1. 婚活パーティー検索 >
  2. 婚活のコツ >
  3. 年収450万以上の女性と結婚できる?高収入の女性の特徴と婚活成功ポイント
最終更新日: 2021-06-14

年収450万以上の女性と結婚できる?高収入の女性の特徴と婚活成功ポイント

「結婚するなら高収入女性がいい!」と考える男性は年々増えてきています。これは不景気な世の中で将来への不安が大きかったり、自立した女性求める傾向が強くなったりしていることが大きな要因です。そこで今回は「年収450万円以上」と区切り、高収入女性と結婚するポイントを紹介していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

年収450万の女性の実態

昨今では、結婚した後も共働きをする家庭が多いですよね。
中にはキャリアを築き高い収入を得ている女性もおり、そういった高収入の女性との結婚を希望する男性も増えてきています。

そこで今回は、年収450万の女性の特徴や高収入な女性と結婚するコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

高収入の女性との結婚を望むとき、まずは具体的な年収を設定する必要があります。
このときには、「年収450万円」がボーダーラインになることが多いですよ!

平均給与465万円(男子572万円、女子280万円)の内訳をみると、平均給料・手当は377万円(男子461万円、女子232万円)で、平均賞与は88万円(男子111万円、女子48万円)となっている。

引用元: www.nta.go.jp

国税庁の調査によると男女の平均年収は465万円で、女性だけで見ると280万円でした。
女性の年収450万円は、平均よりもかなり高い金額だとわかりますね。

つまり年収450万円の女性は、平均を大幅に上回る収入を得ているハイスぺ女性なのです。
そのような女性との出会いや結婚が簡単ではないことを、最初に心得ておきましょうね!

年収450万の女性は約1割

次に国税庁による「民間給与実態統計調査」の調査結果から、給与額ごとの割合を見てみましょう。

女性では、100 万円超 200 万円以下の者が 495 万人(同 23.8%)と最も多く、次いで200 万円超 300 万円以下の者の 438 万人(同 21.0%)となっている

引用元: www.nta.go.jp

平成30年分の給与階級別給与所得者数の割合を見ると、年収が400万円超で500万円以下の女性は10.8%でした。

年収が100万~200万・200~300万の女性がそれぞれ2割以上いるのに対して、年収約450万円の女性は1割程度しかいないのです。
そもそもの母数が少ないため、結婚するとなるとより難しいことがわかりますね

男性は約2割

国税庁のデータによると、平成30年分給与階級別給与所得者数の男女別の割合は以下の通りでした。

年収 男性 女性
100~200万円 6.6% 23.8%
200~300万円 11.0% 21.0%
300~400万円 17.3% 17.2%
400~500万円 17.8% 10.8%
500~600万円 13.5% 5.6%

参照元:国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」

この表を見ると、年収が約450万円前後の男性の割合は2割弱でした。
また各階級の中でも、最も多い割合となっています。

男性は年収450万円前後が平均となりますが、いくら女性の社会進出が進んでいるとは言え、それを女性に求めるのは難しいことがわかる結果ですね。

【年代別】女性の平均年収

男女問わず、平均年収は年齢によっても変わりますよね。
ここで女性の平均年収は一体どのくらいなのか、年代ごとに見ていきましょう。

内閣府が調査した年齢階級別平均年収(平成24年)から、一部抜粋して紹介しますね。

大学・大学院卒
正規雇用
高専・短大卒
正規雇用
高校卒
正規雇用
20~24歳 約300万円 約300万円 約240万円
25~29歳 約400万円 約330万円 約260万円
30~34歳 約450万円 約360万円 約280万円
35~39歳 約500万円 約400万円 約300万円
40~44歳 約580万円 約430万円 約320万円

参照元:内閣府 男女共同参画局「男女の年齢階級別平均年収(平成24年)」

この表からわかるように、女性の平均年収が450万円を超えるのは大学・大学院卒でも30~34歳以降です。

一般的に「結婚適齢期」と言われる年代の女性で450万円を超える人は少なく、30代後半以降で年収450万円を超えてくることがわかりますね。

↑目次に戻る

年収450万の女性と結婚・出会うのは難しい

先ほど紹介したように、年収450万円の女性は1割ほどしかいません。
つまり結婚どころか、出会うことさえも難しいことがわかりますよね。

日常生活の中で自然に出会う人の中から、年収450万円の女性を探すことは非常に困難です。
そこで、最初から年収450万円の女性と出会えるように職業や特性を絞って探していくことをおすすめします!

ここから職業や特性を詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

↑目次に戻る

年収450万の女性の職業

まずは厚生労働省の統計データより、年収が高い女性の職業を紹介していきます。

女性では、「情報通信業」(315.5 千円)が最も高く、次いで「教育,学習支援業」(306.9 千円)となっており、「宿泊業,飲食サービス業」(208.9 千円)が最も低くなっている。

引用元: www.mhlw.go.jp

令和2年の「主な産業別にみた賃金」によると、女性の収入が高いのは以下の順番でした。

  • 1.情報通信業
  • 2.教育・学習支援業
  • 3.学術研究専門・技術サービス業
  • 4.金融業・保険業
  • 5.医療・福祉

ここからは、上記の中から出会いやすい女性の職業をピックアップして具体的に紹介していきますね!

情報・通信業

そもそも「情報・通信業」とはどのような職業を指すのか、はっきりわからない人も多いのではないでしょうか?
以下の総務省の文献を見ても、情報・通信業は幅広い職業を表していることがわかります

情報の伝達を行う事業所、情報の処理や提供などのサービスを行う事業所、インターネットに附随したサービスを提供する事業所、および伝達することを目的として情報の加工を行う事業所が分類される。

引用元: www.soumu.go.jp

情報・通信業に分類される職業を細かく分けたものが、以下の5つです。

  • 通信業(固定電話・携帯電話業など)
  • 放送業(テレビ放送局・ケーブルテレビ会社・ラジオ放送局など)
  • 情報サービス業(ソフトウェア開発会社・ゲームソフト会社など)
  • インターネット不随サービス業(ポータルサイト運営会社など)
  • 映像・音声・文字情報制作作業(テレビ等の制作会社・新聞社・出版社など)

情報・通信業の代表的な企業としては、

  • 日本電信電話株式会社(NTT)
  • ソフトバンク株式会社
  • 株式会社NTTドコモ
  • ヤフー株式会社

などが挙げられます。
総務省が行った情報通信業基本調査では、その対象となる企業は平成30年の時点で約11,000社だったので、出会いの数も比較的豊富ですよ。

教育学習支援業

教育学習支援業は、その名の通り学校教育を行う事業所です。

また

  • 組織的な教育活動を行う事業所
  • 学校教育の補習教育を行う事業所
  • 教養、技能、技術などを教授する事業所

も教育学習支援業に分類されるので、

  • 通信教育業
  • 学習塾
  • 図書館
  • 博物館

などの事業所も該当します。

働く場所は学校だけに限らないため、身近な出会いも多いですよ!

医療系

医療系の職業は、医師・看護師のイメージが強いですよね。
しかし実際には細かく分類されており、医療系の女性は意外にも多くいます。

  • 医師
  • 看護師
  • 救急救命士
  • 保健師
  • 助産師
  • 臨床検査技師
  • 医療機器メーカー
  • 医療秘書・クラーク
  • 薬剤師
  • 歯科衛生士
  • 獣医師

など医療系に分類される職業は幅広く、どの分野も高収入である傾向が強いです。
その分、婚活市場における人気も高くなっていますよ!

↑目次に戻る

年収450万の女性に共通する特徴

先ほども年収450万の女性の割合は少なく、かなりのハイスぺ女性だとお伝えしましたね。

つまりその条件があるだけで、婚活が非常に厳しくなることが予想されるのです。
「年収450万円」が結婚の絶対条件であれば、他の条件を見直す必要がありますよ。

ここからは年収450万円の女性に共通する特徴を紹介しますので、しっかり理解して現実と向き合うようにしてくださいね!

30代後半〜40代後半

基本的に、「20代で年収450万円の女性はほとんどいない」と思ってくださいね。

ここまで稼いでいるとなると、

  • モデル
  • 女優
  • 起業家
  • IT系・広告系で売上が良い企業

もしくは、医師や看護師に限られます。
もちろんいないことはないですが、若くして高収入を得られるだけのとても優秀で才能のある女性なのです。

一般的には、年収450万円の女性の多くは30代後半~40代後半です。
年収の条件が外せないのであれば、年齢の幅を広げるようにしてくださいね!

高スペックの男性が好み

年収450万円の女性は、自分よりも高収入の男性しか相手にしない傾向があります。
年収400万円の男性が年収450万円の女性を口説いても、成功する可能性は非常に低いのです。

年収450万円の女性は自身がハイスペックなため、自分以上のハイスぺ男性を求めるのは自然なことと言えますよね。

つまりハイスぺ女性と結婚するには、まず自分自身がハイスぺ男性になることが重要なのです!
自分を高めることをせずにただ高望みをしてしまうと、「結婚はできない」と思ってくださいね。

プライベートより仕事を優先にする

年収450万円の女性は、仕事中心で生活している人が多いです。
責任のある立場にいることがほとんどなので、あらゆる場面でプライベートよりも仕事を優先しますよ。

恋人ができても、その考え方やスタンスは変わりません。
そのため仕事優先であることを理解してくれる男性でなければ、恋愛はうまくいかないのです。

間違っても、「また仕事?」と不機嫌に尋ねてはいけませんよ!
反対に快く送り出して応援できる男性なら、ハイスぺ女性とも良い関係を築けるでしょう。

とにかく忙しい

年収450万円の女性は、とにかく忙しい毎日を送っています。

平日は仕事や付き合いで、夜遅くなることも多いです。
休日であっても、自己啓発や自分磨きのために習い事や勉強をしている傾向にあります。

基本的には予定が空いておらず、スケジュールが埋まっている状態なのです。
交際してもその忙しさは変わらないので、うまく時間を合わせる必要がありますよ!

時間の使い方がうまい

仕事ができる女性の特徴として、効率的であることが挙げられます。
時間配分を上手にしているので、1分1秒に無駄がないのです。

一般的に女性は、「男性と比べて非効率的」だと言われることが多くあります。
むしろ非効率的な時間を好み、楽しむのが女性です。

しかし年収450万円の女性は、何事も段取り重視。
少し「男前」と感じることがあるほどにテキパキとしており、時間の使い方がうまいですよ。

美への追求も怠らない

仕事を優先させている一方で、美の追求を怠らないことも特徴の1つです。
仕事ができるうえに綺麗であるのが、年収450万円のハイスぺ女性の成せる技だと言えます。

お金があるので、高いブランドの服や高級化粧品など自己投資も怠りません
それが、どこか「高嶺の花」のように感じられる理由でもあるでしょう。

↑目次に戻る

年収450万の女性と結婚するための方法

年収450万円の女性の割合は少ないため、出会うことも難しいのが現実です。
結婚するとなると、さらに可能性は低くなります。

それでも年収450万円の女性との結婚が諦められない人は、その条件に見合った婚活をしていきましょう!

まずは自身のスペックを高めたうえで、年収450万円の女性との出会いを探すことが大切です。
これから紹介する3つの方法は、確実に年収450万円の女性と結婚するための重要ポイントですので、ぜひ実践してみてくださいね。

年収UP、外見を磨くこと

年収450万円のハイスペ女性は、自分よりもハイスペックな男性を求める傾向が強いとお伝えしましたね。

  • 年収450万円以上
  • 役職・階級が自分よりも上
  • 尊敬できるところがある
  • 誰もが羨む外見

など、自分よりも高いところにいる男性に魅力を感じるのは、女性であれば当然の心理と言えます。
またプライドが高い女性が多いため、恋人になることで羨望の目が向けられることも好むでしょう。

女性にばかりスペックを求めるのではなく、まずは男性自身が年収UPをすることが大切です。
さらに仕事だけでなく外見も磨くことで、ハイスペ女性との結婚も夢ではなくなりますよ!

さらに男の顔は、仕事や生き方でどんどん変わっていくもの。
元のつくりがさほど良くなくても、結果を出し、自信が出てくることによって、顔つきが変わってくるのよ。

引用元: www.amazon.co.jp
  • 『30年間モテなかったあなたも、1年で結婚できる本』
  • 著者:沢宮 里奈
  • 発行年月日:2016/12/2
  • 出版社:竹書房

理想の条件を絞ること

あらゆる人に共通する婚活を成功させる秘訣は、相手の条件を明確にすることです。
そして優先順位をつけて、優先度が低いものは除外していきます。

「年収450万円」があなたにとって理想の女性なのであれば、その他の条件を見直してくださいね。

まず20代の若い女性で年収450万円を稼ぐ人はほとんどいないので、年収を優先させるのであれば年齢層は30代以降に広げる必要があります。

また外見や家事能力においても、少し条件を下げましょう。
年収450万円の条件だけでも対象となる人はかなり限られてしまうので、さらにあれこれと条件を付け足すと理想の相手と出会うことはできないですよ!

出会いの場を見極める

年収450万円の女性は1割程度であるため、出会いの場を見極めることも必要です。
職業や特徴を参考にして、年収450万円の女性と出会える場所に出向くようにしてくださいね。

ただし出会いを結婚につなげていくのは、さらに成功確率が低く難しいことです。

もしあなたが確実に結婚したいのであれば、結婚を前提とした出会いを探すのがおすすめですよ。
まずは結婚意欲のある女性が多いうえに、職業や年収の希望を提示できる結婚相談所に登録してみましょう!

そこでここからは、おすすめの結婚相談所を紹介していきますね。

↑目次に戻る

年収450万の女性と出会うなら結婚相談所がおすすめ

先ほど説明したように、年収450万円の女性と出会うなら結婚相談所がおすすめです。
結婚相談所であれば、年収450万円の女性と効率良く出会うことができますよ。

結婚相談所のメリットは、以下の通りです。

  • 結婚に対して真剣な人と出会える
  • 希望の条件で相手を探せる
  • 専任のコーディネーターがつく

確実に理想の相手を見つけたいのであれば、結婚相談所に登録をしてコーディネーターに条件を提示してみてくださいね!

結婚相談所については、こちらの記事でも詳しく紹介していますよ。



パートナーエージェント

パートナーエージェント

パートナーエージェント

  • 「結婚したくても、できない人をゼロに」が目標
  • 2017年度、結婚相談所の顧客満足度No.1を獲得
  • 活動開始から1年以内に成婚した会員は65.6%
  • 2017年度は3,264人が成婚した実績あり

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

パートナーエージェントは、成婚率業界№1の結婚相談所です。
結果にこだわり、他社結婚相談所の約2.3倍、 一般婚姻率の約4.5倍の成婚率を実現しています。

パートナーエージェントの特徴は、成婚率を高めるPDCAサイクルで婚活を最適化することです。

  • Plan(計画):婚活設計
  • Do(実行):紹介・コンタクト
  • Check(評価):振り返り・アドバイス
  • Act(見直し):婚活設計の見直し

コンシェルジュが成婚までしっかりとサポートしてくれるので、安心して婚活を進められますよ!

オンラインでの相談やお見合い・サポートも実施しているので、気軽に婚活をスタートさせてみましょう。

↓パートナーエージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
パートナーエージェント を使ってみる!

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

エン婚活エージェント

  • 登録料10,780円、月会費13,200円
  • 1カ月無料体験プランあり
  • 条件から相手を紹介してもらう形式
  • 専任コンシェルジュによるサポート
  • デートの日時・場所調整をしてくれる
  • オンライン動画講座見放題

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

エン婚活エージェントは、満足度No.1のオンライン結婚相談所です。
登録からお見合いの実施まで、オンラインで完結することができます。

6ヵ月以上活動を続けた人の成婚率は、業界トップクラスの30%です。
さらに成婚者のうち90%の人が、活動開始から1年以内に成婚していますよ。

入会から成婚まで、各専門の担当者がしっかりとサポートしてくれるので、オンラインでも安心ですね。

↓エン婚活エージェントの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
エン婚活エージェント を使ってみる!

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

  • 業界最大級の約60,000名の会員数
  • 厳正な入会審査により圧倒的に質の高い出会いを実現
  • 7つの出会い方で自分に合った活動ができる
  • 交際中からプロポーズまでサポート
  • 少人数専任制で会員一人ひとりにきめ細やかにサポート

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ

IBJメンバーズは、登録会員数№1で理想の相手が見つかりやすい結婚相談所です。
質の高い出会いを求める20代~30代や、結婚への真剣度が高くしっかり結果を出したい人に選ばれていますよ!

成婚の定義を婚約として、業界最高水準のカウンセラーがしっかりと婚約まで導いてくれることが特徴です。
結婚のプロ集団だからこそ、高い成婚率を実現することが可能となっていますよ。

ハイスぺ女性との出会いから結婚までをしっかりサポートしてくれるので、ぜひ登録してみてくださいね。

↓IBJメンバーズの公式サイトはこちら↓

\結婚相談所/
IBJメンバーズ を使ってみる!

↑目次に戻る

まとめ

今回は、年収450万の女性の特徴と結婚する方法をご紹介しました。
最後にポイントをまとめたので、再度確認してみてくださいね。

  • 年収450万円の女性は1割程度と少なく、出会うことすら難しい
  • 年収450万円の女性の職業としては、情報・通信業、教育学習支援業、医療系などが挙げられる
  • 20代女性で年収450万の人はほとんどおらず、30代後半~40代後半の人が多い
  • ハイスペックな男性を好む傾向にある
  • 常に忙しく、プライベートより仕事を優先する人が多い
  • 年収450万円の女性と結婚したいなら、年収UP&外見を磨くこと、理想の条件を絞ること、出会いの場を見極めることが重要
  • 婚活には、条件に合った相手を紹介してもらえる結婚相談所がおすすめ

年収450万円の女性は非常に少ないため、結婚するのは簡単なことではありません。
しかし自分を高めていくことで、結婚できる可能性を上げることはできますよ。

今回ご紹介したポイントを押さえて、ぜひ素敵なハイスぺ女性との結婚を実現させてくださいね!

公開日:


タグ:
婚活のコツ 男性向け

記事に関するお問い合わせ

「婚活のコツ」に関する記事

婚活のコツについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

逆プロポーズを年上彼氏にしたい!おすすめの言葉やタイミング・やり方まとめ
逆プロポーズを年上彼氏にしたい!おすすめの言葉やタイミング・やり方まとめ
代理婚活とは?お見合いするデメリットや親から勧められた時の対処法
代理婚活とは?お見合いするデメリットや親から勧められた時の対処法
逆プロポーズしたら断られた!失敗談から学ぶ男性心理とその後の対応まとめ
逆プロポーズしたら断られた!失敗談から学ぶ男性心理とその後の対応まとめ
彼女にプロポーズを断られた理由とは?その後の行動・選択肢まとめ
彼女にプロポーズを断られた理由とは?その後の行動・選択肢まとめ
婚活で「身の程を知れ」と言われる人の特徴と原因とは?男性・女性の高望み条件
婚活で「身の程を知れ」と言われる人の特徴と原因とは?男性・女性の高望み条件

「婚活の悩み」に関する記事

婚活の悩みの記事は他にも多数!

42歳の独身女性でも結婚を諦めない!40代の婚活事情や成功体験談を完全網羅
42歳の独身女性でも結婚を諦めない!40代の婚活事情や成功体験談を完全網羅
女性美容師は結婚できない?結婚が早い職業なのに結婚が遅い時の原因とは
女性美容師は結婚できない?結婚が早い職業なのに結婚が遅い時の原因とは
41歳からの婚活は遅くない!41歳独身女性が今すぐ婚活サービスに登録するべき理由
41歳からの婚活は遅くない!41歳独身女性が今すぐ婚活サービスに登録するべき理由
婚活で「女余り」が起きてるのは本当?男性不足になる理由と嘘の真偽まとめ
婚活で「女余り」が起きてるのは本当?男性不足になる理由と嘘の真偽まとめ
MR(製薬会社勤務)と結婚したい人におすすめの出会い方は?結婚相手に選ばれる方法
MR(製薬会社勤務)と結婚したい人におすすめの出会い方は?結婚相手に選ばれる方法

婚活のコツの人気の記事

「婚活のコツ」で人気の記事を集めました

人気の記事

婚活会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今婚活会議で話題のキーワードを集めました。

地域の結婚相談所を探す

LINE@

LINE@はこちら

Twitter