1. トップ >
  2. 恋愛・マッチングアプリ >
  3. 男友達が欲しい人の作り方とは?出会い方と関係を続けていくためのコツまとめ
最終更新日: 2023-09-27

男友達が欲しい人の作り方とは?出会い方と関係を続けていくためのコツまとめ

※本ページでは一部広告が含まれている場合があります。

女だけど男友達がほしい!男友達の良さとは

  • 男友達が欲しいけれど、作り方がわからない!
  • 男友達がいないために、良さもわからない......。

上記のように男友達を作ることに対するハードルが高い人はいないでしょうか?
同性の女友達も気楽で良いですが、男友達も一味違ってまた良いものです。

男友達の良さとは一体何なのか気になりませんか?
男友達がいることのメリットは下記の通りです。

男友達の良さ

  • 恋愛相談や女性にはわからない男性側の意見を聞ける
  • 男性の好みがわかる
  • 男性に言いたいことが言えるようになる
  • 無理して可愛くする必要がない
  • マウンティングがない

恋愛相談では男性ならではのアドバイスが貰えることや、女性特有のマウンティングがないなど、男友達にしかない良さがあります。

↑目次に戻る

男友達がなかなかできない人の特徴

男友達が欲しいのになかなかできない人は、男友達ができない理由がある可能性があります。
その理由は一体何でしょうか?

男友達がなかなかできない人の特徴をいくつかご紹介していきます。
当てはまる人は男友達ができない原因や特徴を知ることで、策を考えるきっかけにしましょう!

周りに女友達しかいない

男友達ができない人の特徴に、周りに女友達しかいないことが挙げられます。

自分が女子校出身である場合や、中学生・高校生時代も女友達しかできなかった人は、男性が近寄り難いオーラが出ている可能性があります。

特に女子校育ちで男性と接する機会が極端に少なかった場合、無意識に男性と距離を取っていることもあるでしょう。
女性であっても男性であっても、どちらも友達という関係性には変わりません。

女友達と接するように気軽に話しかけてみることや、男性を警戒しないように意識してみることから始めましょう。

自分が既婚者

自分が既婚者であることも、なかなか男友達ができない理由になります。
真面目な人ほど夫がいると、男友達を作ることに躊躇してしまいます。

しかし夫は夫であり、男友達はあくまでも友達なのでやましい関係ではありません。
「男友達=恋愛対象」になるわけではないので、友達作りに対して過剰に反応しないようにしましょう。

30代や40代を超えて出会いがない・男友達ができないと思い込んでいる

年齢のせいで男友達ができないと思い込んでいることも、男友達ができない原因です。出会いに恵まれず、年齢でなんとなく無理だと決めつけてしまう人は少なくありません。

しかし友達はいくつになっても作れるものです。
寧ろある程度年齢を重ねると、異性ということを意識しないようになる人もいるので、落ち着いた素敵な友人関係が築けます。

積極的に人の集まる場所に足を運び、友人からの誘いには乗るようにしてみて下さい。

美人ではないから諦めている

美人ではないから諦めている場合も、男友達ができない原因です。
女性の場合、「美人でないと男性は一緒に遊んでくれないのでは?」と考えてしまう人もいますが、そんなことはありません。

恋愛対象ではなくあくまでも友達なので、自分が思っているほど男友達は外見を気にしていません。
どうしても自分が美人でないから自信が持てないというのであれば、自分は友達を美人かそうでないかで選ぶか自問すれば、答えがわかるでしょう。

↑目次に戻る

彼氏がいるけど男友達が欲しい女性の心理

彼氏がいても「男友達が欲しい」と思うことは何らおかしくはありません。ただし彼氏は彼氏、男友達は男友達と、しっかり関係性の線引きをしましょう。

もちろん彼氏は特別な存在なので一緒に過ごすと幸せな気持ちになりますが、男友達もまた違った良さがあります。

ここからは、「彼氏がいるけど男友達が欲しい」と思う女性の心理をご紹介します!

気軽に遊びに行けるから

彼氏がいるけど男友達が欲しい女性の心理には、「気軽に遊びに行けるから」と感じている部分があります。
彼氏と全て同じ価値観であれば最高ですが、食べ物や遊びの好みが違う場合もよくあることです。

また好きであるが故に、気を遣って言えないこともあるでしょう。
しかし男友達であれば気を遣わず誘えて、自分が行きたいところに遊びに行ける気軽さがあります。

男性の意見が聞ける

彼氏がいても男友達が欲しい女性の心理には、同性ではわからない男性ならではの意見が聞けることも挙げられます。
恋愛に悩んでいるときにとても頼りになるのが男友達です。

男性と女性では考え方や視点が異なります。自分や女友達では考えもしなかった部分を指摘されたり、男性ならではの好みを教えて貰うことができたりします。

同性同士の嫉妬がない

同性間のマウンティングや嫉妬がないことも、男友達が欲しいと思う女性の心理として挙げられます。

同性だとファッションや恋愛関係など何かとライバルになってしまうこともありますが、男友達なら同性同士の揉め事が起きたり嫉妬されたりすることはありません。

複雑な感情に振り回されることがないので、気楽に一緒に過ごせます

女友達との間に起こりうる問題についてまとめた記事も併せてご覧下さい。

↑目次に戻る

男友達が欲しい人のための作り方

ただ指を咥えているだけでは、何事も成せません。
男友達を作りたいのであれば、自分で行動を起こす必要があります。

行動しなければいけないのはわかっているけれど、どうしたら良いのかわからない人のために、男友達の作り方をご紹介していきます!

大学生の場合は自分から声をかける

あなたが大学生の場合は、自分から声をかけてみて下さい。コンパや授業で男性と一緒になったら、たわいない話で良いので積極的に話しかけるのがおすすめです。

「どこの学科?」
「この授業のテスト範囲知ってる?」

上記の様に疑問形で話しかけると言葉のキャッチボールが長く続きやすいです。
特に友人としての交流が活発な年代なので、会話の中身を心配する必要はありません。
とにかく、気後れせずに声をかけましょう!
そうすると、自然と男友達が増えていきます。

社会人の場合は仕事の相談を持ちかける

社会人が友達を作ろうと思った時に有効なのは、仕事の相談を持ちかけることです。社会人であれば仕事の話が一番親身になってくれるので、自然な流れで男友達が作れます。

また、仕事の相談を持ちかけることで男性独自の観点からのアドバイスも貰えるので、男友達を作れるだけでなく、あなたの仕事面に有益な情報も得られます。

行動範囲を広げる

たまには夜遊びしたり、いつもは行かない場所に出かけたりして行動範囲を広げることも、男友達ができるきっかけになります。

同じ店であっても訪れる時間を変えると、いつもと違った雰囲気のお客さんがいることが多いです。 例えばスーパーだと昼間であれば専業主婦層が多く、夕方であれば仕事終わりのサラリーマンが増えてきます。

そのためいつもと違う時間や場所へ出かけると、訪れている人がガラっと変わり相手から声を掛けて貰って友達になれるケースも少なくありません。
思い切って、行動範囲を広げてみましょう!

男性比率が高い趣味を始める

主に男性が好む習い事や趣味などを始めれば、必然的に男性と関わる機会が多くなります!
スポーツジムのような何度も通う場所は、再会する可能性が高いので男友達を作るのに最適です。

趣味であれば自分も楽しむことができ、男友達も自然に作れるので一石二鳥です。

↑目次に戻る

男友達と関係を続けるためにはどうする?

友達といえど異性であることに変わりはないので、「いつまでも友人関係を続けたい」と思うのであれば少し努力をしなければいけません。
男友達と関係を続けるために押えるべきポイントをご紹介します。

男友達との距離感についてまとめた記事も併せてご覧下さい。

時には大人の女性を封印する

健全な友達関係を維持するためには、「大人の女性」を封印しておきましょう。
遊びに行く度にあまりにも女性らしい服装・色気を感じる仕草をすることなどは、男友達に誤解を与えてしまいます。

そのため男友達と会うときはボーイッシュな服装にしたり、気を使ったりしないようにするなど、女性を強く意識させるような行動や服装を封印する努力が必要です。

異性だと思わない

相手を異性だと意識しないことも大切です。
あなたが男友達を異性だと意識すると、相手にも伝わってしまいます。

友達関係を崩さないためにも、過度に異性であることを意識しすぎないように気を付けて下さい。
男友達はあくまでも友達であって、恋愛の対象ではありません。

弟だと思う

男友達を弟だと思うのも関係性を上手く維持するポイントです。
兄のように接してしまうと、恋愛に変化してしまう場合があるので、弟のノリで接するようにしましょう。

気兼ねなくフランクに接しやすくなります。

「弟みたい」と実際に相手に普段の会話の中で言葉にして伝えるのも、恋愛関係に発展しにくくなるので効果的です。

最低限の距離感は維持する

例えばどちらかの家に2人だけで泊まる・必要以上にボディタッチをするなど、こちらは完全に友達と思って同性と同じような距離感で接するのはNGです。

相手があなたを女性として意識してしまう可能性があります。自分が異性と意識しなくても、最低限の距離感だけは維持するようにして下さい。

↑目次に戻る

男友達を作るときの注意点・デメリット

友達といえど異性間では、同性の友達とは別のデメリットが発生することがあります。男友達を作るときの注意点・デメリットを詳しく解説していきます。

既婚していたり彼氏がいたりする場合は理解されない

あなたが結婚していたり彼氏がいたりする場合は、男友達と仲良くすることを理解してもらえないことが挙げられます。

「2人で遊びに行く」と正直に言っても、相手は異性になるので彼氏側としてはどうしても納得いかない男心がある場合が多いです。

全ての男性が理解してくれるとは限りませんが、夫や彼氏に誤解をさせないよう事前に話をしておくことや男友達を交えて遊ぶなど、あくまでも友達であると安心して貰える機会を作っておくと、誤解を招きづらいです。

告白されると一気に関係が崩れる

自分は友達として接していても、相手から告白されてしまうと関係が崩れてしまう可能性があるので注意が必要です。
男友達の気持ちを受入れられれば良いですが、受入れられなかった場合は気まずい思いをします。

他にも告白されたことによって、今後どのように接すれば良いのかわからない・告白を断りづらくて困るなど、人によって様々な葛藤を抱きます。

恋愛感情が絡んでくると、告白される前と全く同じようにはいかず関係が崩れてしまう可能性が高いです。

男友達に告白されたときの対処法についてまとめた記事も併せてご覧下さい。

異性としてしか見てくれない

状況にもよりますが「彼氏いるの?」と聞かれた場合や、やたらと外見を褒めてくる人は異性としか見ていない可能性が高いので、友達にはなりにくい人と判断出来ます。

あなたを異性としか見ていない人に遊びに誘われた場合、遊びではなくデートになるので、話の内容が恋愛に関するものばかりのときは、相手を勘違いさせないようにする必要があります。

下心のない男友達の作り方についてはこちらの記事もご覧下さい。

↑目次に戻る

男友達が欲しい人におすすめの友達探しに使えるマッチングアプリ

積極的に行動を起こして男友達を作りたいけれど、どうしたら良いのかわからない人におすすめなのが、マッチングアプリです。
意外にもマッチングアプリは、異性の友達を作るのにも最適です!

マッチングアプリは主に恋活・婚活を目的として使われていますが、友達作りもできます。最初は友達関係が続いても恋愛に発展することはあるので、友達から恋人になることに抵抗がない人におすすめです。

ここからは、男友達が欲しい人におすすめの友達探しに使えるマッチングアプリを2つご紹介していきます。

その他の様々なマッチングアプリを知りたい人は、下記の記事が参考になります。

おすすめマッチングアプリ①Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

  • 会員数1,500万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ


男友達を作るのにおすすめのマッチングアプリが、Pairs(ペアーズ)です。
累計会員数は業界最大級の1,500万人を超え、男友達を作りやすいマッチングアプリと言えます。

利用者の年齢層も18歳以上〜60代までと幅広いので、自分の年齢に適した男友達を探すのも難しくありません。
「コミュニティ機能」で友達を探したい人を検索することもできるので、幅広い使い方ができます。

またPairs(ペアーズ)は男性会員は有料ですが、女性会員は無料で利用できるコスパの良さも魅力と言えます。
Pairs(ペアーズ)について詳しく知りたい人は、下記の記事をご覧下さい。

↓Pairs(ペアーズ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

おすすめマッチングアプリ②Tantan(タンタン)

Tantan(タンタン)

  • 中国発のフレンドマッチングアプリ
  • アジアNo.1!累計会員数は3億人を突破
  • 一緒に好きなことを楽しむための友達作りにおすすめ
  • 写真認識&AIによる審査機能も導入している

↓詳しくはこちら↓

Tantan(タンタン) をインストールする

Tantan(タンタン)フレンドマッチングアプリなので、趣味友達・友達を作ることを目的とした新感覚のマッチングアプリです。

また中国発祥のアプリなので日本での知名度はまだまだ低めですが、世界的に見ると累計会員数3億人を突破しており、外国人が多く利用しているアプリです。

メッセージは無料でやり取りが可能ですが、課金して「VIP会員」になると、相手に送るいいねを無制限で使えることや、「VIPマーク」が表示されるなどさらに使いやすくなります!

Tantan(タンタン)についての詳しい情報は、下記の記事が参考になります。

↓Tantan(タンタン)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Tantan(タンタン) を使ってみる!

無料の出会い系チャットアプリはおすすめしない!

気軽に友達を作ることができるマッチングアプリは数多く存在しますが、その中でも無料の出会い系チャットアプリはおすすめしません。
「友達探し」「男友達探し」などのキーワードで調べると検索結果に無料のチャットアプリが出てきます。

しかし法律的にも規約的にも出会いはNGになっているのに、実際は出会いを訴求してるグレーなサービス内容です。

登録が簡単すぎて、ユーザーの質の悪さや業者・詐欺などのリスクの高さが目立ち、犯罪に巻き込まれる可能性も高くなります。

無料サイトはコスパが良いと感じますが、安全性を重視するためにも男性有料のチャットアプリを利用しましょう。
無料のチャットアプリでの詳しいリスクについてまとめた記事もご覧下さい。

↑目次に戻る

男友達の作り方まとめ

男友達の作り方や関係の続け方などについてご紹介してきました。
最後に本記事の重要ポイントをまとめておきます。

重要ポイント

  • 男友達は女友達にはない良さがある
  • 男友達を作るのには「大学生の場合は自分から声をかける」「社会人の場合は仕事の相談を持ちかける」「行動範囲を広げる」「男性比率が高い趣味を始める」のが効果的
  • 男友達と関係を続けるのには「時には大人の女性を封印する」「異性だと思わない」「弟だと思う」「最低限の距離感は維持する」努力が必要
  • 男友達を作る際には「既婚していたり彼氏がいたりする場合は理解されない」「告白されると一気に関係が崩れる」「異性としてしか見てくれない」といったデメリットと注意点がある
  • 男友達を作るのにはマッチングアプリがおすすめ

男友達には同性の友達にはないメリットがあります。
友達を作るのに年齢や容姿は関係ありません。

自ら積極的に行動を起こし、男友達を増やしましょう!
現実的にどう行動を起こせば良いのかわからない人は、マッチングアプリを始めることからでも自分の世界が広がるのでおすすめです。

タグ:
出会い 男友達 女性向け記事

記事に関するお問い合わせ

恋愛・婚活の悩みを相談したい方へ!

Lineトーク占い

LINE占いでは「占い」だけではなく、恋愛や結婚に関する「人生相談」もLINEから気軽にできます。
「当たった!」「気が楽になった!」「解決策が見つかった!」という口コミも多数!
ぜひお試しください。

「出会い」に関する記事

出会いについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

医者と出会える6つの方法とコツ|婚活するならマッチングアプリもおすすめ
医者と出会える6つの方法とコツ|婚活するならマッチングアプリもおすすめ
INFP(仲介者)と相性のいいMBTIタイプとは?性格や恋愛傾向から解説
INFP(仲介者)と相性のいいMBTIタイプとは?性格や恋愛傾向から解説
結婚を焦り出す年齢と心理とは?焦ると婚活を失敗する理由と対処法
結婚を焦り出す年齢と心理とは?焦ると婚活を失敗する理由と対処法
結婚相手の選び方とは?婚活で重要な9つの条件と男女別の決め手
結婚相手の選び方とは?婚活で重要な9つの条件と男女別の決め手
結婚相手に求める9つの条件|婚活で結婚できないときの妥協点
結婚相手に求める9つの条件|婚活で結婚できないときの妥協点

「恋愛・マッチングアプリ」に関する記事

恋愛・マッチングアプリの記事は他にも多数!

【直接取材】アールベルアンジェ名古屋の魅力に迫る!人気プランや口コミをご紹介
【直接取材】アールベルアンジェ名古屋の魅力に迫る!人気プランや口コミをご紹介
タップルで同性の友達や出会いは探せる?同性との出会いにおすすめマッチングアプリ
タップルで同性の友達や出会いは探せる?同性との出会いにおすすめマッチングアプリ
Tinderにはイケメンが多いのはなぜ?写真を見分けて本当のイケメンと出会う方法
Tinderにはイケメンが多いのはなぜ?写真を見分けて本当のイケメンと出会う方法
恋人とパートナーの違いはただの恋愛か結婚相手?彼女をパートナーと呼ぶ男性心理
恋人とパートナーの違いはただの恋愛か結婚相手?彼女をパートナーと呼ぶ男性心理
彼女から連絡ないときの男心とは?喧嘩後の心理や不安な彼氏への対処法も解説
彼女から連絡ないときの男心とは?喧嘩後の心理や不安な彼氏への対処法も解説