更新日:2021年5月28日

都心で緑に囲まれながらの神前式が魅力:東京都中野区にある沼袋氷川神社にインタビュー!

今回ご紹介するのは、都心からのアクセスも良く、豊かな緑と広やかな境内が魅力的な東京都中野区にある沼袋氷川神社です。

こちらでは古来から脈々と受け継がれる厳粛な神前式を行なうことができ、境内では神社の風格と季節ごとに咲き乱れる花々の彩りが織りなす、沼袋氷川神社ならではの思い出に残る写真を撮影することもできます。

またこの神社は安産祈願や厄除けにもご利益があるといわれており、子育て狛犬や七福神の像があることなどからTV等のメディアでも取り上げられることも多いです。

今回は沼袋氷川神社の禰宜(ねぎ)、小俣智彦さんに神前式の内容やポイント、神社の由来や見どころなどについてインタビューしました。

目次

沼袋氷川神社について

沼袋氷川神社とはどのような施設でしょうか?

小俣さん:室町時代に建造された大宮鎮座氷川神社より御分霊をいただいたことがきっかけで始まった神社です。

御祭神として八岐大蛇(やまたのおろち)を倒した素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀っており、そのご利益を祈願しています。主に厄除け、疫病除けに効果があるといわれています。そのため最近ではコロナの終息祈願に来られる方もいらっしゃいます。安産祈願もできますので、その目的で来られる方も多いです。

編集部:神話で耳にしたことがある素戔嗚尊を祀っている神社が都内の身近なところにあったとは驚きました。降りかかってくる厄を取り払える上に、安産祈願もできるのは結婚するカップルにぴったりの神社といえますね。

訪れた際の見どころについて教えてください

小俣さん:安産祈願に訪れた方に人気があるのが境内にある子育て狛犬です。

これは子犬を抱いている母犬の像で、母犬を撫でていただくとお産の痛みが軽くなり、子犬を撫でると子授けの効果があると言われています。安産祈願・お宮参りにお越しになった際は、是非お立ち寄りください。

編集部:子犬を抱えている狛犬は初めて見ましたし、気迫のある顔で子どもを抱いている狛犬の像はとても愛おしく感じますね。母子の狛犬ならではの効果も安産祈願で訪れたカップルにはピッタリなので、ぜひ狛犬を撫でていただきたいですね。

小俣さん:三本願い松と道灌杉も有名です。昔からこの2本の木は「悪しきことはスギ去れ、願い叶うをマツ」といわれており、杉の木に願いを掛けることで不運・災難から逃れ、樹齢600年ほどの当社の御神木である三本願い松に幸福を願うと必ず叶うとされていました

道灌杉は以前雷が落ちた影響で、現在はもう立っていないのですが現在でもその跡はあり、その場所で願いをかけていただく形になっています。

編集部:とてもキャッチーなフレーズのように聞こえて、その文章の裏にはしっかりとした歴史や背景があるんですね。厄を払って、幸福を迎えたいのはおそらく皆さん考えているでしょうから、中野を訪れた際には是非立ち寄ってほしいと思いました。

小俣さん:また外せないのが七福神です。当社は中野区内で唯一、七福神の礼拝ができる場所となっています。

また令和3年に1番ご利益の神社ということでテレビなどにも取り上げられましたが、その際にメインとなったのはこの七福神でした。手相占いで有名な島田秀平さんや瀬戸内寂聴さんの一番弟子である橋本京明さんなどにもお越しいただきました。7体全て揃っているので、全てのご利益を得ることができます。

編集部:全てのご利益を得ることができるのは、心強さでいったらトップクラスではないでしょうか。編集部も都内にあるので、我々も伺いたいと思います(笑)。

神前結婚式について

どうやって申し込めばいいのでしょうか?

小俣さん:直接お電話いただければご案内いたします。まとまったパンフレットのご用意もありますし挙式の見学も可能です。着付けの会社さんなどのご紹介もできますので、お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

また各メディアでも当社の神前結婚式についてご紹介されているので、そちらから申し込みいただいてプランなども選択することもできます。

編集部:神社に直接問い合わせる方法と、結婚に関するメディアから申し込む2つの方法があるので、読者の方には自分に合った方法で選んでいただきたいですね。見学ができるという点も、いろいろな結婚式で迷っている方にとってもありがたいですね。

沼袋氷川神社における神前式のポイントについて教えてください

小俣さん:日本古来から伝統として続いている厳かな式を、700年以上続く当社で行なう中でメリハリのある結婚式を行えることが魅力です。

また神社ですので、神前式を行っていただいた後も安産祈願や子どものお参りなど人生の締め時に気軽に参拝できるところも良い点です。ブライダル施設は基本的にその時にしか利用しませんが、神社は儀礼として人生の節目で毎回利用できるところがおすすめできる点ですね。

編集部:欧米由来の式に違和感を感じている人がいるという話も聞くので、伝統的に日本人が続けてきた結婚式のスタイルを踏襲して行なうという選択も今後は増えてくる気がします。結婚式を挙げた後も人生を通じて付き合っていける場所ということで神前式を選ぶのも良いと思いました。

小俣さん:他にも当社はアクセスがとても良いのも魅力です。駅の目の前に面しているので参列しやすいですし、駐車場も30台ほど停められるので参列する方にとっても訪れやすい立地にあります。

また境内は四方全てが緑に囲まれているので、どの季節に来られても式を楽しむことができます。植木屋さんに依頼して景観を維持していますし、MVやドラマのロケ地としても使われることがあるくらいなので、自信を持ってお勧めできます。

編集部:駅から遠い式場だと履き慣れない靴で足に負担がかかることなどもあるので、アクセスがいいのは参列者からしてもありがたいですね。四方が緑に囲まれていて景観が良いのも、何にも邪魔されず気持ちよく2人の挙式を祝福できるのでとても良い時間になりそうだと思いました。

神前結婚式の内容について教えてください

小俣さん:HPに儀式とその説明について記載してあるので、そこから引用いたします。

  • 「参進の儀」 
心を一つに新郎新婦、親族が本殿へ入場します。

  • 「修祓の儀」 
新郎新婦並びにご両家の参列者をお祓いいたします。

  • 「祝詞奏上」
 斎主が祝詞を奏上し末永い幸福を祈ります。

  • 「鈴幣の儀」
 清らかな鈴の音の下、神様からの恵をいただきます。
  • 「三献の儀」
 新郎新婦が三三九度の盃を酌み交わします。

  • 「誓詞奏上」
 新郎新婦が誓いの言葉である誓詞を奏上します。
  • 「指輪交換の儀」
 互いに指輪を交換し、永遠の契りを交わします。

  • 「玉串奉奠
」 新郎新婦が感謝と祈りを込めて玉串を奉し、
二拝二拍手一拝の作法で神前に拝礼します。

  • 「親族固めの杯」
 新しい親族関係となった誓いを交わす儀式です。

小俣さん何千年も変更されておらず長きに渡って続けられている内容なので、最後まで気持ちを切らさずに受けていただけると良いと思います。所要時間は40分弱となっております。

編集部:荘厳な名前がつけられたそれぞれの儀式が何百年も変更されていないのは、伝統と歴史の深さを感じますね。日本古来からの伝統的なスタイルの結婚式なので、夫婦も参列者もむしろいい意味で気を張って臨めそうだと思いました。

神前式の撮影について教えてください

小俣さん:親族の方に撮っていただくことも可能ですし、写真館の方を手配する事も可能です。

竹藪をバックに朱傘を指したり、朱色の椅子に座っている姿や、社殿を背にした姿で撮っていただくのがおすすめです。また結婚式の際のみ撮影が可能な能楽堂からのも素敵な写真が撮れます。

編集部:自然の景観が素晴らしいだけでなく、建物や神社から貸して頂ける物なども写真として思い出を残すのにふさわしいものばかりなんですね。

ご夫婦や参列者の方々の感想などをお聞きしたいです

小俣さん:やはりアクセスの良さと緑に囲まれた環境の良さを挙げていただくことが多いです。その後フラッと立ち寄ることができるのも喜ばれますね。

お子様を授かった後のお参りで式を挙げた夫婦と久々に再会し、その時にお声がけいただいたのもとても嬉しかったですね。

編集部:アクセスと環境が良いのはご夫婦だけでなく、親族、参列者にとっても助かりますよね。人生を通じて結婚式をした場所と付き合っていけるのは、思い出が風化することがないのでとても素晴らしいと思いました。

神前結婚式を行なった際の披露宴について教えてください

小俣さん:ご相談いただけましたら、おすすめの場所をご紹介することが可能です。

地元中野の割烹料理屋さんや神楽坂のお店をこれまで紹介したことがありますね。また中野サンプラザや小料理屋さんなどもご紹介可能です。

編集部:神前式のあとに割烹料理や、小料理やさんに行って歓談するのは神前式の余韻に浸れそうだと思いました。中野に明るくない主催者の方も多いと思うので、紹介していただけるのはとてもありがたいですね。

沼袋氷川神社ならではのポイントはありますか?

小俣さん365日毎日6時から18時までオープンしていますし、神社は基本的に開放されているので、普段参拝いただいた際に撮影したい場所の確認ができる点はポイントだと思います。

さらに結婚式のために石段にレッドカーペットを敷くことが可能です。青い空の下、緑に囲まれた背景にレッドカーペットの上で皆さんで写真を撮ると、とても画になりますよ。

編集部:撮影する場所や会場の雰囲気を普段からつかむことができるのは神社ならではといえますね。景観が綺麗なこの場所に赤のカーペットを敷くことで、より晴れやかな雰囲気が増しそうです。

神前結婚式の料金やプランについて教えてください

小俣さん:挙式のみのプランは初穂料の6万円のみとなっています。HPに記載されているものはパッケージの料金でして、基本的にはそれにプラスしてカスタマイズしていただく形になります。浦安の舞は別途30000円からとなっています。

結婚が決まったカップルへのメッセージ

小俣さん:まずはご結婚おめでとうございます。当社は完全貸切でプライベートな空間を提供できるので、コロナ対策もバッチリです。

また日本人にとって神社という存在は心に根付いたものであると思います。当社の神前式に興味を持ってくださった方は是非検討いただいて、人生を通じてお付き合いしていけたらと思います。

編集部:これまでの慣例的な結婚式に対しての違和感やご時世柄もあり、最近はより小規模なプライベートを重視した結婚式の需要は高まっていそうですもんね。

古来から日本人となじみの深い神社だからこその結婚式の形に興味を持った読者の方はぜひ沼袋氷川神社を訪れてみてくださいね。

本日はお忙しい中、ありがとうございました。

沼袋氷川神社の基本情報

住所

165-0025 東京都中野区沼袋1丁目31-4

電話番号

03-3386-5566

拝観時間

6:00~18:00

公式HP

https://hikawa-n.or.jp/

最新の記事

笛吹川トップふじてんトップ

参画プロジェクト・パートナー