1. トップ >
  2. 恋愛・マッチングアプリ >
  3. 既婚者の女性が元彼に会いたい5つの心理と会いたくなった時の対処法
最終更新日: 2023-09-27

既婚者の女性が元彼に会いたい5つの心理と会いたくなった時の対処法

※本ページでは一部広告が含まれている場合があります。

夫がいるのになぜ?既婚者女性が元彼に会いたいと感じる5つの心理

夫や子供がいるのに、

  • 元彼に会いたい
  • 元彼のことが忘れられない

と悩む女性は多くいます。

実際にYahoo!知恵袋でも、元彼に未練を感じている女性の口コミが数多く確認できます。


別れてから私はずっと心の中で元彼を忘れられず、いつかまた会いたいと思い続けていました。
今、元彼も配偶者と子供が居ます。
再会した際、お互いにまだ未練があるし今も好きだけど、守らなければいけない家族が居ると話し笑顔で別れました。
不倫など考えていません。彼を困らせたくもありません。
思い出が美化されているだけなのかとも思います。でもずっと胸が苦しいです。
もう一度会いたい、と切なくなります。

もちろん、夫のことを好きになり結婚した… つもりでした。。

それが今、つらいです。夫のことは愛していますが、やっぱり元彼のが大好きなんです。事あるごとに比べてしまいます。毎晩思い出してしまいます。「あの時別れなければよかった」って、未だに後悔し、涙が出てしまいます。 それでも夫と子供がいる今の生活を壊したいとは思っていません。
最低な女であり、最低な妻であり、最低な母であることも自覚しています。

結婚しているのにもかかわらず、なぜ元彼に会いたくなってしまうのでしょうか?

そこで本記事では、夫がいるのに元彼に会いたくなる女性の心理会いたくなった時の対処法について解説していきます!

元彼が恋しくて悩みを抱えている人は、ぜひ最後までご覧ください。

既婚者なのに好きな人ができた場合の対処法については下記の記事でも紹介しています。
気になる人は併せてご覧ください。

【1】夫に不満がある

既婚女性が元彼を恋しく感じるのは、夫に不満を持っていることが理由の1つに挙げられます。

現実に不満を感じてしまうと、他の男性を恋しく感じてしまう傾向にあります。
もし女性が今の生活に満足していれば、夫以外の男性に会いたくなることはありません。

「元彼と付き合っていた頃の方が楽しかった」という思いが、元彼に会いたい気持ちを募らせてしまいます。

【2】元彼を美化している

元彼に会いたくなる既婚女性は、過去の思い出を美化している傾向があります。

別れた恋人との思い出は時間が経つごとに良いものとして残りやすくなります。
過去の美化された思い出ばかり蘇ってしまうため、「旦那より元彼の方が良い」と思うのもよくあることです。
女性側は過去の思い出補正を考慮した上で、今後を判断を決めていきましょう。

【3】結婚したけど忘れられない

既婚なのに元彼を恋しく感じる女性は、まだ未練を抱いている可能性もあります。
「男女がうまくいく心理学事典」では、終わった恋が忘れられない理由として「その恋が本当には終わっていないから」であると紹介されています。

終わった恋をいつまでも忘れられない理由のひとつは、その恋が本当には終わって
いないから。

完結したことは忘れてしまうが、未完成のものごとはよく覚えているという心の働きで、発見者であるロシアの女性心理学者の名前から「ツァイガルニク効果」(→ P023)と呼ばれます。

引用元: www.amazon.co.jp

書籍名:男女がうまくいく心理学事典
著者:齊藤勇
出版社:朝日新聞出版
出版年月日:2020/2/7

特に、あなたが妥協をして今の夫と結婚した場合は、本当に好きだった男性のことを中々忘れることができません。

  • 「この選択で良かったのかな?」
  • 「あの時こうしていたら元彼と別れなくて良かったかもしれない」

などの心残りが、元彼に会いたくなる原動力になっています。

【4】元彼から連絡があった

既婚女性の中には、

  • 元彼からの連絡があった
  • 偶然街中で遭遇した

などがきっかけで恋しさを感じる人も多いです。

実際元彼に触れるとメッセージのやり取りや声、表情によって当時のことを思い出しやすくなります。
つまり忘れていた楽しい思い出や感情がたくさん蘇ってくるため、既婚女性は元彼のことが気になりやすくなってしまいます。

【5】ただの懐かしさ

女性によっては、ただの懐かしさで元彼に会いたくなることもあります。

この場合女性は恋愛感情を持っておらず、単なる興味から「今あの人はなにをしているんだろう?」と思っている状態です。
必ずしも「会いたくなる=好意がある」ことには結びつかないため、自分の本心をすぐに決めつけるのはやめましょう。

↑目次に戻る

結婚後に既婚者が元彼に会いたいと思ったときの4つの対処法

既婚女性が「元彼に会いたい」と思って困っている場合、気持ちを整理する対処法がいくつか存在します。

ここでは、結婚後に自分が元彼に会いたくなったときの対処法について解説していきます。
ポイントを押さえて、今後の人生が悪い方向に進まないようにしましょう!

【1】気持ちに蓋をして家庭を大事にする

結婚後元彼に会いたくなっても、自分の気持ちを抑えて家庭を大切にするのがベストです。

あなたが一度でも彼に接触してしまうと、変に気持ちが盛り上がったり夫に誤解されたりする恐れがあります。
不倫や離婚に発展する原因になりかねないため、リスクを背負う覚悟がないなら元彼に関わらないようにしてください。

【2】今の幸せを探す

あなたが元彼を恋しく思うなら、今の生活から感じられる幸せを探しましょう。

自分が幸せであることや夫がいてくれるありがたみを再確認することで、家庭への不満が薄れて元彼の必要性も感じにくくなります。
家庭の幸せは結婚生活が長いほど見失いやすいため、元彼に目移りしそうなときは目の前のことに向き合う姿勢を意識してみるのがおすすめです。

【3】連絡先がわからないならそのまま放置する

元彼の連絡先がわからないのに会いたくなった場合、そのまま放置するのが賢明な判断です。

連絡が取れない状態のままでいれば、不倫に発展することはありません。反対に、連絡手段があれば不倫に発展する可能性も0ではなくなります。

あなたが少しでも確実に明るい未来を築いていきたいなら、無理に元彼の連絡先を入手しようとするのはやめましょう。

【4】結婚した元彼から連絡くる時も会うのはNG

結婚した元彼から連絡がきても、直接会うのはNGです。

相手が既婚者の場合でも、元カップルなら男女の雰囲気になることもあり得ます。
不倫に発展するケースがある以上元彼と会うのはリスクが大きいので、既婚者から連絡がきてもデートの誘いには乗らないでください。

元カノに結婚しても会いたいと思う心理

結婚しているのに元恋人が恋しくなってしまうのは、女性だけでなく男性も同じです。

男性が結婚しても「元カノに会いたい」と思うのは、家庭に不満があったりマンネリが起きていたりすることが主な理由に挙げられます。

このタイプの男性は一時的に癒しが欲しいだけで、本気で元カノのことが好きなわけではありません。
あなたが誘いに乗っても不倫関係に陥ることになるため、「会いたい」と言ってくる元彼には注意が必要です。

元彼が会おうとしつこい場合

元彼が「会いたい」としつこく迫ってきている場合は、思い切って連絡先をブロックしましょう。

相手から何度も連絡がくると、自分の気持ちが揺れやすくなるためです。
しつこく誘ってくるような男性は自分の都合しか考えていないので、あなたは元彼を「悪影響を与える人」と捉えて連絡を絶ってください。

↑目次に戻る

既婚女性が元彼と二人で会う3つのリスク

既婚女性が元彼を恋しく思うあまり、衝動で会おうとしてしまう人も中にはいます。
しかし、既婚女性が元彼と2人で会うのには、いくつかのリスクががあることを知っておきましょう。

そこでここでは、既婚女性が元彼と会うことで生じる3つのリスクについて解説していきます。

【1】不倫関係に発展する

既婚女性が元彼と2人きりで会ってしまうと、不倫関係に発展する可能性があります。

不倫をすることで生じる問題は、以下の通りです。

  • 家庭の雰囲気が悪くなる
  • 離婚の原因になる
  • 親権を取られる可能性がある

別れた恋人が再会して良い雰囲気になってしまうのはよくあることなので、上記のリスクを背負えないなら元彼に会いたい気持ちを抑える必要があります。

【2】遊ばれて捨てられる

既婚女性が元彼と会うと、遊ばれて捨てられてしまうことも考えられます。

男性の場合は、女性の恋愛感情を利用して元カノを都合の良いように扱おうとしてきます。
2人で会うなら尚更ヤリモクの可能性が高まるので、「遊ばれても良い」と思う女性以外は元彼に会うのは控えましょう。

【3】今の生活により不満が募る

既婚女性が元彼に会うと、今の生活に対して更に不満が募るリスクもあります。

家庭に不満を感じやすくなるのは、自身の想像する元彼が美化されているからです。
美化された元彼と問題がある旦那では男性としての差も目立つため、不満が大きくなってしまうのも自然な流れになります。

家庭が崩壊してしまう恐れもあるため、今後も旦那や子どもと仲良くしていたい女性は元彼に会わないのが賢明です。

↑目次に戻る

既婚者なのに元彼に会いたい気持ちの相談におすすめ電話占い2選

元彼に会いたい気持ちがあって悩んでいる既婚女性は、インターネットの電話占いを頼るのがおすすめです!

対面よりもインターネットの有料電話占いがおすすめな理由としては、以下のポイントが挙げられます。

  • 自宅で気軽に鑑定してもらえる
  • 凄腕の占い師にも低価格で鑑定してもらえる
  • 占い師の母数が多いため相性の合う先生が見つかりやすい

ここでは特に人気を集めている2つの電話占いサイトを紹介していくので、元彼のことが気になってしまう既婚女性はぜひ利用してください。

人気電話占いランキングについて詳しく知りたい女性は、こちらの記事もおすすめです。

おすすめ占い①LINE占い

LINE占い

  • LINEトーク・電話で24時間365日相談可能
  • 在籍占い師1,600人以上
  • 豊富な占術の中から自分の好きな方法で占ってもらえる
  • チャット占い110//分、電話占い130円/分
  • 提供:LINEヤフー

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ
(PR:LINEヤフー)

LINE占い」は、コミュニケーションアプリ「LINE」の利用者ならすぐに始められる電話占いサービスです。
公式アカウントを友達登録するだけで利用できるので、面倒な会員登録作業は必要ありません。

LINE占いの特徴はこちらです。

  • 初回10分間の無料相談ができる
  • 占い師が1,500人以上在籍している
  • 「メール占い」「チャット占い」「ビデオ対面占い」にも対応している

不倫に関する悩み相談に強い先生も多く在籍しているため、悩みを打ち明けることに抵抗がある人も安心して相談できます。

LINE占いについての詳細を知りたい人は、こちらの記事も参考にしてください。

↓LINE占いの公式サイトはこちら↓

\電話占いサイト/
LINE占い を使ってみる!

おすすめ占い②電話占いカリス

電話占いカリス

  • 占い師200名以上が在籍している電話占いサイト
  • 恋愛や仕事など幅広い悩みに対応している
  • 鑑定件数は200万件以上
  • 初回は最大10分の無料電話鑑定が可能
  • 株式会社ティファレト運営(親会社は上場企業の東京通信)

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページはこちら
(提供元:ティファレト)

電話占いカリス」は1分240円~鑑定が受けられる電話占いサイトです。

電話占いカリスには、合格率5%のオーディションを突破した占い師が集まっています。
現在は約200人以上の占い師が在籍しており、累計鑑定件数は200万件を突破しました。

初回は2,400円分の鑑定が無料になるため、ベテラン占い師にもお試しで相談ができます。
相談内容だけでなく鑑定の雰囲気でも占い師を検索することができるので、「占い師との相性を重視する人」には電話占いカリスがおすすめです!

下記では、電話占いカリスで「当たる」と評判の占い師も紹介しています。
気になる人は、ぜひ併せてご覧ください。

↓電話占いカリスの公式サイトはこちら↓

\電話占いサイト/
電話占いカリス を使ってみる!
(提供元:ティファレト)

既婚者なのに元彼に会いたいと思うスピリチュアルな理由

既婚者なのに「元彼に会いたい」と思うことを、スピリチュアル的な観点から捉えると「2人は切っても切れない縁である」と解釈できます。

元々2人は魂レベルで繋がっているからこそ、あなたは忘れようと努力しても元彼を忘れることができません。
しかし考え方を変えれば元彼は「忘れる必要のない人」なので、あなたが会いたい気持ちになること自体は悪いことではありません。

↑目次に戻る

寂しさを感じたときはアプリで友達作りもおすすめ

家族との気持ちのすれ違いから、寂しさや不満を感じるケースはよくあります。
そういった気持が強まると元彼に会いたくなることもあるので、できるだけ早めに発散しましょう。

寂しさを感じたときは、アプリを活用して気をまぎらわせたり気持ちを共有できたりする友だちを探すことをおすすめします!
アプリには検索をはじめとした様々な機能があるため、理想的な相手を短期間で見つけることも難しくありません。

ここではおすすめのアプリを紹介するので、友達作りに役立ててみてください。

ワクワクメール

ワクワクメール

  • 会員数1,000万人突破
  • 前払い式のポイント制なので気軽に利用可能
  • 女性は完全無料で利用可能
  • サイト内パトロール常時実施

↓詳しくはこちら↓

ワクワクメール 公式ホームページ


ワクワクメールは、会員数1,000万人を突破している日本最大級のマッチングサービスです。
既婚者・独身者関係なく利用でき、同性の友達も探せる点が大きな特徴となっています。

ワクワクメールで友達を探す場合は、まずは検索機能を活用してみてください。
検索項目には例えば以下のようなものがあり、より相性の良さそうな相手を見つけることができます。

検索項目の例

  • 興味あること(メル友・悩み相談・お茶したい・カラオケなど)
  • 交際ステータス(独身・既婚・バツありなど)
  • 会うまでの希望(まずは会いたい・気が合えば会いたいなど)
  • タバコ・お酒の有無
  • 性格(穏やか・明るい・几帳面・楽観的など)

他にも、掲示板のように使える募集機能もおすすめです。
「寂しいので健全な関係の既婚者友達を探しています」と投稿すれば、同じような悩みを持つ相手からのアプローチが期待でき、すぐに友達になれることもあります!

ワクワクメールを利用する際は、不倫目的のユーザーとの出会いを防ぐためにもプロフィールに利用目的をはっきりと書いておきましょう。

↓ワクワクメールの公式サイトはこちら↓

\出会い系アプリ/
ワクワクメール を使ってみる!

↑目次に戻る

既婚者の女性が元彼に会いたいと思う心理のまとめ

既婚女性が元彼を恋しくなる理由やその対処法について解説してきましたが、いかがでしたか?

本記事の重要ポイントまとめは下記になります。

  • 既婚女性が元彼を恋しく感じるのは、夫に不満があったり相手を美化していたりするから
  • 今の夫と妥協で結婚した女性は、本当に好きだった元彼のことを中々忘れることができない
  • 女性によっては、ただの懐かしさから元彼に会いたくなっていることもある
  • 結婚後元彼に会いたくなったときは、家庭を最優先にして今の幸せを探すのがベスト
  • 結婚した元彼から連絡がきても、不倫に発展する可能性があるため会うのはNG
  • 既婚女性が元彼と2人で会うと、遊ばれて捨てられたり家庭への不満が募ったりするリスクがある
  • 元彼に会いたい気持ちがあって悩んでいる既婚女性は「LINE占い」や「電話占いカリス」など、ネットの有料電話占いを活用するのもおすすめ
  • 既婚者なのに「元彼に会いたい」と思うことを、スピリチュアル的な観点から捉えると「2人は切っても切れない縁である」と解釈できる
  • 寂しいときはワクワクメールで友達探しもおすすめ

基本的に不倫するつもりがない女性は、元彼と連絡を取ったり会ったりするのはおすすめできません。

ぜひ本記事で紹介した対処法を活用して、自身の未来を良い方向に進めていきましょう!

タグ:
既婚者 女性向け記事 元彼・元カレ

記事に関するお問い合わせ

恋愛・婚活の悩みを相談したい方へ!

Lineトーク占い

LINE占いでは「占い」だけではなく、恋愛や結婚に関する「人生相談」もLINEから気軽にできます。
「当たった!」「気が楽になった!」「解決策が見つかった!」という口コミも多数!
ぜひお試しください。

「既婚者」に関する記事

既婚者についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

既婚女性と独身男性の忘れられない恋愛を解消するたった5つの方法
既婚女性と独身男性の忘れられない恋愛を解消するたった5つの方法
職場の既婚男性が急に避ける!急に無視する8つの理由と気まずい時の対処法
職場の既婚男性が急に避ける!急に無視する8つの理由と気まずい時の対処法
既婚者だって飲み会に行きたい!4つの既婚者飲み会の特徴と口コミ
既婚者だって飲み会に行きたい!4つの既婚者飲み会の特徴と口コミ
略奪婚がうまくいかない理由とは?成功して結婚生活がうまくいく人との違いまとめ
略奪婚がうまくいかない理由とは?成功して結婚生活がうまくいく人との違いまとめ
既婚女性と独身男性が両思いになるとどうなる?苦しい心理と両思いになるきっかけ
既婚女性と独身男性が両思いになるとどうなる?苦しい心理と両思いになるきっかけ

「恋愛・マッチングアプリ」に関する記事

恋愛・マッチングアプリの記事は他にも多数!

【直接取材】松島離宮の見所をインタビュー!デートにぴったりな楽しみ方やオススメイベントをご紹介
【直接取材】松島離宮の見所をインタビュー!デートにぴったりな楽しみ方やオススメイベントをご紹介
【直接取材】世界遺産で挙式できる!日光世界遺産ウエディングの魅力や当日の流れをインタビュー
【直接取材】世界遺産で挙式できる!日光世界遺産ウエディングの魅力や当日の流れをインタビュー
マッチングアプリwithの通話機能で出会いのチャンスUP!利用条件や使い方のコツ
マッチングアプリwithの通話機能で出会いのチャンスUP!利用条件や使い方のコツ
マッチングアプリ「バンブル」で国際恋愛できる?5つの特徴と口コミ評判・使い方
マッチングアプリ「バンブル」で国際恋愛できる?5つの特徴と口コミ評判・使い方
【直接取材】たきかわスカイパークで空の遊びを満喫!魅力やオススメイベントをインタビュー
【直接取材】たきかわスカイパークで空の遊びを満喫!魅力やオススメイベントをインタビュー