかったこと
45歳の女性はもう結婚できないなんて嘘!結婚につながるおすすめの出会い方
45歳の女性はもう結婚できないなんて嘘!結婚につながるおすすめの出会い方
家事手伝いの女性の婚活は難しい?専業主婦OKの独身男性と結婚する6つの方法
家事手伝いの女性の婚活は難しい?専業主婦OKの独身男性と結婚する6つの方法

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら