更新日:2021年3月10日

夫婦の神様がいる「海南神社」にインタビュー!由緒正しい縁結びの由来と御神木

今回は、縁結び・安産祈願で有名な神奈川県三浦市にある神社「海南神社」について、宮司である米田郷海さんに詳しくお話を伺いました。

縁結びをはじめとして神社の歴史や行事、付近のおすすめスポットまで幅広くインタビューさせていただきました。

パートナーとどこにデートに行こうか悩んでいる読者の方や、縁結びの祈願をして素敵なパートナーを見つけたい読者の方、必見です!

海南神社の歴史について

編集部:海南神社はどのような神社なのでしょうか?

宮司 米田さん:海南神社は歴史上に実在していた人を神様にしていまして、御祭神は藤原資盈(ふじわらすけみつ)公と藤原盈渡姫(ふじわらみつわたりひめ)という夫婦の神様です。

そのため、夫婦和合、縁結び、安産にご利益があるということで信仰を集めています。また、夫婦は海からやってきたという逸話もあるので、海上安全の御利益もあると言われており、漁師の方もよくいらっしゃいます。

編集部:なるほど、地元との繋がりが深い神社なのですね。

宮司 米田さん:そうですね。始まりは、主祭神が三崎の地に流れ着いて、三崎を平定なさり、漁業発展の礎を築かれたんです。三崎の地の開拓の祖となり、信仰を集められておりました。

そして、亡くなった後に夫婦ともに神様となられました。かつて、三浦は三浦一族という豪族が治めていたのですが、彼らが源平合戦の時に源氏側として勝利したために頼朝公もいらっしゃったという歴史もありますね。

昔からひっそりと佇んでいた当社ですが、歴史的にはとても所縁があります

縁結びについて

編集部:夫婦で神様とされているとのことですが、他にも良縁祈願、安産祈願で有名になったきっかけはありますか?

宮司 米田さん:夫婦のイチョウの木を御神木としていることも理由の一つかと思います。

秋にはこの木に立派な銀杏がなりとても綺麗です。
またイチョウは子孫繁栄といったご利益がある木とされているので、それにあやかってお参りに来ていただく方もいらっしゃいます。

編集部:夫婦の木ですか、とても縁起が良いですね。
御神木についてなのですが、境内を訪れた際、御神木はどのようにお参りすればいいのでしょうか。

宮司 米田さん:雌のイチョウの木の前に「子産石」という縁結びの石があります。

それを撫でていただいたり、その前で手を合わせていただいたりが良いかと存じます。

子宝良縁に恵まれるということで願掛けやお参りにいらっしゃる方も多いです。

編集部:子産石にはどのような由来があるのでしょうか。

宮司 米田さん:御神木はかつてからあった雌雄のイチョウの木ですが、子産石は私が後からお祀りしたものです。

私が結婚して数年間、なかなか子宝を授かれなかった際に、子産石をお祀りし日々お祈りを続けていたところ結婚15年目に子宝に恵まれました

そのご利益を皆様にお届けしたいということで、境内の御神木の下にお祀りしたのです。

編集部:実体験が伴っていて、安産祈願で参拝される方にとって、とても心強いエピソードですね!

行事について

編集部:神社で行なわれる年間行事やイベントはありますか?

宮司 米田さん:現在はコロナ禍なのでできないのですが、年間を通して行事は開催しています。

一番有名なのは一月に行われる「チャッキラコ」という小学校の女の子が晴着姿で扇を手に踊る行事です。

こちらはユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

宮司 米田さん:他にも三崎が食文化とも縁があるので、食文化にまつわる「食の神フェスティバル」も催されます。

手を触れずに魚を捌く「包丁式」のやり方でマグロを捌いたり、境内では食品に関するイベントを開催したりしています。

境内も開放していますのでライブや、街ぐるみの婚活イベントの開催もしていますね。

編集部:地域の方との交流の場にもなっているんですね。

宮司 米田さん:そうですね。あとは、現在はコロナ禍のために開催できていないのですが、基本的に土曜日、日曜日に縁結びの祈願にいらっしゃる方々に向けて、オリジナルのお守り製作のワークショップを行っています。

編集部:手作りのお守りとは、気持ちの乗り方が違いますね!

宮司 米田さん:はい。今後の状況に応じてですが、再開していくつもりです。

参拝される方について

編集部:普段はどのような方が参拝されるのでしょうか?

宮司 米田さん:地元の方はもちろん、三崎という場所がら観光の方も多いですし、御朱印を求める方、また縁結びの神社ということでカップルの方、女性のみの参拝者も多いですね。

縁結びの木を求めてくる人も多いです。

編集部:良縁祈願としていらっしゃる方が多いと思うのですが、心に残っている参拝者の方のエピソードなどありますか?

宮司 米田さん縁結びでいらっしゃって、縁あってその方々結婚なさり、その後子宝に恵まれ、お宮参りにいらっしゃるという、人生を通して関われた方々も多くいらっしゃいますね。

編集部:神様にご報告されるんですね。
気になったのですが、良縁祈願は一人で参拝してもいいのでしょうか?

宮司 米田さん:そうですね。これから仲良く過ごせますようにとカップルでいらっしゃる方も、お一人でいらっしゃる方もどちらも多い印象ですね。

縁結びはデリケートな部分でもあるので、当社はどちらであっても大歓迎です。

海南神社を訪れるあなたへ

編集部:良縁祈願に関する授与品や記念品などは頒布(※)されていらっしゃいますか?
(※頒布=神社にて販売しているということ)

宮司 米田さん:はい。まずは、ハート型の縁結びの絵馬を頒布しています。

編集部:ハート型の絵馬!とても可愛らしいですね。

宮司 米田さん:境内のイチョウの御神木の下にハートの形をした絵馬をかける場所がありますので、そちらにおかけいただくような形ですね。また、子産石に因んだお守り等も頒布しています。

編集部:デートで海南神社に行く際、海南神社付近のおすすめスポットなどはありますか?

宮司 米田さん:スイーツが美味しいみやがわエンゼルパーラー、昭和レトロなカフェの喫茶トエムなどおすすめですね。

他にも私の双子の弟がやっている、神社直営のご神水コーヒー等を提供している海南テラスなど多くのスポットがありますよ。

編集部:宮司さんは双子なんですか!?

宮司 米田さん:はい、そうです。同じ顔の弟がおります。

編集部:なんと!宮司さんはイケメンの双子でした!

宮司 米田さん:最近では都内から移住してきた方がリノベーションを施して開店したお店なども増えており、活気付いています。

編集部:海南神社の周りにもたくさんのスポットがあるんですね!

神社デートを考える読者の方へ

編集部:デートスポットとして海南神社を訪れる読者の方へメッセージをお願いします。

宮司 米田さん:いらっしゃった方に神様の御利益を受けていただき、それで幸せになっていただくのが何よりです。

また現在海南神社では、手で鳴らす鈴を鳴らせないようにしている、自動で出てくる消毒液の設置をする、マスク着用でご対応させていただく等、コロナ対策も万全にしております。
どうぞ心配せずにいただけると幸いです。

もしいらした際は神社の説明やお祈りを致しますので、是非気兼ねなくお声がけください

編集部:今回はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

基本情報

住所

〒238-0243
神奈川県三浦市三崎4-12-11

電話番号

046-881-3038

公式HP

http://kainan.server-shared.com/

  



おすすめ関連記事

これから出会いを求める方へ

神奈川県での出会いのために神奈川県でおすすめの結婚相談所おすすめのマッチングアプリのほかさまざまな情報をご紹介しています。出会いの情報だけでなく、出会いの後のデートスポットなどの情報も恋仲探訪には多数記事がありますのでぜひご活用ください!

人気の恋愛エピソード

最新の記事

笛吹川トップふじてんトップ

参画プロジェクト・パートナー