1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 年収750万の男性と結婚するのは難しい?婚活で希望の結婚相手と出会う6つの方法

年収750万の男性と結婚するのは難しい?婚活で希望の結婚相手と出会う6つの方法

婚活市場において、結婚相手にある程度の経済力を求める女性は多い傾向にあります。今回は年収750万の男性の割合や生活レベルについて解説しますので、あなたの想像する結婚生活が営める可能性は高いのか、具体的にイメージしてみましょう。記事内で紹介する年収750万の男性と結婚する方法も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

年収750万稼ぐ人と結婚したい!稼いでる人の割合は4.2%

結婚相手の経済力は、多くの女性が重要視するポイントの1つですよね。
安定した結婚生活を考えるとある程度の経済力は必要ですが、実際に750万以上稼いでいる男性はどのくらいの割合でいるのでしょうか?

今回は年代別の年収750万以上の人の割合や結婚する方法について解説します。

早速、年収750万以上の人の割合から見ていきましょう!
エージェントサービスdodaの「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)」によると、婚活のターゲットになりやすい30代で700~800万稼ぐ人の割合は4.26%と少ないことがわかります。

35歳男性の平均年収は501万である点から考えても、年収750万は平均よりも多く稼いでいると言えるのです。

>> doda「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)」

年収750万の年齢別の割合

ここで、男性の年代別に見た平均年収と年収700~800万・800万以上の人の割合を見てみましょう。

平均年収 年収700~800万の割合 年収800万以上の割合
20代 371万円 0.7% 0.6%
30代 484万円 4.2% 4.5%
40代 573万円 7.0% 11.6%
50代以上 661万円 8.4% 24.9%

参照元:doda「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)」

このように年収800万以上の割合は、少数であることがわかりますね!
40代でも1割、50代以降では2割程度です。

20代・30代をターゲットにすると、出会える可能性はとても低いと言えるでしょう。

年収750万の男性の職業

年収750万を稼げる可能性のある職業には、どのようなものがあるのでしょうか?
婚活対象となりやすい30代男性の年収を基準にした、一例はこちらです。

  • 公認会計士
  • 税理士
  • 銀行員
  • 東証一部上場メーカー

個人の能力にもよりますが、上記の職種は30代でも年収750万を稼げる可能性が高くなっていますよ!

年収750万以上を希望する女性は多い!こだわると結婚できない可能性がある

婚活市場において、年収750万以上の結婚相手を希望する女性は多い傾向にあります。
750万以上の男性の割合は少ないうえに需要があるので、競争率が高いのです。

あまりにも年収にこだわりすぎてしまうと、選択の幅が狭まり結婚のチャンスを逃してしまう可能性がありますよ。

婚活を進めていくうえで何が自分にとって一番譲れない条件なのか、明確にしておくと良いでしょう!

以下の記事で婚活における条件について解説していますので、併せて参考にしてみてくださいね。

またこちらの書籍では、婚活に対する考え方から相手に求める条件や婚活のコツまで幅広く紹介しているのでおすすめですよ。

「結婚」とは、「運命の人」と一生をともにする、なんてファンタジーめいたものではありません。
「自分がどういう人生を歩みたいのか」という長期ビジョンを描いたうえで、じゃあ「自分に必要な人はどんな人だろう」と考えていく作業が、結婚までの道筋です。

引用元: www.amazon.co.jp
  • 『結婚したい女子のためのハンティング・レッスン』
  • 著者:川崎 貴子
  • 発行年月日:2015/11/20
  • 出版社:総合法令出版

↑目次に戻る

年収750万の男性と結婚する6つの方法

ここからは、年収750万の男性と結婚するための方法を紹介します。
ぜひポイントを押さえて、条件に合った相手との結婚へとつなげていきましょう。

【1】結婚相談所や婚活パーティーで婚活する

婚活中の年収750万の男性と出会いたいのであれば、結婚相談所婚活パーティーがおすすめです。

結婚相談所なら、年収を限定して出会いを探すことができますよ。
そして婚活パーティーでは、「ハイステータスな男性」「年収700万以上の男性」などと高収入な人に限定されている企画を選んで参加することで、出会いの確率を上げることができるのです。

それぞれ条件に合わせて選べるので、日常では出会う機会のない年収750万以上の男性とも出会えますよ!

以下の記事では、高収入男性へのアピール方法が紹介されていますよ。

【2】年収以外の条件を見直す

「どうしても結婚相手の年収にはこだわりたい」と思っている人は、年収以外の条件を緩めると出会いの母数を増やすことができます。

主に、以下のような条件を見直してみましょう。

  • 年齢
  • 居住地
  • 結婚歴

年収750万の年齢別の割合でも解説したように、年齢が上がるほど高年収な人の割合が増加します。
居住地や結婚歴にもこだわらないようにすると、より年収750万以上の男性と出会える確率が上がるでしょう!

以下の記事では結婚相手の条件と妥協について解説していますので、併せて参考にしてみてくださいね。

【3】高望みしているという意識を持つ

年収750万の結婚相手を希望することに対して高望みしている感覚がない女性もいますが、実際には希少な存在で競争率も高いので、高望みだと言えます。

婚活市場で人気の男性層であることをしっかり認識し、高望みをしている意識を持ちましょう。

婚活市場で出会いを探していると、多くの男性がいることから女性側が選ぼうとしてしまいがちですよね。
しかし選ばれる側との心構えをするだけで、自分磨きをしたり意識に変化が現れたりするので、自然と第一印象も良くなりますよ!

【4】家事能力をアピールする

年収750万の男性は仕事が忙しいため、家事能力の高い家庭的な女性を好む傾向にあります。
共働きだとしても、「妻に家事をしてもらいたい」と思っている男性は多いでしょう。

料理・掃除・洗濯と一通り家事ができる女性は、結婚相手として意識されやすいですよ!

こちらの記事では男性が結婚相手の女性に求める条件ランキングを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【5】華美な外見より落ち着いた服装で挑む

結婚後には子育てもあるため、年収750万だからと言って贅沢な生活ができるわけではありません。
贅沢できる収入でないことをわかっている男性の場合には、女性の金銭感覚がしっかりしているかどうかも結婚相手の条件として重要視します。

常にブランド物を身に着けていたり高価なジュエリーを着けることにこだわりを持っていたりと派手な外見の女性だと、「オシャレにお金がかかりそう」だと警戒されてしまうこともあるでしょう。

派手な女性よりも、結婚後に家計をしっかり任せられそうな落ち着いた外見の女性が結婚相手としては好印象ですよ!

【6】世帯収入750万を目指す

年収750万の男性は割合として少ないので、出会うチャンスも多くはありません。
運良く出会えたとしても、自分と価値観が合わず交際に発展しない場合もありますよね。

自分が設定している条件では結婚を見据えた出会いが得られない場合には、共働きで750万を目指せる相手を探してみるのもおすすめです。
共働きでの年収を視野に入れることで出会いのチャンスが格段に増えるので、価値観の合う男性も見つかりやすくなりますよ!

↑目次に戻る

年収750万の結婚生活とは?生活レベルは高い?

年収750万の男性と結婚した場合、どのような生活レベルになるのか具体的にイメージできている人は少ないものです。

「想像と違った」と後悔しないためにも、生活レベルを予め把握しておきましょう!

【1】年収750万の手取りやボーナス

年収750万の場合、税金を差し引くと手取りは約480万と想定することができます。
そして生活費にあてられるのは、おおよそ月40万ほどでしょう。

仮にボーナスが4.4ヶ月分の場合、税金を差し引くと手取りは約28万円です。
ボーナスがある場合は約28万円ほど月収に上乗せされるので、1ヶ月あたりに使える金額は多くなりますよ!

こちらの記事では賢く年収を割り切る方法を紹介しているので、ぜひご覧くださいね。

【2】年収750万の家賃の目安

一般的に手取り月収の30%を目安に家賃を設定すると、無理なく支払いができると言われていますよね。
月40万の手取りの場合、家賃は12万程度が妥当です。

物価や地域にもよりますが、比較的好条件の物件に居住できる金額だと言えるでしょう!

また、「結婚したらマイホームを購入したい」と思っている人も多いですよね。
返済が苦にならないローンの金額は年収の5倍と言われていますので、3,750万を目安にローンの金額を設定しましょう。

【3】夫婦2人の生活レベル

年収が750万あれば、夫婦2人ではゆとりのある生活が送れるでしょう。
月5万程度は娯楽に使うことができ、2~3ヶ月に一度旅行に行くことも可能です。

ただし趣味や交際費等の出費が多い場合には、当然外食や旅行の頻度は少なくなるので、バランスを考える必要がありますよ!

【4】子育てにかかる費用の目安

内閣府の「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」によると、年齢別にかかる子育ての費用は以下の通りです。

1年間にかかる費用
0歳 931,246円
1歳 878,040円
2歳 942,715円
3歳 1,040,577円
4歳 1,197,116円
5歳 1,159,523円
6歳 1,215,243円
7歳 1,112,082円
8歳 1,059,791円
9歳 1,131,097円
10歳 1,152,088円
11歳 1,235,483円
12歳 1,269,053円
13歳 1,527,873円
14歳 1,531,521円
15歳 1,611,802円

参照元:内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」

子供1人あたりにかかる15歳までの子育て費用は、総額18,995,250円です。
子供の年齢によって年間にかかる費用は異なりますが、100万~150万程度の出費があることがわかりますね。

男性の年収が750万で女性側が専業主婦の場合、子供2人までなら贅沢をしなければ余裕を持って生活できるでしょう!

【5】貯金するならしっかりとした意識が必要

年収750万だと簡単に貯金できるイメージを抱きがちですが、高収入である認識から消費してしまいやすい傾向もあります。
子育てにはお金がかかるので、将来を見据えて貯金もするようにしましょう。

倹約的に貯金するには、「高収入」の意識を捨ててしっかり節約していくことが重要ですよ!

↑目次に戻る

年収750万の男性との出会いにおすすめ結婚相談所3選

日常で年収750万の男性との出会いがない人は、結婚相談所で婚活をしてみましょう!
とは言っても結婚相談所はたくさんあるので、どこを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

ここからは、年収750万の男性との出会いが多く期待できる結婚相談所を紹介しますね。

【1】エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費13,200円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

エン婚活エージェントはオンライン完結型なので、登録から成婚まで一切来店不要です。

ライフスタイルに合わせて婚活ができるので、効率良く出会いを探すことができますよ。
オンライン型結婚相談所における成婚実績№1を誇っており、平均1ヶ月でファーストコンタクトをしている会員が多いです。

30代の会員が多く、年収800万円以上の男性会員の割合は14.6%になっていますよ。

エン婚活エージェントについて知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

↓エン婚活エージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント を使ってみる!

【2】パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

パートナーエージェントは、高い成婚率と顧客満足度No.1を誇る結婚相談所です。
AIを利用したデータマッチングでは恋愛における価値観を分析し、過去の成婚実績を基に相性の良い相手と出会えますよ!

年収750万円以上の男性の割合は不明ですが平均年収である500万円以上の人は68.2%と高い割合なので、750万円以上の男性との出会いも期待できるでしょう。
成婚コンシェルジュや独自のノウハウによる、手厚いサポートが大きな魅力です。

パートナーエージェントについては、以下の記事にもまとめてありますよ。

↓パートナーエージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント を使ってみる!

【3】IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

  • 業界最大級の約60,000名の会員数
  • 厳正な入会審査により圧倒的に質の高い出会いを実現
  • 7つの出会い方で自分に合った活動ができる
  • 交際中からプロポーズまでサポート
  • 少人数専任制で会員一人ひとりにきめ細やかにサポート

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

IBJメンバーズは、業界最大級の会員数である約65,000人の中から出会いを探せる結婚相談所です。
日本結婚相談所連盟に加盟する他結婚相談所の会員とも出会えるので、理想の相手と出会える確率も上がりますよ。

日本結婚相談所連盟主催の婚活パーティーも充実しており、フィーリング・価値観を確かめたうえで良い相手を探すのもおすすめですよ。
男性会員の61.9%が年収600万円以上と、高収入の男性比率が高いと言えるでしょう。

IBJメンバーズについて知りたい人は、こちらの記事もご覧くださいね。

↓IBJメンバーズの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
IBJメンバーズ を使ってみる!

↑目次に戻る

年収750万の男性と結婚する方法まとめ

今回は、年収750万の男性の割合や結婚する方法についてご紹介しました。
最後にもう一度、ポイントを振り返ってみましょう。

  • 年収800万以上は30代で4.5%、40代で11.6%と希少
  • 結婚相談所や婚活パーティーなら年収を絞って出会いを探せる
  • 年収以外の条件を広げると、出会いの母数を増やすことができる
  • 家事能力を高め、自分磨きをすることで選ばれる確率を高めることが重要
  • 年収750万の生活レベルを把握し、倹約的にお金の管理をする

年収750万は高収入の部類に入り人気がありますが、婚活対象となりやすい30代・40代では希少な存在です。
出会う確率が低いので、確実に結婚したいのなら結婚相談所や婚活パーティーで積極的に出会いを探しましょう。

「年収750万の男性と結婚する6つの方法」を押さえて、理想のパートナーを見つけてくださいね!

最終更新日: 2021-04-05

タグ:
婚活のコツ 女性向け

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

障がい者のおすすめの出会い方・結婚するための方法まとめ
障がい者のおすすめの出会い方・結婚するための方法まとめ
年収1,000万の男性と結婚できる確率は?婚活で高収入の相手と出会う6つの方法
年収1,000万の男性と結婚できる確率は?婚活で高収入の相手と出会う6つの方法
年収800万の男性との結婚は高望み?800万稼ぐ男性の割合と婚活の6つのコツ
年収800万の男性との結婚は高望み?800万稼ぐ男性の割合と婚活の6つのコツ
年収600万の男性と結婚したい!婚活で結婚相手に選ばれる6つの方法
年収600万の男性と結婚したい!婚活で結婚相手に選ばれる6つの方法
結婚しても大丈夫?気を付けたいバツ2男性の特徴と注意点まとめ
結婚しても大丈夫?気を付けたいバツ2男性の特徴と注意点まとめ

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

男性の結婚平均年齢は31歳!焦らず確実な婚活方法で幸せを掴むには?
男性の結婚平均年齢は31歳!焦らず確実な婚活方法で幸せを掴むには?
年収750万の男性と結婚するのは難しい?婚活で希望の結婚相手と出会う6つの方法
年収750万の男性と結婚するのは難しい?婚活で希望の結婚相手と出会う6つの方法
スピード婚でも幸せ!メリットや長期交際と比較してわかったこと
スピード婚でも幸せ!メリットや長期交際と比較してわかったこと
45歳の女性はもう結婚できないなんて嘘!結婚につながるおすすめの出会い方
45歳の女性はもう結婚できないなんて嘘!結婚につながるおすすめの出会い方
家事手伝いの女性の婚活は難しい?専業主婦OKの独身男性と結婚する6つの方法
家事手伝いの女性の婚活は難しい?専業主婦OKの独身男性と結婚する6つの方法

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら