1. トップ >
  2. 恋愛・マッチングアプリ >
  3. Tinder(ティンダー)の年齢確認・本人確認は安全?確認方法やエラーになる原因まとめ
最終更新日: 2024-01-23

Tinder(ティンダー)の年齢確認・本人確認は安全?確認方法やエラーになる原因まとめ

※本ページでは一部広告が含まれている場合があります。

Tinder(ティンダー)は本人確認と年齢確認が必要

Tinder(ティンダー)

  • 「スワイプする」「マッチする」「チャットする」というシンプルな仕組み
  • 気に入った人がいれば右スワイプ、お互い右スワイプすればマッチング完了
  • Facebookから気軽に登録可能
  • 外国人の利用者が多いので、外国人と知り合いたい方におすすめ
  • 無料で利用可能、有料プランは1,700円~/月から※シッテク調べ

↓詳しくはこちら↓

Tinder(ティンダー) 公式ホームページ


Tinder(ティンダー)を利用するには、本人確認・年齢確認が必須です。

以前は年齢確認が必要がなく18歳未満でも利用ができるマッチングアプリだったので、中には「いつから年齢制限ができたの?」「急に証明書がいると言われても困る」と戸惑う人もいます。

未成年の学生が巻き込まれる犯罪が多発したことを理由に、日本国内のマッチングアプリに関する法律が改正され、現在では以下のように定められています。

主な内容

  • 利用するのは18歳以上
  • 年齢確認は必須

Tinder(ティンダー)で多発していた未成年や複数のアカウントを使ったトラブルが激減して、現在では安全性の高いマッチングアプリとして20代を中心に人気を集めています

本記事ではTinder(ティンダー)の年齢確認方法や手順、年齢確認に必要な書類の選び方とエラーが出る理由について解説していくので参考にしてください。

Tinder(ティンダー)を使って、友達や結婚相手を見つけたい場合は以下の記事をご覧ください。

年齢確認をしないとマッチングしてもメッセージが見られない

Tinder(ティンダー)を使っているのに「メッセージ見れない!」と困っている方もいるでしょう。
Tinder(ティンダー)でメッセージを見るためには年齢確認が必須です。

Tinder(ティンダー)での年齢確認は、相手とのマッチングのタイミングで行われます。
本人確認だけだと気になる相手にライクを送れるだけでマッチングは完了しません。

自分と気になる相手がお互いにライクをして年齢確認証明を出すことで、メッセージのやり取りができるようになります。

Tinder(ティンダー)の本人確認や年齢確認は安全?

Tinder(ティンダー)は海外発祥のマッチングアプリということで、「個人情報を登録しても安全か」と不安に感じる人もいます。

Tinder(ティンダー)の運営元であるMatchGroupはアメリカの上場企業ですが、日本法人としてMGJapanServices合同会社が日本語版を管理しています。
国内最大級の会員数を誇るPairs(ペアーズ)も同じMatchGroupです。

そのため、個人情報の管理や運営規則は日本の法律に従っています

提出した身分証明書のデータは年齢確認のために使われ90日以内に削除されるため、プライバシーが保たれているので安心してください。

Tinder(ティンダー)の運営が本人確認や年齢確認をするとプロフィールに本人確認マークが付き、なりすましではない証拠になります。

「海外アプリに身分証明書の提出は怖い」という場合は、別のマッチングアプリの利用がおすすめです。

↓Tinder(ティンダー)のインストールはこちら↓

↓詳しくはこちら↓
Tinder(ティンダー) を使ってみる!

↑目次に戻る

Tinder(ティンダー)の本人確認・年齢確認の方法

Tinder(ティンダー)で本人確認や年齢確認を行うには、撮影の仕方や入力のコツがあります

ルールに従って進めていかないと、エラーが起きて登録されません。
また、提出可能な身分証明書は指定されているので注意してください

ここからは、Tinder(ティンダー)での登録がスムーズに完了する突破方法を紹介します!
スムーズに運営側から認証が降りるよう、注意点やポイントを事前に確認しましょう。

こちらの記事では、マッチングアプリで年齢詐称をした場合について紹介しています。

Tinder(ティンダー)の年齢確認のやり方

Tinder(ティンダー)の使い方が分からなくても、指示に従ってページを進んでいけば簡単です。

年齢確認はプロフィールの登録後に行われ、この時にカメラで身分証明書を撮影する必要があります

Tinder(ティンダー)はスマートフォン用アプリなので、パソコンで登録をすることはできません。
登録の際にWebブラウザの専用ページの画面に移動しますが、このアドレスを使ってパソコンから写真をアップロードしようとしても表示されないので注意してください。

年齢確認のための手順は3ステップで完了します。
順に紹介をしていくので、登録前に確認していきましょう!

年齢確認の手順1:マッチした人を選ぶ

Tinder(ティンダー)年齢確認の手順1:マッチした人を選ぶ

Tinder(ティンダー)は、アカウントを登録後にプロフィールを入力します。

プロフィール欄にLINEのIDを入力しないように注意してください
Tinder(ティンダー)ではアプリ内でメッセージのやり取りができるので、最初からプロフィールに直通のIDを書いておくとヤリモクや他のサイトへの勧誘と思われてしまいます!

マッチングにはスマートフォンの位置情報を使って相手を探すので、設定の項目で自分の現在地やマッチしたい人はどこまでの距離で探すかを決めるのがコツです。
位置情報がないとマッチング率が下がってしまうので、注意してください。

Tinder(ティンダー)にはマッチングが来たら、通知が来るようにアプリ内で設定ができます。
「通知こないな」と思ったら、アプリの設定を確認しましょう。

年齢確認の手順2:身分証明書をアップロードする

その後にマイページのトップに表示される新しいマッチで、気になる相手にライクを送りましょう!
何人かに送ると相手からもライクが返されてマッチングします。

マッチング後は、下記の流れで進めていきます。

マッチング後の流れ

  • マッチング相手をタップすると「年齢確認が必要です」という表示がされる
  • 自身に当てはまる国籍を選択する
  • 表示されるIDタイプのうち自身が用意できる身分証明書をタップする

操作は画面の指示に従うだけなので、とても簡単です。

Tinder(ティンダー)年齢確認の手順2:身分証明書をアップロードする

年齢確認に使用する身分証明書の項目が表示されるので、その中から使うものを選択したら撮影を開始します。
カメラで撮影を行うと確認画面に移るので、そのまま写真を提出しましょう

Tinder(ティンダー)年齢確認の手順2:身分証明書をアップロードする

Tinder(ティンダー)では偽造防止のため、あらかじめ撮影した写真をライブラリやフォルダから提出することは出来ない仕組みになっています。
他の人の身分証明書をコピーや加工をして使うと、文書偽造罪になり1年以上10年以下の懲役になるので絶対にやってはいけません!

本人確認を兼ねているので、身分証明書は全体が鮮明に映る画像になるように気を付けてください。

年齢確認の手順3:審査終了を待つ

身分証明書の提出が完了したら、あとは審査結果を待つのみです。

運営側の混雑状況によりますが、その日のうちに通知が来ます。
アプリから手続きが完了しましたと通知が出るので、それまでは焦らず待ちましょう!

もしも身分証明書を提出してから数日経っても通過しない場合は、運営に問い合わせすることがおすすめです。

Tinder(ティンダー)の年齢確認に使用できる書類

年齢確認に使用できる書類は限られ、年齢がわかればどれでも良いというわけではありません。
基本的に生年月日や氏名がわかる公的書類が必要です。

主な公的書類

  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 顔写真付きマイナンバーカード

NGの提出書類

  • 住基カード(住民票)
  • 仮免許証
  • クレジットカード
  • 年金手帳
  • マイナンバー通知カード

他のアプリでは身分や年齢確認ができる公的書類でも、Tinder(ティンダー)側が対応していないものがあります。
Tinder(ティンダー)にスムーズに認証してもらうためにも、年齢確認写真をアップロードする時に選べるIDタイプの書類を用意するようにしてください。

Tinder(ティンダー)の年齢確認には時間かかる

「確認完了まで何分かかるの?」「具体的にどのくらい?」と、いつまで待てば良いのかわからないことがあります。
審査がスムーズに進めば2~3時間ほどで年齢確認が完了しますが、遅い時間帯や土日は審査に時間がかかります。

あまり待たずに利用を開始するなら、平日の昼間に申請するのが一番おすすめです!

2~3時間以上経過しても連絡が来ず、いつ終わるのかわからない場合や審査状況が不安な場合は運営に問い合わせてみてください。

↑目次に戻る

Tinder(ティンダー)で年齢確認エラーになる7つの理由

Tinder(ティンダー)で「年齢確認のエラーになった」「審査に通らない!」という口コミがYahoo!知恵袋やネット掲示板などに投稿されています。

その一部を紹介します。

高校卒業した18歳女です。
Tinderで年齢確認が出てきて高校の学生証で年確したら、年齢確認が出来ませんでした。エラーとなって、年齢確認をやり直せないのですが、もう使えないということですか??

tinderで年齢確認をしているのですが、写真のようにずっとエラーになって先に進めません。使っているのはパスポートです。
どうすればよいでしょうか?宜しくお願い致します。

Tinder年齢確認について。
永遠に年齢確認ができません。
写真が暗いのが原因かと思いライトで照らしながら撮影しましたが、それでもエラーが発生しましたと表示されました。
どなたか対処法を教えて頂きたいです。
お願い致します。

Tinderの年齢確認を保険証でアップロードしましたが、ずっと「年齢を確認中です」と出てもう既に2日経過しています。
数時間ほどで承認されますとの記載だったのですが、
承認できませんや年齢確認出来ませんすらなく
困っています。
原因が分かる方教えて下さい。

このように、年齢確認が認証されずに困っている人が多くいます。

例えば年齢確認の際に下記のようにメッセージが出た場合は、失敗している可能性が高いのでやり直しが必要です。

失敗時のメッセージ

  • エラーが発生しました
  • エラー9200
  • もう一度お試しください
  • 年齢確認ができませんでした

他にもアプリ側のバグで年齢確認されないこともあるので、何回か試してみましょう。

ここからは、エラーメッセージ以外でTinder(ティンダー)の審査に通らない原因や、対処法を詳しくご紹介していきます。
上手く認証されない時には、参考にしてみてください!

【1】対象外の身分証明証を提出した

Tinder(ティンダー)は以下の身分証明書を提出の推奨しており、対象外の書類で年齢確認の審査を行うと認証されません!

推奨されている身分証

  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • パスポート

他にも顔写真付きのマイナンバーカードも、年齢確認書類として使えます。

例えば住民票や年金手帳などは、審査対象外となります。
もしも何度申請しても審査が通らない時には、提出書類が対象かどうかを確認して再提出をしてください。

【2】身分証明書の有効期限切れ

Tinder(ティンダー)が推奨する身分証明書でも、証明書の有効期限が切れていると審査に通りません
提出する前に、日付けや西暦の有効期限が過ぎていないかよく確認してください!

身分証明書の有効期限が切れていた場合には、照明書を更新したり違う書類を使ったりするのがおすすめです。

年齢のサバ読みは審査通過することがある

Tinder(ティンダー)の年齢確認の目的は、、18歳未満の利用者でないかどうかを確認することです

違う年齢や誕生日でも18歳以上が確認できれば通過することがあります。
プロフィールの表示と実際の誕生日や年齢が登録と違う人は存在しており、「この人の年齢違うな」「誕生日違うな」と嘘を見抜くことはなかなかできません。

「バレなければ大丈夫」という気持ちで、違う人の年齢確認用の書類を使っても公文書偽造罪になります。

提出書類の偽造や偽称が運営に知られれば通報されてしまう可能性があり、最悪の場合は刑事罰を受けて人生に大きな影響を与えます。
リスクを犯してまで年齢や誕生日を誤魔化す必要はありません。

せっかく気になる相手と出会っても、登録情報に嘘が混じっていると「信用できない相手だ」と思われてしまいます。
そうならないためにも、身分証明書や登録情報は正直に書きましょう

年齢や本名は変更できない

嘘をつくつもりがなくても、最初の登録情報の入力を間違えてしまうこともあります。

Tinder(ティンダー)は登録時の年齢や名前の変更ができません
違う名前で登録してしまうと、身分証明書を出しても審査に通らないので注意してください。

万が一間違えて情報を登録してしまった場合には、アカウントを削除しましょう!
アカウントの削除方法は以下の通りです。

アカウント削除方法

  • プロフィールアイコンをタップ
  • 設定を開く
  • スクロールダウンし「アカウントを削除」をタップする

アカウントの削除を行うことによりIDに紐づいていた情報も消えます。
もう一度アカウントを作り直せば、正しい情報でTinder(ティンダー)を利用できます。

審査時に「登録の名前違う」と運営に思われないためにも、プロフィールの登録の際には誤入力に気を付けてください

【3】18歳未満だった

Tinder(ティンダー)では18歳未満で年齢確認した場合、利用可能の年齢に達するまで審査が通りません。
画面に18歳まであと何日というカウントが表示されるので、二回目の審査を行うなら18歳に達した誕生日以降にしましょう!

アプリ登録時に年齢を偽って入力していたとしても、年齢確認の書類審査でアプリが利用停止になる恐れがあります。
必ず18歳になってからアプリに登録するようにしましょう。

こちらの記事では、マッチングアプリの年齢制限の理由やリスクについて紹介しています。

【4】Tinder(ティンダー)のアプリが古い

元々Tinder(ティンダー)は、身分や年齢の確認書類が不要なマッチングアプリでした。
しかし18歳未満の未成年が年齢確認不要のアプリでトラブルに巻き込まれることが多発し、マッチングアプリに関連する法律が整備されたことでTinder(ティンダー)も年齢確認を行うようになりました。

そのためアプリのシステムも変更されているので、古いバージョンのままではアップデートしないとエラーが出てしまいます
最新バージョンにアップデートしておかないとマッチングしてもメッセージのやり取り画面まで進めないので、かならずアプリデータの更新はしましょう

古いバージョンからアップデートができない場合には、アプリをアンインストールしてから再インストールすると最新版になります。
最新版になっていないと年齢確認画面は出てきません。

エラーが出て画面が進まないことやアプリが落ちて開かないことが頻発する場合でも、アンインストールするとデータがリセットされるので試してみてください。

【5】カメラアクセスを許可していない

SafariやGoogle Chromeなどのブラウザにカメラへのアクセスが許可されていないと、写真認証できないので注意しましょう。

身分証明書をTinder(ティンダー)にアップロードする前にアクセス許可が済んでいないと、「カメラへアクセスできない!」といったエラーが表示されます。
他にもメモリ不足や通信が重いと、写真をアップロードできなくなります
そのままでは審査ができないので、再度設定してください。

Tinder(ティンダー)【5】カメラアクセスを許可していない

カメラアクセスの許可設定は、以下の順序で行います。

設定方法

  • 端末の設定からSafariやGoogle Chromeなどのブラウザを選択
  • WEBサイトの設定からカメラを選択
  • すべてのWEBサイトでカメラへのアクセスを確認または許可にする

アプリ内で起動するか再度確認して終了です。
「写真撮れないな」と思ったら、設定を確認してみましょう!

【6】画像の質が悪い

年齢確認のために提出した画像の質が悪いと、承認されないことがあります。
画質が悪い不鮮明な画像では、アプリ側が偽造または偽物だと判断してしまうのです

証明書の撮影をする際は、いくつかポイントがあるので注意してください。
撮影のコツは以下の通りです。

撮影のコツ

  • 証明書の文字にピントを合わせて文字をクリアにする
  • 明るい場所や日中の日差しの入る場所で撮影する
  • フィルターで露光やカラー調整はしない
  • 手振れ補正をオンにして撮影時には手を動かさないように意識する
  • 自分や物の影が写真に映らないようにする

上手く撮影できていない場合、暗すぎますと表示されることもあります。
認証に失敗した際には、コツを踏まえてもう一度試しましょう!

住所隠す・名前隠すのもNG

アップロードした写真が不鮮明な場合は、正しく認識されずエラーになることがあります。
危機管理意識から身分証明書の住所や顔写真の部分を塗りつぶして隠す人もいますが、年齢確認用の画像ではNGです。

一部が隠れていたり見切れていたりする写真は審査に落ちやすく、住所や顔写真などを隠してアップロードした写真は受けつけてもらえません
個人情報の提出に抵抗を感じても、Tinder(ティンダー)を利用するためには必要なことです。

年齢確認用のデータは90日でTinder(ティンダー)のサーバーから削除がされるので、素敵な出会いを探すためにもきちんと身分証明書の撮影をしてください。

【7】通信環境が悪い

スマートフォンを使う場所の通信環境が悪いと、身分証明書がアップロードできません。
アップロードを失敗するとアプリ内で、アップロードに失敗しましたというテロップが表示されます。

フリーWi-Fiや4Gや5Gの場合には、場所や天気によっては一時的に通信状態が悪くなることがあるので注意してください。
また自宅のWi-Fiでもモデムやルーターにエラーが出ていると、インターネットに接続がされていない状態なのでアップロードはできません。

外出先なら場所を変えたりスマートフォンのインターネット接続を入れなおしたりするのが有効です。
自宅のWi-Fiならモデムの再起動で通信状態が改善されます。

「写真アップロードできない」と思ったら、一度インターネットの通信状態を確認してみましょう!

↑目次に戻る

Tinder(ティンダー)の年齢確認は解除やスルーできない

Tinder(ティンダー)では年齢確認を行わないと、マッチング相手とメッセージのやりとりができない仕様です。
年齢確認を避ける方法やスキップする方法はありません

メッセージ交換に進もうとすると必ず年齢確認してくださいと通知されます。
通知を無視したりポップアップ表示を削除してたりしても解除方法にはならないので、注意してください。

Tinder(ティンダー)を利用したい場合は年齢確認を避けることを考えず、素直にアプリの指示に従いましょう!

↑目次に戻る

Tinder(ティンダー)以外の人気マッチングアプリ

Tinder(ティンダー)以外にも安全に恋を探せるマッチングアプリはあります。
アプリによって様々な機能がありますので、自分に合ったものを選んで使いましょう

ここからは、人気のマッチングアプリを紹介していきます。
Tinder(ティンダー)と同じMuchGroupのアプリなので、個人情報の扱いには信頼ができます

真面目な出会いを探したい人におすすめのマッチングアプリについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

  • 会員数2,000万人以上の日本最大級の人気マッチングアプリ
  • 合計マッチング数は4,300万人以上
  • 20代~30代が中心
  • 恋活にも婚活にもおすすめ

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ


Pairs(ペアーズ)は真剣な出会いからカジュアルな出会いまで、目的に合った出会いを探すのにおすすめなマッチングアプリです。

登録している会員数は2,000万人以上で国内最大級の規模を誇っているので、理想の相手と出会える可能性も高くなっています。
MatchGroupが運営管理していおり、セキュリティの安全性が高いのも特徴です。
会員の年齢層も20代から60代までと幅広く、初めてマッチングアプリを使う人でも使いやすいアプリです。

Pairs(ペアーズ)では、より細かく条件を指定して相手を検索することができます。
趣味や好きなことで繋がれるコミュニティ機能が充実しているので、気の合う相手と出会いやすいのも魅力的なポイントです。

Pairs(ペアーズ)についての詳細は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓Pairs(ペアーズ)のインストールはこちら↓

\恋愛・婚活アプリ/
Pairs(ペアーズ) を使ってみる!

Match(マッチドットコム)

Match(マッチドットコム)

  • 30~40代がメインの婚活向けマッチングアプリ
  • 登録は無料でできる
  • 6割以上が真剣に結婚相手を求めている
  • 本人確認が厳格の為安心して利用できる

↓詳しくはこちら↓

公式ホームページ


Match(マッチドットコム)は、30代以上の独身男女の利用率が高い婚活マッチングアプリです。
結婚を意識した出会いをしたい方々が多く登録しているので、メッセージの返信率が高いのが特徴です。
婚活メインのマッチングアプリを使いたいなら、Match(マッチドットコム)を試してみてください!

プロフィールに40項目以上の質問の回答と、26枚もの画像をプロフィールに投稿することができます。
登録できる情報が多いのでメッセージのやりとりがスムーズになり、会話の糸口が見つけやすいので便利です。

20年以上の歴史のなかで培われたマッチングアルゴリズムが施されており、自動で自分に合った相手を紹介してくれるようになっています。

Match(マッチドットコム)についてより詳しい内容を以下の記事で紹介してます。

↓Match(マッチドットコム)のインストールはこちら↓

\恋活・婚活アプリ/
Match(マッチドットコム) を使ってみる!

↑目次に戻る

Tinder(ティンダー)の本人確認と年齢確認のまとめ

Tinder(ティンダー)

  • 「スワイプする」「マッチする」「チャットする」というシンプルな仕組み
  • 気に入った人がいれば右スワイプ、お互い右スワイプすればマッチング完了
  • Facebookから気軽に登録可能
  • 外国人の利用者が多いので、外国人と知り合いたい方におすすめ
  • 無料で利用可能、有料プランは1,700円~/月から※シッテク調べ

↓詳しくはこちら↓

Tinder(ティンダー) 公式ホームページ


今回はTinder(ティンダー)で年齢確認や本人確認のやり方と、エラーになった時の対策について紹介をしました。
最後に本記事についてまとめます。

まとめ

  • 日本ではマッチングアプリを利用するのは18歳以上と法律で決まっているので年齢確認が必ず行われる
  • Tinder(ティンダー)はマッチング相手とメッセージをやり取りする時に年齢確認が行われる
  • 年齢確認のための身分証明書の提出はアプリの機能を使いカメラで書類を撮影する
  • 身分証明書として利用できる書類は決まっている
  • 住民票や年金手帳などは身分証明書として利用はできない
  • 年齢確認の承認は平均して2~3時間ほどかかる
  • アプリのバージョンが古いままだたったり通信環境が悪かったりするとエラーが表示される
  • 身分証明書の画質が悪かったり有効期限が切れていたりすると審査は通らない
  • Tinder(ティンダー)に提出された個人情報は90日間の保存期間を過ぎると削除される
  • 年齢をごまかして登録ができる場合があるが状況によっては公文書偽造罪になる
  • 年齢や名前などの情報と間違えて登録をすると修正ができない
  • 誤った情報を登録した場合にはアカウントを削除して再登録をする

以前まではTinder(ティンダー)は18歳未満でも利用ができる、セキュリティの緩いマッチングアプリと思われていました。
しかし現在は年齢認証だけでなく違反報告や危険なユーザーがいないかと常に監視し、違反者の強制退会の実施を行うなど安心安全面を強化しています

エラーが表示されても対処方法はあるので、きちんと身分証明書を提出して素敵な出会いを探しましょう!

タグ:
Tinder(ティンダー) マッチングアプリ

記事に関するお問い合わせ

恋愛・婚活の悩みを相談したい方へ!

Lineトーク占い

LINE占いでは「占い」だけではなく、恋愛や結婚に関する「人生相談」もLINEから気軽にできます。
「当たった!」「気が楽になった!」「解決策が見つかった!」という口コミも多数!
ぜひお試しください。

「Tinder(ティンダー)」に関する記事

Tinder(ティンダー)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

Tinderにはイケメンが多いのはなぜ?写真を見分けて本当のイケメンと出会う方法
Tinderにはイケメンが多いのはなぜ?写真を見分けて本当のイケメンと出会う方法
Tinderでアカウント停止になる6つの理由|3ヶ月経っても解除は無理!
Tinderでアカウント停止になる6つの理由|3ヶ月経っても解除は無理!
Tinderはやめとけといわれるのはなぜ?利用者の口コミで真相を確認!
Tinderはやめとけといわれるのはなぜ?利用者の口コミで真相を確認!
Tinderのメッセージを送ろう!送り方の手順と送れないときの対処法
Tinderのメッセージを送ろう!送り方の手順と送れないときの対処法
Tinder既読確認する方法とは?メッセージの既読確認手順や料金・注意点
Tinder既読確認する方法とは?メッセージの既読確認手順や料金・注意点

「恋愛・マッチングアプリ」に関する記事

恋愛・マッチングアプリの記事は他にも多数!

【直接取材】アールベルアンジェ名古屋の魅力に迫る!人気プランや口コミをご紹介
【直接取材】アールベルアンジェ名古屋の魅力に迫る!人気プランや口コミをご紹介
タップルで同性の友達や出会いは探せる?同性との出会いにおすすめマッチングアプリ
タップルで同性の友達や出会いは探せる?同性との出会いにおすすめマッチングアプリ
恋人とパートナーの違いはただの恋愛か結婚相手?彼女をパートナーと呼ぶ男性心理
恋人とパートナーの違いはただの恋愛か結婚相手?彼女をパートナーと呼ぶ男性心理
医者と出会える6つの方法とコツ|婚活するならマッチングアプリもおすすめ
医者と出会える6つの方法とコツ|婚活するならマッチングアプリもおすすめ
彼女から連絡ないときの男心とは?喧嘩後の心理や不安な彼氏への対処法も解説
彼女から連絡ないときの男心とは?喧嘩後の心理や不安な彼氏への対処法も解説