シッテク婚活会議
更新日:2021年10月22日

高さ17mのアスレチックに二人乗りで滑空できるフォレストライナー!?10万本の花畑だけじゃない、滋賀県蒲生郡のブルーメの丘にインタビュー!

今回紹介するのは、滋賀県蒲生郡日野町の郊外にある、どの季節でも自然を楽しみながら様々な過ごし方ができる「滋賀農業公園 ブルーメの丘」です。

こちらの花畑、春には10万本のチューリップや4万本の菜の花が、夏には5万本のひまわりが、秋には100万本のコスモスが咲き乱れる癒しスポットになっています。

また農業公園でありながら、空を駆けるアトラクション「フォレストライナー」や高所でのアスレチック「アルプスジム」をはじめとした迫力満点の体験から、動物とのふれあいやグルメ・クラフト工房などリラックス体験まで、気分に合わせて様々な楽しみ方ができることが大きな魅力となっています。

今回はそんな迫力満点の体験やリラックス体験、レストラン、デートでの回り方などについて、ブルーメの丘 広報の川村さんにインタビューしました。

目次

「ブルーメの丘」について

「ブルーメの丘」にできることを教えてください

川村さん:ブルーメの丘は酪農・ふれあい・体験をテーマにした農業公園で、”遊び”を通じて感性を育んでいただけるような場所になっています。ブルーメとはドイツ語で「花が咲く」という意味で、名前の通り四季を通じて綺麗な花々を楽しんでいただけるのが特徴です。

また動物とのふれあいやグルメ・クラフトの体験など、親子連れでもカップルでも楽しめる体験も多数ご用意しております。最近はアルプスジムやフォレストライナーなど新しいアトラクションも完成し、迫力満点のものからリラックスできるものまで幅広く楽しむことができるんです。

編集部:お花畑の散歩や体験、動物とのふれあいだけでなく、ド迫力のアトラクションまで楽しめるというのは、まさにたくさんの”遊び”を通じて感性を育めそうです。それぞれの体験やアトラクションの詳細がとても気になります!

「ブルーメの丘」自然の中で迫力満点の体験

フォレストライナーついて教えてください

川村さん時速30kmでレールを滑車で滑り降りる、スリル満点の新感覚空中アトラクションとなっています。ジップラインとは違い、曲がりくねったコースを楽しむことができます。ブルーメの丘の豊かな自然を活かしてコースが作られているので、木々の間や池のほとりを通過することができるのも大きな特徴です。

急降下することはないので、絶叫系の乗り物特有の嫌な浮遊感がなくジェットコースターなどが苦手な方でも楽しんでいただけます。またこのアトラクションは二人乗りができるので、カップルの方にはぜひ乗っていただきたいです!

編集部:二人で空を駆けめぐれるなんてなかなか出来ない体験ですね!お互いの反応を間近で感じられるのもデートにぴったりだと思いました。

アルプスジムについて教えてください

川村さん高さ17mの巨大アスレチックで、全部で72種類のアトラクションが楽しめます。特定のコースは決まっておらず、一つの踊り場から3〜4方向にアトラクションが伸びており、難易度や気分に合わせて自分のやりたいアトラクションを選ぶことができるのが特徴です。

高所でのアトラクションなので、下を見て足がすくんでしまう人もいれば、気にせずにスイスイと行ける人もいます。カップルで挑戦すると、普段見慣れた姿とは違った一面を見ることができるかもしれません。案外女性でもスイスイ行く方が多いんですよ。 

編集部:パートナーの腰が引けている時こそ腕の見せどころですよね!吊り橋効果でより仲良くなれそうですし、高所という非日常でのコミュニケーションで、今後の行く末を占うこともできそうだと思いました笑。

大型バギーについて教えてください

川村さま排気量695cc単気筒のモンスターエンジンを搭載したハイクラスバギーに乗ることができる体験です!バギーバイク、バギーカーの2つがあり、バイク型バギーの方は18歳以上の方でしたら誰でも楽しんでいただけます。舗装されていない砂利道や水たまりなどブルーメの丘の自然を生かしたでこぼこした急勾配のコースをを楽しむことができ、スリル満点の時間を過ごせるのが特徴です。

また二人乗りもできるので、バイク型のバギーなら前後で楽しめる点もカップルにピッタリだと思います。コースも2周分用意しているので一週目に彼氏が運転して、2周目に彼女が運転するといったこともできるので面白いですよ。

編集部:日本で大型バギーを乗り回すことができるのはとても珍しいと思いました!二人乗りででこぼこ道を駆け回る体験は思い出にも残りますし、競争もできるので色々な楽しみ方ができますね。

「ブルーメの丘」でできるリラックス体験について

BBQについて教えてください

川村さん半テラス席となっている開放的な空間でBBQを楽しめます。肉・ソーセージ・野菜などの食材のご用意と、BBQセットの貸し出しも行っているので手ぶらでできるのが特徴です。

火起こしから飯盒炊爨(はんごうすいさん)までできるので、一からBBQを楽しむことができるようになっています。時間の制限もないのでゆったりとお肉やカレーなどを食べて楽しんでいただけるんです。

編集部:自然と新鮮な食材を同時に楽しむことができるのは農業公園ならではですね。キャンプ場ほどサバイバルでない環境で、ゆったりと時間をかけて火起こしからアウトドア体験ができる場所は貴重だと思いました。

グルメ工房ついて教えてください

川村さん:「アウトドアキッチン」という名前のグルメ工房があり、ここでは様々な料理に挑戦することができます。炭火を使った飯盒炊爨をしながらのキーマカレー作り体験や、ピザ窯でのピザ作り体験などを行えるんです。おすすめなのはチキンソーセージ作りになります。

作業時間は約20分でボイルに約10分ほどかかるのですが、お肉を絞るのに力が必要なこともあり、カップルで協力することが重要です。また遠距離恋愛中だったり、実家暮らしのカップルの中で、ここで相手に手料理を振る舞ったりもする方もいるというお話もしばしば聞きますね。

編集部:付き合いたてのカップルは、いきなりお家に行くことに抵抗があるかもしれないので、まずはこういうところで手料理を振る舞うのはちょうどいいかもしれませんね。

川村さん:他にもチョコレートケーキや台湾カステラ、季節限定でアイスクリームなどのスイーツ作りも体験できます。作ったものは基本的にここで食べてもらうことになるのですが、レシピはお渡しするので家で作っていただくことも可能です。

編集部:男性の方でスイーツを作る機会はあまりないかもしれませんが、これをきっかけに新しい趣味を見つけるのもいいですね。レシピをもとにお家で二人で考えたアレンジメニューを作ってみても面白いかもしれません!

クラフト工房について教えてください

川村さん:ここでは10種類以上のクラフト体験を楽しむことができます。おうち時間を楽しむ人が増えてきたこともあり、インテリアにもなるような制作が人気です。
おすすめはハーバリウム作りとフェイクテラリウム作りです。カップル同士で競い合って体験をしたり、お互いにプレゼントすると決めて楽しんだりするカップルもおり、とても微笑ましい瞬間に出会うこともあります。

編集部:ハーバリウムやフェイクテラリウムは水やりをする必要などがないので、一度作った後に飾るだけでいいのもポイントですね。相手のことを思って物を作る体験はその時も思い出になりますし、それがずっと物としても残るので二重に楽しむことができると思いました。

動物とのふれあいについて教えてください

川村さん:動物たちとふれあったり餌やり体験をすることができます。人気がある動物はカンガルーとカピバラです。カンガルーは見た目に似合わずふわふわの毛並みなのでその触感にメロメロになる人も多いですね。

またあまり知られていないのですが、カピバラは餌が欲しくなると鳴くのでぜひこの声を聞いてみてください!他にもヤギやミニブタなど13種類の動物がおり、餌やり体験もできます。

編集部:映像などではよく見るカピバラやカンガルーの知られざる一面に出会えるのは、間近でふれあい体験ができるからこそですね。タイミングを合わせて動物たちと3ショットを撮るのも良さそうだと思いました!

レストランについて教えてください

川村さん:農村レストラン「旬菜バイキング」では滋賀県産の野菜を扱ったバイキングを楽しめることが特徴です。夏は園内で採れた野菜を使った料理を出していましたが、これからの秋のシーズンには松茸料理をメインにした秋の旬菜のバイキングをご用意しています。

また先ほど紹介した BBQでは90分の焼肉食べ放題のコースを選択することもできます。90分の間、新鮮なお肉ととれたての地元の野菜を思う存分食べていただけるんです!

川村さん:さらにファストフード「まちカフェ」では、自家製ジャージー乳ソフトクリームを販売しています。ブルーメの丘では牛舎で牛も育てており、そこで絞ったミルクを園内の工房で加工して作られたソフトクリームです。他にも飲むヨーグルトも販売しているので、ぜひ一度ご賞味いただきたいと思います。

編集部:松茸料理をバイキングで楽しめるなんてとても豪華ですね。園内で絞られた抜群の鮮度を誇るソフトクリームもぜひ食後に楽しみたいですね!

クラフトビールについて教えてください

川村さん:園内のビール工房で、地元の企業「HINO BREWING」と一緒にクラフトビールも作っているんです。また現在ブルーメの丘で収穫したホップを使ったビールを仕込んでおり、「ブルーメンエール」として秋頃にリリースしようと準備しています。

他にもイチゴを使った変わったクラフトビールも販売しているんです!お土産として瓶での販売もしていますし、園内のレストランでも楽しむことができます。

編集部:滋賀県を代表するクラフトビールブリュワリーとコラボしたビールも気になりますし、園内で採れたホップを使用したビールはお酒好きのカップルは絶対に押さえたいですね。数種類を二人で飲み比べてもいいかもしれません!

デートスポットとしての「ブルーメの丘」

これまでに訪れたカップルの印象的なエピソードを教えてください

川村さん:ブルーメの丘は来年で25周年になるのですが、昔カップルでデートに来たお客さんで、最近になって生まれた子どもと遊びに来られるようになった方が印象に残っています。以前2人で行った体験をお子さんと3人で体験したりする姿は感慨深いです。

他にも結婚式の前撮りをする方々や、記念日に来園してくださる方々もいらっしゃることがあり、そういった瞬間を見つけた時も嬉しく思います。

編集部:2人の時にデートで利用した思い出をずっと忘れずに覚えていたからこそ、お子さんと一緒に来園されているのでしょうね。25年という歴史を持ったブルーメの丘ならではのお話だと思いました。

カップルにおすすめの施設内の回り方を教えてください

川村さん:フォレストライナーやバギー、アルプスジムなどの二人で楽しめるようなど迫力の体験を午前中に楽しんでいただきたいです。その後お昼はゆったりBBQをするなどのんびりしていただいて、午後からは動物とふれあったり、園内でお花を見ながら散策などを楽しみながら一日を通して遊んでいただきたいと思います。

活発に動きた方ならアクティビティを、ゆったりと過ごしたかったらリラックス体験を楽しむというようにプランを組んでも面白いかと思います。

編集部:一日みっちり遊んでも回りきれないんじゃないかというくらいにできることがたくさんありますね。2人の好みに応じて、様々な楽しみ方ができるようになっているのも大きな魅力だと思いました。

思い出に残るような写真スポットはありますか?

川村さん:おすすめのフォトスポットは、やはり満開になるシーズンのそれぞれのお花畑ですね。4月には10万本のチューリップ、8月は5万本のひまわり、これから10月上旬にかけてはコスモスが見頃のシーズンとなります。ツーショットを撮られるカップルも多いですし、最近は2人でカメラを首から下げて遊びに来られる方も多いですよ。

編集部シーズンごとに辺り一面を色とりどりの花が咲き乱れるなんて、さすがブルーメという名前を冠している公園だと思いました!カメラが好きなカップルにも、前撮りやウエディングフォトを撮りたいカップルにもぴったりですね。

「ブルーメの丘」を訪れるカップルへ

「ブルーメの丘」を訪れるカップルへメッセージをお願いします

川村さん:迫力満点のアトラクションもあれば、休日をのんびり過ごすのにぴったりなリラックスができる体験もあるので、多くのカップルの方にぜひお越しいただきたいです。最近はお出かけというのは難しい時期ですが、自然に囲まれた開放的な空間となっているので、緑やお花を楽しみながらリフレッシュしに来てほしいと思います。

編集部:1日で回りきれないくらいにたくさんの楽しみ方があるので、その日の気分に応じて過ごし方を考えることができますね。

仕事で疲れた毎日や都会の喧騒から少し離れてリフレッシュするのにぴったりな場所なので、ぜひ皆さんもブルーメの丘を訪れてみてください。
川村さん、本日はお忙しい中ありがとうございました。

基本情報

住所

〒529-1628 滋賀県蒲生郡日野町西大路843

電話番号

0748-52-2611

営業時間

平日10:00〜17:00 土日9:30〜17:00

公式HP

https://www.blumenooka.jp

入園料

大人(中学生以上)1,000円、
こども(4歳〜小学生)600円、
幼児(3歳以下)無料
ワンちゃん 300円

関連記事

最新の記事

笛吹川トップふじてんトップ

参画プロジェクト・パートナー