更新日:2021年4月2日

日本最大級のダチョウ牧場!茨城県石岡市のダチョウ王国にデートプランをインタビュー!

今回ご紹介するのは、茨城県石岡市にある「ダチョウ王国」です。
ダチョウをはじめとした動物たちとのふれあいや、ブルーベリー狩り・バーベキューまで幅広く楽しめる日本最大級のダチョウの観光牧場です。

園内では動物たちと間近でふれあえるのが特徴で、なんとダチョウのココちゃんを抱きしめた写真を撮ることもできるんです!

今回はダチョウ王国の矢口友子さんより、ダチョウの生態や施設について、またおすすめのデートでの周り方などお話を伺いました。珍しい動物や食べ物が好きなカップルの方必見の記事です。

目次

ダチョウ王国について

ダチョウ王国とはどのような施設なのでしょうか?

矢口さん:ダチョウ王国は数百羽のダチョウを飼育している日本最大級のダチョウに関する観光牧場です。

来場されたお客さんが手で直接餌をあげることができるくらいダチョウとの距離感が近いのが特徴ですね。

他の施設よりもダチョウの数がとても多いので、野生と同じように群れでの姿を見られるのも新鮮な体験だと思いますしその姿は壮観です。他にも約80種類の動物たちも飼育しています。

編集部:群れのダチョウということで、より自然に近い姿を観察できそうです。他の動物たちが80種類いることにも驚きました!

ここでしか見られないダチョウの姿は?

矢口さん:お客さんには、ダチョウの飼育場所に作られたスペースに入っていただき、ふれあいを楽しんでいただけます。

手の上に乗せた餌をダチョウが食べにきたり、ダチョウを触ったり、間近でその姿を見ることができるんです。

編集部:ダチョウは大きいので、餌をあげるのはとてもドキドキしそうですね……!

矢口さん:他にもゴールデンウィーク頃になると生まれて間もないヒナを、またシーズンによっては求愛するダチョウの姿を見ることもできたりします。

編集部:ヒナや求愛するダチョウ……、映像などでも見たことがないという人が多そうです。ダチョウ王国ならではの姿がたくさん見られそうですね。

ダチョウの可愛さはどんなところですか?

矢口さん:近くで見たことのある人は少ないかもしれませんが、ダチョウは目が大きく、まつ毛がくるっとしていてとても可愛いんです。

またスタッフによく懐いていて、とても人懐っこい子もいます。
お客さんがダチョウの飼育場所から出ていく時にお見送りをしてくれるところもとても可愛らしいですね。

編集部:大きい動物なので怖いのかなと想像していたのですが、可愛い一面も多いのですね。ダチョウの印象が変わるお話でした!

ダチョウ王国の体験について

どのような体験ができるのでしょうか?

矢口さん:やはり人気なのはダチョウとのふれあい体験です。
先ほどお話ししたように手が届くところでダチョウとふれあえるのは当園ならではでしょう。

他にも時間が決まっているのですが、ココちゃんというダチョウとの写真撮影もできます。

隣に並んで撮ったり、なんとココちゃんに抱きついて写真を取ることもできるんです。

編集部:ダチョウと抱き合って写真を撮れるなんて驚きです!ちょっとドキドキしますが一度は体験してみたいです。

矢口さん:他にもアルパカやカピバラとのふれあいも人気です。
もふもふとしたアルパカが園内を自由に歩いているので、ぜひ触れ合っていただきたいですね。餌をおねだりしてくることもあります(笑)。

カピバラの場合は柵の中に入っていただけるとふれあうことができます。ひよこやうさぎ、モルモットは子どもたちにも大人気です。

特に50〜100羽ほどいるひよこは、近くに行くとわーっと寄ってきてとても可愛らしいです。

編集部:ダチョウだけでなく、様々な動物とふれあえるのは素晴らしいと思いました。それぞれに可愛らしさがあって訪れた方を癒してくれますね。

季節の体験などもあるんですか?

矢口さん:6〜8月にかけてブルーベリー摘みができます。お持ち帰り分は別途料金がかかるのですが、体験中の1時間で摘んだ分はその場で食べ放題となっています。摘んですぐに農場で食べるブルーベリーはとても美味しいですよ。

編集部:動物とのふれあいだけでなく、フルーツを摘むこともできるなんて、本当に多くの体験ができるのですね。

施設内ではBBQも出来るとお聞きしました

矢口さん:セルフスタイルでダチョウ肉のBBQができるんです。こちらは前日16時までの完全予約制となっています。

編集部:なんと!ダチョウのお肉って食べられるんですか?

矢口さん:そうなんです。通常鶏肉って白っぽいイメージがあると思うのですが、ダチョウは赤身の肉なんですよ!

意外と癖や臭みがほとんどなく脂身もなく、低カロリーとなっています。高タンパク、高鉄分、低脂肪なので実はとてもヘルシーなんです。

編集部:ジビエ(狩猟肉)のように、人を選ぶような味ではないんですね。

矢口さん:実はダチョウ肉は近年よく耳にするSDGsの文脈にも則った、とても地球に優しい食べ物なんです。

ダチョウは空を飛ばないので、通常の鳥と違って飼料をちゃんと消化して栄養を全て吸収します。そのため飼料効率(肉を作るために必要な餌の量)が牛や豚などの家畜に比べても極めて高いんです。「未来のお肉」と呼ばれることもあります。

編集部:ダチョウ肉がスーパーフードだったとは驚きでした。BBQはどのような内容でしょうか?

矢口さん:2人前で3,300円(税込)となっています。
3種類のお肉が楽しめ、赤身肉と内臓系(ハツ、レバー、砂肝から2種類)という内容です。追加注文も受け付けているので、全種類を楽しむこともできます。

他にもダチョウ肉ハンバーガーなども用意しています。こちらも癖や臭みがなく、初めての方でもチャレンジしやすいメニューだと思います。

編集部:様々な部位のお肉を食べることができるのでダチョウの味をより楽しめますし、またハンバーガーのように調理された商品も用意されているとチャレンジのハードルも下がりますね!

デートスポットとしてのダチョウ王国

カップルにおすすめな園内の周り方を教えてください。

矢口さん:やはりダチョウをはじめとしたお好きな動物たちとふれあっていただきたいです。

動物とふれあっているお相手の写真をぜひ撮ってあげてください。後から見返すと自然とこちらも笑顔になってくるような写真が撮れていると思います。ただ動物たちが驚いてしまうのでフラッシュは厳禁です!

園内ではビールなども販売しているので、せっかくの休みを思いっきりリラックスして満喫してほしいですね。BBQもおすすめですよ!

編集部:広い園内で動物たちとふれあって、お互いに写真を撮りながら、ビールを飲みながら自然の中でBBQ……至福の時間が過ごせそうですね。

これまで訪れたカップルのエピソードなどはありますか?

矢口さん:園内の動物たちが出張するサービスを行なっているんですが、その中で「結婚式場に来てほしい」という依頼をお受けしたことがあります。

依頼に合わせてアルパカやカメなどを連れていったり、会場でハトを飛ばしたりしました。動物の数や同伴するスタッフの人数で料金は変わるのですが、思い出に残ること間違いなしです!

編集部:結婚式に動物たちが祝福してくれるというのはとても心が温まり、一生忘れられないものになりそうですね。

矢口さん:他にも社内結婚をしたカップルの新婦がドレスを着て園内のポニーに乗って写真を撮ったり、名前を呼ばれて新郎のところに飛んできたインコに婚約指輪を渡して新婦に届けてもらうという指輪の交換をしたりしたこともあります。

私たちにとっても夫婦にとっても一生の思い出となりました。

編集部:インコが婚約指輪を交換してくれるなんて想像もつきませんでした。大切なイベントで大好きな動物たちとのふれあいや写真撮影を行えるのは素敵だと思いました。

ダチョウ王国の歴史

矢口さん:実はもともと食用のダチョウの飼育をしていた牧場なんです。
1990年代は狂牛病が流行して牛肉が食べられないという情勢だったこともあり、先代の社長がスーパーフードとしてのダチョウ肉に興味を持って育て始めたのがきっかけです。

編集部:もともと観光目的ではなかったのですね。

矢口さん精肉のために飼育場などの拡充を進めていくにつれて、噂を聞きつけてダチョウを見にくる人がだんだんと増えてきました。

また先代が動物好きだったこともあり、ダチョウと他の動物の交換などを行なっているうちにどんどん別の動物も増えていったんですね。それでもダチョウ肉を食べる人は多くはなかったので、BBQなどの提供を始めました。

編集部:他の動物がいることにも理由があったんですね。

矢口さん:そうこうしているうちに動物も増えて、ダチョウ肉の認知もかなり上がっていったんです。そこから入園料をいただく観光牧場という今の形にだんだんと近づいていきました。
今ではショーを増やすなどして観光という面に力を入れています。

編集部:もともと観光牧場かと思っていたのでとても興味深く聴き入ってしまいました。ダチョウ肉の素晴らしさを伝えることもこの牧場の大切な仕事なんですね。

訪れるカップルにメッセージを

矢口さん:当園は目を引くような派手なアトラクションなどがあるわけではありませんが、自然の中でダチョウをはじめとする動物とふれあったり、餌をあげたり、と他ではできない体験ができます。
そして動物と接することでカップル間の会話が弾んだり、体験の中でドキドキすることがあったり、とここでのデートならではの場面をたくさん演出できると思います。

他にもお子様連れのお客さんを見て、2人の将来を考えるきっかけになるようなワンシーンもあるかもしれません。
結婚や将来を考えているカップルにはぴったりのデートスポットだと思いますので、ご来園お待ちしています。

編集部:カップルにとっては自分たちの将来を考えるのにピッタリの場所というお話、とても共感できました。

ぜひ読者の皆さんもダチョウやたくさんの動物たちと間近でふれあえるダチョウ王国に訪れてみてください。来園した際はダチョウ肉も召し上がってみてくださいね!

基本情報

住所

〒315-0028
茨城県石岡市半の木14052

電話番号

0299-23-2245

営業時間

10:00~16:30(10月〜2月:〜16:00)

定休日

毎月第2水曜日(祝日・8月除く)、年末年始

公式HP

https://dacho.co.jp/

最新の記事

笛吹川トップふじてんトップ

参画プロジェクト・パートナー