1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. クリスチャンはノンクリスチャンと結婚できない?難しいと言われる4つの理由
最終更新日: 2021-07-22

クリスチャンはノンクリスチャンと結婚できない?難しいと言われる4つの理由

クリスチャンは、「ノンクリスチャンとは結婚できない」「クリスチャン同士で結婚すべき」などと言われることがありますが、本当なのでしょうか?この記事では、クリスチャンとノンクリスチャンの結婚が難しいと言われる理由と、ノンクリスチャンと結婚する場合に押さえるべきポイントを解説します。恋人がノンクリスチャンで「結婚しても大丈夫かな?」と悩んでいる人も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

クリスチャンはノンクリスチャンとは結婚できないって本当?

「クリスチャン」とは、キリスト教を信じている人のことを指します。
「クリスチャンは、ノンクリスチャンとは結婚できない」と言われることがありますが、本当なのでしょうか?

結論からお伝えすると、クリスチャンはノンクリスチャンと結婚できないわけではありません
クリスチャンの中には、実際にノンクリスチャンと結婚している人もいますよ!

価値観は、人それぞれです。
お互いがクリスチャンであること、あるいはノンクリスチャンであることを受け入れて尊重し合うことができれば、クリスチャンとノンクリスチャンの結婚は十分可能と言えますよ。

ただし、考え方や価値観の似ているクリスチャン同士で結婚しているカップルが多いのも事実です。

そこで今回は、クリスチャンの結婚事情やノンクリスチャンとの結婚が難しいと言われる理由について解説していきます。

↑目次に戻る

クリスチャンがノンクリスチャンと結婚するのは難しいと言われる4つの理由

「クリスチャンがノンクリスチャンと結婚するのは難しい」と言われるのは、なぜなのでしょうか?
その理由としては、以下の4つが挙げられますよ。

  • 考え方や価値観が合わない
  • 祈りの時間を理解してくれない
  • 子供の教育方針の違い
  • 結婚前に同棲ができないから生活がイメージできない

クリスチャンとノンクリスチャンが結婚すると、上記の問題が起こる確率が高いのです。
しかしお互いが相手の考え方に理解を示したり柔軟な対応ができたりする場合は、乗り越えられる問題でもあります!

反対に、

  • 相手の考え方に歩み寄れない
  • 柔軟な対応が難しい

ような場合は、「結婚できない」と割り切ってクリスチャン同士での結婚を目指した方が幸せになれる可能性が高いですよ。

考え方や価値観が合わない

クリスチャンがノンクリスチャンと結婚するのが難しい理由の1つ目として、考え方や価値観が合わないことが挙げられます。

基本的にクリスチャンは、以下のような考え方や価値観を持っている人が多いですよね。

  • 日曜日は教会に行き神様にお祈りする日である
  • お祈りが好きで、起床時や就寝時・悩み事が出てきたときなど、時間を見つけたらお祈りしている
  • 神様が1番で、パートナーよりも優先する存在と考えている
  • 結婚前の交際段階では身体の関係は持たない
  • キリスト教以外の宗教が行う行事には参加しない
  • 神様への感謝の気持ちとして、教会に定期的に献金する

「神様が1番」であるクリスチャンの考え方を、ノンクリスチャンは簡単には理解できません

またクリスチャンは、何か悩み事が出てくるたびに神様にお祈りする、あるいはパートナーよりも神様を優先する傾向もありますね。
その習慣がないノンクリスチャンとは、そもそも性格も合わない場合が多いのです。

祈りの時間を理解してくれない

クリスチャンにとって大きな意味を持つ祈りの時間をノンクリスチャンが理解してくれないことも、結婚するのが難しい理由の1つです。

悩み事が出てきたときはもちろん、

  • 起床時
  • 就寝時
  • 食事前

など、クリスチャンは時間を見つけたら神様にお祈りしますよね。
また日々の祈りの時間に加え「安息日」とされている日曜日は、教会に行って神様に祈りを捧げるのが一般的。

こういったクリスチャンの祈りの時間を、ノンクリスチャンは理解できないことが多いです。
神様にお祈りするために多くの時間を使うクリスチャンの生き方をノンクリスチャンが理解できない場合、結婚は難しいと言えますよ!

子供の教育方針の違い

子供の教育方針でも、クリスチャンとノンクリスチャンは意見が対立する可能性が高いです。

クリスチャンとノンクリスチャンでは、そもそもの考え方や価値観が異なります。
そのため、子供に対する教育方針が合わない夫婦も少なくありません。

例えば、

  • クリスチャンとノンクリスチャンどちらの考え方で子供を育てていくのか
  • 子供が通う学校はキリスト教系にするのか仏教系にするのか

などの事柄において、夫婦間で意見が分かれる確率が高いですよ。

「自分はクリスチャンだから、子供にもキリスト教系の学校で学ばせたい」と考えていても、ノンクリスチャンの相手に反対される可能性があることを頭に入れておきましょう!

結婚前に同棲ができないから生活がイメージできない

結婚前に同棲ができないために結婚生活がイメージできないことも、クリスチャンがノンクリスチャンと結婚するのが難しい理由の1つです。

相手の性格や生活に対する考え方など、同棲して初めてわかることも数多くあります
しかしクリスチャンは、「結婚前の交際段階では身体の関係は持ってはいけない」との考えがあるため、同棲することも許されていません

結婚後の生活をイメージできないと、なかなか結婚に踏み切ることもできないですよね。

↑目次に戻る

クリスチャン同士での結婚のいいところ

次に、クリスチャン同士で結婚する場合のメリットについて見ていきましょう。
クリスチャン同士での結婚のメリットとしては、以下の2つが挙げられますよ。

  • 生き方を理解してくれる
  • 考えや価値観が合う

一緒に生活していくにあたって、価値観が合うかどうかは無視できない重要なポイントの1つです!
クリスチャン同士であれば考え方が似ているため、結婚後もうまくいく可能性が高くなっていますよ。

こちらの記事では似た者同士の結婚について解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

生き方を理解してくれる

クリスチャン同士で結婚するメリットの1つ目として、生き方を理解してくれることが挙げられます。

2人ともクリスチャンなら

  • 日曜日は礼拝に行く
  • 時間を見つけたら神様にお祈りする

など、クリスチャンとしての生き方をお互いに理解し合うことが可能ですよね。
また結婚後は一緒に教会に行って礼拝したり、自宅でもお祈りする時間を共有したりすることもできます。

クリスチャンとしての習慣や生き方をお互いに理解し合えるのは、クリスチャン同士の結婚の最大のメリットですよ!

考えや価値観が合う

考えや価値観が合うことも、クリスチャン同士で結婚することのメリットとして挙げられます。

クリスチャン同士なら、

  • 神様が1番だと考えている
  • お祈りを大切にしている

など、クリスチャンならではの考え方を理解し合うことが可能です。

また、お金や人間関係・仕事などにおける価値観も合いやすい傾向にありますよ。

ここで、イエス・キリストの言葉を思い出してみましょう。

  • 与えなさい そうすればあなたがたにも与えられる(ルカによる福音書6章38節)

クリスチャンは神様に感謝の気持ちを示すために、教会に行って定期的に献金を行うことが多いですよね。
クリスチャン同士であれば、教会に献金することを理解し合えます。

また世界中のクリスチャンが使っている「主の祈り」の一節、

  • 我らに罪を犯すものを我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ

でも説かれているように、クリスチャンは神様が自分を赦してくれたのと同様に自分も相手のことを赦そうと考えるもの。
人間関係に対するクリスチャンならではの考え方があっても、クリスチャン同士であればこの考え方を分かち合うことができますよね!

そして価値観が合うことによるメリットは、以下の3つです。

  • 相手に無理やり合わせなくて良いので、気が楽でストレスを感じにくい
  • 言葉にしなくても、相手の気持ちを理解できる
  • 好きなことが同じなので、一緒に楽しい時間を過ごせる

お互いの価値観が合うことは、結婚する上での大きな決め手となります。
クリスチャン同士の場合考えや価値観が合いやすいため、結婚後の生活もうまくいきやすいのです。

↑目次に戻る

実際クリスチャンの結婚相手はだれ?体験談・エピソードまとめ

実際にクリスチャンの結婚相手は、どのような人が多いのでしょうか?
ここで、ネット上の体験談やエピソードをご紹介しますね。

婚活のコツ 実際クリスチャンの結婚相手はだれ?体験談エピソードまとめ
出典:twitter.com

このようにクリスチャン同士であっても、結婚後に相手の許せない部分が見えてくるカップルもいます。

クリスチャン同士は考え方や価値観が合いやすいですが、だからと言って相手の全てを理解し合えるわけではないのです。

婚活のコツ 実際クリスチャンの結婚相手はだれ?体験談エピソードまとめ
出典:twitter.com

別の宗教の異性と結婚した、クリスチャンの男性もいます。

このご夫婦のようにお互いの宗教に関して理解があれば、クリスチャンと他の宗教を信仰している異性との結婚は可能なのです。

婚活のコツ 実際クリスチャンの結婚相手はだれ?体験談エピソードまとめ
出典:twitter.com

女性がクリスチャン、男性がノンクリスチャンで結婚した夫婦が多いとの意見もありました。

周りにクリスチャンの異性がいない場合に、クリスチャンに理解があるノンクリスチャンと結婚するケースもあるようです。

私達夫婦の場合、私がクリスチャンで、夫はノンクリスチャンです。

結婚する際に、夫にクリスチャンになってほしいと言ったことはありません。

(クリスチャンでなければ救われないなどとは思わないので、必要性を感じていないからです。

彼が一応キリスト教に興味を持っていて肯定的なので、教会に誘ったり、礼拝で聞いた話などをしたりすることはありますが、もし相手が嫌がったとしたら、そのようなこともしないでしょう。

いつか彼が自発的にクリスチャンになりたいという日がくれば嬉しいですが、そうでなかったとしても、気になりません。

このように、クリスチャンとノンクリスチャンで結婚してうまくいっている夫婦もいましたよ!

こちらのご夫婦の場合、男性がノンクリスチャンでありながらキリスト教に興味があり、教会に一緒に行ってくれることも夫婦円満の秘訣と考えられます。
どちらかがノンクリスチャンでも宗教を理解しようとする姿勢があれば、クリスチャンが肩身の狭い思いをすることなく、楽しい結婚生活を送れるのです。

元同僚はクリスチャン同士で結婚しましたよ。

やはり信仰する宗教がおなじだと親同士も祝福してくれてよかったそうです。

クリスチャンは、先祖代々受け継がれていることも多いですよね。

クリスチャン同士で結婚する場合は夫婦の親もクリスチャンであるケースが多いため、家族に喜んでもらえる、両家の関係を良好に保ちやすいなどのメリットも考えられますよ。

クリスチャンが未信者と結婚すると色々苦労しますよ。

特にクリスチャン男性が未信者の女性と結婚した場合、将来、子育てのことで衝突するかもしれません。

中には結婚生活を通して夫の信仰を受け入れ、やがて妻が洗礼に至ったケースもありますが、誰が救われるかは、聖書にある通り神様しか知りません(第1コリント7:16)。

子どもに伝道しないでくれと釘を刺されたり、教会学校に通わせるのを反対されたりなど、実際そういう実例を見ました。

子育ての主導権はたいてい母親にありますから。

そういう方は結婚してからも教会に一人で来られてます。

日曜日の午前いつも父親が家にいないのだから、遊んでほしい盛りの子供にとってストレスでしょう。

事情をよく知らない子供は、徐々に父親を嫌いになるかもしれません。

家庭内で信仰的に孤立するのは非常に辛いことだと思います。

一方でクリスチャンとノンクリスチャンが結婚すると、子育ての際に意見が食い違い大変な思いをするとの意見も見られました。
やはり、

  • 子どもを教会に連れていくのか
  • キリスト教系の学校に通わせるのか

などの問題で、夫婦間で意見が分かれるケースは多いようです。

またクリスチャンは、親であっても毎週日曜日に教会で行われる礼拝に出かけるもの。
そのためノンクリスチャンの親しか家にいない状況になり、両親と一緒に過ごせない子供がストレスを抱える可能性もありますよ。

↑目次に戻る

結婚したいクリスチャンにおすすめの婚活方法・出会い方

ここからは、結婚したいクリスチャンにおすすめの婚活方法や出会い方をご紹介します。
クリスチャンにおすすめの婚活方法は、以下の3つです。

  • 教会に積極的に足を運ぶ
  • マッチングアプリを活用する
  • 結婚相談所を使ってみる

順番に解説しますね!

出会いは自らすすんで探す人にやってきます

引用元: www.amazon.co.jp
  • 『結婚したい女子のためのハンティング・レッスン』
  • 著者:川崎 貴子
  • 発行年月日:2015/11/20
  • 出版社:総合法令出版

教会に積極的に足を運ぶ

結婚したいクリスチャンにおすすめの婚活方法の1つ目は、教会に積極的に足を運ぶことです。
場所によってはおすすめされないケースもありますが、いつも通っているところ以外の教会に行ってみるのもおすすめです!

以下の投稿のように、普段とは異なる教会を訪問し結婚相手に出会った人もいますよ。

私は、仕事がらということもありますが、よその教会に訪問してるうちに出会いました。

結婚相手のことに限りませんが、信仰のことは、じっと待って転がりこんでくるものではないと、経験から感じています。

通っている教会で出会いがないのであれば、より規模の大きな他の教会に出向いてみるとクリスチャンの異性との出会いが見つかる可能性がありますよ!

クリスチャン女性のいるところに、自分から出向くしかありません。

通っている地域教会に対象となる女性がいなければ、教団の集会や活動に参加する。

教団などの大きな枠組みがなければ、超教派の集会や活動を探して参加する。

規模の大きな他所の地域教会に行ってみる。

教会が主催するイベントに参加する

クリスチャンが結婚するためには、教会が主催するイベントに参加するのも1つの方法です。
実際に、教会が主催するイベントやパーティーで出会った人も多くいます。

教会によっては、お見合いツアーが開催されていることも!
祈りについて学ぶあるいは賛美歌を歌うイベントであっても、クリスチャンの異性との出会いを見つけられる可能性があるので積極的に参加してみましょう。

私の通う教会はたくさん若い方いますよ
教団によってはお見合いツアーもあります
県全体の兄弟姉妹が集う集会やその他たくさん人が集まる会に参加するのも良い出会いがあるかもしれませんね

マッチングアプリを活用する

結婚したいクリスチャンにおすすめの婚活方法の2つ目として、マッチングアプリを活用することが挙げられます。

マッチングアプリは条件で相手を検索でき、趣味や宗教でフィルターをかけることも可能です!
日常生活で出会いを探すよりも、効率良く理想の相手を探すことができますよ。

クリスチャンにおすすめのマッチングアプリは、以下の2つです。

  • Pairs(ペアーズ)
  • Match(マッチドットコム)

クリスチャンの出会いにマッチングアプリは有効なのかどうかについて以下の記事で詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてくださいね。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

  • 会員数1,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

アプリを無料ダウンロードする



Pairs(ペアーズ)会員数が累計で1,000万人を突破しており、月に13,000人が恋人を見つけている恋活・婚活マッチングアプリです。

毎日約8,000人もの男女が、Pairs(ペアーズ)に新規登録しています。
会員数が多いので、数多くの異性の中から自分と相性の良い異性を探せるのが特徴ですよ。

  • 年齢
  • 居住地
  • 結婚への意思

などの項目で相手検索できるのはもちろん、「趣味はカフェ巡り」「海外旅行が好き」などの趣味で繋がれるコミュニティも多数存在します。

相手検索やコミュニティを活用し、クリスチャンあるいはクリスチャンに理解のある異性を探してみましょう!

Pairs(ペアーズ)でのコミュニティの選び方に関しては、以下の記事をご覧くださいね。

↓Pairs(ペアーズ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

Match(マッチドットコム)

Match(マッチドットコム)

Match(マッチドットコム)

  • 30~40代がメインの婚活向けマッチングアプリ
  • 登録は無料でできる
  • 6割以上が真剣に結婚相手を求めている
  • 本人確認が厳格の為安心して利用できる

↓詳しくはこちら↓

Match(マッチドットコム) をインストールする



Match(マッチドットコム)は、2002年に日本に導入された婚活マッチングアプリです。
30代以上の男女が数多く利用しており、大人向けのマッチングアプリとも言えます。

男女ともに同じ料金の課金制なので、結婚に前向きで真剣な出会いを探している人が多いことがMatch(マッチドットコム)の特徴です。
また宗教に関するプロフィールの項目が充実しているため、結婚相手を探しているクリスチャンにもおすすめとなっていますよ!

プロフィールには宗教以外にも40以上の質問項目が備わっており、聞きにくい内容も確認しやすい環境です。
またテレビ電話機能もあるので、自宅で婚活することもできます。

以下の記事では、AIが自動で相性の良い異性をおすすめしてくれる「デイリーマッチ機能」に関して詳しく解説していますので、ぜひご覧くださいね。

↓Match(マッチドットコム)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Match(マッチドットコム) を使ってみる!

結婚相談所を使ってみる

結婚相談所を利用することも、結婚したいクリスチャンにおすすめの婚活方法の1つです。
結婚相談所には、結婚願望があり真剣に出会いを探している人が集まっています。

また異性の詳細なプロフィールを確認でき、実際に会う前の段階で信仰している宗教に関しても確かめることが可能ですよ!

今回はクリスチャンにおすすめの結婚相談所として、以下の2つをご紹介します。

  • パートナーエージェント
  • クリスチャン専門結婚相談所

またこちらの記事では、宗教信仰者が結婚相談所を利用する上で押さえておくべきポイントを紹介しているので、ぜひご覧くださいね。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

パートナーエージェントでは、成婚コンシェルジュがマンツーマンで会員の婚活をサポートしてくれます。
そのサポートの甲斐あって、パートナーエージェントの成婚率は約27%

結婚相談所大手2社の平均成婚率が約12%であることから、パートナーエージェントの成婚率が非常に高いのは一目瞭然ですね!

成婚コンシェルジュ以外にも、お見合い用の写真を撮ってくれるカメラマンやお見合いの日程調整をしてくれるコーディネーターなど多くのスタッフが婚活をサポートしてくれますよ。

成婚退会後に新生活をサポートしてくれる「アニバーサリークラブ」も用意されているので、結婚後も安心です。

パートナーエージェントで交際成立した後の流れに関しては、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

↓パートナーエージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント を使ってみる!

クリスチャン専門結婚相談所もおすすめ

「クリスチャン同士で結婚したい!」と考えているなら、クリスチャン専門結婚相談所を利用してみましょう。
読んで字のごとく「クリスチャン専門」の結婚相談所なので、必然的にクリスチャン同士の結婚を目指すことができますよ。

クリスチャン専門の結婚相談所としては、以下の4つが挙げられます。

  • Lita marriage service
  • Bridal Produce People
  • ペテロの涙
  • リベカ

「クリスチャンの異性と出会って結婚したい」と考えていながらも、なかなか出会いが見つからず困っている場合はぜひ利用してみてくださいね!

↑目次に戻る

ノンクリスチャンとの結婚で押さえておきたい見極めポイント

ノンクリスチャンとの結婚を考える場合には、押さえておきたい見極めポイントがあります。
そのポイントは、以下の4つです。

  • クリスチャンに理解がある人
  • ノンクリスチャンでもイベントに参加してくれる人
  • クリスチャンに興味がある人
  • こだわりが強くない人

上記の見極めポイントを押さえて、クリスチャンと相性の良いノンクリスチャンの異性を探しましょう!

クリスチャンに理解がある人

まずは、クリスチャンに理解がある人かどうかをしっかり見極めるのがおすすめです。

結婚前の段階で、クリスチャンにとっては「恋人や配偶者よりも神様が1番」であることを相手に伝えておきましょう

クリスチャンならではの考え方や行動を理解してくれない人とは、結婚できたとしてもすれ違いや対立することが増えてしまいます
反対にクリスチャンであることを理解し寄り添ってくれる人であれば、ノンクリスチャンであっても結婚生活がうまくいく可能性が高いですよ!

ノンクリスチャンでもイベントに参加してくれる人

ノンクリスチャンでもイベントに参加してくれるかどうかも、ノンクリスチャンとの結婚を考える場合に押さえておきたい見極めポイントの1つです。

日曜日は礼拝のため教会に行くこと、日曜日以外も教会で開催されるイベントがあれば参加することを恋人に伝え、一緒に参加してくれそうか確認してみましょう!
クリスチャンとしての洗礼は受けなくても教会でのイベントに一緒に参加してくれる人であれば、結婚後もプライベートの時間を有意義に過ごせる可能性が高いですよ。

参加を強制することはできないので、結婚前にクリスチャンのイベントについてどのような考えを持っているか確かめておくことをおすすめします。

クリスチャンに興味がある人

相手がノンクリスチャンの場合、クリスチャンに興味があるかどうかも重要です。
クリスチャンならではの考え方や行動に「相手が興味を持ってくれるかどうか」も、結婚前に確かめておきましょう!

クリスチャンに全く興味を持ってもらえない場合、結婚後に

  • 「なぜ日曜日はいつも教会に行っているんだろう」
  • 「お祈りばかりしていて理解できない」

などと思われてしまい、夫婦仲が悪くなってしまう可能性がありますよ。

こだわりが強くない人

こだわりが強くない人であることも、結婚相手としては大切なポイントです。

無宗教の人が多い日本では、キリスト教に関わらず「特定の宗教に興味がある人は嫌だ」と考える人もいます。
そのようなこだわりが強くなく「どの宗教を信仰していても、2人が幸せならそれで良い」と考える人であれば、ノンクリスチャンであっても結婚後幸せに生活していける可能性が高いです!

またノンクリスチャンの相手自身はこだわりが強くなくても、相手の家族に「クリスチャンとの結婚はちょっと」と言われてしまう場合もありますよね。
結婚する前には、相手や相手の家族の宗教観も確かめておきましょう。

↑目次に戻る

まとめ

クリスチャンはノンクリスチャンと結婚可能ですが、結婚を考えるなら考え方や価値観が似ているクリスチャンがおすすめです!
最後に、今回のポイントを振り返ってみましょう。

  • お互いがクリスチャンあるいはノンクリスチャンであることを受け入れて尊重し合うことができれば、クリスチャンとノンクリスチャンの結婚は可能
  • ただし、考え方や価値観の似ているクリスチャン同士で結婚しているカップルが多い
  • 「クリスチャンがノンクリスチャンと結婚するのは難しい」と言われる理由は、考え方や価値観が合わず祈りの時間を理解してもらえない、子供の教育方針が異なる、結婚前に同棲できず結婚後の生活をイメージできないから
  • クリスチャン同士の結婚のメリットは、日曜日は礼拝に行く、時間を見つけたら神様にお祈りするなど、クリスチャンとしての生き方をお互いに理解し合える上に、お金や人間関係・仕事などの価値観が合いやすいこと
  • クリスチャンにおすすめの婚活方法は、教会に積極的に足を運ぶとともに、マッチングアプリや結婚相談所を活用すること
  • クリスチャンにおすすめのマッチングアプリは、Pairs(ペアーズ)とMatch(マッチドットコム)
  • クリスチャンにおすすめの結婚相談所は、パートナーエージェントとクリスチャン専門の結婚相談所
  • ノンクリスチャンとの結婚を考える場合は、こだわりが強くなくクリスチャンに興味があり理解してくれる人、あるいはノンクリスチャンでもイベントに参加してくれる人を探すと良い

クリスチャン同士で結婚すれば、日曜日の礼拝やお祈りの重要性など、クリスチャンとしての考え方や価値観を理解し合えますよね。
「クリスチャンと結婚したいけど、異性との出会いがない」と悩んでいる場合は、クリスチャン専門の結婚相談所の利用がおすすめです。

どうしてもノンクリスチャンと結婚したい場合は、考え方が合わず結婚後に後悔しないようあなたがクリスチャンであることを理解してくれる異性を探してみてくださいね!

公開日:


タグ:
婚活のコツ

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

結婚に向いていない男の10の特徴・共通点まとめ!後悔しない結婚生活を送る方法とは
結婚に向いていない男の10の特徴・共通点まとめ!後悔しない結婚生活を送る方法とは
結婚しない人生は後悔する?後悔しない生き方と後悔している人の7つの理由
結婚しない人生は後悔する?後悔しない生き方と後悔している人の7つの理由
「親が無年金だと結婚できない」と言われる3つの理由と今からできる解決策
「親が無年金だと結婚できない」と言われる3つの理由と今からできる解決策
結婚相談所で人気のある女性の特徴9つ!容姿のレベルがすべてではない理由
結婚相談所で人気のある女性の特徴9つ!容姿のレベルがすべてではない理由
福岡・博多美人でも結婚できないのは何故?福岡女性の未婚率から紐解く婚活事情
福岡・博多美人でも結婚できないのは何故?福岡女性の未婚率から紐解く婚活事情

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

結婚しなくても上手くいく?結婚しない40代カップルのメリット・デメリット
結婚しなくても上手くいく?結婚しない40代カップルのメリット・デメリット
クリスチャンはノンクリスチャンと結婚できない?難しいと言われる4つの理由
クリスチャンはノンクリスチャンと結婚できない?難しいと言われる4つの理由
バツイチ同士の結婚をおすすめしない?懸念される理由とうまくいくためのポイント
バツイチ同士の結婚をおすすめしない?懸念される理由とうまくいくためのポイント
【男女別】結婚しない方が幸せかもしれない人の特徴と実際の体験談
【男女別】結婚しない方が幸せかもしれない人の特徴と実際の体験談
結婚できない女性に共通する容姿とは?髪型・メイク・服装・外見を比較
結婚できない女性に共通する容姿とは?髪型・メイク・服装・外見を比較

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら

Twitter