1. トップ >
  2. 恋愛・マッチングアプリ >
  3. 【専門家監修】マッチングアプリでのメッセージ攻略ガイド
最終更新日: 2024-07-09

【専門家監修】マッチングアプリでのメッセージ攻略ガイド

※本ページでは一部広告が含まれている場合があります。

ご協力いただいた専門家

株式会社Weave 代表取締役

山本早織

元グラビアアイドル元銀座のホステスという経歴と心理学や脳科学の簡単から恋愛コンサルタントとして活躍。 累計1万人以上の恋愛コンサルをし、結婚につながる恋をテーマにサポート。 自身が運営する結婚相談所Agumは200組以上の成婚数で、成婚率の高い結婚相談所として様々なメディアで取り上げられる。

↓会話が続きやすいマッチングアプリ↓

\恋活・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

↑目次に戻る

マッチングアプリでのメッセージの重要性

マッチングアプリでのメッセージは、相手との関係を築く最初の段階であり、非常に重要です。
適切なメッセージのやりとりができれば相手との距離を縮め、実際のデートにつながる可能性が高まります。

一方で、不適切なメッセージは相手に悪印象を与え、せっかくのマッチングを台無しにしてしまう可能性があります。
メッセージの重要性は以下の点に表れています。

メッセージの重要性

  • 第一印象の形成:メッセージは相手があなたについて持つ最初の印象を形成します。良い第一印象を与えることができれば、その後のコミュニケーションもスムーズに進むでしょう。
  • 興味・関心の表現:適切なメッセージを通じて、相手への興味や関心を効果的に伝えることができます。相手の興味を引くようなメッセージを送ることで、返信をもらいやすくなります。
  • 共通点の発見:メッセージのやりとりを通じて、相手との共通点を見つけることができます。共通点があると会話が弾みやすく、親近感も湧きやすくなります。
  • 信頼関係の構築:継続的なメッセージのやりとりにより、相手との信頼関係を徐々に構築できます。信頼関係は実際に会う際の不安を軽減し、より良い関係性を築く基盤となります。
  • デートへの橋渡し:適切なメッセージのやりとりは、実際のデートにつながる重要な橋渡しとなります。メッセージでの会話を通じて相手との相性や興味の一致を確認し、自然な流れでデートに誘うことができます。

これらの点を踏まえ、マッチングアプリでのメッセージには細心の注意を払う必要があります。
次のセクションでは、効果的な初回メッセージの書き方について詳しく解説していきます

山本さん

とても詳しく詳細まで説明してくれているので、実行しやすい内容です。
マッチングした人とのLINEで失敗したくない方にお勧めです!

↑目次に戻る

効果的な初回メッセージの書き方

マッチング後の初回メッセージは、相手との関係性を左右する重要な要素です。
以下に、効果的な初回メッセージを作成するためのポイントを詳しく解説します。

自己紹介を含める

初回メッセージには必ず簡潔な自己紹介を含めましょう。
これにより、相手にあなたの人となりを伝えると同時に、親しみやすさを演出することができます。

自己紹介には以下の要素を含めると良いでしょう。

自己紹介のポイント

  • 名前(ニックネームでも可)
  • 年齢(任意)
  • 職業や学生の場合は所属(任意)
  • 趣味や興味のある分野

例えば、次のような自己紹介が効果的です。

「はじめまして、太郎と申します。26歳のIT企業勤務です。休日は写真撮影やカフェ巡りを楽しんでいます。」

このような自己紹介により、相手はあなたのことをより具体的にイメージしやすくなります。
また、趣味や興味を含めることで共通点を見つけやすくなり、会話のきっかけにもなります

相手のプロフィールに言及する

相手のプロフィールをよく読み、そこに書かれている情報に言及することで、相手に対する興味や関心を示すことができます。

これは、相手に「私のことをよく見てくれている」という印象を与え、好感度を上げる効果があります
例えば、相手のプロフィールに「旅行が趣味」と書かれていた場合、次のようなメッセージが効果的です。

「プロフィールを拝見し、旅行がお好きだと知りました。私も旅行が大好きで、特に自然豊かな場所を訪れるのが趣味です。よろしければ、お互いの思い出の旅行先について話し合えたら嬉しいです。」

このように相手のプロフィールに言及することで、あなたが相手に興味を持っていることを示すと同時に、共通の話題を見つけることができます

共通点を見つけて強調する

相手のプロフィールを読み、自分との共通点を見つけたら、それを強調しましょう。
共通点があると相手との距離が縮まり、会話が弾みやすくなります

例えば、お互いに音楽が好きだった場合、次のようなメッセージが効果的です。

「プロフィールを拝見し、音楽がお好きだと知って嬉しくなりました。私も音楽が大好きで、特にジャズに熱中しています。お互いの好きなアーティストについて語り合えたら素敵ですね。」

共通点を強調することで相手も親近感を覚え、返信しやすくなります
また、共通の話題があることで、その後の会話も展開しやすくなります。

適切な長さを心がける

初回メッセージは長すぎず、かつ短すぎない適切な長さを心がけましょう。
長すぎるメッセージは相手に負担を与え、読むのを避けられる可能性があります。

一方、短すぎるメッセージは誠意が感じられず、相手の興味を引くことができません。
理想的な長さは、3〜5文程度です。
これくらいの長さであれば、十分な情報を伝えつつ、相手に負担を与えすぎることなくメッセージを読んでもらえる可能性が高まります。

質問を含める

相手に返信してもらいやすくするために、メッセージの最後に質問を含めることをおすすめします。
質問があることで、相手は返信する際の話題を見つけやすくなります。

ただし、質問は1つか2つに留め、詰問のような印象を与えないよう注意しましょう。
また、プロフィールに書かれていることをそのまま質問するのは避け、より掘り下げた内容の質問をすることが大切です。

例えば、相手のプロフィールに「読書が趣味」と書かれていた場合、次のような質問が効果的です。

「読書がお好きとのことですが、最近読んだ本の中で特に印象に残っているものはありますか?よければその本のおすすめポイントも教えていただけると嬉しいです。」

このような質問をすることで、相手は自分の興味のある話題について話すことができ、返信しやすくなります。

ポジティブな表現を心がける

初回メッセージは、ポジティブな表現を心がけることが大切です。
明るく前向きな印象を与えることで、相手も返信しやすくなります。

ネガティブな話題や愚痴は避け、相手と楽しく会話できそうな雰囲気を作り出しましょう。
例えば、次のようなポジティブな表現を含めると良いでしょう。

「あなたのプロフィールを拝見し、とても素敵な方だと感じました。お話できる機会があれば嬉しいです。」

このようなポジティブな表現を使うことで、相手も前向きな気持ちで返信してくれる可能性が高まります

誠実さを示す

初回メッセージでは、誠実さを示すことが重要です。
相手を本当に知りたいと思っている気持ちを伝え、真摯な態度で接することで、信頼関係を築く土台を作ることができます。

例えば、次のような表現を含めることで誠実さを示すことができます。

「あなたのことをもっと知りたいと思い、このメッセージを送らせていただきました。お互いのことを少しずつ理解し合えたら嬉しいです。」

このような誠実な態度は、相手に安心感を与え、より深い関係性を築くきっかけとなります

敬語を使用する

初回メッセージでは、基本的に敬語を使用することをおすすめします
敬語を使うことで、礼儀正しさと誠実さを示すことができます。

ただし、堅苦しすぎる表現は避け、相手が親しみやすいと感じる程度の敬語使用を心がけましょう。
例えば、次のような敬語の使用が適切です。

「はじめまして。プロフィールを拝見し、ぜひお話してみたいと思いました。よろしければ、お互いのことについて少しずつ知っていけたらと思います。」

このような丁寧な言葉遣いは、相手に好印象を与え、良好な関係性を築く基盤となります

山本さん

初めは敬語でメッセージするのがお勧めです!
相手より年上だから、距離を縮めたいからなどという理由で、ファーストメッセージから敬語を使わない人もいます。

ですが女性の大半は、これから付き合ってくかもしれない相手に「誠実さ」を求めているため、いきなりタメ口を使うのはよしておくほうが無難でしょう。

絵文字や顔文字を適度に使用する

メッセージに絵文字や顔文字を適度に使用することで、文章に温かみを持たせることができます。
ただし、使いすぎると軽薄な印象を与える可能性があるので、1〜2個程度に抑えるのが良いでしょう。

例えば、次のように使用するのが適切です。

「はじめまして!プロフィール拝見しました😊 音楽好きな同士、色々お話できたら嬉しいです。」

絵文字や顔文字を適度に使用することで、文字だけのコミュニケーションに感情や親しみやすさを加えることができます

山本さん

注意点として、女性からのメッセージに絵文字が多いからといって、男性が合わせて絵文字を送るのは、幼稚な感覚が伝わってしまう可能性もあります。
絵文字を使いたいのであれば、控えめに使うことを心がけましょう。

タイミングに注意する

初回メッセージを送るタイミングにも注意が必要です。
深夜や早朝などの不適切な時間帯を避け、相手が返信しやすい時間帯を選びましょう。

一般的には、平日の場合は仕事終わりの19時以降、休日の場合は午後の時間帯が適していると言えます。
以上のポイントを押さえた効果的な初回メッセージの例を以下に示します。

「はじめまして、太郎と申します。プロフィールを拝見し、音楽がお好きだと知って嬉しくなりました。私も音楽が大好きで、特にジャズに熱中しています。
よければ、お互いの好きなアーティストについて語り合えたら素敵ですね。最近では、どんな音楽を聴くことが多いですか?楽しみにお返事待っています😊」

この例では、自己紹介・相手のプロフィールへの言及・共通点の強調・適切な長さ・質問の含有・ポジティブな表現・誠実さの表現・敬語の使用・適度な絵文字の使用など、効果的な初回メッセージの要素が含まれています。

これらのポイントを意識して初回メッセージを作成することで、相手からの返信率を高め、良好な関係性を築くきっかけを作ることができるでしょう。

↑目次に戻る

会話の続け方

初回メッセージで良好なスタートを切れたら、次は会話を継続させることが重要です。
以下に、効果的な会話の続け方について詳しく解説します。

相手の返信に対して適切に反応する

相手からの返信があったら、その内容に対して適切に反応することが大切です。
相手の言葉を受け止め、共感や興味を示すことで、会話を自然に発展させることができます

例えば、相手が「最近はジャズを聴くことが多いです」と返信してきた場合、次のような反応が適切です。

「ジャズですか!素敵ですね。私も大好きです。特に好きなアーティストやアルバムはありますか?
私はマイルス・デイビスの『Kind of Blue』がお気に入りで、リラックスしたいときによく聴いています。」

このように、相手の発言に対して共感を示しつつ、自分の経験や意見を加えることで会話を深めることができます

オープンエンドの質問を活用する

会話を継続させるためには、相手が答えやすいオープンエンドの質問を活用することが効果的です。
「はい」「いいえ」で答えられる質問ではなく、相手が自由に回答できる質問を心がけましょう

例えば、次のような質問が効果的です。

効果的な質問

  • 「休日はどのように過ごすことが多いですか?」
  • 「最近、特に印象に残っている出来事はありますか?」
  • 「将来的にチャレンジしてみたいことはありますか?」

これらの質問は、相手に自由に答えてもらえるため、会話の幅が広がりやすくなります

相手の興味関心に焦点を当てる

会話を続ける中で、相手の興味関心を探り、それに焦点を当てていくことが大切です。
相手が熱心に話す話題があれば、そこに注目し、より詳しく聞いていきましょう。

例えば、相手が旅行に興味があることがわかった場合、次のような質問を続けることができます。

質問例

  • 「旅行がお好きなんですね。今まで行った中で最も印象に残っている場所はどこですか?その場所の魅力を教えてください。」
  • 「次に行ってみたい場所はありますか?その場所に行きたいと思った理由も聞かせてください。」

このように、相手の興味関心に焦点を当てた質問を続けることで、相手は自分の好きな話題について話すことができ、会話が自然と盛り上がりやすくなります。

自己開示を適度に行う

会話を深めるためには、自己開示も重要です。
相手に質問するだけでなく、自分自身のことも適度に話すことで、相互理解を深めることができます

ただし、一方的に自分の話ばかりするのは避け、相手の話と自分の話のバランスを取ることが大切です。
例えば、次のような自己開示が効果的です。

「私は休日によくハイキングに行きます。自然の中を歩くことでリフレッシュできるんです。
先週は近くの山に登ってきたのですが、頂上からの景色が本当に素晴らしくて感動しました。○○さんも自然が好きだとおっしゃっていましたが、どんな形で自然を楽しむことが多いですか?」

このように自分の経験や感想を共有しつつ、相手の話にも繋げていくことで、自然な会話の流れを作ることができます

ユーモアを適度に取り入れる

会話にユーモアを適度に取り入れることで、楽しい雰囲気を作り出すことができます。
ただし、相手の性格や会話の流れを見極めながら、適切なタイミングでユーモアを使うことが大切です。

また、過度なジョークや皮肉は避け、相手が不快に感じない範囲で使用しましょう。
例えば、次のようなユーモアの使用が適切です。

「最近料理に挑戦しているんですが、先日作ったカレーが予想以上に辛くなってしまって、舌が燃えるかと思いました(笑)。○○さんは料理をされますか?もし得意料理があれば、ぜひコツを教えてください!」

このように、自分の失敗談や面白いエピソードを交えることで、会話に楽しさを加えることができます。

会話のテンポに注意する

メッセージのやり取りでは、会話のテンポにも注意が必要です。
相手の返信ペースに合わせつつ、適度なスピード感を保つことが大切です。

返信が遅すぎると相手の興味が薄れてしまう可能性がありますが、逆に返信が早すぎると相手に圧迫感を与えてしまう可能性もあります。
一般的には、相手の返信から24時間以内に返すことを目安にするとよいでしょう。

ただし、相手の生活リズムや仕事の状況によっても適切なタイミングは変わってくるので、柔軟に対応することが大切です。

話題を適切に変える

同じ話題が長く続くと会話が停滞する可能性があるため、適切なタイミングで話題を変えることも重要です。
ただし、唐突に話題を変えるのではなく、現在の話題から自然に派生させるように心がけましょう。

例えば、音楽の話から次のように話題を展開させることができます。

「音楽の話で盛り上がりましたね。ところで、音楽以外の趣味や楽しみはありますか?私は最近、音楽を聴きながら絵を描くことにハマっていて、創作意欲が高まるんです。」

このように、自然な流れで新しい話題に移ることで、会話の幅を広げることができます

相手の発言を深掘りする

相手の発言に対して、さらに詳しく聞いていくことで会話を深めることができます。
これにより、相手の考えや価値観をより深く理解することができます

例えば、相手が「旅行が好きで、特に歴史的な場所を訪れるのが楽しい」と言った場合、次のように深掘りすることができます。

「歴史的な場所を訪れるのが好きなんですね。どんな時代や文化に特に興味がありますか?また、そういった場所を訪れる際に、特に注目しているポイントはありますか?」

このように、相手の興味や経験についてより詳しく聞くことで、会話の深みが増し、相互理解が深まります

共感を示す

相手の発言に対して共感を示すことで、相手との心理的な距離を縮めることができます。
共感を示す際は、単に「わかります」と言うだけでなく、具体的にどのように共感できるかを説明することが効果的です。

例えば、相手が「仕事が忙しくてストレスを感じることがある」と言った場合、次のような返信が適切です。

「仕事でのストレス、本当によくわかります。私も先月はプロジェクトの締め切りに追われて大変でした。
そんな時は、どのようにストレス解消していますか?私の場合は、週末にジョギングをすることでリフレッシュしています。」

このように、相手の感情に寄り添いながら、自分の経験も共有することで、より深い共感を示すことができます

相手の言葉を引用する

相手の言葉を引用しながら会話を進めることで、相手の発言をしっかりと聞いていることを示すことができます
これにより、相手は自分の話を大切に聞いてもらえていると感じ、より親密な関係を築きやすくなります。

例えば、次のように相手の言葉を引用することができます。

相手:「最近、ヨガを始めたんです。体が柔らかくなってきて、気分もリフレッシュできるので楽しいです。」

あなた:「ヨガを始めたんですね!『体が柔らかくなってきて、気分もリフレッシュできる』というのは素晴らしいですね。私も運動不足を感じていたので、ヨガに興味が湧きました。初心者でも始めやすいでしょうか?」

このように相手の言葉を引用することで、相手の発言を大切にしていることを示すと同時に、会話をスムーズに展開させることができます

以上のポイントを押さえることで、マッチングアプリでの会話をより円滑に、そして魅力的に進めることができます。

↑目次に戻る

デートへの誘い方

マッチングアプリでの会話が順調に進み、相手との関係性が深まってきたら、次はデートに誘う段階です。
ここでは、効果的なデートへの誘い方について詳しく解説します

適切なタイミングを見極める

デートに誘うタイミングは非常に重要です。
早すぎると相手に警戒心を抱かせてしまう可能性がある一方、遅すぎると関係性が冷めてしまう可能性があります。

一般的には、以下のような条件が揃ったときがデートに誘うのに適したタイミングと言えます。

デートに誘うタイミング

  • メッセージのやり取りが1週間以上続いている
  • 相手の趣味や価値観について一定の理解ができている
  • 会話が自然と盛り上がっている
  • 相手からも積極的に質問や自己開示がある

これらの条件が揃っていれば、デートに誘うタイミングとして適切だと考えられます。

共通の興味を活用する

デートに誘う際は、これまでの会話で見つけた共通の興味を活用することが効果的です。
相手と共通の趣味や興味があれば、それを軸にしたデートプランを提案することで、相手も興味を持ちやすくなります。

例えば、お互いに美術館巡りが好きだとわかっていれば、次のような誘い方ができます。

「先日お話していた現代アート展、今週末から始まるそうです。もしよろしければ、一緒に見に行きませんか?
その後、近くのカフェでゆっくりお話できたら嬉しいです。」

このように、共通の興味に基づいたデートプランを提案することで、相手も前向きに考えやすくなります

具体的なプランを提案する

デートに誘う際は、具体的なプランを提案することが大切です。
「いつか会いませんか?」といった曖昧な誘い方ではなく、日時や場所、活動内容を明確に示すことで、相手も予定を立てやすくなります。

例えば、次のような具体的な提案が効果的です。

「来週の土曜日、○○公園で開催される食べ歩きイベントに行ってみませんか?午後2時頃に駅前集合で、3時間ほど一緒に楽しめたらと思います。
その後、もし良ければ近くのカフェでお茶しながらゆっくりお話もできますし、お時間があれば夕食も一緒にどうでしょうか?」

このように具体的なプランを提示することで、相手も想像しやすく、返答しやすくなります。

相手の都合を考慮する

デートを提案する際は、相手の都合や生活リズムを考慮することが大切です。
相手のプロフィールや過去の会話から、仕事の状況や普段の生活パターンをある程度把握し、それに合わせたプランを提案しましょう。

例えば、相手が平日は忙しそうだとわかっている場合は、次のような提案ができます。

「お仕事でお忙しそうですね。休日にリフレッシュできるようなプランはいかがでしょうか?来週の日曜日、午前中からゆっくりブランチを楽しんで、その後で近くの植物園を散策するのはどうでしょう?」

このように、相手の状況に配慮したプランを提案することで、相手も受け入れやすくなります

選択肢を提示する

デートプランを1つだけ提案するのではなく、複数の選択肢を提示することで、相手の好みや都合に合わせやすくなります
ただし、選択肢が多すぎると逆に相手を困惑させてしまう可能性があるので、2〜3個程度の選択肢を提示するのが適切です。

例えば、次のような提案ができます。

「初めてお会いするので、リラックスしてお話できる場所がいいかなと思いました。
例えば、静かなカフェでお茶をしながらゆっくりお話する。
美術館で展示を見ながら感想を共有する。
公園を散歩しながら自然を楽しむ。
この中でどれか気になるものはありますか?もしくは、他に行きたい場所があればぜひ教えてください。」

このように選択肢を提示することで、相手の好みを探りつつ、デートの計画を一緒に立てる楽しさも共有できます。

柔軟性を持たせる

デートプランを提案する際は、ある程度の柔軟性を持たせることが大切です。
相手の都合や好みに合わせて、日程や内容を調整できる余地を残しておくことで、相手も受け入れやすくなります。

例えば、次のような表現を使うことで柔軟性を示すことができます。

「このプランはあくまで案ですので、○○さんの都合や好みに合わせて調整できればと思います。他に行きたい場所や、都合の良い日時があれば教えてください。」

このように柔軟性を示すことで、相手も意見を出しやすくなり、お互いが納得できるプランを立てやすくなります

断られた場合の対応

デートに誘って断られた場合でも、落胆せずに適切に対応することが大切です。
相手の気持ちを尊重しつつ、関係性を維持する努力をしましょう。

例えば、次のような返信が適切です。

「わかりました。今回は都合が合わなくて残念ですが、○○さんのお気持ちを尊重します。
また機会があればお誘いさせてください。それまでは、こうしてメッセージでお話できるのを楽しみにしています。」

このように、相手の意思を尊重しつつ、今後の関係性に希望を持たせる対応が効果的です。
以上のポイントを押さえることで、自然な流れでデートに誘い、実際の出会いにつなげやすくなります。

ただし、デートに誘う際も相手の気持ちを第一に考え、押し付けがましくならないよう注意しましょう。

↑目次に戻る

メッセージでの注意点

マッチングアプリでのメッセージのやり取りには、いくつか注意すべき点があります。
ここでは、トラブルを避け、より良いコミュニケーションを図るための注意点について解説します。

個人情報の取り扱いに注意する

マッチングアプリでのやり取りでは、個人情報の取り扱いに十分注意する必要があります
特に初期段階では、以下のような情報の共有は控えましょう。

控えるべき情報

  • 本名
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先の詳細情報
  • SNSアカウント

これらの情報は、十分に信頼関係が築けてから、必要に応じて少しずつ共有していくのが安全です。
個人情報を早急に求めてくる相手には注意が必要です。

相手の発言を慎重に判断する

オンライン上でのコミュニケーションでは、対面でのやり取りと比べて相手の真意を読み取りにくいことがあります。
相手の発言を鵜呑みにせず、慎重に判断することが大切です。

特に以下のような点に注意しましょう。

注意すべき人

  • 過度に親密な態度を取る人
  • 金銭的な話題をすぐに持ち出す人
  • 個人情報を執拗に聞いてくる人
  • 矛盾した発言をする人

これらの兆候が見られた場合は、注意が必要です。
違和感を覚えたら、無理に会話を続けず、距離を置くことも大切です。

返信のペースに気を付ける

メッセージの返信ペースにも注意が必要です。
相手を困らせないよう、以下のような点に気を付けましょう。

注意すべきポイント

  • 相手の返信ペースに合わせる
  • 深夜や早朝の返信は避ける
  • 長時間返信できない場合は、その旨を伝える
  • 一度に大量のメッセージを送らない

適切なペースでメッセージのやり取りを行うことで、相手に負担をかけずにコミュニケーションを続けることができます

誤解を招く表現を避ける

文字だけのコミュニケーションでは、誤解が生じやすいため、表現には十分注意が必要です。
特に以下のような点に気を付けましょう。

注意すべきポイント

  • 皮肉や冗談は控えめに
  • 感情的な表現は避ける
  • 曖昧な表現は使わない
  • 断定的な物言いは控える

誤解を招きそうな表現がある場合は、「〇〇という意味です」と補足説明を加えるなど、丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。

相手の気持ちを尊重する

メッセージのやり取りでは、相手の気持ちを常に尊重することが大切です。
以下のような点に気を付けましょう。

注意すべきポイント

  • 相手の意見や価値観を否定しない
  • 強引な誘いや押し付けがましい態度は避ける
  • 相手が話したくないと思われる話題は無理に聞かない
  • 返信が遅れても責めない

相手の気持ちを尊重する姿勢を示すことで、より良好な関係を築くことができます

不適切な内容や画像を送らない

マッチングアプリでのやり取りでは、不適切な内容や画像を送ることは絶対に避けるべきです。
特に以下のような内容は厳禁です。

絶対に避けるべき内容

  • 露骨な性的な内容
  • 暴力的な内容
  • 差別的な発言
  • 違法行為に関する内容
  • 不適切な画像

これらの内容を送ることは、相手を不快にさせるだけでなく、アプリから退会処分を受ける可能性もあります。

他のコミュニケーションツールへの移行は慎重に

マッチングアプリ内でのやり取りから、LINEなど他のコミュニケーションツールへの移行を提案する場合は慎重に行いましょう
以下のような点に注意が必要です。

注意すべきポイント

  • 相手との信頼関係が十分に築けてから提案する
  • 強引に誘わず、相手の意思を尊重する
  • 移行する理由を明確に説明する
  • 相手が断った場合は、その意思を尊重する

例えば、次のような提案の仕方が適切です。

「これまでのお話で、○○さんとはとても気が合うと感じています。もしよろしければ、より円滑にコミュニケーションを取れるLINEでお話を続けませんか?
ただ、もし今の段階で抵抗があれば、このままアプリ内でのやり取りを続けるのも全く問題ありません。○○さんのお気持ちを教えていただけますか?」

長文メッセージは避ける

マッチングアプリでのメッセージは、できるだけ簡潔に保つことが大切です。
長文のメッセージは、相手に読む負担を強いてしまい、返信のハードルを上げてしまう可能性があります。

1回のメッセージは、3〜5文程度を目安にしましょう。
長い内容を伝えたい場合は、複数回に分けて送ることをおすすめします。

スペルミスや文法ミスに注意する

メッセージを送る際は、スペルミスや文法ミスがないかしっかりと確認しましょう。
些細なミスでも、相手に「丁寧さに欠ける」「真剣さが足りない」といった印象を与えてしまう可能性があります。

特に、相手の名前のスペルミスには細心の注意を払いましょう
名前を間違えることは、相手に不快感を与える可能性が高いです。

アプリの利用規約を遵守する

各マッチングアプリには、それぞれ利用規約があります。
これらの規約に違反するような行為は、アカウントの停止や退会処分につながる可能性があります。

特に以下のような行為は避けましょう。

避けるべきポイント

  • 商業目的での利用
  • 他のSNSやウェブサイトへの誘導
  • 複数アカウントの作成
  • 虚偽の情報の掲載
  • 他のユーザーへの嫌がらせや迷惑行為

アプリを健全に利用するために、利用規約をしっかりと確認し、遵守することが大切です。
これらの注意点を守ることで、マッチングアプリでのコミュニケーションをより安全で快適なものにすることができます。

↑目次に戻る

メッセージでのトラブル対応

マッチングアプリでのメッセージのやり取りでは、時にトラブルが発生することもあります。
ここでは、よくあるトラブルとその対応方法について解説します。

返信が途絶えた場合

相手からの返信が突然途絶えてしまった場合、焦らずに冷静に対応することが大切です。
以下のような対応が効果的です。

効果的な対応

  • 1〜2日程度様子を見る
  • 相手の都合や事情を想像してみる(仕事が忙しい、体調不良など)
  • 軽い内容のメッセージを1度だけ送る
  • それでも返信がない場合は、潔く諦める

例えば、次のようなメッセージを送ることができます。

「こんにちは。急に連絡が途絶えてしまったので少し心配になりました。お忙しいのかもしれませんが、お時間があればご連絡いただけると嬉しいです。」

このようなメッセージを送っても返信がない場合は、相手の意思を尊重し、無理に連絡を取ろうとするのは避けましょう

相手の態度が急変した場合

突然相手の態度が冷たくなったり、素っ気なくなったりした場合は、まず自分の言動を振り返ってみましょう
その上で、以下のような対応を心がけます。

心がけるべきポイント

  • 相手の変化に気づいたことを伝える
  • 心当たりがあれば謝罪する
  • 相手の気持ちを尋ねる
  • 今後の関係性について確認する

例えば、次のようなメッセージを送ることができます。

「最近、○○さんの様子が少し変わったように感じます。もし私の言動で不快に感じることがあったのでしたら、本当に申し訳ありません。率直なお気持ちを聞かせていただけますか?」

このように、相手の気持ちを大切にしながら、状況の改善を試みることが大切です。

しつこい勧誘や要求がある場合

相手から執拗な勧誘や不適切な要求がある場合は、毅然とした態度で断る必要があります
以下のような対応が効果的です。

効果的な対応

  • はっきりと断る
  • 理由を簡潔に説明する
  • 今後同様の要求をしないよう伝える
  • それでも続く場合は、ブロックや運営への通報を検討する

例えば、次のようなメッセージを送ることができます。

「申し訳ありませんが、そのようなお誘いはお断りします。私はそのような目的でこのアプリを利用しているわけではありません。今後同様のお誘いはご遠慮ください。」

このように明確に断ることで、相手の不適切な行動を抑制することができます

相手の発言に違和感がある場合

相手の発言に矛盾を感じたり、嘘の可能性を感じたりした場合は、以下のような対応を心がけましょう。

心がけるべき対応

  • すぐに追及せず、さらに情報を集める
  • 矛盾点について、さりげなく質問してみる
  • 違和感が解消されない場合は、率直に疑問を伝える
  • 相手の反応を見て、関係性の継続を判断する

例えば、次のようなメッセージを送ることができます。

「先日お話しいただいた○○についてですが、少し気になる点があります。もう少し詳しく教えていただけますか?」

このように、相手を責めるのではなく、理解を深めようとする姿勢で質問することが大切です。

相手が突然デートを急かす場合

まだ十分な信頼関係が築けていない段階で、相手が急にデートを強く勧めてくる場合は注意が必要です。
以下のような対応を心がけましょう。

心がけるべき対応

  • 焦らず、冷静に対応する
  • まだ会う段階ではないと思うことを伝える
  • もう少しメッセージでやり取りを続けたい旨を説明する
  • 相手の反応を見て、今後の関係性を判断する

例えば、次のようなメッセージを送ることができます。

「突然のお誘いありがとうございます。ですが、まだお会いするには早いかなと感じています。もう少しメッセージでお話を重ねて、お互いのことをよく知ってからでもいいでしょうか?」

このように、相手の気持ちを尊重しつつも、自分の意思をはっきりと伝えることが大切です。

相手が不適切な画像を送ってきた場合

相手が不適切な画像を送ってきた場合は、以下のような対応を取りましょう。

対応例

  • はっきりとそのような画像を送ることは不適切だと伝える。
  • 今後同様の行為をしないよう警告する
  • 必要に応じて、運営に報告する
  • 相手をブロックするなど、接触を避ける措置を取る

例えば、次のようなメッセージを送ることができます。

「このような不適切な画像を送ることは、アプリの利用規約違反であり、私個人としても大変不快です。今後このような行為を繰り返さないでください。繰り返される場合は、運営に報告させていただきます。」

相手が個人情報を執拗に聞いてくる場合

相手が個人情報を執拗に聞いてくる場合は、以下のような対応を取りましょう。

対応例

  • 個人情報を教えることに抵抗がある旨を伝える
  • なぜその情報が必要なのか、理由を聞く
  • それでも執拗に聞いてくる場合は、はっきりと断る
  • 状況に応じて、運営に報告することを検討する

例えば、次のようなメッセージを送ることができます。

「申し訳ありませんが、まだお会いしたこともない段階で個人情報をお教えするのは控えさせていただきます。もう少しお互いのことを知ってからでもいいでしょうか?」

これらのトラブル対応を適切に行うことで、マッチングアプリでの不快な経験を最小限に抑え、安全に利用を続けることができます。
常に自分の安全と快適さを最優先に考え、違和感を感じたら躊躇せずに対応することが大切です。

↑目次に戻る

メッセージでの成功事例

ここでは、マッチングアプリでのメッセージのやり取りが成功し、実際のデートにつながった事例を紹介します。
これらの事例から、効果的なコミュニケーションのポイントを学ぶことができます

共通の趣味を深掘りした事例

Aさん(男性)とBさん(女性)のケース

A:「プロフィールを拝見して、写真撮影がお好きだと知りました。私も趣味でカメラを楽しんでいます。最近はどんな被写体を撮ることが多いですか?」

B:「はじめまして!写真、お好きなんですね。私は最近、街角の小さな花や植物を撮ることにハマっています。都会の中にある自然の美しさを切り取るのが楽しいんです。」

A:「なるほど、素敵な趣味ですね。街の中にある小さな自然、確かに見逃しがちですが、注目してみると新しい発見があって面白そうです。よければ、お気に入りの一枚を教えていただけますか?」

B:「ありがとうございます!実は先週、路地裏で見つけた小さな紫陽花の写真がお気に入りです。雨上がりで、水滴が花びらについていて綺麗だったんです。」

A:「素敵な一枚になりそうですね。実は来週末、○○公園で紫陽花が見頃だと聞いています。もしよろしければ、一緒に撮影に行ってみませんか?その後、近くのカフェで写真を見せ合いながらお話できたら楽しそうです。」

B:「はい、それ素敵ですね!ぜひ一緒に行きましょう。写真を撮りながら、カメラ談義もできそうで楽しみです。」

このケースでは、共通の趣味である写真撮影について深く掘り下げて会話を展開し、自然な流れでデートの約束につなげています。
お互いの興味関心を共有し、具体的な活動を提案することで、相手も前向きに応じやすくなっています

相手の仕事に興味を持った事例

Cさん(女性)とDさん(男性)のケース

C:「プロフィールを拝見して、Webデザイナーとして働いていらっしゃるんですね。とても興味深い仕事だと思います。普段はどんな仕事をされているんですか?」

D:「はい、Webデザイナーをしています。主に企業のウェブサイトのデザインや、使いやすいUI/UXの設計などを行っています。最近はモバイルファーストのデザインが重要になってきていて、日々勉強の毎日です。」

C:「なるほど、モバイルファーストですか。確かに最近はスマートフォンでウェブサイトを見ることが多いですもんね。デザインって、見た目だけでなく使いやすさも大切なんですね。」

D:「そうなんです。見た目の美しさと使いやすさのバランスを取るのが難しいところで、いつも試行錯誤しています。Cさんは普段、ウェブサイトを見るときに何か気になる点はありますか?」

C:「そうですね...私はオンラインショッピングをよくするのですが、商品の探しやすさや、決済の手順のわかりやすさなどが特に気になります。使いにくいサイトだと、すぐに離脱してしまいますね。」

D:「なるほど、貴重なユーザー視点のフィードバックありがとうございます。実はそういったユーザーの生の声を聞くのがとても参考になるんです。もしよろしければ、今度お会いしてもっとお話を聞かせていただけませんか?例えば、○○カフェで私の最近のプロジェクトについてお話しして、Cさんの率直な感想をいただけたら嬉しいです。」

C:「はい、ぜひお会いしてお話ししましょう!私もWebデザインについてもっと詳しく知りたいです。○○カフェ、評判の良いお店ですよね。楽しみにしています。」

このケースでは、相手の仕事に興味を持ち、具体的な質問をすることで会話を発展させています。
さらに、自分の経験を交えながら相手の仕事に関連する話題を提供し、自然な流れでデートの約束につなげています。

相手の専門性を尊重しつつ、自分の意見も述べることで、互いに学び合える関係性を構築しています
これらの成功事例から、以下のようなポイントが効果的であることがわかります。

効果的なポイント

  • 相手のプロフィールをしっかり読み込み、共通点や興味深い点を見つける
  • 具体的な質問をして相手の話を引き出す
  • 自分の経験や意見も交えながら、相互のコミュニケーションを心がける
  • 会話の流れに沿って自然にデートを提案する
  • デートの提案時は、具体的な場所や内容を示す

これらのポイントを意識しながらメッセージのやり取りを行うことで、より良好な関係を築き、実際のデートにつなげやすくなります。

↑目次に戻る

メッセージでのNG例

ここでは、マッチングアプリでのメッセージのやり取りにおいて、避けるべき悪い例を紹介します。
これらの例を参考に、自分のメッセージング行動を見直すことで、より効果的なコミュニケーションを図ることができます

一方的な自己紹介

NG例:
「はじめまして。私は山田太郎といいます。32歳で、IT企業に勤めています。趣味は映画鑑賞と読書で、休日はよくジムに通っています。身長は175cm、体重は68kgです。よろしくお願いします。」

この例では、相手のことを全く考慮せず、一方的に自分の情報を列挙しています。
このようなメッセージは、相手に「自己中心的」「会話する気がない」という印象を与えてしまう可能性があります。

改善例:
「はじめまして、山田と申します。プロフィールを拝見して、映画がお好きだと知りました。私も映画鑑賞が趣味なんです。最近観た中でおすすめの作品はありますか?」

この改善例では、相手のプロフィールに言及し、共通の趣味について質問することで、会話のきっかけを作っています

過度に親密な態度

NG例:
「こんにちは❤️ プロフィール写真を見て一目惚れしちゃいました! めっちゃタイプです😍 早く会いたいな〜。今度デートしよう?」

このようなメッセージは、相手に不快感や警戒心を与える可能性が高いです。
初対面の相手に対して過度に親密な態度を取ることは、マナー違反と捉えられる可能性があります

改善例:
「はじめまして。プロフィールを拝見し、共通の趣味がいくつかあることに気づきました。特に旅行の写真が素敵ですね。よろしければ、お互いの旅行体験について話せたらと思います。」

この改善例では、相手のプロフィールに言及しつつ、適度な距離感を保ちながら会話のきっかけを作っています

返信を強要する

NG例:
「さっきメッセージ送ったけど、まだ返事来ないね。忙しいの? 既読つけたのに返事くれないのはどうして? 興味ないなら言ってよ。」

このようなメッセージは、相手に圧迫感を与え、逆効果になる可能性が高いです。
相手には返信する義務はなく、様々な理由で返信が遅れる可能性があることを理解する必要があります。

改善例:
(数日後に)「こんにちは。先日はメッセージを送らせていただきました。お返事いただけなかったので、タイミングが悪かったのかもしれませんね。もしよろしければ、またゆっくりお話しできればと思います。」

この改善例では、相手の都合を考慮し、押し付けがましくない態度で再度コンタクトを取っています

不適切な話題

NG例:
「初めまして!ところで、あなたの体型ってどんな感じ?スリーサイズとか教えてくれない?あと、好みのタイプは?」

このようなメッセージは、明らかに不適切で、相手に不快感を与える可能性が非常に高いです。
初対面の相手にプライベートな質問をすることは避けるべきです。

改善例:
「はじめまして。プロフィールを拝見し、ファッションにこだわりがおありのようですね。私もファッションに興味があります。普段はどんなスタイルを好んで着られますか?」

この改善例では、相手のプロフィールから読み取れる情報をもとに、適切な話題を選んでいます

無関心な態度

NG例:
「こんにちは」
(相手の返信後) 「元気?」
(相手の返信後) 「そう」

このような短い返信の繰り返しは、相手に「会話する気がない」「面倒くさがっている」という印象を与えてしまいます

改善例:
「こんにちは!プロフィールを拝見して、音楽フェスがお好きだと知りました。私も毎年行くのを楽しみにしているんです。今年は何か参加予定のフェスはありますか?おすすめのアーティストがあれば教えてください。」

この改善例では、相手のプロフィール情報を活用し、具体的な質問をすることで会話を発展させようとしています

過度に形式的な態度

NG例:
「拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。突然のご連絡失礼いたします。貴殿のプロフィールを拝見いたしまして、大変興味を持ちました。つきましては、今後のやり取りについてご検討いただければ幸いです。」

このような過度に形式的なメッセージは、マッチングアプリでのカジュアルなコミュニケーションにはそぐわず、相手に違和感を与える可能性があります。

改善例:
「こんにちは。プロフィールを拝見して、共通点がいくつかあることに気づきました。特に海外旅行の経験が豊富そうですね。私も旅行が大好きで、よければ互いの旅の思い出話などを共有できたらいいなと思います。」

この改善例では、適度にフォーマルさを保ちつつも、親しみやすい表現を用いて会話のきっかけを作っています

↑目次に戻る

メッセージを通じて相手をより深く理解する方法

マッチングアプリでのメッセージのやり取りは、相手をより深く理解するための貴重な機会です。
ここでは、効果的に相手を理解するための方法について詳しく解説します。

オープンエンドの質問を活用する

相手をより深く理解するためには、オープンエンドの質問を活用することが効果的です。
「はい」「いいえ」で答えられる質問ではなく、相手が自由に回答できる質問を心がけましょう

例えば
「休日はどのように過ごすことが多いですか?」
「人生で最も影響を受けた出来事は何ですか?」
「将来的にどんな生活を送りたいと思っていますか?」

これらの質問は、相手の価値観や生活スタイル、将来の展望などを理解するのに役立ちます

相手の発言を深掘りする

相手の発言に対して、さらに詳しく聞いていくことで会話を深めることができます。
これにより、相手の考えや価値観をより深く理解することができます

例えば、相手が「旅行が好きで、特に自然豊かな場所に行くのが楽しい」と言った場合、次のように深掘りすることができます。

「自然豊かな場所への旅行が好きなんですね。具体的にはどんな場所に行くのが好きですか?そういった場所の魅力は何だと感じていますか?」

相手の感情に注目する

相手の発言の中に感情表現がある場合、それに注目して質問することで、相手の内面をより深く理解することができます

例えば、相手が「前職ではストレスが多くて大変だった」と言った場合、以下のような質問をすると良いでしょう。

「前職でのストレス、大変だったんですね。具体的にどんな点がストレスフルだったのでしょうか?そういった状況をどのように乗り越えてこられたのですか?」

このように、相手の感情に寄り添いながら質問することで、相手の経験や価値観をより深く理解することができます

仮説的な質問を使う

仮説的な質問を使うことで、相手の価値観や考え方をより具体的に理解することができます

例えば
「もし宝くじで1億円当たったら、どのように使いますか?」 「もし時間と場所を選ばずに働けるとしたら、どんな生活を送りたいですか?」

これらの質問は、相手の価値観や人生の優先順位を理解するのに役立ちます

相手の趣味や興味に関する具体的な質問をする

相手の趣味や興味に関して、具体的な質問をすることで、より深い理解が得られます
例えば、相手が読書好きだとわかった場合

「最近読んだ本の中で特に印象に残っているものは何ですか?その本のどんな点に惹かれましたか?」
「好きな作家やジャンルはありますか?その理由も教えていただけますか?」

このような具体的な質問をすることで、相手の趣味に対する深い理解や価値観を知ることができます

過去の経験について尋ねる

相手の過去の経験について尋ねることで、その人の成長過程や価値観の形成過程を理解することができます

例えば
「今の仕事を選んだきっかけは何だったのでしょうか?」 「これまでの人生で最も挑戦的だったことは何ですか?それをどのように乗り越えましたか?」

このような質問は、相手の人生観や問題解決能力を理解するのに役立ちます

価値観や信念について質問する

相手の価値観や信念について直接的に尋ねることで、その人の核心に迫ることができます

例えば
「人生で最も大切にしていることは何ですか?」 「幸せな人生とはどのようなものだと考えていますか?」

これらの質問は深い内容なので、ある程度信頼関係が築けてから行うのが適切です。

相手の回答を要約して確認する

相手の回答を自分の言葉で要約し、確認することで、理解度を深めることができます。

例えば
相手:「私は仕事でも私生活でも、常に新しいことにチャレンジすることを大切にしています。それが自分の成長につながると信じているんです。」

あなた:「なるほど、新しいことへのチャレンジを通じて自己成長を図ることを大切にされているんですね。それは仕事と私生活の両方で実践されているということでしょうか?」

このように相手の言葉を要約して確認することで、誤解を防ぎ、より正確な理解につながります
以上の方法を活用することで、メッセージのやり取りを通じて相手をより深く理解することができます。

ただし、これらの質問は段階的に、相手との関係性や会話の流れに応じて適切に使用することが重要です。
また、相手のプライバシーを尊重し、答えたくない質問には無理に答えを求めないよう注意しましょう。

↑目次に戻る

メッセージを通じて信頼関係を築く方法

マッチングアプリでの出会いを実際のデートや関係性の構築につなげるためには、メッセージのやり取りを通じて信頼関係を築くことが不可欠です。
ここでは、効果的に信頼関係を築くための方法について詳しく解説します。

一貫性を保つ

信頼関係を築く上で最も重要なのは、一貫性を保つことです。
メッセージの内容、口調、返信の頻度などを一定に保つことで、相手に安心感を与えることができます。

  • 常に丁寧な言葉遣いを心がける
  • 約束した返信のタイミングを守る
  • 自分の価値観や意見を一貫して表現する

これらの行動を通じて、相手はあなたの人格の安定性を感じ取り、信頼を寄せやすくなります

誠実さを示す

誠実な態度で接することは、信頼関係構築の基本です。
嘘や誇張を避け、正直に自分の考えや感情を伝えることが大切です。

例えば
「正直に言うと、その話題については詳しくないんです。でも、あなたの話を聞いてとても興味が湧きました。もう少し詳しく教えていただけますか?」

このように、知らないことは知らないと素直に認め、学ぼうとする姿勢を見せることで、誠実さを伝えることができます

共感を示す

相手の発言や感情に共感を示すことで、心理的な距離を縮めることができます。
相手の立場に立って考え、理解を示すことが大切です。

例えば
相手:「最近、仕事が忙しくてストレスがたまっているんです。」

あなた:「仕事でのストレス、本当に大変ですよね。私も似たような経験があります。よければ、どんなことがストレスの原因になっているか、もう少し詳しく教えていただけますか?」

このように、相手の感情に寄り添いながらさらに詳しく聞く姿勢を見せることで、相手は理解されていると感じ、信頼関係が深まります。

適度な自己開示を行う

信頼関係を築くためには、自分自身のことも適度に開示することが重要です。
相手だけに質問するのではなく、自分の経験や考えも共有しましょう。

例えば
「私も以前は仕事でストレスを感じることが多かったんです。その時は、趣味の料理に没頭することでリフレッシュしていました。今でも新しいレシピに挑戦するのが楽しみの一つです。」

このように自己開示することで、相手も自分のことを話しやすくなり、相互理解が深まります

相手の価値観を尊重する

相手の価値観や意見を否定せず、尊重する姿勢を示すことが大切です。
たとえ意見が異なる場合でも、相手の考えを理解しようとする態度を見せましょう。

例えば
「なるほど、そういう考え方もあるんですね。私とは少し異なる視点で面白いです。その考えに至った背景について、もう少し詳しく教えていただけますか?」

このように、異なる意見も尊重し理解しようとする姿勢を示すことで、相手は安心して自分の考えを共有しやすくなります

適切なタイミングで深い話題に触れる

信頼関係が徐々に築かれてきたら、より深い話題にも触れていきましょう。
ただし、相手の反応を見ながら、適切なタイミングを見極めることが大切です。

例えば、ある程度会話が進んだ段階で

「これまでの人生で、最も影響を受けた出来事や人物はありますか?よければ、その理由も教えていただけますか?」

このような深い質問をすることで、相手のより本質的な部分を理解し、信頼関係を深めることができます

約束を守る

メッセージのやり取りの中で約束をした場合は、必ず守るようにしましょう。
例えば、「明日の午後に返信します」と言った場合は、必ずその時間帯に返信するよう心がけます。

約束を守ることで、あなたが信頼できる人物であることを示すことができます

秘密を守る

相手が個人的な情報や秘密を打ち明けてくれた場合、それを絶対に他人に漏らさないようにしましょう。
秘密を守ることは、信頼関係を築く上で非常に重要です。

例えば、相手が個人的な悩みを打ち明けてくれた場合

「あなたの話を聞かせていただき、ありがとうございます。この話は私だけの胸に留めておきますので、安心してください。」

このように伝えることで、相手に安心感を与えることができます。
これらの方法を意識的に実践することで、メッセージを通じて相手との信頼関係を築くことができます。

信頼関係が築かれれば、より深い会話や実際の出会いにつながる可能性が高まります

【まず会いたい】メッセージが面倒ならデーティングアプリを使うのもおすすめ

「まずは実際に出会ってみたい」と考えているのであれば、デーティングアプリを利用してみるのもおすすめですよ!

デーティングアプリではメッセージ交換にそこまで重きを置いておらず、早い段階で実際に出会うことができるので是非活用してみてください。

ここでは、おすすめのデーティングアプリ「Dine(ダイン)」と「いきなりデート」をご紹介します。

おすすめデーティングアプリ①「Dine(ダイン)」

Dine(ダイン)

  • 「会うこと」にフォーカスしたデーティングアプリ
  • コンセプトは「100回のメールよりも、1回のデートを」
  • ファーストデートに最適なお店のみ掲載
  • 毎日定時におすすめの相手とその人が行きたいお店を紹介してくれる
  • 忙しい人でもスキマ時間に活動が可能

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ


「デートにコミットする」というキャチコピーに表されるように、Dine(ダイン)の最大の特徴はデート直結型のアプリであることです。
「マッチング後すぐにデートに行ける」と男女から好評のマッチングサービスとなっています。

あらかじめ女性が興味のある飲食店を3つ選んでおり、男性は相手にいいねを送るタイミングでその中から1つのお店を選びます。

マッチングしたということは、選ばれたお店でのデートが決まったという合図でもあるため、メッセージのやり取りは日程調整のみでOK。

「面倒なメッセージはしたくない……」と考えている方にはピッタリのマッチングアプリです!

Dine(ダイン)の入会審査基準はありませんので、誰でも利用可能です。

効率的に良い出会いを目指している場合は、Dine(ダイン)を利用してみましょう。

Dine(ダイン)の詳しい情報は、こちらの記事が参考になります。

↓Dine(ダイン)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Dine(ダイン) を使ってみる!

おすすめデーティングアプリ②「いきなりデート」

いきなりデート

  • デート先行型のマッチングサービス
  • マッチング成立後、日程調整とお店を予約すればお相手とデート可能
  • デートのレストランは運営が全てセッティングしてくれる
  • 毎月30人以上にアプローチできる

↓詳しくはこちら↓

いきなりデート 公式ホームページ


いきなりデートは、メッセージ不要でお相手とデートが楽しめる恋活・婚活アプリです。

入会審査に合格後、お相手とマッチングが成立するとすぐにデートがセッティングされます!
メッセージのやりとりでデートの詳細を決める必要がなく、お店や日程は運営側が自動で設定してくれるので便利です。

いきなりデートの気になる入会審査基準は以下の通りです。

男性の審査基準 女性の審査基準
・MARCHや関関同立、及びそれに準ずる国立大卒以上の学歴
・一流企業の会社員、士業、経営者国家公務員などの業種
・デートに相応しい容姿の方
・真剣にパートナーを探している方
・デートに相応しい容姿の方
・真剣にパートナーを探している方

以上の入会基準を満たしている人はぜひ、いきなりデートで出会いを探してみてください!

いきなりデートの使い方を詳しく知りたい人は、下記の記事もおすすめです。

↓いきなりデートのインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
いきなりデート を使ってみる!

↑目次に戻る

ここで腕試し!おすすめマッチングアプリ

メッセージを送るコツがわかったところで、腕試しにマッチングアプリに登録してみましょう。

数あるサービスの中で、安心して利用できて実際に出会えたという口コミの多いものや評判の良いものを厳選しました!

定番のアプリを探しているなら「Pairs(ペアーズ)」

Pairs(ペアーズ)

  • 会員数2,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代~30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ


累計会員数2,000万人を突破しているPairs(ペアーズ)は、恋活・婚活向けマッチングアプリです。
Pairs(ペアーズ)のアンケート結果によると月13,000人に恋人ができており、出会いの総数が多いことから自分の理想の相手と出会える可能性が高いですよ!

また豊富な検索機能で「年齢」「身長」などの基本情報の他、「結婚の意思」「初回デート費用」などの細かい条件も絞って相手を検索することができます。

数多くの出会いから相性の良い相手を見つけたいのであれば、Pairs(ペアーズ)がおすすめですよ。
こちらの記事ではPairs(ペアーズ)の口コミ・評判について紹介しています。

↓Pairs(ペアーズ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

気軽に出会いを探したいなら「タップル」

タップル

  • 気軽な恋人探し向けのマッチングアプリ
  • 毎日7,000人が登録しており、累計マッチング数5億組突破
  • 完全匿名で利用可能で、利用中のSNSに投稿されることもないので安心
  • 18歳から20代前半の利用者が過半数
  • 男性は2,234円/月~、女性は完全無料で利用できる

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ


タップルは、20代の学生や社会人を中心に人気のあるマッチングアプリです。
比較的慎重に相手探しをしている人より、積極的に会いたいと考える人はタップルを使ってみましょう。

プロフィールに行きたいデートプランを追加したり、その日のうちにデートできる相手を募集したりできるので、相手を探しやすいところもポイントです。

メッセージのやりとりをしても、最終的にフェードアウトしてしまう人や会う約束が取り付けられない人におすすめです。

タップルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

↓タップルのインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
タップル を使ってみる!

会う前に相手の人柄が伝わりやすい「scenario(シナリオ)」

scenario(シナリオ)

  • 「いいね」だけでなく通話でマッチング可能
  • タイムライン機能で相手の日常を知ることができる
  • ニックネームで登録するため身バレのリスクが低い
  • 男性は1,900円/月~、女性は完全無料で利用できる

↓詳しくはこちら↓

scenario(シナリオ) 公式ホームページ

scenario(シナリオ)は、2022年にリリースしたばかりの新しいマッチングアプリとなります。

最大の特徴は、通話して相性を確かめられる「通話マッチング機能」があることです。

一般的なマッチングアプリは、検索して表示された相手にいいねを送り、相手がOKした場合にマッチング成功となります。
scenario(シナリオ)の場合、相手に「話したい」を送り相手がOKをするとマッチングができ、その後通話をすることが可能です。

最初に通話して相手の声や雰囲気がわかれば、実際に会っても違和感を覚えることは少なくなります!
もちろん通話だけでなくメッセージでのやり取りもできるので、自分に合った方法を選びましょう。

他にもTwitterのつぶやきに似た「タイムライン機能」もあるので、気になった人の趣味や好きなことを把握しやすい点もscenario(シナリオ)の強みです。

↓scenario(シナリオ)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
scenario(シナリオ) を使ってみる!

↑目次に戻る

まとめと注意点

マッチングアプリでのメッセージのやり取りは、実際の出会いにつながる重要な過程です。
効果的なコミュニケーションを行うことで、相手との信頼関係を築き、実りある関係性へと発展させることができます。

本ガイドで紹介した主なポイントを以下にまとめます。

ポイントまとめ

  • 初回メッセージの重要性を理解し、相手の興味を引く内容を心がける
  • 相手のプロフィールをよく読み、共通点や話題のきっかけを見つける
  • オープンエンドの質問を活用し、相手が答えやすい環境を作る
  • 相手の発言に対して適切に反応し、会話を深める
  • 自己開示を適度に行い、相互理解を深める
  • ユーモアを適切に使い、楽しい会話の雰囲気を作る
  • 相手の価値観や感情に共感し、心理的距離を縮める
  • 一貫性のある態度を保ち、信頼性を示す
  • 相手のペースを尊重し、無理に関係性を進展させようとしない
  • 長期的な視点を持ち、焦らずに関係性を育む

これらのポイントを意識しながら、相手とのコミュニケーションを楽しんでいくことが大切です。

注意点

  • 個人情報の取り扱いには十分注意する:初期段階では個人を特定できる情報の共有は控えましょう。
  • 相手の言動に違和感を覚えたら注意する:現実世界と同様に、違和感や不快感を感じた場合は自分の直感を大切にし、必要に応じてコミュニケーションを控えるなどの判断も重要です。
  • アプリの利用規約を遵守する:各アプリの規約を守り、健全な利用を心がけましょう。
  • 返信のペースに気を付ける:相手のペースを尊重しつつ、適度なタイミングで返信するよう心がけましょう。
  • 誤解を招く表現を避ける:文字だけのコミュニケーションでは誤解が生じやすいため、明確な表現を心がけましょう。
  • 不適切な内容や画像を送らない:相手を不快にさせる可能性のある内容は絶対に避けましょう。

最後に、マッチングアプリでの出会いは、あくまでも実際の関係性構築のきっかけに過ぎません。
メッセージでの印象と実際に会った時の印象が異なることもあるため、柔軟な姿勢で相手と向き合うことが大切です。

また、メッセージのやり取りだけでなく、適切なタイミングで実際に会う機会を設けることも、関係性を深める上で重要です。
お互いの性格や雰囲気は、実際に会って初めてわかることも多いため、ある程度信頼関係が築けたら、安全な場所でのデートを提案するのも良いでしょう

相手を尊重し、誠実な態度でコミュニケーションを取ることで、マッチングアプリを通じて素晴らしい出会いが生まれることを願っています。
自分自身の安全と相手への配慮を忘れず、楽しく有意義な経験となることを期待しています。

タグ:
マッチングアプリ 攻略

記事に関するお問い合わせ

恋愛・婚活の悩みを相談したい方へ!

Lineトーク占い

LINE占いでは「占い」だけではなく、恋愛や結婚に関する「人生相談」もLINEから気軽にできます。
「当たった!」「気が楽になった!」「解決策が見つかった!」という口コミも多数!
ぜひお試しください。

「マッチングアプリ」に関する記事

マッチングアプリについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

障害者の出会いに人気のマッチングアプリ6選!恋人探しだけでなく婚活にもおすすめ
障害者の出会いに人気のマッチングアプリ6選!恋人探しだけでなく婚活にもおすすめ
マッチングアプリの30代女性の現実は厳しい?手遅れになる前に婚活成功させるコツ
マッチングアプリの30代女性の現実は厳しい?手遅れになる前に婚活成功させるコツ
マッチングアプリのいい人すぎる男性は当たり?外面の良い危険人物には要注意!
マッチングアプリのいい人すぎる男性は当たり?外面の良い危険人物には要注意!
マッチングアプリの3回目デートで告白は早い?成功するベストのタイミングを解説
マッチングアプリの3回目デートで告白は早い?成功するベストのタイミングを解説
エンスポーツはスポーツ好きにおすすめマッチングアプリ!料金プランと口コミ評判
エンスポーツはスポーツ好きにおすすめマッチングアプリ!料金プランと口コミ評判

「恋愛・マッチングアプリ」に関する記事

恋愛・マッチングアプリの記事は他にも多数!

婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」の電話機能でオンラインデート!電話の条件と方法
婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」の電話機能でオンラインデート!電話の条件と方法
社会人がマッチングアプリ以外で出会いを探すには?自然な出会いを見つける方法10選
社会人がマッチングアプリ以外で出会いを探すには?自然な出会いを見つける方法10選
マッチングアプリ「with」の通話で相手の声が聞こえない!4つの原因と対処法
マッチングアプリ「with」の通話で相手の声が聞こえない!4つの原因と対処法
マッチングアプリ「ゼクシィ縁結び」の年齢層とは?年代別の口コミ評判もチェック!
マッチングアプリ「ゼクシィ縁結び」の年齢層とは?年代別の口コミ評判もチェック!
ペアーズ(Pairs)の16タイプ診断とは?MBTIタイプの性格と恋愛の相性
ペアーズ(Pairs)の16タイプ診断とは?MBTIタイプの性格と恋愛の相性

「マッチングアプリ」に関するキーワード

キーワードから記事を探す