1. 婚活・恋活 >
  2. マッチングアプリ >
  3. マッチングアプリは複数掛け持ちで使うべき!アプリも人も同時並行するメリットまとめ

マッチングアプリは複数掛け持ちで使うべき!アプリも人も同時並行するメリットまとめ

マッチングアプリは、複数掛け持ちすることで効果が増大します。ひとつのマッチングアプリ、ひとりのマッチング相手にこだわってしまうと、出会いの幅を狭めてしまいます。婚活・恋活を効率的に進めていくために、無理のない範囲でたくさんのマッチングアプリを同時進行で活用して行きましょう!

目次

複数のマッチングアプリを並行して利用するってどうなの?

マッチングアプリ 複数のマッチングアプリを並行して利用するってどうなの?

複数のマッチングアプリを併用することは、悪いことではありません

多くの人が複数のマッチングアプリを併用しています。

出会いの数をすこしでも増やし、理想の人に出会いやすくするためにはマッチングアプリの併用をおすすめします。

マッチングアプリの掛け持ちは出会いを最大化させる攻略法!

複数のマッチングアプリを併用することで、出会いの効率を最大化させることができます。
マッチングアプリによって、登録している人が違うからです。

マッチングアプリを併用することで、さまざまな層の人と知り合うことができ、婚活・恋活をより効率的に進めていくことができます。

同一マッチングアプリ内での複数アカウントは禁止

複数のマッチングアプリを登録することは問題ありませんが、ひとつのマッチングアプリに対し複数のアカウントを持つことは禁止されています。

最悪の場合、すべてのアカウントを即時強制退会させられてしまう可能性もありますので絶対にやめておきましょう。

↑目次に戻る

マッチングアプリで複数人と同時進行で連絡をとるってあり?

マッチングアプリを使っていると、複数の人とマッチングをするのが当たり前です。

ここでは「複数人とのやりとりを同時進行しても大丈夫なのか?」という疑問にお答えします。

マッチングアプリで複数人と連絡をとるのは当たり前!

複数人の方と同時並行してやりとりすることは、まったく問題ありません

同じ人とだけやりとりを続けていると、その人が退会してしまったり、その人に嫌われてしまったりした場合、チャンスが無くなってしまいます。

マッチングアプリで婚活・恋活していく際は、いろんな方とやりとりを進めていきましょう。

ごくまれに同時並行を嫌がる相手もいます。
こちらの記事は婚活向けの記事ですが参考になる部分が多いでしょう。
ぜひお読みください。

付き合ったら同時進行は厳禁

彼氏・彼女ができた場合、やりとりしていた異性とはすべて関係を断ち切りましょう
もちろんデートもしないことです。
関係を断ち切る際は、なるべく早く報告しておくことをおすすめします。
いつまでも放置していると、相手を心配させてしまう恐れも。

相手によっては、連絡先を聞いてくる方もいます。
その際は丁寧な断り方をして、相手の気持ちを汲んであげましょう。
突き放すような言い方をしてしまうと、相手に嫉妬心を植え付けてしまいかねませんので注意してください。

↑目次に戻る

複数のマッチングアプリを掛け持ちするべき4つの理由

複数のマッチングアプリを掛け持ちすることには、さまざまなメリットがあります!

ここでは4つのメリットについて紹介していきます。

出会いがかなり増える

複数のマッチングアプリを掛け持ちすると、出会いの数が大幅に増えます

マッチングアプリによって登録している人が違うため、単純に出会いが多くなるからです。

出会いの数が増えれば、それだけ理想の人に出会いやすいということ。

いろんなマッチングアプリを駆使して、素敵な人を見つけましょう。

恋活のスキルが上がる

マッチングアプリを掛け持ちすることで、恋活のスキルが上昇します。

複数のマッチングアプリを掛け持ちすると、たくさんの人とマッチングするようになります。
すべての人に対し今まで通り対応していくと、時間がいくらあっても足りません。

そこで必要になってくるのが、より質の高いメッセージです。
マッチングアプリを掛け持ちすると、限られた時間の中で、より質の高いメッセージを送るようになるので、コミュニケーションや恋活のスキルが格段に上昇します。

メッセージについては、こちらの記事も参考になるでしょう。

より自分に合った人を探せる

マッチングアプリによって、年齢層・会員層はさまざまです。
20代が中心のマッチングアプリがあれば、婚活よりも恋活に力を入れているマッチングアプリもあります。

マッチングアプリを複数併用することによって、理想を見つけやすくなります。

いままでなんとも思わなかったタイプの人と、素敵な関係になる可能性もあります。

女性は多くのマッチングアプリ無料で利用できる!

ほとんどの場合、女性は完全無料です。

あなたが女性であるのなら、マッチングアプリを掛け持ちしても損はないでしょう。

男性も、利用するだけなら料金はかかりません
マッチングアプリを複数併用してみて、素敵な人とマッチングしたときだけ課金する、という活動の仕方をしてみるのがおすすめです。

↑目次に戻る

複数のマッチングアプリを掛け持ちする時の注意点

マッチングアプリ 複数のマッチングアプリを掛け持ちする時の注意点

複数のマッチングアプリを掛け持ちする場合、注意しなくてはならない点があります。
しっかりおさえておいてくださいね。

大量に掛け持ちすると何が何だか分からなくなる

複数のマッチングアプリを大量に掛け持ちしてしまうと、情報量が一気に増えます

やりとりの内容を忘れてしまったり、デートの予定が重なってしまったりする可能性があるので、十分注意しましょう。

相手に同じ質問をしてしまったり、名前を間違えてしまったりすると、悪い印象を与えてしまいます。
いままでの信頼関係が壊れてしまいかねませんので、くれぐれも気をつけてください。

掛け持ちするマッチングアプリは2〜3程度がおすすめ

マッチングアプリは、2~3個が理想的です。
それ以上同時並行すると、情報量がパンクしてしまいます
やりとりに疲れて、マッチングアプリ自体に興味がなくなってしまいかねません。

そうなると婚活・恋活が進まなくなるので、マッチングアプリの掛け持ちは2~3個程度に留めておきましょう。

最大でも同時進行は5人程度にしよう

同時平行していくマッチング相手は、5人程度が理想的です。

5人程度であればデートの予定も組みやすく、やりとりもストレスを感じないからです。

ただ、これらはあくまで目安
自分が何人まで対応可能かを見定め、多くしたり少なくしたりしていきましょう。

やりとりが雑にならないようにする

同時平行していく上で、やりとりが雑にならないよう注意してください。

同時平行していく人が増えれば増えるほど、対応が大変になっていきます。

対応が雑になってしまうと、せっかくマッチングしたのに向こうから離れられてしまう可能性もありますので、気をつけましょう。

また相手に「同時進行している」ということを悟られないようにするのも必要です。
同時進行は悪いことではありませんが、相手に「同時進行されてる」と感じられてしまえば、離れられてしまう恐れがあります。

男性はお金がかかる

ほとんどの場合、男性は有料会員にならなければ、女性にメッセージを送れません。
そのため複数のマッチングアプリでマッチングすると、それだけ費用がかさんでしまいます。

お金に余裕があればいくらでも課金できますが、そうでない方がほとんどでしょう。
男性もマッチングアプリの併用は2~3程度がおすすめです。

ただし相手が見つかるスピードも上がるので結果コスパはいい

とにかく早く理想の相手に出会いたい場合は、短期集中でさまざまなマッチングアプリに課金する方法も悪くありません。
複数のマッチングアプリを併用したほうが、結果を出しやすいからです。

婚活・恋活の成功を急ぐ方は、短期集中での利用を検討してみてもいいでしょう。

マッチング後に有料会員に登録すれば最低限の費用に抑えることが可能

費用を抑えるポイントは、マッチングしたときだけ課金するというものです。
最初から有料会員として利用することは、あまりおすすめできません。

マッチングアプリの多くは、無料会員のままでも十分利用することができるからです。

この場合、マッチングが少しでも多くなるよう、写真やプロフィールを充実させておきましょう。

また日頃から女性に「いいね!」を積極的に送ることも大事です。

求める相手の条件が高くならないように

複数のマッチングアプリを併用すると、たくさんの方と出会うことができます。

そのため相手を比べやすく、求める条件がどんどん高くなってしまう可能性があり逆に相手を決めきれず、婚活・恋活のスピードが遅くなってしまいます。

マッチングアプリを登録している目的は、素敵な人と出会うことです。

マッチングが目的ではありませんので、注意してください。

↑目次に戻る

違うマッチングアプリでも同じ自己紹介文・同じ写真は使ってもいいの?

基本的には同じでも問題ありません。
ただしマッチングアプリによって、目的やコンセプトがすこし違ってきます。
その場合には、プロフィールを調整する必要があるでしょう。

たとえば、婚活のマッチングアプリに恋活の内容でプロフィールを書いてしまえば、効果が薄くなってしまいます。
マッチングアプリの目的やコンセプトによって、プロフィールは適宜、修正していきましょう。

恋活と婚活の違いについてはこちらの記事を参考にしてください!

↑目次に戻る

【目的・年代別】同時進行におすすめのマッチングアプリパック

ここまで、マッチングアプリを掛け持ちするポイントについて解説してきました。

最後に「年齢」「目的」別のマッチングアプリパックをご紹介します。

それぞれのマッチングアプリの特色を組み合わせ、素敵な出会いを手に入れましょう!

20代前半で恋活目的「ペアーズ・with・タップル誕生」

「20代前半」「恋活」が目的の場合、掛け持ちすべきマッチングアプリは、

  • ペアーズ
  • with
  • タップル誕生

です。

ペアーズ

ペアーズ

  • 会員数1,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ
公式ホームページ



with

with

  • 名前はイニシャルで表示され、Facebookにも反映されないため安心
  • 24時間365日、スタッフにより監視サポートがある
  • テレビ番組、雑誌に取材された実績アリ
  • 男性は月3,400円~、女性は無料で利用できる
公式ホームページ



タップル誕生

タップル誕生

  • 気軽な恋人探し向けのマッチングアプリ
  • 毎日4,500人が登録しており、累計マッチング数は2,500万組以上
  • 完全匿名で利用可能で、利用中のSNSに投稿されることもないので安心
  • 18歳から20代前半の利用者が過半数
  • 男性は2,317円/月~、女性は完全無料で利用できる
公式ホームページ



こちらのマッチングアプリパックは、

  • コミュニティや趣味で繋がることができる
  • 相性診断などワクワクがある
  • 大学生などの利用者が多い

こういった特徴があります。

ペアーズとタップル誕生は趣味や好みが近い人とマッチングする方法が豊富です!
会員数も問題なしで、ペアーズは国内最大級の1,000万人、タップル誕生も400万人を突破しました!

withは、メンタリスト・DaiGo監修の相性診断や各種イベントが好評で、女性会員が多いという特徴もあります。

出会う機会も豊富で「まずは恋活を楽しみたい」20代の男女におすすめのマッチングアプリパックですよ!

こちらの記事も併せてお読み下さい。



20代後半〜30代の真剣恋活目的「ペアーズ・Omiai・with」

「20代後半〜30代」の「結婚を見据えた真剣恋活」におすすめのパックは、

  • ペアーズ
  • Omiai
  • with

です。

ペアーズ

ペアーズ

  • 会員数1,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ
公式ホームページ



Omiai

Omiai

  • 累計会員数は300万人突破
  • 名前はイニシャルで表示され、実名が載ることはない
  • Facebookを利用して登録するが、投稿や友達には一切表示されないので安心
  • 24時間365日の厳重な監視体制あり
  • 利用料は月1,950円(12ヶ月プラン)から、登録は無料でできる
公式ホームページ
with

with

  • 名前はイニシャルで表示され、Facebookにも反映されないため安心
  • 24時間365日、スタッフにより監視サポートがある
  • テレビ番組、雑誌に取材された実績アリ
  • 男性は月3,400円~、女性は無料で利用できる
公式ホームページ



結婚を意識した真剣な恋活ということで、

  • 真剣なユーザーが集まっている
  • 会員数が多い

この点をおさえています。

ペアーズとwithはさきほどもご紹介しましたが、会員数も多く安全な運営がされているので真剣恋活にも活用できます。

Omiaiは累計会員数400万人を突破した、 真剣恋活向けのマッチングアプリです。
20代後半〜30代の会員も多くいます。

結婚を意識する年齢の方の恋活におすすめのマッチングアプリパックです。

こちらの記事も併せてお読み下さい。



30代〜40代で婚活目的「ペアーズ・ゼクシィ縁結び・マッチドットコム 」

最後に「30代〜40代」で「婚活目的」の方向けのパックをご紹介します。

マッチングアプリの普及に伴って、マッチングアプリがきっかけで結婚するカップルが増えています。

結婚相手を探すには、

  • ペアーズ
  • ゼクシィ縁結び
  • マッチドットコム

のパックがおすすめです。

ペアーズ

ペアーズ

  • 会員数1,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代〜30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ
公式ホームページ



ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

  • 入会金・初期費用・成婚料・プロフィール登録、全て無料
  • 相手探し、紹介、マッチング・1通目のメッセージも無料
  • 有料プランは月額2,592円から
  • 6、12か月プランが3,000円割引になる招待コード→「n36kq7」
公式ホームページ
マッチドットコム

マッチドットコム

  • 会員数180万以上
  • 登録は無料でできる
  • 真剣に結婚相手を求めるユーザーが多数存在
  • 本人確認が厳格の為安心して利用できる
公式ホームページ

先ほどからご紹介しているペアーズは、婚活にも活用できるマッチングアプリなのです。

ゼクシィ縁結びはリクルートが運営する、婚活向けのマッチングアプリです。

会員数は85万人を突破しました。
80%の会員が、6ヶ月以内にお相手に出会うことに成功しています!

マッチドットコムは世界25カ国に展開するマッチングアプリで、各種証明書の提出が特に徹底されているので結婚相手を探すのにも適しています。

結婚相手を探すには、こちらのマッチングアプリパックがおすすめです!

こちらの記事も併せてご覧下さい。




その他マッチングアプリを比較したい方には、こちらの記事がおすすめです!
ぜひ読んでいただき、使いやすいアプリを選んでみてください。

↑目次に戻る

まとめ

今回の記事をまとめると、以下のとおりになります。

  • マッチングアプリを併用することはおすすめ
  • 併用することで出会いが増え、理想の相手を見つけやすくなる
  • ただし掛け持ちのしすぎに注意、男性は料金が高くなりすぎることもある
  • 併用する際は、プロフィールの編集などを忘れずに
  • 20前半の恋活には「ペアーズ・with・タップル誕生」の掛け持ちがおすすめ
  • 20代後半〜30代の真剣恋活には「ペアーズ・Omiai・with」の掛け持ちがおすすめ
  • 30代〜40代の婚活には「ペアーズ・ゼクシィ縁結び・マッチドットコム」の掛け持ちがおすすめ

ひとつのマッチングアプリ、ひとりのマッチング相手に固執する必要はありません。

出会いのチャンスを広げるためにも、自分の対応可能な範囲で、複数のマッチングアプリ使い、たくさんの人とつながってみましょう!

最終更新日: 2019-05-10

タグ:
マッチングアプリ 攻略 彼氏を作る方法 彼女を作る方法

記事に関するお問い合わせ

「マッチングアプリ」に関する記事

マッチングアプリについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【本名は避ける】マッチングアプリ・婚活サイトでウケがいいニックネームの付け方
【本名は避ける】マッチングアプリ・婚活サイトでウケがいいニックネームの付け方
【体験談】合コン番長がネット婚活に挑戦!Yahooパートナーで赤い糸を掴むまで
【体験談】合コン番長がネット婚活に挑戦!Yahooパートナーで赤い糸を掴むまで
【体験談】アラフォーからの婚活!無料のマッチングアプリを駆使して成功しました
【体験談】アラフォーからの婚活!無料のマッチングアプリを駆使して成功しました
【要注意】危険!マッチングアプリで起きた事件6選と危険回避の方法
【要注意】危険!マッチングアプリで起きた事件6選と危険回避の方法
【絶妙に盛る】マッチングアプリの写真の加工方法と、加工写真を見抜く方法
【絶妙に盛る】マッチングアプリの写真の加工方法と、加工写真を見抜く方法

「マッチングアプリ」に関する記事

マッチングアプリの記事は他にも多数!

永久に身バレが防げる!タップル誕生のとうめいマント・透明マントの使い方まとめ
永久に身バレが防げる!タップル誕生のとうめいマント・透明マントの使い方まとめ
困った!マッチドットコムにログインできない場合の対処方法
困った!マッチドットコムにログインできない場合の対処方法
with(ウィズ)でイケメンとマッチングしたい!いいねをもらう3つのコツ
with(ウィズ)でイケメンとマッチングしたい!いいねをもらう3つのコツ
男性は無料で使える?マッチングアプリwith(ウィズ)の男性料金プランまとめ
男性は無料で使える?マッチングアプリwith(ウィズ)の男性料金プランまとめ
マークの色でわかる!マッチドットコムのログイン時間とオンライン状態の確認
マークの色でわかる!マッチドットコムのログイン時間とオンライン状態の確認

「マッチングアプリ」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

おすすめマッチングアプリ

人気の記事

恋愛会議で人気の記事を集めました

人気のキーワード

今恋愛会議で話題のキーワードを集めました。

LINE@

LINE@はこちら